2014年7月24日木曜日

[報告] 7/17 夏のお抹茶の会~浴衣で涼しく日本文化に親しみましょう☆

[報告] 7/17 夏のお抹茶の会
~浴衣で涼しく日本文化に親しみましょう☆
Umiのいえが茶席に変身!

こんにちは、スタッフさとみです。

日本文化の粋を集めたものが茶道、とよく言われますが
なかなか接点がありませんよね。。。

でもUmiのいえならできちゃうのです!子連れで!

今回も、茶道教室 乙亥会 http://otoikai.jimdo.com/ の宗敦さんはじめ
社中の方々が、素敵なお茶席を設けてくださいました。

涼やかな水色が美しいお道具。氷水で冷たいお抹茶を点てて頂きました

今回のテーマは「夏の海」。
お軸は「海潮音」。Umiのいえにちなんで。宗敦さんが解説してくれます。

氷水で点てる、冷たいお抹茶もあるのですね。
私も初体験しました~!!!
お点前の所作、観ているだけで優雅な気持ちになります。

硝子の器に入った涼しい緑色が、すーっと喉を通って潤してくれて、、、たまりません!
とっても美味しいお茶でした。

琉球硝子のお椀は宗敦さんの手作り。

お茶菓子はミホ先生特製の梅ゼリー。美味しい!!!

もちろん、冷たいものが苦手な方には、あたたかいお茶を点ててくださる心づかい。

お茶席の作法はわからなくても全然大丈夫。

体験するだけでも、背筋がすっと伸びたり
花や書、器、お道具、所作を味わう気持ちがわいてきます。

割れない木の茶器で子どもも一緒に。

お道具のなかには、食べたあとのサザエの貝殻を洗って色を塗ったものも。

決して高いお道具がないと茶席ができないわけではなく、
身の回りのものから、季節を感じる演出ができるのですね。


誰かのために、準備をして、楽しめる空間を作って、

お待ちする

お通しする

お茶やお菓子をお運びする。

それって、Umiのいえで毎日講座をやることにも、

お店でお客様をお迎えすることにも、

おうちで家族のために食事をつくることにも

全部に通じる、日本人のDNAなんだなあ~~。


私の薄れがちな「おもてなし」DNAをもっと呼び覚ますためにも
こういう文化に触れる機会、大切にしたいものです!!

別記事にて、みなさんの素敵な浴衣写真たくさんアップしますね
そちらもお楽しみに。。。


また次回も企画しますので、是非お楽しみに~!
 


のりみちさん、斉藤みっちゃん他男性陣も参加
 

社中の皆様。あたたかいお抹茶もご用意いただいたり、様々な心配りありがとうございました。



0 件のコメント :

コメントを投稿