2015年5月29日金曜日

5/29 神奈川食べる通信ワークショップ 「相模半白節成 きゅうり」 開催しました

おいしい食育、いかがですか?

こんにちは、スタッフ まりこです。

5月29日、神奈川食べる通信のUmiのいえでの3回目のワークショップを開催しました。
今回のテーマは「きゅうり」。
ただのきゅうりではありません。

相模半白節成という、半分が白いきゅうりで、私たちが普段目にしているきゅうりより中身がぎゅっと詰まったきゅうりを使います。
  
これが相模半白節成。ズッキーニみたいにしっかりしています。
このきゅうりをまずはあくぬきしていきます。
きゅうりのあくぬき、ご存知ですか?私は知りませんでした。
スーパーで売られているきゅうりは、ほとんどあくがないそうですが、しっかりした相模半白節成からはたっぷりのあくが。
この白い泡があくです
 
これをなんと、ステーキにしてしまうんです!!!
 きゅうりを加熱する概念がなかった私にとって、衝撃的な光景。
普通のきゅうりだと水分が多いので、こうはならないと思います。
 
 そして、完成したのが、こちらのランチ。
あっさり和風だしで仕上げた「きゅうりのきしめん」。
さきほど焼いた「きゅうりのステーキ」。ステーキにつけるソースもきゅうりです。
「きゅうりと鶏肉の中華炒め」はきゅうりを中華風の味付けで炒めていただきます。
 
ランチを食べた皆さんは、「おいしい」という言葉とともに、
「こんな歯ごたえのあるきゅうり、初めて!」と驚きの声。

 
神奈川食べる通信、「相模半白節成号」を持って、いただきまーす!の笑顔。
おいしい料理を目の前に皆さん笑顔がこぼれます。


 
お土産はなんと、いろんなきゅうりをハーブなどにつけたピクルスと相模半白節成4本!
ランチだけでなく、家に帰った後でも楽しめるワークショップが神奈川食べる通信のワークショップの特徴です。
 

今回で3回目となった神奈川食べる通信のワークショップ。
食育!地産地消!と言う言葉をよく聞くようになりましたが、
その言葉を体感できる講座がこの講座です。
神奈川でどんな食べ物が作られているか、作っている人がどのような気持ちなのか、
このワークショップを通じて知ることができますよ。
もちろん、神奈川のちょっと変わった食材を食べてみたいなーとか、
お土産がほしいんだけどーといった気軽な気持ちで参加してみてください♪


そんな次回の神奈川食べる通信企画。
7月30日(木) 茅ヶ崎牛のランチ会やります!!

ワークショップという形ではありませんが、神奈川のおいしい食材に触れるチャンス!
詳細は決まり次第お知らせします。

7/12 モーハウス授乳服アウトレット販売会 開催いたします。

授乳服アウトレット販売会
in umiのいえ
presented by MO-HOUSE




「ママが笑顔だと、赤ちゃんもうれしい」

「赤ちゃんと、一緒に笑顔になってほしい」

そんな思いをこめて・・・・


好評につき、第2弾開催!!
モーハウスの授乳服販売会 
決定致しました!!!

おっぱいをあげるタイミングを
気にすることなく、公園に行けて、
カフェに行けて、お買い物の最中に
抱っこ紐の中でだってあげられる、

そんなモーハウスの授乳服を
試着はもちろんのこと、実際に
授乳体験もできちゃいます☆

「ほんとにおっぱい見えないの?」
「ほんとに抱っこ紐の中でおっぱい飲めるの?」
そんな疑問に、現役ママスタッフが
ご案内致します。

当日はお得なアウトレット商品と
定番の下着シリーズをご用意して
皆様のお越しをお待ちしております。

モーハウスHP
ご覧いただいた方で、
「これ試着したいから、持ってきて
ちょーだい!!」という試着のご指名が
ありましたら、6月30日(火)までに
ご連絡いただければ、可能な限り
対応させていただきます。


5月開催のumiのいえ販売会では、
こんな嬉しいお声もいただいてます。

・妊娠中、こんなに服選びでテンション上がったのは初めて!
・涼しくて、お腹が冷えないインナーに巡り合えてよかった~
・おしゃれなのに、赤ちゃんの顔見ながら授乳できて嬉しい!

