2013年4月30日火曜日

<仲間募集!>茅ヶ崎で活動中のおやこ遊びの会・ポランの広場


こんにちは 
Umiスタッフお休み中の小野です。

茅ヶ崎で活動中のおやこ遊びの会・ポランの広場を、横浜にて定期開催することになりました。
4~6月を準備期間として、新しいなかまを募集しています。

〈ポランの広場とは?〉 
子どもが育つには仲間が必要です。子育てをするのにも仲間が必要です。
また、子どもと子どもがつながるためには、遊びが必要です。子どもと大人がつながるためにも遊びが必要です。

そして、大人と大人が心を許しあえるつながりを作るためにも遊びが必要です。楽しい時間を共有した仲間だからこそ許し合えるし、支え合えるし、つながり合えるのです。ポランの広場では、声を出し、歌を歌い、走り回り、ジャンプし、ゴロゴロし、「わらべうた」や「からだ遊び」や「造形遊び」などで、親も子も「みんなと一緒」の楽しさを体験したいと思っています。


★茅ヶ崎ポランのようすはこちらから http://www.geocities.jp/nenemu2001/class/poran.htm

★ポランよこはま4月のつどいの様子はこちらから 
http://blogs.yahoo.co.jp/poran_yokohama


★5月6月の集いのお知らせ


〈日時〉 2013年5月13日(月)、 2013年6月13日(木) いずれも10:30~12:00

〈場所〉 
5月のつどい: 横浜市市民活動支援センター 4階 セミナールーム1,2
         (JR桜木町駅より徒歩7分)
    
 6月のつどい: 東戸塚地域ケアプラザ 多目的室
         (JR東戸塚駅より徒歩5分)

〈参加費〉 1回1700円(+別途工作費が300円程度かかる場合もあります)

〈備考〉 みんなで手をつなぐ、輪になる、走るなどのアクティビティを行う関係で、2歳未満のお子さんは参加できません。2歳のお誕生日を迎えてからのお越しをお待ちしています。親子とも動きやすい服装でお越し下さい。必要な方は着替え・飲み物等お持ち下さい。お父さん・おじいちゃん・おばあちゃんとご一緒の参加も歓迎します!
〈申し込み・お問い合わせ〉
お母さんと子どものお名前、お子さんの年齢、電話番号、メールアドレスをお知らせ下さい。
「ポランの広場 よこはま」facebookページ、ブログhttp://blogs.yahoo.co.jp/poran_yokohama も、是非ご覧下さい。



〈講師〉 篠 秀夫 先生
親子遊び研究家・表現共育(心あそび・からだ遊び)研究家
人と人とのつながりが希薄になってしまった現代だから、親と子がつながるための“親子遊び”や、人と人がつながるための様々な“表現遊び”をみなさんにお伝えする活動をしています。人はつながりの中でしか成長できないのです。また、自分自身や子どものことを知る手がかりとして「気質」という考え方も紹介しています。気質を知ると、問題の原因が見えてきます。

先生のブログ「森へ行こう」(心とからだと子育てと) http://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/
篠先生HP「生命を考える」(しょうなん育自の会) http://www.geocities.jp/nenemu2001/


★7月より、新たなサークル名称で月2回の活動を予定しています。サークル名募集中!★

2013年4月22日月曜日

がんこ本舗より新入荷商品のお知らせ


「エコよりもニコッ」のがんこ本舗商品より

洗濯用洗剤・海へ 小サイズ
初めてのかたに使いやすいサイズを入荷いたしました。
ポンプ付き 200ml 洗濯40回分で1312円(税込)
使ってみたいけど、いきなり大きいサイズはと躊躇されているかたにおすすめサイズです。
1回5プッシュでも、きれいさっぱり洗えてラベンダーの香りもほのかに匂います。


海をまもるトイレブラシ
ベジブラシやバスブラシでおなじみの海をまもるシリーズ。
洗剤なしで(気になるときはきらりをひと吹き)ゴシゴシお掃除!
30cm 1102円(税込)
海をまもるトイレブラシは、毛先を特殊ゴムコーティング(ゴムラテックス加工)した「がんこ本舗」の人気ブラシのひとつです。ゴムラテックス加工で、コシが強く、水ハネがしにくいのでトイレのお掃除に適しています。また、タイルに陶器など、どんな素材にもゴムがやさしくフィットして、キズつくことを防ぎます。


詳しくはがんこ本舗のHPをチェック!!

