2015年1月25日日曜日

1/22 篠先生の「自分と子どもの育ちを楽しむ会」 親子で身体遊び!

こんにちは!スタッフさとみです。
1/22(木)茅ヶ崎より篠秀夫先生をお招きして「親子で身体遊び」講座を開催しました。

「身体遊び」と聞くと、
体力勝負で高い高いしたり、発達に合わせた運動?
といったイメージを持たれるかたも多いかも。

でも、篠先生曰く

「からだであそぶ」というのは、筋肉を使うだけではない。

感覚もからだの一部です。

きれいな音だね、と耳をすます
おいしいね、と味わう
いいにおいだね、と深く息をする
夕焼けがきれいだね、と空を見上げる

何かが自分に響いて、身体がゆるみ、顔がひらく。

そんな、命とひびくようなもの。

なので、食事も散歩も「からだあそび」。

篠先生は、遊び方を教えるわけではありません。
それでは応用はできない。

<<子どもは、どんな原則で動いているのか>>

そういう話をじっくりしてくれました。

「子どもと遊ぶ」とき、子どもに合わせてばかりいないですか?
子どもは親の真似をしたがるもの。親が子どもの要求に合わせてしまうより
自分の趣味や好きなことを一緒にやってしまおう。
むしろ「子どもに合わせない」ほうがいい。

その視点から、日常を「子どもの遊び」になるように
ちょっと応用してみよう。

お菓子作りがすきな人は、ビニールシートを敷いて
子どもと粉まみれでお菓子を作ればいい。
形がきれいじゃなくていい。だって遊びだもの。

森で一人遊びが好きならば、
子どもが拾った枝葉や石を、お気に入り絵本の話につなげてみたら世界が広がる。


参加者みなさんの育児の疑問や悩みをお一人ずつお話しいただいたあと、
皆で歌を唄ったり、ゆらゆらゆさゆさ身体をゆらしたり
おうちにある身近なものをアレンジした遊びを体験しました。





今回も、篠先生からたくさんの「目からウロコ」言葉、いただきました。
サロンには篠先生の書いた冊子、書籍もございます。ご興味ある方は手に取ってみてくださいね。


●参加者の感想●

・子どもと一緒に過ごす時間が、より楽しくなりそうで、よかったです。いろんな相談を聞けて、心が軽くなりました。

・子どもと身体を使って遊ぶ遊びも色々知ることができ、自分も一緒に楽しめそうです。悩みを言葉にできて、改めて納得できました。

・今日からすぐに一緒に遊べるようなワークでした。「子どもに合わせず」なんて考えたこともなく。。。よい気付きになりました。


次回は2015年2月26日(木)10:30~12:30
■篠先生の「保育園に預けるママのための<子育てってなんだろう>お話会
です。お申込は上のリンクから! お待ちしています。

0 件のコメント :

コメントを投稿