2015年7月3日金曜日

7/21、28(火) 和の頭蓋仙骨療法ベーシック2日間セミナー@Umiのいえ


こんにちは、スタッフさとみです。

昨日も「家庭でできるお手当て講座」は満席御礼!

 「寝かしつけ中にお手当すると、すぐ寝てくれるようになりました」 

 「夫にお手当したら、すぐあったかくなって、不思議だなあ~と夫がびっくりしていました」

お母さんの手は、コツを覚えてゆったり待てば、魔法の手になるのです。



この講座のベースとなっているのは、

アメリカ生まれの手技療法「頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)」。

これを、Umiのいえでは、日本のくらしと身体に合わせた形で

「和の頭蓋仙骨療法」としてお伝えしています。

ーーーーーーーーーー
●和の頭蓋仙骨療法とは●頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)は1970年代にアメリカのオステオパシー医であるジョン・E・アプレジャー医師が開発した痛みの無い手技療法のひとつです。優しく相手に触れ、身体のこわばりを解きほぐし、脳脊髄液の流れを促進することにより、自然治癒力を高めていくものです。痛みやこりを軽減させるだけでなく、骨格のゆがみを整え、深いリラクゼーション効果や自律神経を整える効果もあります。

この頭蓋仙骨療法を東洋医学と解剖学の見地から、日本のくらしと身体に合わせた形で「和の頭蓋仙骨療法」としてご紹介しています。東洋人の自然体である「上虚下実」を基本に、中枢神経系に対する負担を考慮し、より繊細に丁寧にアプローチを行うものです。

生まれたばかりの赤ちゃんから妊産婦さん、お年寄りや病気療養中の方にも、安心して受けていただく事のできる、優しい手技療法です。
圧を加えたり揉みしごくようなことはなく、ただぴったりと柔らかく触れ、相手の体からのサインを待ちます。
必要なのは相手を感じとる力、寄り添うセンス、あたたかい手です。
ーーーーーーーーーー
 ※続きはこちらから⇒ 和の頭蓋仙骨療法とは・・・


7月21日(火)、28日(火)に、Umiのいえにて
この「和の頭蓋仙骨療法ベーシック2日間セミナー」が開催されます。

両日10時~14時の4時間、2回に分けてお伝えするので、
お子さんをお持ちの方でも、預けやすい時間帯です。

お手当ての解剖学的背景や、
家庭でできるお手当て講座では扱っていない手技や、「内旋」のやり方など
じっくりお伝えいたします。

お手当てを継続して深め、家族だけでなく、セラピストとして色んな方にお手当てできるようになりたい方、
また、お手当てで身体の動きがよりスムーズになりますので
アスリートや、運動部のお子さんをお持ちの方のコンディショ二ングなどにも。
歌手の方は、お手当て後は上手に歌えるそうです。
身体がゆるむと、その人のもつ能力が存分に発揮されるのでしょう。

セミナー受講者は、おさらい会にて継続的に手を磨いていきます。
家庭でできるお手当講座を、子連れOKのおさらい会として参加することもできますので
受講後のフォローもばっちりいたします。

お申込みはこちらから! お問い合わせもお気軽にどうぞ。
和の頭蓋仙骨療法ベーシックセミナー@横浜

0 件のコメント :

コメントを投稿