2015年8月21日金曜日

8/19 誕生学~親子で聴くいのちの話~ /母のための男の子カラダ教室 

誕生学に参加された4歳のお子さんのご様子について 
Sさんから、ご報告のお便りいただきました。

 
おはようございます。
昨日、誕生学でお世話になりました。
帰宅早々、娘の面白い反応がありました。

四歳の娘には、
昨日の講座、ちょっと難しかったかな、
少しあきていた様子もあったしと思っていたのですが、

家に着いて玄関に入った途端に、
「へそ、へそ、へそ、へそへそー」
とぶつぶつ唱えながら、
真っ先にへその緒のあるクローゼットへ。
家族全員分のへその緒の入れ物を並べて中身を確認。

そして、
夜には夫にも見せながら、
二歳の妹にへその緒講座開催。

娘「へその緒はね、生まれた赤ちゃんについてるのよ。繋がっているの。」
私が、「誰と繋がっているの?」
と聞くと、
にっこり笑って
娘「お母さんと!」

もう100点です!
学んだことちゃんと理解してる。
自分のへその緒を見て感じてる。

「わからなーい」という返事が怖くて、
「今日のお勉強どうだった?」と聞けなかった私ですが、
こちらから何も言わなくても子どもは感じたことを表現するものですね。
それも時間が経ってから。

先生が昨日おっしゃっていたことがまさにその通りで、思わずくすっとしてしまいました。

またこの後も何か出てくるかな。
何か面白い反応があったらメールさせていただきますね。

またUmiのいえにお邪魔する日を楽しみにしています。

Sさんより




改めまして、
この度、お話をさせていただきました、千葉しのぶです。
2014年までUmiのスタッフでした。
現在は宮城県仙台市にて、せんだいUmiのいえをやっております。
息子は中1になりました~ 

さて、
今回の誕生学のお話会も、大勢の親子さんにご参加いただきました。
午後は、母のための男の子カラダ教室も開催。
お暑い中、ご来場ありがとうございました。

大人もこどもも、誰もが性を尊重されて、安心して話ができたらいいですね。 
次回は、冬休みに開催したいなあと思ってます。  

以下、みなさんからの感想をご紹介いたします。 



誕生学に参加して



●改めていのちの不思議やこどもが生まれてきたことの喜びを思い出しました。息子も妹が生まれたタイミングで興味がでてきたこともあり、きっと心に残ったことがあると思います。 

●こどもが被害にあう悲しい事件も増えているので、先生から「自分のいのちを自分で守ろう」というお話があってとてもよかったです。私も勉強になりました。

●いのちの始まりや繋がりがわかりとてもためになりました。

●息子がちゃんと聞いていられるか不安でしたが、よく聴けていたと思います。自分の出産で泣かなかったのですが、DVDを観て泣けました。

●お腹の中にいた頃を思い出し、改めて「生まれてきてくれてありがとう」という気持ちになりました。こどもも7歳になり、自分の生命を大切に生きてほしいということを、これをきっかけいに感じてくれたら嬉しいです。

●へその緒をを今夜おうちで一緒に観たいなあと思います。

●第2子がもうすぐうまれてくるのでちょうどいいタイミングでお話が聞けたのかなあと思います。自分が愛されて生まれてきたことを知り兄弟のことも大切に感じてくれたら嬉しいです。

●命のはじまりの大切さ 
これを観ることができたのはとても貴重でした。
「へその緒はうちにあるのよね」
「あなたは命のまどをあけてうまれてきたね」
などと、娘と話ながら参加できてよかったです。 


母のための男の子カラダ教室に参加して



●今まであやふやだった部分もクリアになって、今後聞かれるだろう質問の答えを準備しておきたいなと思いました。

●こどもの年齢に応じて質問さてた時の答えを考えておかないといけないとおもった。 
子どもが小さいときに話をきくことができ心の準備ができた。
主人とも話をして、男の立場から親として、考えてもらえたらと思うし、
私がわからないことを、フォローしてほしい。
他のお母さんの話(体験談)を聴けたのも参考になった。

●母親との関わりが思春期の性にまで関係していることを知り、小さいときからの関わりが大切と思いました。
質問に対しはぐらかさず、自分のこどもをしっかりみつめて、こたえていきたいです。

●参加して本当によかったです、。
「男の子」のことがわからないので自分なりに接してきましたが、今日はみなさんの意見をうかがえてとても参考になりまいた。データも参考になりました、。
男の子のお母さんになれて幸せだなあと思いました。(女の子だったとしても幸せでしょうけど)

●男の子の身体と性という難しい話ですが、みんな男の子の母親ということで、同じ疑問や悩みをもっていて、それを話し合う場に参加できてとてもよかったです。

●こどもから、性に関する質問がきたときに、かまえずささらっと、本当のことを伝えられたらいいなと思いました。そのためにも、幼いころからの日々のコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。 

●夫とも今日の内容を共有して夫婦して、共通認識をもって子供に関われたらベスト

●小さい子のお母さんが多かったことで自分の子育てを振り返るきっかけにもなり、やはり基本はとにかく愛情たっぷりにですね。
やりかたにこだわらず、愛いっぱいで 関わっていきたいなと思わされました。 
甘やかしと甘えさせるの違いが難しいなあと感じる今日このごろです。 













0 件のコメント :

コメントを投稿