UmiのいえSHOPの商品は通信販売もしています。
合計金額1万円以上で送料無料
なかなかサロンに来れない方もどうぞご利用ください。
 ↓↓↓




2013年4月20日土曜日

アースデー出展中!

こんにちは
麻紀子です
今日のUmiのいえは、代々木公園のアースデーに出張してます。
テントでクラニオセイクラルセラピーです
隣はおんぶスリングの北極しろくま堂さん、そのお隣は授乳服のモーハウスさん、土鍋の健康陶器さんです。
曇っているけど、とっても賑やかで、露店から美味しいにおいもしてきましたよー。

皆さん、ぜひ遊びにいらしてね

2013年4月19日金曜日

報告3/28 「保育園入園前ママに贈るお話会」


「保育園入園ママに贈るお話会」の講師をしてくださった保育士ふみえさんより。






もうすぐ4児のママ(^^♪ 文恵です。

「保育園入園前ママに贈るお話会」に参加のKさんが
ご自身のfacebookに内容をシェアしてくださったのでご紹介します。
以下に、加筆して転記しますね。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「保育園入園前ママに贈るお話会」に出て学んできたことを忘れないように

メモメモシェアシェアφ(..)


~母と子の絆を強める育児のために~

子どもの心の発達、心の成り立ちを決める最も大切な土台は「安心感」(躾も社会性もその後です。順番が大切。まずは安心感。)

つまりお母さんとの心の絆。

・1day 1 present(働くママでも専業ママでも) 子育てで一番大切なことは

「子どもにとっては母親は絶対の存在ということをいつも心にとめておくこと。(=安心感を与えること)

お母さんからの「あなたが大切だよ」というメッセージが伝わっている子どもは、集団生活の場でも安定して過ごせます。

「あなたが大切だよ」と伝えるために

①  スキンシップ

②  笑顔

③  プラスの言葉かけ  がとにかく大切!!




これらが足りないと子どもたちは色んな姿、サインを出して教えてくれます。

指しゃぷり、グズグズ、チック、叫ぶ、泣く、言うことを聞かない、ママが困る場面で急に我ままになる  など。

これらの反応はいつも対応しなくてはならないママにとっては、本当に厄介だし、大変だし、どうしていいか分からず投げ出したくなることもあるでしょう・・・

育児って本当に大変だな~と溜息をついたり、涙を流したりしながらでも、このことを知ってて、時々思い出してほしい。

これらは、「こっちを見て!」「僕のこと大事?」「ママが大好きなんだよー」とい大切なメッセージ、サインです。育児を振り返る、立ち止まるチャンスをくれているのです。

「そうか、そうか」と共感するだけでいいのです。

サインなんだと気づけるかな?



・ママが働いていても安定した心の子どもに育てたい!そのためにできることは?うちの子が喜ぶことはどんなこと?

実際に5つ ワークシートに記入。

1day 1 presentを具体的にやってみる。働いていると時間がないから一日に一つでいい。子どもの喜びことを!

Kさんの「うちの子の場合は」①おんぶ、②抱っこ&揺さぶり遊び、③絵本を読む かな・・・?



そう、些細なことでいいんです。ママがしてあげたことで子どもがにっこりしたことを3つ書き出せますか?

ディズニーランドに連れていくことや旅行に連れていくことよりも、ママの目が自分に向いている事。それが子どもたちが本当に望んでいること。



・「安心感」をしっかり与えてもらった子は、他人を思いやることができる。集団生活でルールが守れる子に育っていきます。

6歳でもいじめは存在するのが子どもの現実です。

安心感の足りない子は、同じように安心感の足りない子どもを見抜く感覚に長けており、そういう子を攻撃したり、またはされる側になっている姿をよくみます。

いじめる側にもいじめられる側にもさせないために親だからこそできることがあります。まず最初に「安心感」を与えること。親子に絆をつくることがそれになると思っています。

それは保育園の先生もしてくれますが、必ずできるのは親だけです。



・せっかくママになれたのだから「今しかない子どもの姿・笑顔」を焼き付ける♪



・仕事・家事・育児の両立のためには、さらなる 工夫と配慮も必要。ポイントは7つ。

①  家事の効率化

②  仕事の時間配分

③  子どもと自分の体調管理

④  職場の人、家族(育児に協力してくれる人)とのコミュニケーション

⑤  自分の時間を確保すること

⑥  保育園の先生との関係づくり

⑦  気持ちの切り替え




・100%笑顔のママじゃなくてもいい。人生だもん。笑って!泣いて!

