2015年3月31日火曜日

親子で聴く 誕生学サロン 3/31

春ですね~ 本日桜満開です。
春休み恒例の「誕生学サロン」を開催しました! 

【誕生学とは】
『うまれてきたことがうれしくなると、未来が楽しくなる』
をコンセプトに
『いのちの力を伝える』
ライフスキル教育プログラムを言います。

自尊感情の第一歩は『自分ってすごい』という気持ちを育むことです。
「どんなふうにお腹の中で成長してきたのか」
「初めての誕生日がいったいどんな日だったのか」
などを本物の出産準備教室などで使う教材等を用いて子ども自身が発揮した『うまれる力』『生きる力』に着眼して子どもたちにわかりやすく、ロマンチックに伝えます。



今日は  6組の親子さんが参加。
3人目の赤ちゃんを身籠っている妊婦さんがお二人。
お兄ちゃんお姉ちゃんとご一緒に、赤ちゃんを迎える心の準備ができたようです。 

「へその緒って、どこにつながっているのかな~~?」
なんて、問いかけに、子供たちは 元気に応えてくれました。




「もう一人産みたくなっちゃった~~!」 なんて感想もあり。

赤ちゃんが生まれる奇跡を聴くと、うずうずと抱きしめたくなってくるから不思議。 

【参加者の感想】  

娘たちがあとでどんな反応がくるか楽しみ子どもたちが赤ちゃんに興味があった子どものきおくにどれだけ響いているかこれから聞くのが楽しみ。

私自身も学べました。 四月から新しい環境にに入る前に自分ってすごいか知ってもらえたのなら嬉しい。

周りがたんじょうを喜んだということが伝わってればいいなと思う 下の子が生まれれるのを見ていたのでよくわかっているようだ。

へその緒に興味があるようだったので見せてあげたい。 今まで話したことがないのに、よくわかっていたのが嬉しい。

今日わかったことの絵も良く描けていたのでびっくりした! いつも息子に話していることだったので、息子に「お母さんにいつも聞いている話だったよ〜」と言われた。それを気づいてくれたのなら嬉しい。




『今日わかったこと、うれしかったこと』を絵に描いて貰いました!
骨盤を書いたり、胎盤、へその緒が赤ちゃんのへそにつながっている絵を
描いて、ママも「話をよく聴いていた!」と感動して子供たちの新たな魅力を再発見していました。
(講師:千葉しのぶ)




3/31 背守り刺繍をしながら、愛がほっこり

スタッフ 夏井英子です

今日は ちくちくお茶会 愛をつなぐ背守り刺しゅうのさらしタオルを作ろう」でした。

さらしに、好きなデザインの型紙をあてて、好きな色の糸を選んで縫いました。


手作業しながらおしゃべりするのが、とってもいい空間でした。
ただおしゃべりするのとは違いますね。

お母さんが子どもに魔除けとして着物に縫った「背守り」
お母さんの愛の形
こんな素敵な文化があるなんて知らなかったです。
親から子へ繋いでいく文化が、日本にはもっとあるんじゃないかなあと、知りたくなりました。 

今日は参加者みんなが、一つの作品を完成。

日々いろんあことが中途半端におわるのに、今日は完成したことに感動しました。

こどもたちも足元でごろごろしたり、
おっぱいをあげたり、
それぞれのペースで手仕事はおもしろかったし、
完成したし、
癒されたし、
大満足です! 

次回は4月20日(月) 5月18日(月)13:00~自由解散  参加費無料 
詳しくは こちら 
https://coubic.com/uminoie/197401


背守りを広げたい!と、棒田明子さん 







元気な赤ちゃんを産んでね。妊婦さんへ背守り刺繍した、沐浴布をプレゼント



2015年3月30日月曜日

保育園で愛の循環 を

保育園がどんどんできてますね。
大道路沿いにも建てられてます。
土はほとんどない。
保育士さんたちは限られたスペースで居心地のいい部屋をつくり、小さな子供たちの手を引いて遠くの公園に連れて行きます。腰を痛めるほど、抱っこしたりおんぶしたりの毎日、ご苦労様です。

保育士さんたちが、緊張せずに毎日楽しく働けますように。
毎日子どもたちに触れて、歌って笑って走って、みんなで美味しくお弁当食べて、日々の成長を我が子のように味わってくださいますように。

