2015年11月25日水曜日

11/14 三宅はつえさんのお話会「助産師の仕事とは これからの視点と働き」

笑いあり、涙あり、驚きあり・・・
Umiのいえは、産むこと、迎えること、生きること、死ぬこと、見送ることをテーマに、いろいろな会を続けています。 

11月14日(土)この日は、優しい【お産ネットワークREBORN】の協力企画。
助産師さんたちが大勢集まってくださいました。
ご遠方からも、ご来場いただいて、嬉しい嬉しい。 

第1部は、白井千晶さんのお話会「もっと知りたい 不妊と養子縁組・里親制度」

第2部は、三宅はつえさんのお話会「助産師の仕事とは これからの視点と働き」 でした。


三宅はつえさんは、病院、助産院、地域での助産師活動に、講師に、ドラマの分娩シーンの監修など、幅広~~くご活躍。
経験の深さからにじみ出る言葉には、はっとさせられることがたくさん。 
胸が熱くなります。

参加者お一人お一人の質問やつぶやきに、三宅さんが、わかりやすく、ビシっと、ユーモアを交えてコメントしてくださいました。


どんな眼差しをもったらいいのか
どう捉えていくのか
何を守っていくのか 
三宅さんのお話の中に、たくさんのヒントがありました。 

毎日一生懸命働いている助産師の皆さん
思うように動けないことで、志がくすみかけることもしばしば。
施設や地域を超えて、現状の悩みや成功体験や夢を語り合うって、大切ですね。 

来年もまた三宅さんにお話にご来場いただきたいと思います。 
お楽しみに。

そして、月々の助産師さんの集いはこちらです。
ミドワイフCafé
ぜひ翼を休めにUmiのいえにいらしてくださいね。

齋藤麻紀子


がんばろうね~!って手をつないではしゃいでみた!



ご参加ありがとうございました。
皆さんの感想をご紹介します。


●私は今休職中なので、たくさんの助産師の方に会えてモチベーションがあがりました。
三宅さんのお話がとてもおもしろく、特に夫婦支援、家族支援のお話を聴き、自分のお産の際に夫をその気にさせられるような関わりをしてみたいと思います。
とても楽しかったです。

●助産師にやっぱりなりたい。残りの人生は助産師として60年生きていきたいと決心して周囲と揉めながら選んだ道ですが、今日は本当にその決断をしてよかったと思えた一日でした。
現実は厳しいこともたくさんあるのだと思います。
でも三宅さんをはじめ今日集まった助産師の先輩方は、悩みながら前向きに助産師としての役割をとらえ活動されていて素晴らしいと思いました。
「1mmずつ進んでいけばいい。」
「どこに勤めても大切なのは自分でいること」
「諸行無情・・・」
 

●これでいいのだと思えた今日でした。
目の前のことを一つ一つ丁寧に積み重ねていきたいです。

●自分は本当に助産師になったのかなあともんもんとしていました。
三宅さんのたくさんの名言に元気をいただき、自分が助産師として
今できることに精いっぱい向き合おうと思います。とっても楽しかったです。

●助産師という仕事の深みと楽しさを改めて感じる時間でした。
これからの力になりました。

●今日はたくさんの方々の話を聴くことができてよかったです。
開業したり、勤務助産師の話がきけてパワーをもらえました。
日々迷うこともたくさんありますが、ママと赤ちゃんたちの笑顔がみれるようがんばりたいです。