文恵先生の場合は  バランスをとるための指標がある。、大好きな水戸川さんから教えてもらったこと。

 (はっはっは!と笑って 8×8=64、しくしく 泣いて 4×9=36  なんと! 64+36=100なのだ!)

36%くらいは、失敗したり泣いたり弱音吐いたり、の自分を認めてあげよう。

だけど「お母さん」なんだもん!命をかけて私が産んだんだもん。64%は、腹をくくって、子どものために笑顔でいるお母さん、我慢のできるお母さんになりたい。64+36=100 人生は涙と笑いのバランスで成り立ってるな~とすごく腑に落ちた数字だったので、これをいつも思い出し、自分を振り返り、調節しています)何事もバランスが大切。

呼吸を整えたり、早起きしたりしてバランス感覚を磨き、器の大きなお母さんになれるよう日々努力してます。楽しくね(^^♪



・保育園の先生は子育ての味方!愛と感謝のループ作りを。

保育園の先生との信頼関係はとても大切です。頼ればどんどん力になってくれます。
なるだけオープンになって相談しましょう。

先生とママの間に愛情と感謝のループを作れば子どもはイキイキしてきます。



・生活リズムの安定を図る。休みと平日の就寝の時間、起床の時間を一定にするだけで、子どもの心は安定してきます。



・「言葉」は大切。もっともっと「大好き」「愛してる」「宝物だよ」「生まれてきてくれてありがとう」言葉で伝えよう。体で抱きしめて伝えましょう。

昔のお母さんは言葉でなくたって愛情を示せた。一生懸命家族のために時間を体を使わないと成り立たない生活だった。子どもは貧しくても、お母さんが忙しくても、自分は愛されていると日々の生活から感じることができた。現代に生きる私たちは、どうでしょう?ボタン一つで家事をしている。子どもたちは遅寝のママ、趣味を楽しむ母、スマホやテレビに視線を注ぐママを見ている時間が長くなってはいませんか?
ちょっと意識してでもママの目線を子どもの表情に注いでやる時間を確保しませんか? 子どもより早く起きて家事をする姿を日常的に見せることも効果的。



・子育ては日々の積み重ね。日常的なささいなこと。小さな事が大切。ママの「今」と「10年後の子どもの笑顔」はつながっています。

 あえて、言います。保育園に頼って仕事が休みの時間をエンジョイすることも必要。でも時には、ママの「我慢」も大事です。

頼りすぎないで!子どもの「今」はすぐ過ぎ去ってしまうから。



~話を聞いて、実践してみようと思ったこと~ Kさんより

・保育園に迎えに行った時「まず1番に」子どもの目を見てね!

(子どもの目を見ずに荷物を取りに行ってしまうママが多い。子どもはママの目線をすごくよく見ている)

・保育園の先生には「いつもよく見ててくれてありがとう」とお礼を言う。

・子どもの前でスマホをいじらない。(ママの視線がどこを向いているか子どもはとても敏感)

・早起き!

・夫婦仲良くする(これ、かなり難しい!)

・子どものステキなところ、大好きなところを5つ書き出す(これもワークシート付)これ、旦那さんに対しても。シングルで育てている人は、子育てに最も協力してくれている人に対して。



~シェアを見てくれた人からのコメント~

・プラスの言葉かけが、忙しい朝はまったくできてなったと反省。

・いっぱい抱きしめてあげようと思った。意外な盲点、スマホ。気をつけます。

・これを見てがんばってみようと思えました。笑顔と夫婦円満をがんばります。

・うちも、旦那さんと仲良く が課題。

・スマホ、気をつけなきゃ~

・私も実践して、子どもの10年後の笑顔につなげたい!シェアありがとう!