などなど・・・

ぜひこの機会に、ストレスフリーな
授乳服、お試し下さいませ☆




日時:2015年7月12日(日) 
10:30〜15:30
場所:横浜umiのいえ

お問い合わせ先
モーハウス 柳川 

2015年5月28日木曜日

寝かしつけに。5/26家庭でできるクラニオお手当講座2 開催しました。

子どものお腹に手をあてて、寝たふり。
薄目を開けて確認しながら、その子の瞳が閉じるまで。
意識の半分を、沈めて沈めて沈めて…
寝ている空気感をかもし出し。

母はもう、寝ましたよ~
あなたも、ね。

そんな時間を過ごして来た方も、多いのではないかしら。
まぁ、うっかりそのまま自分も、なんて事もよくあるのですが。


5/26(火)家庭でできるクラニオお手当講座その2、満席にて開催しました。

その1では足とお腹のお手当を。
その2ではお耳のお手当と復習を。

二回目が開催されるまでの間、足とお腹のお手当をお子さまにされたみなさまが、
すーっと寝てくれました。
寝つきが良かったです。
とのこと。

きっとどの母も、我が子に寝てもらおうと寄り添って寝たふりをして来たはず。

そこへ、ほんの少し、
なじむ手で。

ほんの少し、身体を使って。

より深く、心地のよい、自分で自分を整えられる眠りへ。


形通りに「ちゃんと」できるとか、できないとか、ではないのです。

ゴロゴロ動く子どもの、
アクロバティックな寝相。
そこで必要になってくるのは、

無理はしないこと。
がんばりすぎないこと。
その手を信じること。

少し楽して子育てしましょ。

・小さなお子さま連れでのご参加が多い講座となっております。講座中にお腹が減ってしまったお子さんは、みなさん早弁しております。
心配なさらず、いらしてくださいね。
 スタッフ水嶋舞子



次回 残席僅か!
6/4(木)10:30〜12:30
お手当講座1
6/24(水)10:30〜12:30
お手当講座2

7月
7/2(木)10:30〜12:30
お手当講座1
7/7(火)10:30〜12:30
お手当講座2

https://coubic.com/uminoie/165190

2015年5月27日水曜日

7/9 森と海と手をまもる「洗剤学校」 がんこ本舗社長きむちんのお話~ヒマラヤのてっぺんから見えたこと・愛と調和~

森と海と手をまもる「洗剤学校」 

がんこ本舗社長きむちんのお話~ヒマラヤのてっぺんから見えたこと・愛と調和~「宇宙サイズの洗剤学校」
がんこ本舗社長 きむちん こと木村正宏さん

私達は日々、食器を洗い、服を洗う。
でも、その落とした汚れが流れ着く先の環境は本当にキレイになるの?

「この子たち、その子どもたち、もっともっと先の子どもたちのためのチョイス」

原油流出事故処理のテクノロジーから生まれた洗剤、
「海へ…」「森と…」 は、
ナチュラル系雑貨のお店、アウトドアショップ「パタゴニア」、
でも扱われている、その筋では超有名なエコ洗剤。

その洗剤を開発した、きむちん こと 木村正宏さんをお招きします。

洗剤の販売促進企画?いえいえ、一味違います。

「汚れ」のメカニズムについて学ぶことができますが、
それだけじゃない!




プロ登山家として厳しい自然と対峙し、磨かれてきたもの、
きむちんの周りには、それはもう、とんでもなくスケールの大きな話や
不思議エピソードがいろいろ。


自分の視野をぐっと広げてくれる話がもりだくさんですよ!


【日時】2015年7月9日(木)13:30~15:30 

【参加費】500円


【会場】Umiのいえ申し込みはこちら 



【講師】木村正宏 (愛称:きむちん)

がんこ本舗社長 きむちん 木村正宏


有限会社がんこ本舗代表
最後の清流と呼ばれる四万十川の支流で、魚をつかまえて遊んだ子ども時代、そしてプロ登山家として(ヒマラヤにて日本人初登頂2回公式記録あり)、常に自然と密接な生活を続けるうち、山から川へ、海へ...と流れていく「水」が汚染されている現実を目の当たりにし、環境運動を本格的に始めるようになる。特に、心を痛めていたのが、家庭から流れる排水。「排水パイプは小さな海。我が家の排水がきれいになれば、海も変わる」という願いのもと、1999年、洗濯用洗剤「海へ・・・」を発売。 現在はNippon有数の作家やメーカーとコラボレーションするシリーズ「x(エックス)きむちん」のプロデュース方面でも活躍中。

がんこ本舗 ホームページ http://www.gankohompo.com/


<前回開催時の、スタッフブログより>

スタッフさとみです!洗剤学校に参加しました。
汚れは洗剤じゃなくても落ちる!という実験。
水+消しゴム これ 結構すごい。ゴシゴシじゃなくてやさしくこすることもコツ。
水があると、ゴムが汚れを引きはがしてくれます。
消しゴムは天然ゴムじゃなく、そのへんの普通の消しゴムでOK。
これは、多くのがんこ製品にも応用されています。(ベジブラシなど)

エッセンシャルオイルも油を浮かしてくれます。
(「海へ…」には高級なラベンダーがたっぷり使われています!)

