2014年10月31日金曜日

10/28、市立川崎高校へ行ってきました

どーも、スタッフ森ちゃんです。
先日、市立川崎高校の福祉科の皆様に会いに行って来ました。今年で市立川崎高校の訪問は三回目だそうで、私は今回初めて参加させて貰いました。

内容は赤ちゃんとの触れ合い、お母さんの本音が聞きたい、という特別授業のようなもの?!でした。生〜死までを福祉科では学んでいて、その産まれてきたばかりの部分の勉強なのだと先生が仰ってたなぁ…

参加して下さいましたお母さんとお子さんは計八組。お母さんは酸いも甘いも、嫌も好きも、色んな気持ちを抱えて未熟ながら皆さん(私含め)頑張っております。出来た人間だからお母さんになったーわけじゃあございません。
そんな等身大のお母さんの話、そして等身大の子供たちを感じて貰えたら嬉しいなぁー♡

私はダウン症のある娘を持つ母として、感じたことをありのままお話しました。(皆にはどー聞こえた?かしら?)

お母さん達皆さん沢山お話して下さり、赤ちゃんとの触れ合いタイム、質疑応答があり、最後に記念撮影しました*\(^o^)/*

参加して下さったお母さん達は皆、とても楽しかった!と言っていました!!やはり人と人とのやりとりはダイレクト直接話すこと聞くことが大事なんだとつくづく感じました。

貴重な時間を経験させて下さった市立川崎高校の吉田先生、時間を共にした生徒さん、参加して下さった親子さん皆さんに伝えたい!
みんなー、ありがとーーー!!!

追記、また会えたら嬉しいな♡


0 件のコメント :

コメントを投稿