●どんな人にも寄り添える助産師になりたいです。

●助産師が助産師としてずっと仕事ができるように社会にアピールしたい。
医師や他職種の方々との飲ミニケーションを大切にしたいと思いました。

●いつも道の途中 
いつまでも助産師でいたいです

●なまるぬい私を認めていただけて良かったです。
自分らしさを出して頑張ります。

●毎日の仕事や生活の中で自分の仕事についての不安や今後の方向性への迷いはたくさんありますが、外に出ていろんな環境にある人と話すことが大切だと感じました。





11/25 今日の愛の背守り刺繍ワークショップ 



















「今夜のおかず 何する?」

「男の人っていいとこどりでずるいよね~」

「ゴム飛びして遊んだ? 馬跳びとかしなかった?」

そんなおしゃべりが美味しいのが手縫いの仕事。

本日の「愛の背守り刺繍のワークショップ」は7名でわいわい。


おんぶしたり、途中授乳したり、自分のペースで手をすすめました。

毎日新聞の女性記者さんも取材がてら参加してくださいました。 

日本の古くからの母たちがつないできた文化「背守り刺繍」

こどもを思って手縫いっていいね。

子ども用のふきんに

抱っこひもに

それぞれの愛をこめました。 

わたくしスタッフ井田正美も初チャレンジしました~

講師 棒田さんは妊婦さんへのギフトに刺繍されてました。







参加者のみなさん、それぞれとってもきれいで、愛情がたっぷりに
仕上がっていました!!

次回は12月9日、1月15日午後13時半から 参加費無料です! 

申し込み https://coubic.com/uminoie/197401



11/25 食育特別講座「秋の味覚満載レシピ」

今日は朝から雨ふり。麻紀子です。
肌寒いなか、10名全員集合でスタートしました。


本日のメニュー

・さといもと切り昆布のご飯

・重ね煮豆乳汁

・れんこんもちの福袋煮

・煮なます

・プチアップルパイ  




れんこんをすって、豆腐と上新粉とネギのネタを袋づめ。
秋の宝物「ぎんなん」もいれました。
落し蓋がなかったら、お皿でもOKよ。

本日の具だくさんみそ汁には、さつまいも・大根・にんじん・ごぼう・こんにゃくなど、
盛りだくさんの豆乳汁。マイルドでこどもたちも大好き!



パイの皮を丸めてのばして円の形にします

りんごとレーズンの重ね煮をパイで包みます。
足元の子も、抱っこの子も、じっとお母さんの仕事をみています。
まさに、これこそ食育!
オーブントースターで焼けますよ
とっても簡単。
大根・ニンジン・レンコンを重ね蒸しして、冷めたらリンゴもプラス。
米酢と梅酢とみりん・ゆずで、さっぱり甘味のいいお味
できあがり~

みんなでいただきま~す。
ランチトークは、2015年残り1か月近くで、
やること、やりたいことを語り合いました。






次回の食育講座は、


1月からの連続講座も募集中
陰陽調和料理による食育4回連続講座第63期水曜コース
1/13、1/27、2/10、2/24(水)10:30~13:00



11/23 手作り調味料講座 

11月23日(祝月)
秦さんのここちよい暮らしの知恵講座 調味料を作ろう!part2

本日の調味料は

塩麹マヨネーズ(卵不使用)

豆腐マヨネーズ(卵不使用)

ゆずポン酢

しょうがの佃煮


ポン酢用にゆずをたくさんしぼりました
絞るのもコツあり。
皮は持ち帰ってお風呂に
種は化粧水作りに使いましょ
しょうがをゆがいて、
みじん切りにしてぐつぐつ汁がなくなるまで煮ます
最初にゆがいた汁は、捨てたらもったいないから
ハチミツ入れて飲んだり、足湯につかえばぽっかぽか


祝日で幼稚園保育園もお休み。
KIDSもたくさん参加。お手伝いがんばりました。




ポン酢で、ホウレンソウとえのきの和え物
温野菜は2種のマヨネーズでいただき、
しょうがの佃煮でご飯をいただきました。
そして具だくさんのお味噌汁と
あんこと甘酒のデザート 








親j子22人でいただきま~~す!
こどもたちもお野菜たくさん食べてくれました。


ご参加の皆さん感想ありがとうございました!

