2015年2月12日木曜日

2/12 職場復帰前のママに贈るお話


今日は棒田明子さんの子育て講座 
職場復帰をひかえているママたちが集まりました。 

 ・4月からの生活シュミレーション
 ・親子の絆を深めるコツ
 ・職場の人とのおつきあいのコツ
  ・孫を預かる祖父母の気持ち ・自分と我が子の子育て応援団を作るコツなどなど 


「仕事」「家事」「子育て」の自分の心にある「したいこと」「悩み」「不安」を二人組で話して聞いて書いて、それをもとに整理するひとときでいした。


棒田さんが、何度も繰り返して話すメッセージをシェアしますね。



「手をつないで歩いてほしい」  

手をつなげば、お互いのぬくもりが感じられる。こどもの体調がわかる。
手をつなげば、いのちの守り方(安全な道の歩き方)を教えられる
手をつなげば、気持ちが素直になる、めんとむかって話せないことが話せる。
手をつなげば、空も風も草もお店の看板も、すべてのものが物語になる
花が咲くこと、つぼみがふくらんでいることに気づくかな?
自転車、車で移動での数年間と、歩く数年間では、親子に宿る世界が違っていきます。

 できそうで、できないのが、手をつないで通園することです。



「湯船に湯をはって一緒にお風呂に入ってね 」

親子の時間が取れてないかなあ、親として自信がもてないとき
自分の心、子供の心がおちつかないとき
お風呂にはいりましょ。
子宮の環境に一番近いお風呂に、おひざに抱えてぷかぷか。
お風呂なら、お母さんは家事に気を取られずに、こどもと向き合えるひととき。
親子の間柄が癒されます。


「朝ごはんは"家族一緒"のルール」 

とにかく朝、家族で顔を合わせる。
これ 、結構むずかしいけど、とても大切。
小さいときにできなくて、思春期でできるなんてありえない。
だから、小さいときから、一緒に朝ごはんが「あたりまえ」の習慣にしよう。
朝は体調を察知しやすいです。



【参加者の感想より】


同じ4月復帰のお母さんたちと話せる場でした。楽しかったです。明日から春からの生活の趣味レーションしながらがんばっていきたいと思います。ありがとうございます。

棒田さんのお話聞いてて、やっぱり先輩お母さんたちの話はみんなそれぞれで一つ一つがとても参考になります。そして尊敬してます。他のお母さんたちにも会えてうれしかったです。お母さんたちと話せるのもとてもうれしいです。


今回のお話でいろいろ貴重なアドバイスをいただけてありがたいです。
働くママの先輩の棒田さんからこれから子育てを、働きながらするうえで悩みそうなことを前もって教えていただけたので、教えていただいたことを頼りに頑張りたいです。
本当にありがとうございました。



0 件のコメント :

コメントを投稿