・見習わなくては!さらにシェアさせて~(2児のパパ)←この人、文恵の同級生です。

・1day 1 presentね!母親ではないけど実践してみたくなるね。←この人も2児のパパ。超イクメン。文恵の同級生です。

・スキンシップ、笑顔、プラスの言葉かけ!!ありがとう。やってみます。

・保育園の先生にもっと直接感謝の言葉を伝えよう。



以上。






スマホに気をつけよう と素直に反省してくれる人が多かったのは嬉しい驚きでした。

復帰前の不安が減ったり、今のママの私で良かったんだ という感想もうれしかったです。

母乳に関しては保育園によって受け入れ寛容度がかなり違うので、母乳をやめるよう言ってくる園には嘘でも「やめました」で通してよい。

母乳育児を貫く覚悟をしていいんだよ。と、保育士という立場から背中を押せたことがよかったです。

言葉かけの大切さ、スキンシップの大切さ、もっと伝えたいな~と本当に思いました。

母になれた喜びを分かち合う機会をたくさん持ちたい!気持ちがさらに募ったお話会でした。ありがとうございました。
文恵


2013年4月15日月曜日

報告 4/14 ファシリテーション講座 テーマ「待つ・寄り添う・引き出す」


昨日はミーティング・ファシリテーター 青木 将幸さんのファシリテーション講座でした
詳細: 
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=48071932 



待つことが難しくなってきた 
すばやい反応や結果を求めがちな世の中 

でも、卵や球根のように、待たなければ生まれない、待たなければ芽が出ないことがある。
組織、会社でも、家庭でも、待たなかれば育てないことがある。
自分自身もそうだ、焦ってもうまくいかない。
時が満ちるのを待つことも覚えたい。 

無理やりすすめたり、同意のないままに押し流すこと、
乗せるほうも乗らされるほうも、気づかないことってよくある。 
でも、もっと人との関わりには愛がほしいな。

昨日のファシリテーション講座では、ファシリテーションの技を体験しつつ
想いが自然と湧き出てくることを、ただ静かに待ち、丁寧に耳を傾ける、そしてありのままの流れを受け入れてみる
そんな体験を何度もすることができた。

リーダーとして、ファシリテーターとして、
親としても、自分自身の生き方にも
ヒントになるキーワードがわさわさたくさん、あふれてきた。

お産も子どもも夫婦も部下も植物も恋もプロジェクトも自分自身も
いくら焦っても、焦りにはのってこない 
すべてにタイミングがあるんだよね  

よい待ちかたの一つには、タイミングを感じ取ること
丁寧に関わって
相手のタイミングを察するセンスを磨きあいたいものですね 

makiko









2013年4月13日土曜日

<きた道いく道NO.7> 落ち着きのないやんちゃな子にイライラしてるお母さんへ



きた道いく道 ショートメッセージ 投稿をご紹介いたします   







幼稚園のプレやお話し会では脱走するし、ご飯も座って食べないし、
手をつないで歩いてくれないし、待ってね、順番よって言っても待てないし、
お会計の間に迷子になるし。


何度、危ない!!ストップ!!待って!!やめなさい!お願いだからやめて!!もう、いい加減にして!って叫んだかわからない。

イライラして、いっぱいいっぱいになって泣きながら、嫌がる子供を引きずりながら歩いて帰ったこともある。

うちの子何かあるのかなってネットで検索して不安になって泣いたこともある。
しつけもできないダメな親なんだって泣いたこともある。

「うちもそうだったよ!」

誰かにそう言って欲しかったんだ。

「大丈夫!うちもそうだった!そうだった!」って笑いながら言って欲しかった。

聞き分けの良い子の何十倍も色んな事を、見て、聞い、感じて、心と身体の引き出しにたくさんたくさん詰め込んでる最中なのよ~。って。

そっか、私も一緒に引き出しに色々詰め込んでみよう。

引き出しがいっぱいになった時
「うちもそうだった!そうだった!大丈夫!大丈夫!」って
頑張ってるお母さんに笑いながら言ってあげるんだ。


(5歳と1歳のママ I)