それには、お母さんお父さんが、保育士さんへ「今日もありがとうございます。」の一言を笑顔で交わせたらいいよね。

保育士さんは、親と子が愛おしくくっつく姿を見ると疲れもすっ飛ぶとおっしゃいます。

愛は循環。


よい保育園作りは行政の仕事ではなく、親の仕事なんですよね。

齋藤麻紀子

2015年3月27日金曜日

身体感覚講座 in 沖縄

生命力の活性化、相手の状況を察する感受性を高める
人と関わること、身体に触れること・・・・
そのときに、私は相手にとって心地よい存在になっているだろうか
身体からのサインをキャッチできているだろうか
自分のありようが仕事場や家庭にどれだけ影響を与えているだろう・・・。
必要なときにさっと手が出るような身体と感性はどう磨いていくのか?
自分の身体が自然体にもどってくると、空間も空気もかわります。それを体感していきましょう。

●講師松田恵美子先生からのメッセージ・・・・
身体感覚講座では、東洋的な身体の使い方、観方を実践することで、からだ
と心のありようの変化を内観していきます。相手の状況がわかるのは、
自分の感受性 。その感受性をどう高めたらよいのか。
気配を察する能力を高めるためには、頭を身体の一部にし、下半身が安定
して身体が一つにまとまっている状況が必要です。
いわゆる上虚下実という体勢に、まずは自分を戻すこと。それは、日本で
昔から大事にされてきた身体の在り様です。人のからだは、下半身が充実
するほど、上半身の余分な気張りや力が抜けるのです。
そのバランスは自然体と呼ばれ、その体勢において人は、本来持つチカラを
悠々と発揮できます。講座では、自然体に戻ることを、自分でできるようになるよう目指します。
それは、安定した心持ちと、冷静な判断力、咄嗟の対応力、機敏に動けるからだにつながります。


【講師】松田恵美子(まつだ・えみこ)身体 感覚教育研究者

瞑想ヨーガや整体などの見地から、現代人における生命力の発露を探求。日々の動作や日本文化の型を身体内の感覚から
ひもとき、自分の身体を自分で育くむ姿勢を指導。著書に『身体感覚を磨く12ヶ月』(ちくま文庫)など。
共著『自分という自然に出会う)』講談社、『おとなの自然塾)』岩波アクティブ新書他

【日時】2015年4月10日(金)、11日(土)9:30~18:00
【会場】沖縄長谷寺 http://www.hase-okinawa.com/  沖縄県糸満市潮平一番地 
【持ち物】動きやすい服装、5本指ソックスか足袋、てぬぐい
【参加費】25,000円 (一日参加15000円)事前振込
【申し込み】umi@umi.lar.jp   Umiのいえ 齋藤麻紀子





2015年3月26日木曜日

3/26 聴くを磨く体験講座でした!

はじまりの挨拶でも誰かの心をノックする、
かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座でした!


スタッフ水嶋です。


今日も一期一会、素敵な皆さまとの、必要な出会いをさせて頂きました。

家族の方から、人の話を聞いていないね、なんて言われて。
人と接する仕事なので聴ける人になりたくて。
気になったので。
みなさま、それぞれの想いを持ってご参加くださいます。

そんな想いに寄り添うように、かめおかさんの体験講座の内容は毎回違います。
それぞれの方の想いの奥の奥にフォーカスして、まるでドラえもんのポケットのように、様々な身体を使ったワークが展開されていきます。

頭が考えるより、身体で感じることは正直。
頭を介入させないで「感じる」ことを重視するワークは、相手の話を頭でジャッジせず「聴く」ことにつながりますね。

ゆるみ、気づき、
涙と笑いに溢れた会となりました!

次回の聴くを磨く体験講座は
5/7(木)10:00〜12:30
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=66995215

メイン講座でございます!
聴くを磨く連続講座は
5/21(木)から隔週にてスタート!
10:00〜12:30
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=71856792


4/2は貴重なお子様参加の講座となります!
お見逃しなく!
10:00〜12:00
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=77913578

また、一歩踏み出したい方は大人のための表現ワーク、ございます!
4/30(木)10:00〜12:30
http://uminoie.shop-pro.jp/?pid=85659565

2015年3月25日水曜日

【よんな〜そだて】あります

「ダウン症候群のあるお子さんをお持ちの親バカさ〜ん?」と聞かれて「は〜い!」と挙手したもりみきです
*\(^o^)/*

そんな親バカさんからの写真で作られた写真集【よんな〜そだて】

我が家の次女がダウン症をもってこの世に産まれてもうすぐ3年。とても幸せな日々です。幸せっつーのはタテマエじゃなくって、幸せっつーのは辛い事がないってこととも違ってね。
でも至って普通に子育てして至って普通に幸せ、もしかしたら普通より幸せかも?なんておもっちゃう私。

