2013年6月13日木曜日

6/13 優しいアロマセラピー講座 「虫よけスプレー作り」


優しいアロマセラピー講座~毎日の生活に香りを取り入れる様々な方法~

今回のテーマは
「エッセンシャルオイルを使って虫よけスプレーを作り」


雨ふりの音をききながら、しっとり静かで
よい香りを味わえるひとときになりました。











講師は鎌倉でご活躍のセラピスト加田洋子さん
アロマセラピスト、クラニオセイクラルセラピープラクティショナー(お手当人)、リンパドレナジスト
鎌倉由比ヶ浜のサロンまたは出張でセッションをされています。
「日常生活にとり入れるアロマセラピー」「お母さんと子供のためのアロマセラピー」などのテーマで行うワークショップも人気です。
http://www.paw.hi-ho.ne.jp/seven-miles/
https://www.facebook.com/mar.cranio.lymph

市販の虫よけスプレーは苦手です。
気管がきゅっと狭くなり、息苦しくなります。
市販の虫よけスプレーに使われているディートという成分は1946年に兵士用に米軍が開発した蚊やダニを忌避する薬剤です。
人体には安全とされているし、殺虫剤や農薬ではなく忌避剤という名称を用いているため、無条件に安全であると信じ込んでしまいがちだけれど、(稀ではあるけれど)重症の神経障害を起こしたり、皮膚炎を起こすことがあると言われています。蚊取り線香も合成のものだと、ピレスロイドという殺虫成分が含まれているわけで、こちらも人畜無害というけれど、大量に使用するとアレルギー症状を誘発したり、皮膚症状が出る恐れがあります。

最近はその危険性が知らされるようになり、不使用のものがナチュラルショップなどで販売されていますが、やっぱり、大手の力というか、コマーシャルの力と言うか、まだまだディート使用の虫よけスプレーが主流です。

植物の力を借りて、虫よけスプレーは作れます。
もちろん、化学成分に比べれば効き目としては弱いですが、
アマゾンの奥地に探検に行くのではないし、
安全で良い香りで、蚊が寄ってこないのであれば(香りが消えると寄ってくる)良いのではないでしょうか?

虫よけスプレー作りのほか、エッセンシャルオイルを毎日の生活に役立てる沢山の知恵をお伝えします。
例えば、掃除、洗濯にエッセンシャルオイルを使う、風邪予防のエッセンシャルオイル等など


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●参加者の皆さんの感想 

とても簡単に作れるなんてびっくり。もう科学物質の虫よけスプレーは買いません! 
あまったアロマも他の用途に使えるのでとても便利だと思いました。
こどもがぐずらなかったのも、アロマのおかげかもしれません。


オイルのお話全般とても勉強になりました。レスキュースプレーも早速使います。
家で眠っているオイルをちゃんと使おうと思いました。


エッセンシャルオイルが、自然をたくさん使っていて「植物をいただいている」というお話や「ハーブは役立ちたいと思っている」という話を聞いて、今回のスプレーも自然の力でいいなあと思いました。効果を追わずに好きな香りを楽しもう。


加田さんの講座に参加したいと前々から思っていました。期待以上に楽しくゆったり香りについて学べました。実践的で大満足です。虫よけスプレーは友人へお中元にします。 


生活の中で使える知識を教えていただきとてもよかったです。







0 件のコメント :

コメントを投稿