○塩麹マヨネーズが美味しかったです。
夫がマヨネーズ好きで使うことが多いので、少しでも手作りしたいと思います。

○調味料を作ると、なんだか勝手にハードルの高さを感じていたのですが、実際やってみるとそんなことないんですね。
初めての参加でしたが、きてよかったです。話をすることで楽になれたりしました。
Umiのいえを知ることができてよかったです。

○いつも買っているものをこんなにおいしくつくれるなんて、感動しました。

○身体に優しい料理で身体も心もヘルシーになりたいです。

○マヨネーズが大好きなので、塩麹マヨネーズが本物そっくりで気に入りました。
 しょうがの佃煮も無理なくしょうがをたくさん食べられそうです

○学生時代のときに野外でみんなでわいわい料理をしたときのようで、楽しかったです。
そして、予想より簡単でした。

○しょうがの佃煮は5歳の息子にも好評で、おかわりしていました。これからの季節 ポン酢はよくつかうので、家でもぜひ作ってみたいです。

○今日も素敵な手作り調味料を教えていただけたので、家でも作ります。働いて休日しか参加できないのですがまた参加したいです。 



2015年11月20日金曜日

11/14 もっと知りたい 不妊と養子縁組・里親制度


こんにちは。
スタッフのさいこです。

不妊は、年々増えていますね。
私も2人目をなかなか授からなかったのですが、
娘の幼稚園の学芸会で桃太郎を授かったじいさまばあさまが
「こどもがほしい そのねがい
かみさま かなえてくださった」
という一説を聞いて、
昔から不妊はあったんだな〜、と
励まされました。

今日の講師は白井千晶さん。
社会学の講師であり、また不妊・養子縁組に悩む方の声を聞き、そして世間の偏見を解くべく発信してきた3人のママさんです。

助産師、児童福祉職、保育士、不妊に関わるヨガインストラクターなどの方々が参加して下さいました。



養子縁組・里親制度というと、
我が家にこどもは授からないかも、と知った時、
養子を迎えるのかどうか、
という問題ばかりに視点は行きがちですが、
白井さんは、
妊娠したけど、育てられないという
産みの親の声が世間になかなか届かないことを危惧されています。

産んでおいて育てないなんて身勝手。
育てられないなら避妊すべき。
など冷たい視線にさらされがちです。

でも本当は
自分で育てたい。
このままずっと抱っこしていたい。
でも、自分の顔を知らず
存在自体も知らずに育っていくかもしれない我が子。

こういった講座を通して、
世間に発信しにくい声を聞ける人が
どんどん増えると良いと思いました。

乳児院で過ごすこどもたちは、スタッフの方々ができる限り愛情をかけて保育していますが、それでもスタッフと一緒にお風呂に入ったり、スタッフと同じご飯を食べることができない施設も多いのだそうです。
一番好きなスタッフとも「美味しいね」「あったかいね」と気持ちを共有できないのだと聞き、母子として当たり前の会話の大切さを実感しました。

助産師は、日頃の勤務の中で、中絶する人、産んだ子どもを誰かに託す人、不妊に悩む人、様々なことに悩み傷つく女性に出会います。
そんな時、今日の様な講座を受けているかいないかで、
かける言葉もその後の支援も変わってくると思うのです。
助産師は常識にとらわれず、視野を広く持ってどんな女性の味方にもなれる感性と温かさを持てる存在でありたい、そう強く思ったのでした。



【参加者の感想】

●里親制度について乳児院について、これまで深く考えてこなかったので、正直とてもショッキングでした。病院で働いているときには気づかなかったことが多く、乳児院での実習など、もっとふみこんで学んでみたいと思いました。

●本当に少しだけ今日は足を踏み入れた気分です。これから話す「いのちの話」の中で今日感じた部分が伝えられたらと思います。
根っこの部分は吸収させていただきます。

●NICU,GCUで赤ちゃんを一事保護をすることがありますが、産んだ親がどんな気持ちなのか、もっと関われると良いと思いました。

●「語り」(相談を受けるとき)で、用いる言葉を大切にしようとおもいました。「覚悟を強いる」のではなく、共に育てるシステムを作りたい。

●福祉の仕事をしているので、不妊のお話は初めて聞くことだらけ
すごく勉強になりました。参加された助産師さんたちが、里親や養子について強い関心をお持ちであることが、個人的にとても嬉しく思いました。

