2016年3月23日水曜日

3/18 篠先生の「心とからだの体操」、「気質の勉強会」 開催しました!


こんにちは!スタッフさとみです。

3月18日は
茅ヶ崎の篠秀夫先生をお招きし、セラピスト向けの講座を開催しました。

午前中は【心とからだの自由を取り戻すための「心とからだの体操」】
午後は「気質とからだの勉強会」

という充実した一日でした!

セラピスト向け、というタイトルではあるけども、子育てにも通じることがたくさん。

午前の「心とからだの体操」では、
体が固まったり、ゆるむのを感じるワークいろいろ。

目を閉じて歩くと、自分の体がどうなるか体感したり、
木や石やフェルトを触ってみて、素材によって変わる体を感じたり。

(からだって、固いものを触ると固くなり、
やわらかいものを触るとやわらかくなるんですよ!)

先生の言葉のなかで、特に印象に残ったのは、

★理論は学べても、実践力はお金を出しても得られない。

★思い通りにならない環境でこそ、人間は変化する。

という言葉。

どれだけ施術法の勉強をしても、それで相手が緩むかは、別。
どれだけ子育ての本を読んでも、自分の子が良く育つのかは、これまた別。

大事なのは知識ではなくて、
実際に現場で使ってみて、理論どおりにいかないことを経験し、
その思い通りにならない現場で工夫すること。

子育てでつらい、苦しい、ということ、たくさんありますよね。
夫婦関係でも。

どうしてやってくれないの~!とか
今やりたいことができない、、、そんなことの連続。

その中できっとあなたの中の、
今まで使っていなかった部分が鍛えられているし、
自然と、いろんな工夫する力が育てられています。

仕事でも、育児でも、人間関係でも
思い通りにならない環境でこそ、
人は成長することができる。

与えられる知識・与えられる自由ではなく、


工夫のなかに生まれる知恵、自由が、そこにはあるのです。

そして、
ペアになって、さすってゆすって、皮膚に触れることの大事さも味わいました。
他人との人間関係で、体が固まってしまうことが多いけれども、
その体をゆるめるのも、また、ほかの人の手。

セルフケアもよいけれど、
他のひとにからだを預けきっているほうが、やっぱり、深くゆるみます。


午後は、「気質」(多血・胆汁・憂鬱・粘液)について教わりました。

気質とは、春夏秋冬のように、めぐっていくもの。
それぞれに優劣はないけれども、特性があるもの。

気質としての憂鬱質は、(言葉の感じからも)良くないものと思われがちだけれども、
生存本能として、危険察知に優れた、なくてはならない大事な働き。
憂鬱質のいない集団は、ブレーキのない車のようなものなんです。危ない!

そして、子育て中の母親は、人生のスパンの中では最も「憂鬱質」が強く出る時期。

赤ちゃんが生まれてから、心配性になったひと、
夫や実家に、何かと「心配しすぎ」と言われて
傷ついたことのある人もいるでしょう。

野生では、赤ちゃんと授乳期の母親は、一番食べられやすい存在。
だから、この時期の女性が、危険に敏感になり、ナーバスになるのは、
いきものとして、至極当然なのですよ。

「マイナスなことを考える私が悪い」のではなくて、
「今の私は、危険を察する感性が発達しているんだ」
と捉え直してみるのもよいかもしれません。

それぞれの気質が、お互いを尊重し、存在するために
違う気質のことを知っておくと、衝突しないですみそうです。

こころとからだのあり方を、ふかーく感じる一日でした。


●ご感想より●
いつも篠先生のブログを拝見してますが、やっぱり篠先生の伝えてくれる気質のお話、好きです!

自然の中にいたい人ですから、気質を自然界や季節を例えた話は
感覚的にからだの中に入ってきます。
それも午前中のからだのワークがあって緩んでるからなおさらなのかなと思います。

あぁ、自分これでいいんだ。って腑に落ちるし、
自分自身に共感出来るので相手にも共感しやすくなります。

この気質(役割)をからだで納得できたらもっと楽になれる、
世の中優しくなれるんじゃないかなぁと思いました。

理論はネットや本で学べても実際のところは現場で学ぶしかない。
気を負わず、今日のを生かしていきたいと思います。
ありがとうございました!


★子連れOKの篠秀夫先生講座★
5月26日(木)「シュタイナーの気質のお話し会」
6月30日(木)「言うことを聞かない子どもに困っているママのためのお話し会」

★お手当てを学んでみたいな~という人は★
・毎月開催 家庭でできるお手当て講座(4/7木、21木 5/6金、13金
和の頭蓋仙骨療法セミナー

★たまには人に体を預けて、じっくりセラピーを受けたいな…という方は★
子連れOKの個人セッションいろいろ
・ヘナトリートメント
・クラニオセイクラルセラピー
・アーユルヴェーダオイルトリートメント
ぜひ、Umiのいえに子連れでどうぞ!講座後に受けていくのもおすすめですよ。

0 件のコメント :

コメントを投稿