洗剤がないと落ちない、というのは思い込みなんですね。

<スタッフさとみ>
ーーーー

油や汚れを水の膜で包むことで、
微生物がそれらを分解できるようになる「水中油滴」

それは地球のリズムに乗ること。

地球に助けてもらうために「海へ…」や「森と…」はあるんだ!!!
それは私たちの、地球との共存のツールなんだ!と目からウロコでした!

<スタッフ舞子>


洗剤「海へ…」



子連れOK!ゆるゆるじっくり陳式太極拳クラス!体内のつながり味わうひととき

こんにちは、Umiのいえスタッフさとみです。
「ゆるゆるじっくり太極拳クラス」5/11に初開催しました!

後世に健康体操として簡略化される前の古い流派、陳式太極拳を、
子どもを放牧しながら、のんびり練習してみよう~のクラスです。
初回ながら、遠方からの参加者含め9名と大盛況!!

まずは簡単にストレッチをして
太極拳の基本の立ち方の練習や、
少し足を開いて立ち、重心を左右に動かす練習から。
股関節を弛めて、腰をあまり反らせないように立つ。
これだけでも、結構足腰鍛えられそうです〜!

でも、途中途中で脚を休ませながら進みますのでご安心を!
後半は、老架一路という型の一部を前田ゆきの先生が実演。これがめっちゃカッコイイんですよ~~~!!!!どんなものかは、見てのお楽しみ。

ゆきの先生曰く、太極拳は大らかな動きが特徴的で、気持ちいいところだそうです。
それをさらに分解してひとつひとつの動きをゆっくり練習。
空気の中の粒子を、腕や体側まで使って漏らさずかき集めるようなイメージで、
ボールのように丸めたり、お餅のように伸ばしたり。
お腹にぐーん、と「気」が集まってくる感じがします!

みんな身体ポカポカ!巡りがぐっと良くなりました。
終わってからの感想では、
「動きを覚えるのはなかなか時間がかかりそうだけども、
できたらカッコイイなぁー!と思いました!」
「手をゆっくり上下しているだけでも、気持ちがぐっと落ち着いた感じがします」
などなどいただきました。
繰り返して覚えつつ、からだのつながりを意識し、
からだの流れもよくなるといいな~~というスタンスでゆったり進めますし、
ゆっくりした動きですので、体力に自信のない方でもどうぞ。
ゆっくりだけど、下半身をしっかり鍛えられますよ。
体の内側が、足腰やお腹、指先までじわっとつながっていく気持ちよさ!!


子連れ可ですが、保育はしませんので、横でうろちょろしてもらっていたり、 
抱っこやおんぶしながら、できる範囲で一緒に動いてみましょう。
【今後の日時】 
6月16日(火)13:30~15:00

7月14日(火)13:30~15:00
【参加費】お一人1620円(税込) 
   
【持ち物】動きやすい服装をおもちください。
お申し込みはこちらから!!
https://coubic.com/uminoie/369193
【講師】前田ゆきの 
横浜・妙蓮寺の「こごみ堂」、Umiのいえの下齋藤整骨院にて整体の施術を行う。からだの変化をもたらすのはその人自身。それをうまく引き出せるようなソフトタッチでの施術を心掛けている。 民俗芸能や中国武術、海・山で遊ぶ中で、自分のからだと自然との関わりについて探求を続けており、草履・わらじなどのわら細工も作成している。

Umiのいえメルマガ☆ 5/27 梅雨前の季節に ■6月おすすめ講座■










こんにちは、Umiのいえ上村です。
いつもありがとうございます。

五月早々、例年以上の暑さですね。
ジェンテコの夏服もがっつり入荷しました。
使いやすい無地のワンピース、麻のTシャツ、
恒例のカラフル柄パンツなどなど。気になる方はお早めに!