沢山の人に届けこの笑顔。
この写真集に込められた沢山の笑顔が沢山の人に届きますように、、、

つきのが産まれて来てくれたから、いま私はUmiのいえに居ます。

つきのには感謝がいっぱい〜〜っ

てことで

【よんな〜そだて】
沖縄発信で出来たこの写真集

Umiのいえにも、置いてあります♡

欲しい方はどうぞお持ちください
※スタッフにお声がけくださいね※

3月のUmiのいえ美術館も
ダウン症を持つ人とその家族

こちらも是非ご覧くださいまし〜

3/24 髙無宝良さんの剣術ワークショップ


2015年3月24日報告

スタッフさとみです。髙無 宝良さんの剣術ワークショップin夜のUmiのいえ

~剣に導かれる心身~ 開催しました。

「剣術ワークショップをやりますよ!」の声にひかれて、
踊りやサーフィン、太極拳など、身体を練っていらっしゃる方々が続々と集まった夜のUmiのいえ。
2月に開催した「季節の体操教室」講師・ブレイクダンス元世界チャンピオンの吉川太さんも参加!

最初に日本刀の構造についてのお話があり、「真剣」を順番に回して持たせてもらいました。
ずっしりと重く、自分の正中線と合わせて持つと、なんとも言えない「軸」の感覚が立ち上がります。

その後、細長い木板を刀に見立てて、ゆったりと動かして、
体の内側の動きを感じてみます。
相手と繋がる感覚と、身体全体がまとまる感覚が深まっていく流れが楽しい。

刀の構え方、動かし方、刀を通じた対人コミュニケーション術。
その世界観の奥深さといったら!!!!

次回は7月あたり、平日昼間に行う予定です。どなたでも参加できます。お楽しみに。


奥のエンジ色の服のかたが先生です。まず刀の構造についてお話くださいました。
左は齋藤整骨院みっちゃん、右は太さん 
小学生もちょっとだけ参加
90cm物差しが刀に変身~。

構え方が決まると、触れる前から相手とつながるのです!不思議!

2015年3月24日火曜日

美味しいワークショップ 神奈川食べる通信 5/29(金)開催決定しました!

まさに「美味しいワークショップ」!!

神奈川食べる通信ワークショップ
今回はご参加できなかったみなさん、さっそく次回の日程が決定しました!!

5月29日(金)10:30~ @Umiのいえ
テーマは「相模半白節成 きゅうり」
たかが、きゅうり、されど、きゅうり、です!!!

「5月のワークショップ食材は、神奈川県でも数少ない伝統野菜である「相模半白節成」という胡瓜です。写真を見てもお分かりのように、色が緑色から先にかけて白くなっており、イボも白イボではなく、黒い大きなイボが特徴です。味も、みずみずしいが、昔ながらの胡瓜くさい胡瓜です。」




おたのしみの、お料理は下記の予定です!

料理は
・ピクルス
・きゅうりのステーキ
・冷製すまし汁きしめん風

・きゅうりと鶏肉の中華風炒め

そして、もちろん次回もレシピも、おみやげの「きゅうり」もついていますよ!
参加費は3,600円です。


参加のお申し込みは、「神奈川食べる通信」さんにお願いいたします!

申込みは→ http://bit.ly/17OXRzr

神奈川食べる通信 Facebook

次回もどんなお料理が飛び出すのか楽しみです!!!!

みなさんといっしょに「きゅうり」を美味しく食べるのを楽しみにしています。

まさに、美味しいワークショップ!!かながわ食べる通信 猿島わかめを一本食べよう!

こんにちは、スタッフの井田です。
今日はすっきり青空の中、かながわ食べる通信 「猿島わかめを一本食べよう!」WSでした。


わたしは、わかめといえば、三陸のわかめ!に決まっている!!
他の地域のわかめはわかめじゃない!(少し言い過ぎか・・・)くらい三陸わかめLOVEです。
なぜなら、おばちゃんが毎年、初もののわかめを塩蔵にして、送ってきてくれていたのです。
だから、他の地域のわかめって、あまり食べたことなかったのです。
そんなわたしが、今日は横須賀市走水の「猿島わかめ」を丸ごと食べてしまいました(笑)

わたしは、基本的にこうと決めたら、こう!これだけ!!と決めつけてしまう性格なんですけど、
猿島わかめ、とてもおいしかったです~~!!
やわらかく、優しいわかめさんです!
きっと、走水の海がそうさせてくれるんでしょうね~~!

