2016年4月26日火曜日

おんぶ それは 無限に広がる親子の世界  ★read the English blog below.


おんぶして観える世界がありました。
父のあったかい背、
母の髪の香り、
ご飯を炊くにおい、
洗濯物のゆらめき
うつらうつらと聴こえてくる歌

お腹はいつもあたたかく、
背中はいつも包まれて
この上ない安心に、とろけるように眠ったことでしょう。

そして、私も親になり
家族の人生を背負っていく。
背負うとしっかり立つしかなくて、
子どものおかげで地に足がつくのです。


かつて、おんぶしながら手仕事をしてきた女性たちのように、
この平成の子育てにも、「おんぶ」の文化を繋いでいきたいと思います。

~2015.11.3 「おんぶシンポジウム」より~





上映したスライドショーが完成しました。

ぴったりくっつく心地よさと温もり。
安心して頼り、寄りかかることのできる自分の場所
肩越しに見えるドラマチックな世界は
赤ちゃんにとって最高のプレゼントだと思います。


今だからこそ伝えたい。
 「おんぶ」 

日本人は昔から、おんぶで子育てをしてきました。
 向き合うのではなく、同じ方向を見る。
 背中を通じて、親のやることや見えるものを共有できるおんぶ。

核家族化が進み、密室化しがちな子育て環境において、
視野を広く高く保つことができるおんぶは、
子育て生活を楽しむ大きな助けになります。

また、おんぶひもや兵児帯など、布一枚を自分と子どものからだに合わせてフィットさせるおんぶは、独特の一体感を生み、身体感覚を育て、母と子どもそれぞれの背中や肩、腰への負担も軽減することができます。


Umiのいえは ここちよい抱っことおんぶを応援します。






編集:佐藤亜衣 夏井英子

写真:江連麻紀・齋藤麻紀子 
    他 皆さんにご提供いただきました。 
    ご協力くださった皆様、ありがとうございました。






There is a world you see, cradled on one’s back.
The father’s big warm shoulders,
The subtle scent of the mother’s hair,
The sweet smell of steaming rice,
The shadow of the laundry dancing on the lawn,
The quiet chanting you hear, as you slip into your peaceful dreams.
Your belly so warm being carried on one’s back, always wrapped with love. Feeling so safe and peacefully dozing off.
Soon, I became a parent, cradling my children on my back. I had to keep sturdy to not stumble carrying such a load. At last I truly felt the mother earth, under my bare feet.
Just like once, when the ladies did their hand work with their children on their backs, the culture of “Onbu” is needed in our modern life.


~2015.3.11 from the “Onbu Symposium”~
The slide show that was shown last year on the November 3rd “The second Onbu Symposium” is complete.
The calming warmth to just be with someone. Feeling safe and finding your true place, looking beyond one’s shoulder to the fascinating world. A big adventure for your precious newborn!
Onbu” is needed in the modern world
Japanese people have always raised children with the culture of “Onbu”. Not facing the baby but looking at the same direction, sharing the wisdom and knowledge with the newcomer to the world.
For modern day children raised in a nuclear family, “Onbu” is a way of looking at the world from a wider and a higher view. Feeling calm and loved at the same time.
Onbuhimo(A traditional Japanese baby carrier)and Hecoobi(A traditional Japanese baby wrap)could help light the burden of both baby, and parents’ back, shoulder, and hip.
The house of Umi supports comfortable baby carrying and “Onbu”.


 

0 件のコメント :

コメントを投稿