2014年5月29日木曜日

7/6 生死学の集い in Umiのいえ  「生まれくる人・死にゆく人に思いを馳せる」






生死学の集い in Umiのいえ  「生まれくる人・死にゆく人に思いを馳せる」

生死(しょうじ)学とは、誕生と死を同一の視野にいれ、それを通していのちについて思考する学問です。
生まれくる人と死ゆく人、当事者とそれを見守る家族、支援者について、医学・助産学・社会デザイン学などで
学際的に研究することを目的として、生死学という新しい概念と言葉ができました。
これまで死生学の中には含まれてこなかった「生まれる(誕生・出産)」を抱合し、いかに生まれ、
いかに死ぬかを思考することで、繰り返されるいのちのダイナミズムについて学びます。

第1回の生死学ワークショップは、八ヶ岳山麓の草原で、広い大地、星空を堪能しなから、誕生・生・死について考えあいました。
3.11を経た今、これからの子どもたちの生の環境をどう受け止め、また自分の生をどう生きるか、語り合い、見つめ続けていきたいと思います。

いのちを迎えること、いのちを見送ること、
その経験の苦さ、悲しみ、美しいこと、尊いこと、心に深く刻まれたことをシェアしあいましょう。



●日時 2014年7月6日(日)13:00~18:00

●プログラム
・「生死学概論」菊地栄(出産育児環境研究会代表)
・「みおくることと、迎えること」大石時子 助産師
・語り場「私の感じてきた いのちとは」 ファシリテーター 齋藤麻紀子

●会場:Umiのいえ
●対象:どなたでも
●参加費:3000円

●主催:Umiのいえ 
●協力:出産育児環境研究会 「生死学」についての問合せ:nagi10sk@yahoo.co.jp Fax 0266-55-2540(出産育児環境研究会・菊地栄)

●この会の申込み・問合せは Umiのいえへ 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
いのち・こころ・からだ・くらしの学びあいの場~Umiのいえ~
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -  
〒220-0073 横浜市西区岡野1-5-3サンワビル4F
tel 045-324-8737 mail umi@umi.lar.jp
http://www.uminoie.org/
JR横浜駅より徒歩10分・相鉄線 平沼橋駅より3分

0 件のコメント :

コメントを投稿