<きた道いく道NO.6> すべてのお父さん、お母さんへ

きた道いく道 ショートメッセージ 投稿をご紹介いたします 



こどもを授かり、産まれてそして今、生きていること。
育てていること。
今、一緒に生活していること。
それは本当に奇跡であり、それだけで素晴らしいこと。

自慢してください。
誇りに思って下さい。

毎日いろいろ大変だけど、子どもたちと過ごしている。
毎日平々凡々だ~って思うこと。
私たち夫婦にとっては本当にまぶしい姿です。

あの日に戻りたい。
それでも私たち夫婦は笑って生きていくしかない。
それが亡くなったムスコの幸せだから。

なので、家族全員が笑って過ごしていること。
毎日だと逆に疲れるかもしれないから、
子どもたちの誕生日、自分たちの誕生日、
なにかの記念日に、たまには幸せをかみしめてみるといいかもしれないですよ。

すべての世界が笑顔であふれますように


永遠の3歳男児の両親





ご投稿ありがとうございました

きた道いく道ショートエッセイ募集中です

http://www.uminoie.org/2012/12/blog-post_25.html

自分らしさがキラキラ輝る・ベリーダンスキッズクラス

今朝のUmiのいえはベリーダンスのキッズクラス。
楽器を使っ
てリズムワーク。
しなやかな身体作りへのストレッチ。
現することに自由になること。人を観察して真似てみること。
音を身体で感じて内側から躍動していく楽しみ。
いろ
んなことが盛り込まれているんだなあ。
すごく楽しそう。
おばさんの私もキッズクラスに入りたいって思っちゃった。

いいね、ちびっこのうちに感性が磨かれる。
部屋の空気が
キラキラしています。
(麻紀子)






キッズクラス 詳しくはこちら


2013年4月12日金曜日

美味しいスープでちびっこたちもごきげんでした 




今日からまた陰陽調和料理法による食育連続講座第37期金曜コースがはじまりました。
野菜は皮を剥かなくてもいいし、化学調味料使わなくてもいいし、卵や砂糖を使わなくても美味しいおやつ作れるし、これでね、離乳食をわざわざ作らなくてもいいし、というか、もうドラッグストアのレトルト離乳食を買わずにすむよね。
四回連続講座で、キッチンに立つことがもっと楽しくなる、そんなきっかけになったらいいな
makiko


次回は、
食育連続講座第38期水曜コース
5/8 15 6/5 19 10:30~13:00 
残席2名です。

調理実習メインの食育特別講座は、
特別講座 こどもの日レシピ&柏餅の会
4/30(火)10:30~13:30
特別講座 卵なしでも作れる四色丼ぶり&かるかんの会 
5/12(日)・ 5/28(火)10:30~13:30

2013年4月11日木曜日

<きた道いく道NO.5> 発達の遅れを悩んでいるママへ

きた道いく道 ショートメッセージ 投稿をご紹介いたします 





一人目の子って、どうしても神経質になっちゃう。
あの子は歩いてるのにまだ歩かない。
あの子はおしゃべりしてるのに、まだしない。
なんでこんなに落ち着きがないの?

自分の子はどんなことがあっても可愛いんだって思ってた。
可愛い瞬間に満ち溢れた育児生活なんだと思ってた。
なのに、
この子を見てると悔しい。
なんでこんな子なの?
しゃべってくれないの?
笑われるの?
いじめられるの?

ぽわーんとした息子に、
いつの間にか鬼みたいになっていた私。
かわいいのに、悔しい。
かわいいから、悔しい。

でもね、
当たり前だけど
育児書どおりになんかいかないんだよね。
みんな違うから、それが個性なんだよね。

あなたの速度で見えてるものは、
私が見過ごしてしまってきたことばかりで、新鮮だよ。
あなたのゆったりした、大きな優しさに、
癒される人だって、たくさんいるよ。

私はあなたを、ちゃんと信じて見守ってるよ。

私はせっかち。
あなたはのんびり。
ふたりでいれば、ちょうどいいね。

いつの間にか二児のママ、より。


ご投稿ありがとうございました

<きた道いく道NO.4> 赤ちゃんを待ち望むあなたへ

きた道いく道 ショートメッセージ 投稿をご紹介いたします 




結婚してすぐ子供がほしかった。
式では子供は3人ほしいなんて言って、幸せだった。
それから全く子供を授からなかった。
生理はちゃんときてるのに…

子供がほしい友人はいたけど、みんな子供が出来て私を置いていった。
不妊治療をしたけど、なんの問題も見つからず、ひとり赤ちゃんを流産して終わった。
「赤ちゃんはママを選んでうまれてくる」
この言葉は私を落ち込ませた。
私は赤ちゃんに選んでもらえない人間なのかな。
児童虐待のニュースはやるせない。
いらないなら私にちょうだい。

体作りと称していろいろな健康法を実践した。
ストイックすぎて疲れたし、お金もたくさん無くなった。
夫との関係も一時冷え込んだ。
私とじゃなければ、夫は子供が持てたかも。
夫とじゃなければ、私は赤ちゃんをだっこしてるかも?
そもそも私はなんで子供がほしいのだろう?

