2016年4月9日土曜日

4/8「『聴く』を磨く」を磨く。マイヒストリーの会が開催されました。

過去を全肯定する。
それは自分への果てしないギフト、ではないでしょうか。
スタッフ水嶋舞子です。





4/8、umiのいえで、初
「マイヒストリーの会」
が開催されました。

「『聴く』を磨く」講座の仲間を中心に、都内でつづけられてきた会なのですが、

この度、ありがたくもumiのいえでも開催させて頂くこととなりました!

隣の人は何する人ぞ。
同じ時を過ごし、同じ釜の飯を食い、未来への想いを語り合う。
そんな仲だとしても。

その人はどんな風に育ち、
その中で何を感じ、
何を選択し、
何に迷い、
何を悔い、
どんな喜びに満たされたのか。

ひと言も口を挟まず90分、
ただただ聴かせて頂きます。

ええ!
聴かせて頂きました!
聴いてみたかったのです。

いいもわるいもなく。
自分のなかに湧き上がるものはただ身の内で感じながら、

目の前の語り手の話を、
身振り手振りで伝わるその人そのものを。

震えるような想いの根源にふれる旅のようで。

はじめ、
90分、と聞いて
長いと感じるかな。と思ったのですが、
とんでもない。

短かかったです。

人の人生は、90分で語り終えるものなどではない、
と、そんな当たり前のような事が、
聴くまでわかってなかったです。

講演会じゃない。
その人から何かを学びに参加するのではない。

そして、
その人は、悩めるクライアントさんでもない。

この、
「生きてきた道」
の聴き方は、
「聴く」ことでの寄り添いとは?を
とてもわかりやすく体感させてくれました。

以下、かめおかゆみこさんのメールマガジンより。

☆☆☆☆☆

会のあとは、集合写真を
撮って、フェイスブック
にアップするのですが、

いつも、その場に参加さ
れていなかったかたから、

「みなさん、いい表情を
 されていますね」

と、コメントが入ります。

本気で、自分の半生を
語るひとと、本気で聴く
ひとがつむぎあげる
90分のエネルギーが、

その場にいないひとにも、
伝わるのかもしれません。


本気で本音で語る話の
なかには、振り返るのが
つらい過去もあります。

「若気のいたり」と
言わざるを得ない内容も、
ときにはあります。

それでも、
それらすべてを引っくる
めて、聴いたあとに、

そのひとをいとおしく
感じる気持ちが生まれる
のは、なぜなのでしょう。


「聴く」ことをとおして、
私たちは、語るそのひと
の存在まるごとを、

受け止めているのかも
しれません。

そのように生きるしか
できなかった、
ひとりのひとの魂を、

見えざる手で、抱きしめ
ているのかもしれません。


☆☆☆☆☆

次回のマイヒストリーの語り手は再び女将麻紀子。
5/28(土)10:00〜です!

お子様連れ不可ですが、どなたでもご参加頂けます。
お申し込みはこちら

会のベースとなっております、
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」連続講座は
4/28より隔週木曜日10:00〜12:30よりスタートします!
お申し込みはこちら

4/21(木)10:00〜12:30には
「『聴く』を磨く」体験講座がございますので、まずはどうぞ体感くださいませ!
お申し込みはこちら

※連続講座には振替がございます。
すべてのご都合がつかなくてもどうぞお心のまま、ご参加くださいませ。

かめおかゆみこさんのメールマガジンへのご登録はこちらからどうぞ!

0 件のコメント :

コメントを投稿