そして、わかめといえば、食卓での出番は、お味噌汁、酢の物、たま~にサラダ。。。
でも、今日はイタリアン!!目からうろこ!!
オリーブオイルとの相性バツグン!!
固定観念で決めつけずに、どんどん洋風のお料理にも活用して
行こうと思います!!


神奈川食べる通信、発行人の赤木徳顕さん
本日の料理人の菅千明さん



神奈川食べる通信をはじめたいきさつや、他の地域の食べる通信、
取材での裏話などなどを紹介してくださいました



じゃ~~~~ん!!!
これが、まるごと1本のわかめ、ですよ~~!!



まるで、ストールのように長い(笑)


1本わかめをみんなで分解して下処理しました!
湯通しすることで、きれいなみどりになって、思わず歓声!!



わかめのペペロンチーノ、制作中!!


わかめのペペロンチーノ、できました~~~!!!


左上から
・茎わかめのきんぴら
・わかめのキッシュ
・わかめのペペロンチーノ
・めかぶのスパゲッティ


いただきま~~~す!!の前はハイポーズ!!
みなさん、いい顔してますね~~!!
食べ終わった後はもっといい顔でした(笑)



かながわ食べる通信 猿島わかめを一本食べよう!WSの
すごいところ!
わかめづくしのランチ付き
そして、こんなに山盛りのおみやげ付き
なんですよ~~~!!
塩蔵わかめとわかめ丸ごと1本です!
わあ、太っ腹~~~!!!!!
そして、もちろんレシピも!!


井田は、帰宅後すぐに、おみやげのわかめを分解!
下処理しました~~!!
上:葉体、左:中芯、右:めかぶ
で~~~す!!


本当に、まさに「美味しいワークショップ」!!
今回はご参加できなかったみなさん、さっそく次回の日程が決定しました!!

5月29日(金)10:30~ @Umiのいえ
テーマは「相模半白節成 きゅうり」
たかが、きゅうり、されど、きゅうり、です!!!

参加のお申し込みは、「神奈川食べる通信」さんにお願いいたします!
神奈川食べる通信 Facebook
次回もどんなお料理が飛び出すのか楽しみです!!!!




神奈川たべる通信の、赤木さん、菅さん、そして参加してくださったみなさん、ありがとうございました!!

2015年3月22日日曜日

授乳服 アウトレット販売会in Umiのいえ @モーハウス 5/10

こんにちは! 
モーハウス 授乳服アドバイザーの柳川です。

この度、念願のUmiのいえでモーハウスの授乳服販売会を開催させていただくことになりました!





「ママが笑顔だと、赤ちゃんもうれしい」
「赤ちゃんと、一緒に笑顔になってほしい」

そんな思いをこめて・・・







おっぱいをあげるタイミングを気にすることなく、
公園に行けて、カフェに行けて、
お買い物の最中に抱っこ紐の中でだってあげられる、
そんなモーハウスの授乳服をたくさん見ていただける販売会にしたく
ただいま絶賛準備中です。

試着はもちろんのこと、授乳体験会も開催予定☆
「ほんとにおっぱい見えないの?」
「ほんとび抱っこ紐の中でおっぱい飲めるの?」
そんな疑問に、現役ママスタッフがご案内致します。

当日はお得なアウトレット商品と定番の下着シリーズをご用意して
皆様のお越しをお待ちしております。

モーハウスHP(http://mo-house.net/shop/index.html)をご覧いただいた方で、
「これ試着したいから、持ってきてちょーだい!!」という
試着のご指名がありましたら
4月30日(木)までにyanagawa@mo-house.net まで
ご連絡いただければ、可能な限り対応させていただきます。

過去開催した販売会では、以下のようなお声をいただいております

・マタニティだけど、産後の授乳生活が少しイメージできた。
・おっぱいあげる時にお腹が冷えるのかつらかったけど、
肌が露出しなくてしかもオシャレな服がたくさん着れてうれしかった。
・産後のお出かけに悩んでいたけど、今じゃお出かけしまくりです。
などなど・・・。


5月10日(日)10:30~15:30 
Umiのいえにて 

ぜひこの機会に、ストレスフリーな授乳服、お試し下さいませ。





2015年3月21日土曜日

6/11(木) なでるふれるのお話会 『愛と希望を科学する~ふれることは生きること~』



触れる事は生きる事
愛を受け取り、愛を伝えることは
実はとても簡単でした。
自分を慈しみ自分に触れる事でもっと
そばにいる人たちを愛することができます。

なんでパパにイライラしちゃうの?
なんで落ち込むの?
なんで焦るの?