そのうちまわりから、子供は?と聞かれることもなくなった。
聞かれるのもつらいけど、聞かれないのはもう無理だと思われているようでもっときつい。
でもほしくても出来ないかわいそうな人と思われたくなかった。
そして、子供がほしいとまわりに言えなくなった。

そんなとき、やりたくないことはやらないことにした。
やりたいことだけをやった。
そうしたら、本当にのぞむことが見えてきた。

「夫との子供がほしい」

理由なんてない。
ただそれだけ。
いいじゃん、だって本当の気持ちだから。
そう思っていいし、言っていい。

そして、言ってみよう。
私は子供がほしくて、今は待ってる状況だけどつらいんだと。

りお 




りおさん、ご投稿ありがとうございました。 
ありがとうございました。きっと誰かの心の鍵になる。

2013年4月10日水曜日

Umiのいえメルマガ☆4/10 春の嵐のそのあとに




こんばんは。Umiのいえ上村聡美です。

新年度も始まり、新生活にてんてこ舞いの方も多いでしょうか。
ときには一息ついて、自分の様子をチェックしてみてくださいね。
呼吸が浅くなっていませんか?
どこか固くなっているところはないでしょうか?
一杯のお茶を淹れて、茶葉がひらいていくように
内側からほどけていく時間をお過ごしいただけるよう
Umiのいえでお待ちしております。

※幼稚園、小学生のママ、働くママにもオススメの講座あり。どうぞご一読ください!↓↓↓



◇4月のおすすめ講座◇

●4/11(木)多田さんのアーユルヴェーダ的体質・子育て・暮らしの知恵講座
自分や家族の体質を知り、付き合い方やセルフケアを理解して健康で笑顔あふれる毎日に!
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=55274077

●4/13(土夜)お父さんの集い(女性入場不可)
進行は青木将幸さん。男性にこそ、職場以外のつながりで心置きなく語り合う場は貴重で必要。
皆さん参加して良かったと満足度高い集まりです。
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=40049606

●4/15(月)赤ちゃんとのここちいい暮らしの知恵講座
秦さんが離乳食・発達に合った抱き方寝かせ方・家事のコツ等を伝授。プチランチ付き。
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=56671549

●4/17(水)小児科医堀内勁先生お話会「おっぱいとごはん、抱っこと、赤ちゃんの力」
長年ママと赤ちゃんを見守って来た先生の言葉は、育児の不安をすーっと軽くしてくれます。
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=48926893

●4/18(木)お母さんのための「身体感覚講座」
テーマ「胸を開けば、肩の荷が降りる」自分の軸を磨く上質な時間。子連れOK!
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=53049620

●4/19、26(金)スローな子育て 病気・しょうがい・個性と共に
復活開催!当事者同士の語り合いは一番の癒し。自分への労りと明日への元気をチャージしてくださいね。
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=31965945

●4/15(月)、19(金)子連れOKアーユルヴェーダオイルトリートメント
10時~時間予約制 4名限定:45分4000円のプチコースを設けました。老廃物を押し流してスッキリ!
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=48370940
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=48962187
※土曜施術も承ります 希望日時を添えて umi@umi.lar.jp まで

●4/26(金)ことだま講座
氏名は使命。名前の響きからその人がどんなギフトを持っているのか読み解きます。
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=35522441

●4/28(日)住育講座「家族のコミュニケーションUP」
いずれ住み替え、購入をお考えの方は必見です。ご家族でどうぞ!
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=41292812


◆予告◆
5/12(日)食育特別講座 働くママ待望の日曜開催決定!
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=41466012
5/22(水)おでかけジェンテコ ライブ&ランチ&ショップ
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=43094604
5/31(金)棒田さん講演会「やっぱりお母さんの役割ってさ」
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=57434234