●家族の在り方の多様化がどんどん進んできている。自分自身が助産師としてフラットな考えを持ち続けたい。

●日本の養子縁組、里親制度の全体像が少し見えてきました。乳児院などのボランティアなどがあれば参加できたらと思います。


11/20 パステルで曼荼羅を描こう

秋深まるしっとりした日でした。
少し肌寒くなってきましたね。

忙しい日常からちょっと離れて、こどもとも離れて
自分と色に向き合う静かな時間。

二度と同じものは描けない
今日出会った人たちとのフィーリングの中で、
今日の私だから描けるもの 

初めて参加した3名の方々も、
とっても楽しんでくださいました。 

次は12月11日、以降は第4金曜日午前 

申し込みはこちら https://coubic.com/uminoie/277426

毎回午後は、浄化の筆文字アートワークショップもあります。









2015年11月19日木曜日

小物を編んでみよう~ニット講座~




ニット講座担当講師の牧山です。

すこーし、寒くなってきて、
編み物の季節になってきましたね。

そんなこんなで、久しぶりに賑やかなクラスとなりました。























4月の開講以来、毎月せっせと参加してくれている生徒さんは、

大作が完成~♪

すごく素敵なセーターができました!!





















そして、初心者の方が3名。

最初は不安そうでしたが、徐々に編めるようになってきて、

ご本人たちもですが、何より私もホッ。

次回が楽しみです。


お子さんたちは、お隣の太極拳のクラスを行き来して、
それまた、楽しそうで、
なんだかとっても、ほっこりな講座でした。


編み物をやろうと思ったきっかけは?というお話を伺っている中で

親御さんが作ってくれていたときは、おばさんっぽくていやだなあと思っていたけど、

自分のこどもができたら、やっぱり何か作ってあげたくなった。

他にも、

親御さんが編み物などをされていたけど、

今までは、あんまり興味がなかった。

子供ができて、やっぱり何かを作ってあげたくなったけど、

親御さんからは、教わることができなくなってしまって・・・。

など、親御さんと子供さんが始めるきっかけという方が、すごく多いんです。


親から引き継いでいるもの、

自分の中に生まれる親心。

手仕事で、繋がっていくことがちゃんとあるんだなあと思います。


ほっこりのんびり手仕事、ニット講座、来月も開催しますので、

ご参加ください。


次回は、12月21日(月)、1月14日(木)10時30分~12時30分
申し込みはこちら 
 

Umiのいえメルマガ☆ 11/19 ゆすってゆるしてゆるされて


 

こんにちは Umiのいえ 齋藤麻紀子です
いつもありがとうございます。

最近、講師の皆様から異口同音に、表現することの
大切さを教えていただいています。
身体とこころをゆする、ゆらす。ゆれると、ゆるせる。

音を聞いて自由に揺れたり動いたり、


鼻歌、お絵かき、落書き、空想、
何の役にも立たない それが大事。
誰の為でなく、ただ何となく動くままに。

意味のないことをゆるす余裕を、まずは自分に。
子どもと家族と社会と。
つながりあい、調和して生きるヒントがきっとある。
心枯らさずお水をあげるように、日常を遊びましょう。


★12/15(火) クリスマスライブ「カリンバの森」
水・風・光のような音が体に響いて、森の中にいざないますよ。
美味しいものもいろいろ!
http://www.uminoie.org/2015/11/1215.html


☆☆11月オススメ講座☆☆

24(火)ママとbabyと子どものクラニオセイクラルセラピー
身体の歪みが気になる、冷える、疲れる。そんな母子を熟練セラピストががっつりお手当てします。
http://coubic.com/uminoie/373014

26(木)篠秀夫先生のお話会「シュタイナーの気質のお話」
子も大人も、人それぞれの性格への理解が深まります。感じ方の違いを知ろう。
http://coubic.com/uminoie/185912

27(金)感性であそぶアートなお茶会 VTSワークショップ
絵を観て感じることを話すと、発見が一杯!
http://coubic.com/uminoie/247005

30(月)Umiのいえ女将 麻紀子の部屋 ~お茶して円座~
http://coubic.com/uminoie/397620 12/17にもあります


★★12月オススメ講座★★
2(水)ログウッドで染めようカンタン草木染め
http://coubic.com/uminoie/326046

6(日)幸齢出産ママのお話会
はーい、私、高齢出産でした!という人、これからです!という人、集まれ!
http://coubic.com/uminoie/234809