6月も、特別ゲスト企画多数ございます。
人生観を変える出会いがあるかも?
のびのびと手足と心ひろげる時間を、Umiのいえでお過ごしくださいね。


■■6月おすすめ講座■■

1(月)指でくるっと♪パステルアート~お母さんとこどものやさしい時間~
https://coubic.com/uminoie/344926

2(火)陰陽調和料理法による食育講座58期その1
大人気の重ね煮で時短&野菜の美味しさ感じる生活始めましょう
https://coubic.com/uminoie/112564
☆特別開催☆6(土)7(日)陰陽調和料理法による食育集中講座
人気の連続講座を二日間にぎゅっと凝縮。働くママも参加しやすくなりました
https://coubic.com/uminoie/281900

2(火)イルカじぃの子どもの心の成長と“生物学的”脳の育て方、親の関わり方
棒田明子さん盟友のイルカ研究者岩重慶一さんの語る子育ての「旬」とは?
https://coubic.com/uminoie/363539

5(金)ヘナトリートメントDAY☆ランチ付き
ヘナで体内デトックス&抜け毛白髪地肌ケア。脱・化学染料で健康な髪へ
https://coubic.com/uminoie/156364

9(火)ママとBabyと子どものクラニオセイクラルセラピー
熟練セラピストが集結!頭蓋仙骨療法で母子をがっつりケアします。
https://coubic.com/uminoie/202098

10(水)身体と声で遊ぼう!カラダ☆オーケストラ
何だかモヤモヤしている人、発散してスッキリしよう!
https://coubic.com/uminoie/175894

11(木)なでるふれるのお話会『愛と希望を科学する~ふれることは生きること~』
もっさん、久々にUmi登場!子育てのチカラが沸くお話たくさん。
https://coubic.com/uminoie/363236

11(木)スローなお茶会「ダウン症にこにこの会」
https://coubic.com/uminoie/374854

11(木)「今だから、ラブソング」SA.RI.NA サリナ Live
TBS「がっちりマンデー!」のEDテーマも担当した歌姫がUmiのいえにやってきます
https://coubic.com/uminoie/109560

12(金)<母・父とわたし>を語る会
https://coubic.com/uminoie/171221

14(日)音泉~onsen~音叉とシンギングボウルの倍音ヒーリング
https://coubic.com/uminoie/180355

16(火)保育士文恵さん「覚えて帰ろう!わらべうた&何でも聞いちゃえの会」
https://coubic.com/uminoie/193860

16(火)ゆるゆるじっくり陳式太極拳クラス
https://coubic.com/uminoie/369193

17(水)小物を編んでみよう~ニット講座~
https://coubic.com/uminoie/158823

17(水)ナチュラル&ボディコンシャス・レッスン「妊娠準備編」
https://coubic.com/uminoie/344582

18(木)開運!重曹お掃除講座
https://coubic.com/uminoie/312759

18(木)篠先生の「ママも一緒に楽しめる室内遊び」
https://coubic.com/uminoie/177284

18(木)美三昧流アーユルヴェーダ生活術講座
https://coubic.com/uminoie/258317

19(金)秦さんのここちよい暮らしの知恵講座「自分で作ろう調味料!Part1」
めんつゆ・のり佃煮・ごま塩・焼き肉のたれ 無添加で我が家の味作ろう!
https://coubic.com/uminoie/289081

20(土)マタニティ&産後の方のためのベリーダンスエクササイズ
骨盤を整え産前よりもスリムになるチャンス!
https://coubic.com/flownaturally/146153

26(金)ガンダーリ先生のことだま講座~生き方を素敵にする日本語
https://coubic.com/uminoie/270899

★毎週月曜、土曜 ベリーダンスクラス
https://coubic.com/flownaturally/223846

★毎週月曜、土曜 よさこいクラス
9月ハマこい出演に向けて練習します!単発体験参加も歓迎
https://coubic.com/uminoie/118017



いつもありがとうございます。
このメールマガジンはUmiのいえ利用者の方に月1~2回送信しています。
転送転載歓迎!
++++++++++++++++
発行元: Umiのいえ  ≪いのちを育む学びと気づき≫ 
http://www.uminoie.org/
++++++++++++++++
ツイッターhttp://twitter.com/uminoie_y 
サロンTEL:045-324-8737 

2015年5月24日日曜日

7/25 寄り添い寄り添われる出生前診断 お話会 @REBORN


お産はうれしい。お産は悲しい。
親になるとは、あらゆることに向き合うこと。
身も心もくじけそうなときも、喜びで涙するときも
「いのち」を抱えている人には、絶対に寄り添いが必要です。