いつもありがとうございます。
このメールマガジンはUmiのいえ利用者の方に月1~2回送信しています。
転送転載歓迎!
++++++++++++++++
発行元: Umiのいえ   ≪いのちを育む学びと気づき≫
詳細、スケジュールはこちら http://www.uminoie.org/
++++++++++++++++
ツイッター http://twitter.com/uminoie_y
サロンTEL:045-324-8737 

絵本の言葉がひょっこり暮らしに顔出すよ~



本日は、棒田さんの連続講座 「絵本を暮らしと心に活かすコツ」編でした。

いろんな絵本の取り入れ方、奥深さ、読むコツなどを紹介していただき、
参加者のみんなでも読みあって、絵本の感想を語り合ったりしました。
毎回、とっても勉強になります。  

私も棒田さんも、もうこどもが大きくて絵本を読む世代ではないのだけど、
だから、知っているの
絵本がなくても育つけど、
絵本があったおかげで、どんなに豊かな時間をもてたかってこと。

繰り返し読んだ絵本の言葉や風景が、
毎日の親子のコミュニケーションの中や、創作の中にもずっとずっと顔をだしてきたのです。

一緒に読んだ絵本の言葉は、大きくなっても親子共々忘れない宝の時間です。 


ゆっくりと優しい手でページをめくり
紙の質感も、色も、世界観も味わって
映画のようなぎゅっとつまった物語にただよいながら眠る 

どうぞ、小さなこどもとそんな甘い夜を、お過ごしくださいね 

齊藤麻紀子 



参加者の皆さんより感想です

・自分のために絵本を読むということをしてみたいと思いました
・絵本で笑いをとれるようになりたいです
・こどものためにと思っていたけれど、実は親が癒される絵本があるのだと知り、楽しみが増えました
・月齢ごとの子どもの絵本の関わり方が学べました。
・これを機会にもっと本を読んであげたいと思いました。 




2013年4月6日土曜日

あなたってほんとにしあわせね!

失望感があって悲しくて我慢する日々が続いても、
いつか必ず幸福感に変えていける。

長男長女さんは、そういう体験を、二番目の赤ちゃんが生まれたときに味わうのよね。

誰だって失望感の克服には時間がかかる。
たとえ、ぐずぐずきかんぼうで、泣き虫で、ひっくり返って困らせてばかりの日々が続いても、親は静かに腹を据えて待てたらいいですね。

必ずお兄ちゃんお姉ちゃんは、なんとも素晴らしいハッピーな笑顔を魅せてくれるときがくるからね。

そうして、親として思うの!
ああ、この子達を産んでよかったなあって。

(齋藤麻紀子)


………………………………………
絵本
『あなたってほんとにしあわせよね!』
キャスリーン アンホールト作
童話感出版
より。

それまでは一人っ子で、
親からも祖父母からも、一心に愛されて、好きなように甘えられていたお姉ちゃん。

でも、お母さんが赤ちゃんを産んでからは、いろんなことが変わったの。

みんなの目は、赤ちゃんばかりを見つめるし、
私のことは後回し。
私だけのものが、私だけのものじゃなくなってしまったの。
私は待つことばかり。つまんないし、むしゃくしゃ。

でもね、
だんだん、自分にもできることが増えてきたの。
赤ちゃんを笑わせたり、お歌を歌ってあげたり、絵本をみせてあげたりね。

私が可愛がって連れ添って散歩にいくと
「この赤ちゃんって、ほんとにしあわせね!」
って街の人に言われるの。

2013年4月4日木曜日

復活!スローな子育てお茶会~病気・しょうがい・個性と共に~





















久しぶりの復活! スローな子育てお茶会やりますよ~ 


お友達にシェアお願いします 


なにがどこから病気とかしょうがいっていうのかよくわからないので、
まあ、つまり垣根なくね。
育てにくい、暮らしにくい、生きにくいって感じることや
苦しいことも、ほっとすることも、悟ったことも、語り合えたらいいですね。

産んでよかった 
生まれてこれてよかった
生きててよかった~って、
おやつ持ち寄り、くすくすにこにこ、ごろごろしましょ。 
(まきこ)


【日時】
・4月19日(金)12時~
・4月26日(金)12時~
・5月26日(日)10:30~ 
 以降毎月一回開催 
詳しくは http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=31965945 

2013年4月3日水曜日

4/22手芸部復活! こいのぼりエコバックを作ろう

春の嵐がいくつか過ぎ、
桜は例年より早く、見頃を過ぎてしまいました。

皆さん、お花見は楽しめましたか?