その「なんで?」の正体を知ります!

人間が生まれた時に作られた感情と行動のシステム、
Touchのメカニズムを

思想ではなく、科学的にお話をします。

○ 愛と希望の化学
○ Touchのニーズ
○ 「なんで?」の正体

○ Touch言語(触れることで言葉が伝わる)



日時:6月11日(木) 10:30~
会場;Umiのいえ
参加費:2000円 子連れ可
講師:山本加世(もっさん)

クーヨンにもっさんのタッチケアの記事が掲載されました



中央がもっさん。mama's hugのスタッフたちと
●講師プロフィール
山本加世(もっさん)
2002年娘が生まれたことをきっかけにはじめたベビーマッサージ
こどもの成長と共にその心と体に合わせたTouchケアを研究、提案してきました。
現在は脳科学、皮膚科学、身体、行動心理などを融合させたオリジナルの学問「Touch学」をもとに、ベビーマッサージ、キッズマッサージ、マタニティーマッサージ、のインストラクターを排出し、企業や学校向けの講演をしています。
mama's hug 主宰。
http://ameblo.jp/mamashug/entry-11926261992.html
mama's hugはママが笑顔になれるお手伝いを「Touch Hugベビー・キッズ・マタニティインストラクター講習」、「小児救急の普及」、子育てフリーペーパー「h.u.g.」の発行を中心に、地元小田原を拠点にして活動しているNPO法人です



★お申込みは umi@umi.lar.jp まで

もっさんと齋藤麻紀子は姉妹のように似てると言われます^^



春のピクニックにも最適!食育特別講座「行楽レシピ&桜もちの会」

スタッフ兼食育講座講師の澤村美保です。

3/19・20に食育特別講座「行楽レシピ&桜もちの会」を両日とも満席にて開催しました。
リピーターさんたちには毎月楽しみにしてくださって前回のレシピを家でも作りましたとの報告もあり、初めてご参加の方には興味を持ってくださり本当にありがたく思います。
19日は、助産師学校を今月卒業された学生さんたちもご参加。お子さんを育てながら学んだ方達で日頃の食生活を見直すきっかけになったようですし、他のママたちにも子育てしながらもさらに学んでスキルアップしている姿はいい刺激になったかと思います。

今月は、お花見やピクニックに最適なレシピにしました。
メニューはいなりずし・あさりのスープ・変わりコロッケ・菜の花の胡麻和え・桜餅

おいなりさんの油揚げは、お砂糖は使わず醤油とみりんで煮詰めたので市販のおいなりさんに比べるとさっぱりした味で美味しくて私のレシピで大好きな一品でもあります。
あさりのスープは、旬のあさりを使って重ね煮で作りました。
変わりコロッケ、なぜに変わりなのかというと油で揚げず、炒ったパン粉・青のり・海苔をまぶしているだけなのです。お弁当にもいいし、小さいお子さんにも安心してたべさせらるかと思います。

菜の花の胡麻和えは、春の旬ということで、ちょうど黄色いお花がついた菜花を用意することができました。
そして、皆さんが一番興味を持たれた桜もちは関東風の焼き桜餅です。
つぶしたイチゴを加えて可愛いピンク色にして、ほんのり甘酸っぱくやさしいお味に喜ばれました。


今回は、丸める作業がたくさんあって、揚げないコロッケが70個以上、おいなりさん40個に残ったご飯でおむすびを15個くらい、桜餅も20個と、かなりの個数ですが、みんなで作ると早いし楽しい。皆さん私より器用で上手でした。流れ作業でさくさくと盛り付けもしました。
食事の最後には、新年度への意気込みを一人ずつ語っていただきました。
復職される方、出産される方、引っ越しされる方、お子さんが入学・入園される方、特に生活は変わらないから私の講座に参加して食を学びますといってくださる方もいて、皆さんそれぞれの春を迎えます♪
我が家も今年も特に生活は変わらないのですが、先日埋橋さんのことだま講座でお花見について学んだので、まずはお弁当を持ってお花見に行きたい♪行きます~♪行きましょう~♪

