2015年12月24日木曜日

聴くを磨く連続講座を受講して…皆さまのお話その1

メリークリスマス!
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
スタッフ水嶋舞子です。

我が家は大人の事情で1日早いクリスマスイベントでした。
息子よありがとう(笑)

今回は、かめおかゆみこさんの聴くを磨く連続講座を受講された皆さまからの受講動機や、受講してどのような変化があったのかをお聞きしました。



☆連続講座を受けた理由は、体験講座をなんとなく受けてみて、なんだかわからないけど涙が止まらない状態になったから。
自分が意識していないことで何かが動いているってすごく不思議だった。
それが何なのか、なんでこんなワークでこんなことが起きるのか、知りたかった。

そもそも、体験講座に興味を持ったのは、かめさんという人に興味があったから(篠先生の気質の講座でお会いして、すごく不思議な人だなぁと印象に残っていたの)と、メルマガを読んでいて心を動かされることが何度かあったから、そして、「聴いてない」とか「自分のことだけ話して電話切る」とかよく言われてたからです。

かめさんの講座の好きなところは
・とにかく理屈抜きで体感してのワークなので、分かったつもりで終わってしまうということがない。
・何をやるのか分からないので、心の準備が出来なく、結果、頭を使わずに来たものをその場で感じる練習をせざるを得なくなるところ。
・心も体もゆるゆるにほぐれるところ。

☆「聴くを磨く連続講座」を受けるまで、私は夫の話をきくのが嫌いでした。
だって、私のほうが話をきいてもらいたかったから。
きいて貰えない不満と、きいてあげられない罪悪感から受講を決めました。
「聴く」を受けてからは夫の話をきくのが苦じゃなくなりました。楽しいと思える時もあります。
それは、自分で自分の気持ちを感じることで、人にきいてもらわなくても満足できるようになったのだと思います
「私の話をきいて(怒)」が無いと、相手の話がきけるなあとつくづく思っています。

それまでの私は、相手の役に立ちたい、もっと言えば「あなたに話して良かった」と感謝されたいという思いがあり、相手の話をどれだけズレずに理解出来るかや、お悩みを解決することに意識が行っていました。
が、相手の話をテーブルに載せる。つまり、フォーカスを相手にすることが出来るって本当に楽だなあと。
あと、目をつぶって走って皆さんに受け止めてもらうワークや目玉おやじのワーク、座布団を叩いて怒りを発散するワークや女王様のワークやワンワードなどなど
どれも一緒の仲間に支えてもらうことで、まわりや自分を信頼し、枠を取っ払うことが出来たなあと。
改めて、時を同じくした期の仲間と、かめさんに感謝だなあ。とほっこりしています。

受講生の皆さま、ありがとうございますます〜!
わたしも改めて講座を振り返り、信頼や体感の量稽古を積み重ねよう!と思いました。

受講生の方々にはフォローアップグループがありますので、出会った皆さまと期を越えて繋がっていけます。
それもまた、豊かな時間です。



まずは「聴くを磨く体験講座」でお待ちしています!
1月13日(水)10:00〜12:30
2月10日(水)10:00〜12:30
3月10日(木)10:00〜12:30
4月21日(木)10:00〜12:30

☆聴くことの次にあるのは表現すること!
「大人のための表現ワーク」
2月3日(水)10:00〜12:30
https://coubic.com/uminoie/316461

子連れOK!
「親子の表現遊び」
3月26日(土)企画中!

聴くを磨く連続講座第5期(全6回)は
4月28日(木)より隔週を予定しております

0 件のコメント :

コメントを投稿