2015年10月25日日曜日

10月25日(日) おおたか静流さんライブ♪♪





こんにちは! スタッフの井田です

な、なんと!!10月25日(日)
NHK「にほんごであそぼ」「でんでらりゅうば」などでおなじみのあのおおたか静流さん
Umiのいえにいらしてくださいました!!
去年に引き続きライブをしてくださいましたよ〜(*^o^*)

贅沢贅沢なプログラムでした。


おおたかさんが部屋をぐるりとまわって鐘の音をみんなに注ぐと
赤ちゃんもこどもたちも、シーン!
ふと動きを止めて耳を澄まします。

天高く響くおおたかさんの声。
すーっと骨身に沁みてくる。声に包まれると、もう動けなくなる。
赤ちゃんも、キッズもも大人も「おおたか静流ワールド」に引き込まれました!
「トペラトト~おもいでをたべるオバケのはなし」の読み聞かせもと、
トペラトトの呪文をみんなで覚えて合唱

     おもいでをたべるオバケのはなし 
文: 田島 征三
絵: おおたか しずる
出版社: 現代企画室 

トペラトトは今日もはらぺこ。思い出食べにおでかけ中…。絵本作家・田島征三と歌手・おおたかしずるのコラボレーションによる絵本が誕生。人間の思い出を食べるおばけ、トペラトトの物語




こどもたちが、おおたかさんの鳴り物を持って共演。
リズムは不恰好になったとしても、とっても自然体。実にうまくできている!
微笑ましくて拍手喝采。



フレームドラムに小豆をぽと、ぽと、ぽと・・・
「雨雨ふれふれ母さんが~じゃのめでおむかえうれしいな~」
フレームドラムに小豆を転がし、海の波音をたてると、
こどもたちが、わらわらと後をついて行く。
ザザザ〜、ザザザ〜
「海はひろいな大きいな~」



音がこどもの手から飛び出すと、
音はころころと、おおたかさんの歌声について、
大人の胸躍らせてくれました。
小さなクマの子サリーちゃんがただく太鼓の音に耳をすませて、
「ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む~」

「でんでらりゅーば」、「茶わん蒸しの歌」など、こどもたち大喜びでした。


カァー
カァー
大きい子も小さい子も父さんも母さんもじいちゃんも、みんなでカラスになって鳴いた。
みんなで揺れて、笑って、歌いました。
今日の出会ったばかりの人たちだけど、一瞬、賑やかな大きな親戚になったようだった。

おおたか 静流さん、
歌ってすごい。
誰もが自然体で過ごせたと思います。

もしかしたら・・・

来年もおおたかさんがUmiのいえに来てくれるかも?????(笑)
ですので、今回ご参加いただけなかったみなさん、来年はぜひぜひご参加くださいませ!!

今回のチャリティーライブでは

昭和大学藤が丘病院小児がんの家族の会「sweethome」、

神奈川県立こども病院「リラの家」へ寄付をさせていただきます。

またおおたかさんからご寄付いただいた「トラペトト~おもいでをたべるオバケのはなし」の絵本も合わせてお渡しさせていただきます。

おおたか静流さん!
一日、本当にありがとうございました!!!!
そして、ご参加いただきましたみなさまも、ありがとうございました!



0 件のコメント :

コメントを投稿