6(日)帝王切開のお産を知ろうお話会
経験者も予定している方も医療者も不安や経験を分かち合おう
http://coubic.com/uminoie/388062

7(月)タッピングタッチ体験会~とんとん・ぽこぽこ・ほんわり~
親子でも簡単に楽しくできる本格的なセラピー。色々と便利!
http://coubic.com/uminoie/215038

8(火)食育応用講座 スキルアップ編
万能調理出汁など、プラスアルファの技を。
http://coubic.com/uminoie/210872

9(水)こんにゃく作り講座
作りたては絶品!持ち帰れます。
http://coubic.com/uminoie/396673

11(金)浄化の筆文字アートワークショップ<年賀状編>
http://coubic.com/uminoie/231258


★★週末企画・働くママや妊婦さんも是非どうぞ★★
12/12(土)ふんわりすくすく赤ちゃん講座~赤ちゃんを育てる毎日に役立ついろいろなことのお話~
http://coubic.com/uminoie/298754

12/19(土)マタニティ&授かりたい人のためのベリーダンス
http://coubic.com/flownaturally/146153

12/26(土)年忘れ!セラピー祭り☆女の休日!
今年もママ業一年お疲れ様でした!最後のご褒美に是非いらしてね。
今年のお疲れは今年のうちにスッキリ手放しましょう。
クラニオ・ヘナ・アーユルオイルトリートメント、ワンコイン鍼灸 他多数
http://coubic.com/uminoie/190194

いつもありがとうございます。
このメールマガジンはUmiのいえ利用者の方に月1~2回送信しています。
転送転載歓迎!
++++++++++++++++
発行元: Umiのいえ  ≪いのちを育む学びと気づき≫ 
http://www.uminoie.org/
++++++++++++++++
ツイッターhttp://twitter.com/uminoie_y 
サロンTEL:045-324-8737 

2015年11月18日水曜日

仙台で陰陽調和料理による食養生講座を開講しました

スタッフ兼食育講座講師の澤村美保です。

11月14日、仙台に出張してきました。
主催は、仙台Umiのいえの千葉しのぶさん。
しのぶさんは、4年前に仙台に引っ越す前は、横浜Umiのいえのスタッフでベビーマッサージや誕生学の講師でもあり、現在も仙台にて講師やセラピストとしてご活躍中です。

当日は、調理実習ができる施設を用意していただいたので、講義も調理実習も出来て、充実した内容で開催することができました。
食育4回連続講座の1回目と2回目、そしてちょこっと3回目の内容で構成しました。

前日に買い出しに行き、新鮮なお野菜や食材を調達。
地元の食材を見ることができて楽しかったです。
お味噌汁には、宮城ではお馴染みという三角油揚げを入れました。
初めて知りましたが、ふかふかして美味しくお味噌汁にもよく合いました。

初めての地方出張となりましたが、皆さんに陰陽調和の重ね煮を伝えることができ、興味を持って頂くことができて満足しています。
1回でどのくらい伝えられるか伝わるかの面では、とてもいい学びとなりました。








主催してくれた千葉しのぶさんには、場所探しから告知、運営など何から何まで本当に細かく手配してくださって感謝しています。
来年もまた重ね煮カレー講座を開講しに行きます♪



嬉しい感想もいただきました。

◎初めての陰陽調和料理、そもそも陰陽調和ってなんだろう...?食養生って?
機会があれば学んでみたいと思っていたところ、今回しのぶさんからお誘いいただきました。
ありがとうございました。
みほ先生のお話はとても分かりやすく、陰陽の意味や中庸することで体が整うことなど納得できました。
何より、家に帰ってきてから早速レシピを取り入れてみて、これまた驚きました。
本当に時短で、二人目が産まれてから今までより1品品数が減っていたのですが、重ね煮で品数が戻ったのに早くできる!ということに驚きました。
調理していて、気づいたことは、味が染み込んでいるということです。
具だくさん味噌汁の大根にしっかり味が染みていて他の料理でも試してみたいと思いました。
息子の離乳食が始まる前にとてもためになるお話でした。
ありがとうございました。

