2013年12月2日月曜日

[報告] 11/28  篠先生 自分と子どもの育ちを楽しむ会 ~秋冬の体とシュタイナーの気質の話~

こんにちは。
Umiスタッフさいこです。

子育ては、母も子もゆるゆるできる環境作りから。
篠先生が透き通った布をゆらゆらさせるのを見て、私も体がくにゃ~ってするのを感じました。
寒い季節は特に体は縮こまろうとします。
季節感のある布を飾ったり、木や布でできたまーるいおもちゃを与えるだけでこどものからだはゆるむのだそうです。

ひとつの物事には必ず陰陽がある。
良いように見えるものもかたよれば悪影響を及ぼす。
悪いものと見えても裏には善意や教えや導きがあったりする。
いい人、悪い人、いい子、悪い子とは、やっぱり言いきれない。
自分の、家族の、周りにいる人の得意なところを出し合って、
感謝し合って、
尊敬し合って、
許しあえば、
宇宙の一部みたいにうまく廻るんだなぁ。



◎ご参加のみなさんの感想

・家族や周りにいる人はどの気質かな~と考えていると、納得できたり、理解してあげたいと思うことがたくさんありました。

・自分は多血質かと思っていましたが、ワークを通して憂鬱質も強いことを知ることができました。人間関係で辛いこともあるのは自分の気質も大きく関係しているのだと分かりました。

・同じ境遇でも感じ方が人それぞれなのは、ただ性格の違いだと思っていました。子育てがつらいと感じる時、自分の性格が嫌だと感じました。でも、「妊娠・出産・子育ては誰でも憂鬱質が強くなる。多血質の人が憂鬱質に偏るのはとてもつらいこと」と聞き安心しました。もとが多血質だから、同じ毎日を繰り返すことがつらかったのだと。陽があれば陰もある。多血質の良いところを自分で認めていけばよいのだと思えました。

・気質は体や心が変化する時に、変化しやすいと聞いて納得できました。
高校生の時から性格が変わったように感じていました。体の変化も影響していたと知れて安心できました。

・人との距離の取り方など、なぜ人によって感じ方が違うのか疑問に思っていましたが、気質によるものだと分かりました。


次回篠先生の講座は・・・

自分と子どもの育ちを楽しむ会
~「クリスマスに向けて」子どもの心とファンタジーの世界~
2013年12月12日(木)10:30~12:30

お申込みはこちら→http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=58575790

0 件のコメント :

コメントを投稿