次回の特別講座はすでに満席になっており、キャンセル待ちにて受付中です
食育特別講座「子どもの日レシピ&柏餅の会」
4月21日(火)10時半~13時

連続講座も受付中です。56期火曜コースの途中参加も可能です。
食育連続講座第57期木曜コース
4月9日16日 5月7日14日(木)10時半~13時

2015年3月19日木曜日

4/24夜 少林寺拳法の体験会@Umiのいえ




















みなさま こんにちは 
Umiのいえ 齋藤光洋です(3Fで整骨院やってます)
このたび、少林寺拳法の体験会を企画いたしました。
夜講座です。お仕事帰りにぜひお立ち寄りください。 

運動不足の方
気を整えたい、心身浄化したい方、強くなってみたい方におすすめです。
楽しくわいわい身体を動かしましょう

少林寺拳法コース制 体験会
日時:4/24(金)19:00~20:00
会場:Umiのいえ(横浜駅みなみ西口から徒歩10分)
参加費:2000円
お申込み umi@umi.lar.jp  
講師:橋本由恵 少林寺拳法五段
神奈川二宮支部(コース制)支部長
松田恵美子先生の身体感覚講座を長く学ばれた先生です。日本人の気の感覚にとても長けた先生だと思います。元気な男の子のお母さんでもあります。

★橋本先生から一言
「丹田を養い、軸を意識すると身体も心も楽チンになります!」


☆ご報告☆「リラのいえ」さんにみなさまのお気持ちを届けてまいりました!!


こんにちは、スタッフの井田です。
ご報告が遅くなりましたが、2月8日(日)に開催しました「しあわせのはじまり」での
みなさまからの温かいご支援、ご厚意を、横浜横浜市南区にあります「リラのいえ」さんに
お届してまいりました!!

当日は、「リラのいえ」の佐伯さんのご厚意で、神奈川県立こども医療センターを
すみから、すみまでご案内していただきました。
わたしの長男はこども専門病院ではなく、普通の大学病院だったため、
カラフルさ、かわいらしさ、こどもの目線に立った内装や、施設などに驚くばかりでした。
同じ入院生活を送るのだったら、少しでも気持ちが明るくなるような病院で過ごせたらいいのだとうなあ。。と思ってしまいました。

医療センター見学の後は、徒歩数分の場所にある、リラのいえさんに訪問させていただきました。
その際はリラのいえさんの運営母体のスマイルオブキッズの理事長、田川さんに
みなさまからの温かい温かいご支援、ご厚意をお渡し
させていただきました。

当日いらした利用者のみなさんにも、「ありがとうございます!」と声をかけて
いただきました。自宅を離れての入院、通院はとてもたいへんですが、リラのいえさんのように
家庭的な施設が病院のそばにあると、安心して過ごすことができると思います。

今後も、Umiのいえスタッフとして、子どもを亡くした親として、
がんの子どもを守る会の会員として、
自分ができるお手伝い、寄り添いを細く長くしていこうと思っております。
今後もどうぞみなさんも温かい、ご支援よろしくお願いいたします。


こども医療センターのホールです。つるし雛がたくさん飾られていて
とっても春らしかったです。このつるし雛はすべて、病院ボランティアさんたちが
作っているそうです。訪れた日は、「指笛」のコンサートも開かれていて
待ち時間も楽しく過ごせるような工夫がされていました。


わたしが、涙が出るくらい、ビックリ&感動したものがコレです。
分りづらいと思いますが、なんと「CT」と「MRI」の木製の模型なのです。
プレパレーション、という言葉があるのですが、治療や、検査の説明をすることです。
きっと、これから、こういう機械に入るけど、こんな感じだから、怖くないよ、大丈夫だよ!と
看護師さんや、技師さんが説明をするんだと思います。
長男入院中は、本当に検査を受けるのさえもたいへんで、こども専用の検査機が
あればいいのに・・・と本当に思ったものでした。
うちの子も、この模型を見たら、おりこうさんに検査できたかなあ・・・???






こちらが「リラのいえ」のアプローチです!
もともとは、佐伯さんのご自宅を開放してたそうですが、現在はこのように
広々とした施設になっています。
  
ボランティアさんたちで、お庭のお花を手入れされているそうです。
この日はパンジーがきれいでした!
春には桜が咲くそうですよ!!



水仙も咲いておりました!

※ついつい、自分の思いがあふれ出て過ぎて、長文の報告になってしまいました。
ここまで読んでいただきありがとうございました!!!感謝いたします※