2014年1月3日金曜日

授乳中のお母さん、とってもキレイよ。本当よ。

母乳育児は、実りも試練も与えてくれた。授乳期間に関係なく、やりきった私の胸は深く掘られていった。
子を愛しく思う泉は、その後も枯れたりはしない。

母乳育児は愛を与えることと、赤ちゃんから愛を受け取ることを、みごとに同時に循環してくれる。
だから、授乳姿はこの上なく美しい。
どんなに争いが起きても、授乳姿は平和のエネルギーで満ちている。

今、赤ちゃんを育てているお母さんへ

赤ちゃんを抱いているそのものが、あなたそのものが美しいんですよ。本当に。

さて、
春から保育園に預けるからといって、今から哺乳瓶や、離乳食の練習は不要ですよ。
今は、一日一日、母にしかできないことを、ただひたすらしてくださいと、おせっかいではありますが、お願いしたい気持ちです。
赤ちゃんはたいてい、お母さんのおっぱいを求めてくださる。
赤ちゃんは、今自分に一番必要なものと、お母さんにとって何が大切かをよーく知っているの。
お母さんがいなければ、それなりに他の大人と順応して暮らすのだから、お母さんが一緒にいるときは、お母さんにしかできないことをするだけでいいよね。

ミルク育児をしている人も同じです。
水は生き物。力のあるミルクはお母さんのエネルギーで作りあげる。一滴一滴に愛を。
両手で瓶を持つ仕草は可愛いかもしれない。でもね、一人で飲ませないでね。
抱かれて飲むから味がつく。抱いて飲ませるから、子どもを待てる。子どもを待つ時間は、インスピレーションや、ファンタジーにあふれてくる。豊かな時間は自分次第なの!

Umiのいえ 女将 齋藤麻紀子 

(昨年FBでのつぶやき、反響が大きかったのでこちらでシェアさせていただきました。)

0 件のコメント :

コメントを投稿