2015年5月27日水曜日

7/9 森と海と手をまもる「洗剤学校」 がんこ本舗社長きむちんのお話~ヒマラヤのてっぺんから見えたこと・愛と調和~

森と海と手をまもる「洗剤学校」 

がんこ本舗社長きむちんのお話~ヒマラヤのてっぺんから見えたこと・愛と調和~「宇宙サイズの洗剤学校」
がんこ本舗社長 きむちん こと木村正宏さん

私達は日々、食器を洗い、服を洗う。
でも、その落とした汚れが流れ着く先の環境は本当にキレイになるの?

「この子たち、その子どもたち、もっともっと先の子どもたちのためのチョイス」

原油流出事故処理のテクノロジーから生まれた洗剤、
「海へ…」「森と…」 は、
ナチュラル系雑貨のお店、アウトドアショップ「パタゴニア」、
でも扱われている、その筋では超有名なエコ洗剤。

その洗剤を開発した、きむちん こと 木村正宏さんをお招きします。

洗剤の販売促進企画?いえいえ、一味違います。

「汚れ」のメカニズムについて学ぶことができますが、
それだけじゃない!




プロ登山家として厳しい自然と対峙し、磨かれてきたもの、
きむちんの周りには、それはもう、とんでもなくスケールの大きな話や
不思議エピソードがいろいろ。


自分の視野をぐっと広げてくれる話がもりだくさんですよ!


【日時】2015年7月9日(木)13:30~15:30 

【参加費】500円


【会場】Umiのいえ申し込みはこちら 



【講師】木村正宏 (愛称:きむちん)

がんこ本舗社長 きむちん 木村正宏


有限会社がんこ本舗代表
最後の清流と呼ばれる四万十川の支流で、魚をつかまえて遊んだ子ども時代、そしてプロ登山家として(ヒマラヤにて日本人初登頂2回公式記録あり)、常に自然と密接な生活を続けるうち、山から川へ、海へ...と流れていく「水」が汚染されている現実を目の当たりにし、環境運動を本格的に始めるようになる。特に、心を痛めていたのが、家庭から流れる排水。「排水パイプは小さな海。我が家の排水がきれいになれば、海も変わる」という願いのもと、1999年、洗濯用洗剤「海へ・・・」を発売。 現在はNippon有数の作家やメーカーとコラボレーションするシリーズ「x(エックス)きむちん」のプロデュース方面でも活躍中。

がんこ本舗 ホームページ http://www.gankohompo.com/


<前回開催時の、スタッフブログより>

スタッフさとみです!洗剤学校に参加しました。
汚れは洗剤じゃなくても落ちる!という実験。
水+消しゴム これ 結構すごい。ゴシゴシじゃなくてやさしくこすることもコツ。
水があると、ゴムが汚れを引きはがしてくれます。
消しゴムは天然ゴムじゃなく、そのへんの普通の消しゴムでOK。
これは、多くのがんこ製品にも応用されています。(ベジブラシなど)

エッセンシャルオイルも油を浮かしてくれます。
(「海へ…」には高級なラベンダーがたっぷり使われています!)

洗剤がないと落ちない、というのは思い込みなんですね。

<スタッフさとみ>
ーーーー

油や汚れを水の膜で包むことで、
微生物がそれらを分解できるようになる「水中油滴」

それは地球のリズムに乗ること。

地球に助けてもらうために「海へ…」や「森と…」はあるんだ!!!
それは私たちの、地球との共存のツールなんだ!と目からウロコでした!

<スタッフ舞子>


洗剤「海へ…」



0 件のコメント :

コメントを投稿