2015年9月30日水曜日

11月3日 第二回おんぶシンポジウム~おんぶで見える親子の世界~


第二回おんぶシンポジウム~おんぶで見える親子の世界~


おんぶ、したことありますか?
日本人は昔から、おんぶで子育てをしてきました。
向き合うのではなく、同じ方向を見る。
背中を通じて、親のやることや見えるものを共有できるおんぶ。
核家族化が進み、密室化しがちな子育て環境において、視野を広く高く保つことができるおんぶは、子育て生活を楽しむ大きな助けになります。

また、おんぶひもや兵児帯など、布一枚を自分と子どものからだに合わせてフィットさせるおんぶは
独特の一体感を生み、身体感覚を育て、母と子どもそれぞれの背中や肩、腰への負担も軽減することができます。

おんぶのメリットやコツ、歴史的な経緯など様々な角度からおんぶをひもとくシンポジウムです。
これから始める人への実技練習タイムも設けています。
乳幼児子育て中の方、これから産む方、子育て支援者、その他ご興味ある方どなたでも是非ご参加ください。


☆座長 齋藤麻紀子より☆

おんぶして観える世界がありました。
父のあったかい背、母の髪の香り、
ご飯を炊くにおい、洗濯物のゆらめき 
うつらうつらと聴こえてくる歌
お腹はいつもあたたかく、背中はいつも包まれて
この上ない安心に溶けるように眠ったことだろう。

そうして、私も親になり
家族の人生を背負っていく。
背負うとしっかり立つしかなくて、子どものおかげで地に足がつくのです。

かつて、おんぶしながら手仕事をしてきた女性たちのように、
この平成の子育てにも、「おんぶ」の文化を繋いでいきたいと思います。



【日時】11月3日(祝・火) 10:30~12:30

【場所】西公会堂 大会議室
横浜駅から徒歩10分
http://www.city.yokohama.lg.jp/nishi/about/shisetsu/nishi-ko.html

【参加費】1500円(ご家族ペア・・・ご夫婦2500円、祖父母と母でも2500円)

【プログラム】

10:30~12:30 おんぶシンポジウム(シンポジストご紹介は下記)

12:30~13:30 「兵児帯」「昔ながらのおんぶ紐」でのおんぶの体験会(生後6か月~2歳)

ご予約はこちらから。
https://coubic.com/uminoie/359335
            
14:00~16:00 支援者向け 抱っこ・おんぶ講習会

この予約はこちらから→https://coubic.com/uminoie/266669

保育はありません。同室でこどもが遊ぶスペースを設けます。





【シンポジスト】

●園田正世 


テーマ 「日本人の身体・子育・文化」


プロフィール
2000年にだっことおんぶの専門店「北極しろくま堂」を創業。
ベビースリングを日本に広める。
その後、昔ながらのおんぶひもを60年前の型紙を使って復活、製造、販売。
北極しろくま堂として活動するなかで、抱っこやおんぶの不思議さに魅了され資料収集にはまっていく。2010年にNPO法人だっことおんぶの研究所を設立。
2013年からは東京大学大学院学際情報学府で抱っことおんぶの研究を始める。(現博士課程)
3児の母。


●棒田 明子


テーマ「母から子へ、祖父母から孫へ 背中と手がつないだもの」 


プロフィール
NPO法人孫育て・ニッポン理事長、NPO法人ファザーリング・ジャパン理事。「母親が一人で子育てを担うのではなく、家族、地域、社会で子どもを育てよう」をミッションに、全国にて講演、プロジェクトを行う。東京都北区多世代コミュニティー「いろむすびカフェ」アドバイザー。「3・3産後サポートプロジェクト」リーダー。著書、共著に「ママとパパも喜ぶ いまどきの幸せ孫育て」(家の光出版)。産む人と医療者を結ぶネットワーク「REBORN」スタッフ


● 佐藤 亜衣



テーマ「私をお母さんにしてくれたおんぶ」

プロフィール
ベビーウエアリングコンシェルジュ
産後ボールエクササイズ・ ベビーヨガインストラクター
5歳男子・3歳・0歳女子の母。
Umiのいえスタッフ
Umiのいえ「ここちよい抱っことおんぶクラス」
よしかた産婦人科にて「抱っこクラス」を担当。
助産院、地域の集まり等で講師させていただいてます。
おんぶを受け継ぐ次世代として、伝承に励みます。


座長
●斎藤麻紀子
Umiのいえ 代表
出産.子育て支援活動/ファシリテーター
母親の立場で子育て支援活動20年。出産・母乳・子育に関連する講座の企画・司会・講演など。
産む人と医療者を結ぶネットワーク「REBORN」スタッフgatu

0 件のコメント :

コメントを投稿