子供が生まれてから食と健康に関心を持つようになりましたが、子供と参加できる講座はあまりないので、とても貴重な機会でした。
重ね煮は本を読んで作った事がありましたが、水を使う方法もあるのですね。
主婦にやさしい作り方で自分ではこちらのほうが良さそうです。
お野菜をたくさん食べられて、簡単でおいしくて。
これからどんどん取り入れていきたいと思います。
陰陽についてもなんとなく聞いたことがある程度でしたが、良くわかりました。
そして中庸ということをこれからの生活でも意識していきたいなと思っています。 
来年のカレー講座も楽しみです!


千葉しのぶさんのブログ
しのぶさんは、横浜Umiのいえで春休みや夏休みに「誕生学」や「男の子のカラダ教室」も開講しています。次回は春休みの予定。
また、来月26日の年忘れセラピー祭りにもセラピストとしていらっしゃいますよ~。
しのぶさんのベビーマッサージなど受けたことがある皆様、是非会いにきてくださいね。

11/13(金)かめおかゆみこさんの身体の声を聴くを磨く特別講座でした!

身体の声を聴くを磨く、かめおかワールドの濃い一日でした〜!
スタッフ水嶋です
毎度好評を頂いております、かめおかゆみこさんの身体の声を聴くを磨く特別講座。

北海道での開催を終えて、
11/13、再びの横浜開催でした!

今回も一期一会、学びの深い会となりました。

目の前の人を「聴く」には、まず己の声なき声を聴くこと。
どう思い、感じているのか。
その練習の安心安全な場としてまず、かめおかさんは
「やりたくないことはやらないでくださいね」
と伝えてくれます。

座って講座に参加することも、
講座中のワークに参加するかどうかも、
選択は自由です。

本当はどう感じているのか。
それを感じてみる機会でもあります。

午前中は
自分で身体の中を緩めること
脱力と緩むの違い、
声と言葉で触れること、
を中心にワークをしました。

大事に大事に名前を呼ぶ。
ハートから声と言葉のエネルギーを使って相手に届ける、声と言葉で触れるワークは、わたしはドキドキしてしまい、呼ばれるのが嬉しくも恥ずかしかったです。
こんな風に、目の前のセラピストさんに呼ばれたいなと思いました。

セラピストとして身体に触れる方達には、ぜひ体感して頂きたいワークでした!
実際に触れることだけが、施術ではないですね。
緩むかめおかさんを触って確認(笑)
ゆるむ、は、ゆるす、ことにつながるそうですよ。

ゆるんではじめて、スペースができ、話も聴けますよね。

午前の部を終えての感想では、
・気持ち良かった!でもなぜこれが聴くにつながるのでしょうか?
・身体の中の「水」を感じました!
・仕事で「聴く」ことを傾聴することだと思っていましたが、まだまだ頭で「聴い」ていたなと思いました。
・人間って身体全体で触れ合うことがこんなにもここちよいのですね!

などなど。
ハテナ?が飛ぶ質問も。

午後は
イメージすることで実際に身体が変わること。
聴くことと表現することの両輪。
無理しないことを自分に許す。

そして、調和の中で抑えぎみな自己表現も楽しんでみる!
みなさんいい笑顔です!
お祭り中ではありませんよ〜
身体の声を聴く、ワークです〜(笑)

誰も人をコントロールしないハーモニーは美しく、
間違えちゃいけない注意深さの先にある結果と、
間違えてもいい楽しんだ先の結果は、答えが同じでも自分が違う、ことを自分たちの身体で感じてみる事。
場を感じると必要なものが必ず出てくる。

そんなワークでした!
みなさんの打ち合わせナシのこの場で産み出されるすべてが、本当に素晴らしかったです!

楽しかった!となによりの感想を多数頂いております。

人が人にできることは、信頼だけ。
そう伝えてくれるかめおかさんの次回の講座は、


がございます!
どうぞ味わいにいらしてくださいませ〜!