2014年6月16日月曜日

[報告] 6/14 森と海と手をまもる「きむちんの洗剤学校」


[報告] 6/14 森と海と手をまもる「きむちんの洗剤学校」


がんこ本舗社長 きむちん こと木村正宏さん


原油流出事故処理のテクノロジーから生まれた洗剤、
「海へ…」「森と…」

ECOショップやナチュラル系雑貨のお店、
もちろんUmiのいえでも目にすること、耳にすること、手に取ることがあるかと思います。

私もずっと知ってはいて、Umiのいえでは使っていたり。

でも、「けどなぁ…」と思いながら自分の家では使っていなかったんです。

ホームセンターで買うような値段では買えない。
コンビニで買うように手軽には買えない。
でもでも、
いつも心に引っかかってた。

「この選択でいいのかなぁ…」
「自分だけがよくて、誰かが苦しむ選択なんじゃないかな…」

そして、がんこ本舗のきむちんの洗剤学校。

「この子たち、その子どもたち、もっともっと先の子どもたちのためのチョイス」

洗剤が素晴らしいとしても、
落とした汚れが流れ着く先の環境は本当にキレイになるの?
そんな疑問に、きむちんが教えてくれた化学の魔法。

「水中油滴」

それは地球のリズムに乗ること。

油や汚れを水の膜で包むことで、
微生物がそれらを分解できるようになる。

「地球に助けてもらうために「海へ…」や「森と…」はあるんだ!!!」

それは私たちの、地球との共存のツールなんだ!
と目からウロコでした!

きむちんのつくる洗剤。

それは洗剤の形をした、
地球と寄り添う、
「惑星奉仕(プラネタリーサービス)」
のひとつ。

うーん!
とてもとても
深かったですよ!

<スタッフ舞子>

ーーーー


スタッフさとみです!私も一緒に洗剤学校に参加しました。

汚れは洗剤じゃなくても落ちる!という実験。
水+消しゴム これ 結構すごい。ゴシゴシじゃなくてやさしくこすることもコツ。

水があると、ゴムが汚れを引きはがしてくれます。

消しゴムは天然ゴムじゃなく、そのへんの普通の消しゴムでOK。

これは、多くのがんこ製品にも応用されています。
(ベジブラシなど)

エッセンシャルオイルも油を浮かしてくれます。
(「海へ…」には高級なラベンダーがたっぷり使われています!)

洗剤がないと落ちない、というのは思い込みなんですね。



また洗剤学校冒頭に、
きむちんが話してくれた登山家時代のエピソードもとっても印象的でした。

真っ白な雪上、他の人が見落とすような、微かなクレバスの影が見える。

なんとなく気持ちがざわざわして「何か起きる」 と思い
ベースキャンプに留まる (と雪崩が起きたり)。

世の中に「ナノテクノロジー」という言葉がない時代から
この水中油滴という技術に行きついたきむちんの凄さ、

それは、プロの登山家として研ぎ澄ましてきた直観がなせる技なのかも
と感じました。


きむちんのがんこ本舗製品、
ニューフェイスがいくつかUmiのいえにも到着しましたよ!
是非手に取ってみてくださいね。


「ル・ウマレル フェイスケアシート」 540円 消しゴム効果でお肌の汚れをオフ!

「電解イオン水one」 2462円 pH12 アルカリイオン水で除菌消臭

「ZEBRA」(吹き付け式しみぬき洗剤。過酸化水素水配合) 1620円


0 件のコメント :

コメントを投稿