2013年6月20日木曜日

[報告] 6/18 秦さんの「ここちよい暮らしの知恵」講座:自分で作ろう調味料part1 開催しました!

こんにちは!スタッフさとみです。

昨日は秦さんの「ここちよい暮らしの知恵」講座:自分で作ろう調味料part1 開催しました!

・めんつゆ
・海苔の佃煮
・ごま塩
・焼き肉のタレ

どれも、自分で作れちゃう!!白砂糖や添加物なし^^で安心。

3歳までに味を感じる器官が育つので、3歳まで化学調味料を避けておけば、
一時ジャンキーな味にハマったとしても、大人になってから
ちゃんと、薄味、和食の味に戻ってこれるそうですよ。

素材の味をちゃんと分かる舌に育てたいですよね!


さて、めんつゆのおだしは昆布と椎茸から。
とりあえず、出汁は煮立たせないように気を付ければ大丈夫!


次にごま塩。
ごまと塩が混ざってるだけではないのですよ!

炒った塩をゴマの周りにまとわせることで、ゴマの油を酸化しにくくします。
細胞をぎゅっと締める効果が高いので、止血にも。
お産後、出血が多い方にもお勧めです。

塩は、ちょっとグレーになるくらい炒ります。
塩がグレーになるとは驚き。。。


白かった塩がグレーになっているの分かりますでしょうか?
すり鉢でよーーーく摩ります。
片手をすりこぎの端に当てて、もう片方の手でぐるぐる~と回すとラクです!

そのあと、黒ゴマを入れ混ぜ合わせますが、ここは、ちょっとコツがあるのですよ~
詳細はぜひ講座で!!


左は海苔の佃煮、右が焼き肉のタレ。

安い海苔がおいしい佃煮に大変身。
焼き肉のタレは、ニンニクとリンゴをすりおろし、
醤油、煮切った酒とみりんとコチュジャンを合わせたもの。

ニンニクとリンゴと醤油をミキサーにかけただけでも、
すっごく美味しくて、これをパンにつけて食べたらお酒のアテにぴったりだなあ~!
と妄想が膨らみました。。。


人参、じゃがいも、玉ねぎ、切った板麩をシンプルに焼いて、
焼き肉のタレをかけていただきました!
作りたてのタレの美味しいこと!!!!


たっぷりのおそうめんに、叩き梅としそを添えて、作りたてのめんつゆで。



タレのニンニクがパンチが効いていて、肉なしとは思えない食べごたえがありました。
素材の味が引き立って、おいしい!

■参加者のご感想から

●やはり手作り調味料はおいしい。
前回ポン酢作りの回に参加したら、夫が市販のポン酢は嫌いだったのに
作ったらハマッてしまい、それから毎週作っています。
焼き肉のタレ、ごま塩はぜひ作りたいです。
食べている間に汗が~~!

●みりん、しょうゆ、本物をちゃんと家に揃えようと思います。
毎回、秦先生の講座は暮らしを見直す気づきが多くて楽しいです!

●のりの佃煮が口に入った瞬間、口全体にやさしい風味が広がり
とっても感動しました。
お店で売っている佃煮は塩味が強く、今まで食べてきた味は本物でないと実感しました。
手作り調味料をマスターして、我が家の味づくりに挑戦していきたいです。

●どれもすごく簡単でおいしかったです!ごま塩も、本では難しそうだな…面倒だな…と
思っていましたが、実際やってみると簡単で、家でもやってみよう!と思いました。
ごま塩に止血効果があるのも驚きました。
特にうれしかったのは焼き肉のタレです!市販のものは化学調味料や砂糖が入っているので
使いにくく、自分で作れるとは思っていなかったので、教えていただけてよかったです。
めんつゆも、いろいろ試行錯誤していましたが、美味しいレシピを頂けて今年はそうめんが楽しみです!



次回の秦さん講座は9月6日(金)「塩麹料理のあれこれ
ご参加お待ちしております! 


0 件のコメント :

コメントを投稿