2016年2月18日木曜日

2/15 おかゆと糀で本物の甘酒を作ろう♪ 甘酒でのアレンジ料理講座 開催しまし た ★read the english blog below.

read the english blog below.

2月15日、関東地方で春一番が観測された翌日、前日とはうってかわって寒い日となりましたが、
秦さんのここちよい暮らしの知恵「おかゆと糀で本物の甘酒を作ろう」講座が行われました

こんにちは、産休から復活しました。スタッフの真理子です。
甘酒といえば、お正月のイメージが強いですが、
実は甘酒は夏の季語。
ビタミン、ミネラルが豊富なので、夏バテなど疲れたカラダにいいんです。
初詣で配られないとなかなか飲むチャンスがない甘酒、実は手作りできるって知ってました?
しかもお砂糖を加えないで、あの甘さ。
秦さんが持ってきてくださった手作りの甘酒を味見した参加者のみなさんは、その甘さにびっくり!

講座では、甘酒の作り方に触れた後、甘酒を使ったシャーベット、回鍋肉風の炒め物を作り、
みんなで食卓を囲みました。
甘酒って飲むだけじゃないんだ!こんな料理に使えるんだ!とここでもびっくり。

また、講座のあと、自分で甘酒作りができるように、糀のお土産付き。
私も帰宅して、さっそく甘酒作りにチャレンジ。
おいしくできあがりました♪


子供を抱っこ、おんぶしながら作業します

キャベツと厚揚げに調味料、甘酒を加えて回鍋肉に!



みんなでいただきます!


回鍋肉(double cooked pork)、甘酒クッキー(amazake cookies)、三五八漬(Tsukemono(Japanese pickles))
デザートに甘酒シャーベット(amazake sherbet)をいただきました

------------参加された皆さんの感想です------------------------------------------------------------


●3月の初節句でぜひ作ってみようと思いました。シャーベットもあんなに甘くてびっくりしました

●Umiのいえに来るまで、甘酒なんて興味もなかったので、どうやって作るのか、何が原料なのかもよくわかってなかったので、今日色々学ぶことができて良かった。何より甘酒の美味しさを知る事ができたのが一番の収穫でした

●こんなおいしい甘酒は初体験で感動でした。お料理やお菓子に活用して行きたいと思います。
クッキーやシャーベットは子どももとっても喜びそうな味でした。初めての参加でしたが、こどもたちとワイワイお料理、楽しく気分転換になりました

●普段はあまり甘酒を飲む機会がなく苦手なイメージでしたが、甘いし飲みやすそうで色々な料理にも使えて好きになりました。がんばって使ってたいと思います。これから大きくなる息子に甘酒シャーベットを夏のおやつにしたいです♪

●キャベツと厚揚げ・・・(ふだんは)あまり食べない娘がパクパク食べていたのは味噌と甘酒をまぜた味が気に入ったからのようです。甘酒はお砂糖を使わずとても甘かったので感激でした。
糀、本当香りも味もいいです。シャーベットも夏にチャレンジしたいと思います

●自然で優しい甘酒に感激しました。甘酒は甘すぎて嫌いだったけど、これはとてもおいしかったです。これから暑くなるので甘酒シャーベットを作って食べたいと思います。

●砂糖がないのに、とっても甘いシャーベットが本当においしかったです。甘酒ひとつでおやつから漬物からおかずまで(甘いものからしょっぱいものまで)作れて幅広くたのしめるなと思いました。
もう少し子どもが大きくなったら、おやつとして、作ってみたいと思います

●甘酒とってもやさしい味でおいしかったです。早速作って料理にとり入れたいと思います。



次回、秦さんのここちよい暮らしの知恵講座は味噌作り→予約はこちら
こちらも糀を使って、味噌を手作りします。お楽しみに!



Hata-san's wasyoku cooking course
-wisdom for a comfortable life-  
I took a cooking course with my breastfeeding baby at Umi no Ie , which is a home for parents with babies and kids.  
Today's main thing is amazake , a sweet drink made from fermented rice.  
12 mom-and-baby couples joined today.
First , we tried drinking amazake made by Hata-San.
"So sweet!!!"  
Everybody exclaimed.
Amazake was very sweet but surprisingly there was no sugar in it. An amazing fermentation power!  
Hata-san taught us some recipes using amazake as a sweetener.  
We participants prepared lunch together , chatting and cutting vegetables by taking turns. Some moms wore her baby in front using a sling ( Dakko ), others gave her baby a piggyback ( ONBU ) . Throughout the course , we can give our baby mother's milk or change diapers at any time.  
It was so much fun and
I could learn one of the Japanese traditional food culture with my breastfeeding baby. I'm looking forward to taking the next course.
Why don't you come and join us ?  
Regardless of your race , sex , religion , age , creed or social status , Umi no Ie always welcome anybody who is interested in Japanese culture especially on raising a child and relaxing.
( Etsuko )

0 件のコメント :

コメントを投稿