入園入学などの新スタートを迎え、
次にやってくるのはゴールデンウィーク(*´∀`)

そして。。


こどもの日ヾ(o´∀`o)ノ〓

というわけで。。


Umi手芸部の復活です!



去年大好評だった[こいのぼりサロペット]を
もっとお手軽にアレンジ。

遊べるしかけや可愛さはそのままに、
マチつきでしっかりしたエコバッグをつくります(´▽`)ノ


切って貼るだけのカンタン作業。
ぶきっちょさん大歓迎(*´▽`*)

お気に入りの生地があるかたは、ぜひお持ちください。
さらにとっておきの品になりますよ♪(´ε` )


参加お申し込み、どしどしお待ちしています!



春の日差しあふれるサロンにて
みんなで色とりどりの「こいのぼりバッグ」を作りませんか?
去年の「こいのぼりサロペット」同様、
お子さま向けの楽しい仕掛けつき。
さらに、壁飾りにしてもかわいい感じで作っていきます。

針や糸はいっさい使いません。
ペタペタ貼るだけ。
ぶきっちょさんでも大丈夫♪
もしかしたら親子共作にもなっちゃうかも??
思い出のはぎれなどがある方は、ぜひお持ちよりくださいね。



【日時】 2013年4月22日(金)11:00~12:30

【場所】 Umiのいえ横浜サロン

【参加費】 1500円

【持ち物】特に必要ありません。基本的には手ぶらでお越しください。
使いたいハギレ(7㎝四方以上のもの)がある場合は、使いたいだけお持ちください。

【講師】 おおふちまいこ
どっぷりアラフォー満喫中の二児の母。
Umiのいえ、フジテレビキッズカフェ・ママトコを中心に手芸ワーク講師として活動中。
ママトコ店頭(常設)や各種イベントでは、オリジナル商品の販売もさせていただいています。
ハンドメイドのほかに、デコ弁&デコスイーツも大好き♪
今年に入り、saita(セブン&アイ出版)やnina's(祥伝社)等の雑誌にて、作品やワークを掲載していただきました。


申し込みは こちら

絵本『根っこのこどもたち 目を覚ます』

麻紀子です。
春ですね~



土のお母さんが根っこの子供たちを起こします。

根っこのこどもたちは、目を覚まして、好きな色の生地で服を繕いはじめます。
準備が整うと色とりどりの服を着て、地上にでていきます。春が過ぎ夏が過ぎ秋になると、土のお母さんが待ってます。こどもたちは根っこに帰っていきます。

そんなお話でした。

土のお母さんが送り出してくれて、待っててくれて、迎えてくれる。だから、根っこのこどもたちは花になって咲けるのですね。お母さんは偉大です。


『根っこのこどもたち 目を覚ます』より。
ジブレフォンオルファース絵
ヘレンディーンフィッシュ文
童話館出版



2013年4月2日火曜日

3/26 お花見会報告 



こんにちは!スタッフのかおです。

今年の桜は咲くのも早かったけど散るのも早かったですね。
こないだの29日にお花見をしてきました♪
初めての人も会ったことある方もみんな笑顔~





場所は大池公園~♪
桜の時期に来たのが初めてだったのですが、
すんごいキレイで毎年来たい!と思うくらい素敵でした~!


この日は散り始めて風もあったから桜吹雪がきれいだったー!

桜の下で、みんなで春に始めたいことを話しました

春からお子さんが幼稚園に入る方が私を含めて三名いらっしゃいました。

バッグ作りをきっかけに、これから手芸をしたい。
子供と向き合いたい。お腹の赤ちゃんとも!
これからはゆっくりしたいという方もいました。
ずっと頑張ってきたんだなあと思いました。


沢山学びたい!というママになりたての方
それぞれの春を応援する楽しいおしゃべり会になりました。

そのあとはみんなでアスレチックへ!
私も夢中になりすぎて気づいたら4時になってましたー!






参加して頂いたみなさん、ありがとうございました。
楽しかったですね!