今、何が起きているのかを知り
寄り添い寄り添われる人に、
それぞれの最善を見いだせる道が開けますように
これからの出産について考えましょう。

どなたでも歓迎。
足をのばして、お心素直にお話できる畳の部屋です。
どうぞ気兼ねなくご参加ください。

   産む人と医療者をつなぐネットワーク REBORN 齋藤麻紀子 







発売記念イベント 


お話会~寄り添い寄り添われる出生前診断~

朝日新聞出版



出生前診断の取材体験から伝えたいこと

・染色体疾患が増える高齢妊娠 = 都市部では3人に1人。
・血液検査で高い精度を誇る「新型出生前診断」の登場。
・超音波検査もれっきとした出生前診断で、詳しい超音波検査「胎児ドック」も普及しつつある。

「命の選別」という言葉が使われ続ける一方、日本の出産シーンでは、出生前診断は、もはや身近なものになってきました。

その中で、これから産む人が知り、妊娠する前から少しずつ考え始めておきたいことは何でしょうか。

『出生前診断-出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』で72名の専門家、検査体験者から胎児医療の最新事情と心の声を拝聴してきました。その中からぜひ知っておいてほしいことをお話したいと思います。

また、来られた方の声をお聞きする時間もとりたいと思います。

これは「出生前診断はよいことか悪いことか」を話し合うことを目的としたイベントではありません。

そうではなく、来た方が、出生前診断に対する「自分の答」を探し始められる時間にしたいと思っています。




講演  河合 蘭(かわい・らん)

出産、不妊治療、新生児医療を取材してきた出産専門フリージャーナリスト。
自身は26歳、29歳、37歳で出産。
著書に『卵子老化の真実』(文春新書)、『未妊-「産む」と決められない』(NHK出版)、『安全なお産、安心なお産-「つながり」で築く、壊れない医療』(岩波書店) 『助産師と産む』(岩波ブックレット) 等がある。
最新刊は2015年春上梓の『出生前診断-出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』(朝日新書)。
http://www.kawairan.com/


【日時】 2015年7月25日(土) 
      13:00~15:00 お話会(一般の方と医療者のかたご一緒に)
      15:30~17:00 医療者の方のみ

【参加費】 一般2000円 医療者4000円

【主催】産む人と医療者をつなぐネットワークREBORN

【会 場】 Umiのいえ http://www.uminoie.org/p/access.html

【申込み】 
http://umi.lar.jp/application.html 



書籍情報

「出生前診断-出産ジャーナリストが見つめた現状と未来」 (朝日新書)
新書: 304ページ 820円+税 河合蘭著 朝日新聞出版社 2015年 「出生前診断」をめぐる議論は、40年以上前から――。 産む人の視点と中立的な立場でまとめた、出生前診断の【全容】 【目次】 第1章 動き出した次世代の検査 日本人が知らない海外の出生前診断  高齢妊娠と染色体疾患の関係  合体しつつある不妊治療と出生前診断 etc 第2章 女性たちの出生前診断体験 超音波でNT計測――知らない間に受けている出生前診断  堕胎罪の矛盾にたった一人で立ち向かった女性 自分を罰し続ける母親たち 自然が赤ちゃんを連れて行くという選択  司法は出生前診断をどう判断してきたのか 母体保護法に胎児条項を設けるべきか etc   第3章「羊水検査」で出生前診断は始まった―ある医師の語りを中心に 生命の設計図との出会い 絶たれた対話 70年代の羊水検査と激しい反対運動 事なかれ主義を続ける国の姿勢 etc 第4章 1990年代「母体血清マーカー検査」をめぐる混乱  検査そのものを否定するのか、あり方を変えるのか マスコミを巻き込んだ「知らせる必要がない」をめぐる論争 置き去りにされた産む人の救済 etc 第5章 超音波検査とグローバリゼーションの波 一般医師が行う通常の超音波検査と専門家の検査の違い 「見ようとしなくても見えてしまう」ジレンマ 「覚悟」を引き受ける英国女性たちの緊張 情報とサポートを求めてさまよう日本の妊婦たち etc 第6章 これからの出生前診断 日本ダウン症協会は何に反対しているのか  欧米は「結論は出ない」という結論に達した 遺伝カウンセリングを体験してわかったこと そこまで来ている胎児治療  etc

産まれて初めてかたなを鞘から抜きました(笑)

5/23土曜日  季節の体操教室開催しました。

スタッフわたくし森
この世に生をうけて41年、産まれて初めて
かたなを鞘から抜くことが出来ました


なんの講座やねん?
って思うよね(笑)そうだよね(笑)

