2014年8月6日水曜日

8/6 棒田さんの 子どもの頃にしておきたいことシリーズ「絵本を暮らしと心に活かすコツ」

人間の進化 
 1、立つ 二足歩行
 2、手を使う
 3、道具を使う 火
 4、言葉
 5、笑う 

これが、あたりまえのことだけど、今、子育てでできてないことばかり 
歩かない、手を使わない、料理しない、話さない、笑わない・・・・

4番までの行為のすべてに「笑う」をかけると、子育てはきっと楽しくなるよ 
と棒田さんの講座では、この5つについて危機感含め、工夫のあれこれをお話ししてくださいます。


そして、今日は4番の「ことば」について深めました 

朝、どんな会話をした? 

言葉を発しなくても、連絡も買い物もできる時代。

どれくらい言葉が暮らしの中から消えてしまったろう

会話を増やすにはどうしたらいい? 

「お月様ってどんな味がするかなあ」

絵本をひらけば、時間も空間も、その世界にいけるね
自分に経験した世界観がなくても、絵本の中に世界がある
自分にはない発想がある 
だから絵本の力をもっと借りるといいんだね 
もっと暮らしに引用するといいよね 


講座詳細 http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=33199718


参加者の感想
 

●今まで思っていた絵本の必要性や使い方、出会い方とは違ってとても面白かったです。こどもも大人も絵本を楽しく読んで生活に活かしていきたいと思います。

●自分が絵本大好きだったので、子ども大好きになってほしいなあと思って参加しました。

●沢山の素敵な言葉、世界を知れてとっても楽しかったです。素敵な本を生まれてくる子に読み聞かせてあげたいなと思いました。

●日常生活の中で言葉の数が減っているということを意識したことがなかったので、気づくことができて良かったです。たくさん絵本を読んで私と子どもの世界を広げていきたいです。

●自分が話すのが苦手でその手助けとなればと思って。0歳の時から絵本の読み聞かせをはじめました。けど、今日の話を聞いてほんの大切さはもちろんのこと、普段の生活も少し気を付けてメールばかりに頼らず声を出していこうと振り返ることができました。 


0 件のコメント :

コメントを投稿