『かたなを鞘から抜く』
という動きは、身体が伸びていないと出来ないそうです。
そう、身体が伸びていると抜けるってこと。

ってわけで
昨日はまずはじめに、かたなを鞘から抜くことが出来るか?を1人ずつ確認。

もちろん抜けませんでした。
身体を先生に言われるように伸ばす…だけどやっぱり抜けない(笑)


それから体操実技へと入りました。

体操はシンプルな動き。
先生の先導の元、ゆっくり身体を動かします。自分の身体と向き合います。チカラは入れずに伸ばします。繰り返し動いて、合間に休憩して…
おいおい、こんなんで体操になってますか?と一見そう思われがちなほどシンプルな動きの繰り返し。

だけど、やればやるほど
ほれびっくり。身体が変わります。


背が伸びました
顔がスッキリしました
鼻水が止まりました
お顔の赤みが引きました


そして、最後には参加者全員
かたなを鞘から抜くことが出来ました

シンプルな動きの繰り返し
簡単だけど難しい
人は案外りきんでこわばってがんばっているんですね。

先生の昨日の格言
『身体のこわばり=こだわり』
とも言われているそうです

人それぞれこわばる箇所は違う
こだわりが違う

そのこわばりを自らの体操、運動で
伸ばしてほどき、自分のこだわりを捨てもっと楽チンに各々の道を生きていける…そんな身体を目指す為の講座です。

ってことで、ふとし先生の体操教室
来月もまた開催!
是非ともご参加ください!!

2015年5月23日土曜日

身体感覚講座 高野山合宿!!












こんにちは、スタッフの井田です。
Umiのいえ主宰の齋藤麻紀子、齋藤整骨院の齋藤光洋、Umiのいえスタッフの上村聡美とともに
開祖1200年の高野山に行ってまいりました。
今年で4回目となる、松田恵美子先生の「身体感覚講座 高野山合宿」です。


今回の合宿の松田先生からのお題は「響きのわかる身体になる」でした。
う~~~~~~ん????
一体そんな身体になったのだろうか??
疑問満載です。
今回の合宿で、自分の身体の使い方、気の使い方、感覚などすべてにおいて
あ~~~、なんて全然ダメダメなんだろう・・と。
高野山に4回も来てるのに、これかあ・・と。
自分のことを客観的に見れたんでしょうか。

が、そんなあらら~~~と、少し落ち込んでいた合宿の最終日。
身体を縦に、横にしっかり伸ばし、広げてから、身体を中心戻した時に
自分の身体に初めての体感が起こりました。
身体の芯、下半身からぎゅ~~~~っと、締まったのです。
びっくり!です。
こんなことって、あるんだなあ・・・と。

そして、合宿の最後の瞑想の後のシャバアーサナ。
わたしは、だいたいシャバアーサナの時はだいたいあっという間に意識が飛んで
松田先生のお声はまったく聞こえていないことがほとんどなのです。。。
が、今回はなにかのきっかけかで、意識がパキっと戻ってきて
目はしっかり閉じているはずなのに、目の前がぱ~~~~~っと明るくなったと思うと
地の色が桃色といいか、紫というか、とにかく美しい色が現れたと思ったら
巨大な「曼荼羅」が映しだされたのです。なんだ、なんだ???と驚いていると
今度は「曼荼羅」のまわりに放射線のような色とりどりの光が現れたのです。
まるで、合宿初日に大塔でみたプロジェクションマッピングのよう。
その映像が見えてからは意識もしっかりとして、その映像を頭の中で反芻してみました。

いやあ・・・・
毎回、合宿の最後の時にはなにかしらが起きるのです。
やっぱり、高野山が保有している磁場のパワーと、松田先生の講座と落とし所の
マッチングなんでしょう。凄すぎます!!!!!
だから、毎年毎年行ってしまうんでしょうね(笑)

その「曼荼羅」のことを、松田先生に帰りの電車でお話しすると
「あら~~~、よかったわね~~~!」
と、ニコニコされておりました。

なんだったんだでしょうねえ~~~????(笑)
そんな素晴らしいプレゼントをいただいた今回の高野山でした。


高野山でいただいてきたパワーのようなもの??をみなさんに
少しでもおすそわけできたらと思います!!
どうぞ、ご期待くださいませ!!

2015年5月21日木曜日

6月1日からよさこいクラス始まります!

夏といえば、お祭り!!
お祭りといえば、よさこい!!

みんなと一緒に踊って、
元気に夏をすごしませんか?



どんなクラスなのかな?と
気になったら、ぜひぜひ一度
遊びに来てくださいね。
体験レッスンもしています!


よさこい ゆきうさぎのメンバーは、
ほとんどが踊り未経験です。

それでも踊れます。
踊りを楽しむことができます。

みんなで楽しく踊って汗かいて、
笑って、声だして、キラキラしましょう!


でも練習だけじゃなくて、
子育ての悩みや、日々の思いを話したり。
お互いのお子さんの成長を見届けられたり。

そんな時間も大切にしたいと
思っています。

子どもと向き合う時間も大切。
でもその今の気持ちを共有することも
大切なことだと思うんです。



体を動かすことが久しぶりでも、
踊るのはじめてでも、
体がかたくても、
大丈夫です。

あー、今日はなんだか動きたい!
そんな方もお待ちしています。



ほんの少し、自分のための時間。
自分に向き合う時間。

お母さんだって、踊りたい。
表現したい。

目標に向かって頑張りたい。



メンバー大募集中です。
お待ちしています!!

https://coubic.com/uminoie/118017

やりたくないことはやらない。その事を自分に許していますか?5/21かめおかゆ みこさんの聴くを磨く連続講座はじまりました!

自由に過ごしてくださいね。
寝っ転がって聞いてもいいし、休憩しててもいいです。

そんな風に始まるかめおかさんの講座。
それでも、唯一、講座でのお願いがあります。

それは、あなたが自分の声をまず聴くために必要なこと。

「やりたくないことは、やらないでください」

がんばりすぎてしまう
自分さえ我慢すれば…
なんとなく合わせて事なきを得る
参加しているのだから…

いえいえ。
本当にやりたいことをやる。
ために、
やりたくないことをやらない、を自分に許してください。

少なくとも、かめおかゆみこさんの講座中はそれがOKです。

頷き、アイコンタクト、笑顔。
そんなスキルは後でいいのです。

自分と仲良くなりましょう。
人は「こころ」を開いて仲間になる。
共に人生を歩む、自分自身と仲間になりましょう。
そして
本音で話すには、ちゃんと聴いてくれる相手が必要です。

笑われるかも。
嫌われるかも。
バカにされるかも。
そう感じるのなら、そこで本音が言えるかな…。

誰かにやっていなくても、
私たちは自分自身にやってしまいがち。

なんでそうなの?
要領が悪いね。
またそんなに怒ってる。
受け入れられるはずはないね。
だって◯◯だもんね。

自分がボッコボコですね…

聴くってなんだろう。
本当に聴けるのなら、
一言も話さなくても相手が変わる。
と、かめおかさんは言います。

今回は、部屋に入った瞬間涙が出ました。
とおっしゃられた方が何名かいらっしゃいました。

ここは安全で、安心で、
そのまんまでいいところ。
いいもわるいもなく、
正しいも間違いもないところ。

あなたが、あなたに出会う場所。

現実がどうかではなく
あなたが何を見るのか。

間違いなんてない。
なんでも試そう。


それでは。
講座中の写真をご紹介!
身体を緩めていきましょう。
大好きな、安心できる人と一緒にいるように。
(早めにいらして頂ければヘナをしながらの受講もできますよ~)
身体から緩めて行きましょう。
引き締めていたら、確かにがんばれるけれど。
それは本当に必要?
ゆるゆるぐて~
アメーバになります。
やりたいように。
乗りたくなれば、人の上にも乗り上げます。

ここまでくると、部屋の空気もでろんでろんですよ~(笑)

緩んでいいのです。
泣いてもいいのです。
笑ってもいいのです。
あなたの人生を、
生きてもいいのです。

全部ぜーんぶ、
聴く
に繋がってるのです。

あなたを、
あなたからのフルボッコから逃がしてあげましょう?

あ。
ご家族も(笑)

最後に一枚。
緩むと、可能性も広がります。
緩む事で誰でもできる逆立ちのやり方、でした!



《感想》
逆立ちの時首の力が抜けてきもちよかった。
いろんな気持ちで受講しています。
今後も楽しみです。

空気が素敵でした。
入った瞬間涙が出そうになった。
ついがんばりすぎてしまう。
緩むのが苦手でした。

家族関係で悩んでいました。
こころにしみました。
そんな自分に気がつけてよかった。

部屋に入って、泣きそうになりました。
なんだろう。
がんばらないことを選択したい。
感情を大切にしてみたい。
やりたくないことはやらなくていい、と言ってもらえて、涙がでた。
自分を見つめたいと思って参加しました。

繰り返し体感しないとですね。
「愛を学びたい。
愛ってなんだろう。」
そう言って参加されるその人と一緒に学びたいと思って参加しました。
日々がレッスン。

演劇がやりたくなりました。
自分を表現したい!

自分を変えたいと思って。
今後が楽しみです。

「自分をかえるのではなく、
自分のなかにある輝きをだすだけだよー」@かめさん

スタッフ水嶋


2015年5月20日水曜日

ジェンテコ「中世の音と味」満喫しました!!


昨日は待ちに待った、ジェンテコさんのスペシャルイベントでした!
テーマは「中世の春」

Umiのいえに、珍しい中世の楽器がたくさん並び、まるで博物館のよう。

シェフ兼楽団長の黒澤さんが、曲の合間に、
楽器や曲の由来、文化的背景をお話してくださるのもとっても興味深い!

横置きの琴のような楽器はハンマーダルシム(サントゥールともいいます)。

手前の、弦がいーっぱいついているのがマンドーラ。マンドリンの祖先です!
壺みたいなものも楽器です!壺太鼓。胴体に反響穴が空いてます。

左に縦置きしている大きな太鼓はルネッサンスサイドドラム。
バグパイプなどとよく一緒に行進しながら使われるそうです。門番は楽隊を兼ねていたので、
来客があると音楽で城内に知らせていたそうですよ。


今、私達が日常聴いている音楽は、
19世紀に確立した音楽理論を元にした、いわゆる西洋音楽。
200年程度の歴史です。

今日、黒澤さんたちが演奏してくださったのは、
それより1000年くらい前に演じられていた曲。

まずは10世紀ごろの音楽。
コーラスのみの「グレゴリオ聖歌」で幕を開けました。

続いて素朴なリコーダーと太鼓を使った器楽曲。一曲が短いのも中世の特徴。
イメージとしてはですね、
無印良品の店内にかかっているリコーダー曲みたいな感じです!
あとはファンタジー系RPGゲーム音楽も、この頃の音楽からテーマをとっているものが多いです。

左端のレイコちゃんが吹いているのは、
カモシカの角笛(今はワシントン条約でカモシカの角は使えないので、水牛で作られている!)
左から二番目のNAOちゃんが弾いている琵琶のような楽器は、バーラマサズ。

こんな様々な楽器で、今の音階とは少し違う響きを届けてくださいました。

中世は、ストリートミュージシャンのように音楽家が街々をめぐり、
歌でニュースを伝えていました。
また中世ヨーロッパの吟遊詩人の歌には、なんと「不倫の歌」が多かったそうです。

当時は「騎士が他国の姫に恋をする」のが定番の内容で、
「叶わない恋こそ、真実の愛」と人気を博していたのですね。

13世紀レコンキスタの盛んなイベリア半島で王であった
アルフォンソ10世(El Sabio賢王)が編纂した「聖母マリアのカンティーガ集」から166番を披露。
アルフォンソ10世は、響きの美しい言葉として「ガリシア語」で作らせたそうです。
なんだか百人一首みたいなエピソード。

サンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路で歌われた唄。
 そして、世界最古のカノンも演奏。とてもかわいらしい響き。


音楽に合わせた桃絵さんのダンスがまた素晴らしい!


ランチはこちら。まずはベジプレート!
石臼で挽いたパセリとミントのライスが爽やかな味わい。
中世の料理は、色合いが美しいことも特徴です。


ノンベジプレートには「世界最古のパスタ」も登場しましたよ!


世界最古のパスタは、肉の塊に、小麦粉をまとわせて湯に通したものだったそうです。
「アッシジのトルテッリ」というのが、この最古のパスタの正式名。

それが、だんだん小麦粉の衣が厚くなっていき、
そのうち中身だった肉がなくなりパスタが独立して、
ソースをかけて食べるスタイルになったそうですよ。

音楽と生活と料理は切り離せない関係。
いつも音楽と料理で、その文化圏丸ごとを届けてくれるジェンテコさんのライブは、
何とも贅沢で豊かな時間なのです。
今日は特に、文化背景の話がとっても濃くて楽しかった!!

中世、深い!!
素朴で味わい深く何度も噛み締めたい。

子どもたちの身体にもストンと染み込んでいたように思います。

あと、ジェンテコさんの夏のお洋服、沢山入荷しました!
今日来られなかった方も、お洋服はUmiのいえで販売中ですので、
是非講座のついでにご覧になってねー!!
お洋服の詳細は、別途アップいたしますね。

スタッフさとみ