2016年6月14日火曜日

5/26.6/9.かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」連続講座、全六回中、三回目、四回目が終了しました!

こんにちは
スタッフまいこです。
あっという間に!
六回講座の、三回目、四回目が終わってしまいました!

どの回も、とても楽しいです。
ので、なんだか終わってしまうのが寂しい!なんてお声も。

うふふ。
安心してくださいね~
聴くを磨く講座には、卒業生があつまる「フォローアップ講座」が、定期的にありますから~!
さてさて、なぜか講座の前になると、講座内で活かせるようなネタが、日常で起こる・・・なんて話もある聴くを磨く講座。

それがどんなに大変なことだとしても、
受け止めてもらえる場があると、「そう来たか・・・」なんて少し外から眺める余裕ができたり。

おもしろいです。

もし自分の中に、
自分を疑う、
自分じゃないものがたくさんになってしまったら。

その自分じゃないものが、自分のことを、
「ひととしてどうなの」とか、
「まちがっているんじゃないの?」とか、
「ほんとうに?」なんて言い出したら。

「見える化」するといいそうです。

まず、身体で感じて出してみる。

出てきたそれがあっているとか、まちがっているとか、妄想?だとか。
そんなジャッジは、置いといて。

身動きが取れないとき。
進めないとき。

身体から出してみるってことは、
「選択してみる」ことと同じで、

選択してみると、
違うな、とか、
そうそう!とか、見えてくる。
誰かの手を借りて。
まずは身体をゆるめて。
知らず知らずのうちに、力のはいった身体をほぐして。
やってほしいことを、やって欲しい。といってみるワーク。
誰かは、歌を歌ってほしい と言い、
他の誰かは、わたしを撫でて、と言う。
感じるものを、出してみる。
言葉を使わないで語り、それを聴いてみたり。
ワークは盛りだくさんですよ~!

自分のなかの罪悪感や、ネガティブなものにどう対応していくのか。など。
(反応ではないですよ!対応です)


感情にいいもわるいもなく、
ネガティブな出来事があるのではなく、
ネガティブにとらえる自分がいる、という前提で
まずは一度、きいてみる。

「心が動く」
ことのなかに、
喜びも悲しみも、怒りも、すべてがあって、

どれか一つだけを感じないようにすることはできず・・・

どれか一つを抑え始めたら、すべてが静かになっていく・・・


不思議な身体と心と、魂と。

人間っておもしろい。

学校では教わらない、
不思議な授業(?)をいたしますよ~!


後日決まり次第お知らせさせて頂きますが、
九月に別室保育付き、聴くを磨く体験講座を開催いたしまーす!
初の子連れ可の、体験講座となります!

二の足を踏んでいた皆さん、おたのしみに~!



かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」連続講座は、
9/15より隔週木曜日10:00〜
第6期が開催されます!
ぜひご参加くださいませ

お申し込みはこちら

まずは体験講座から!
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」体験講座
6/16.7/14.9/1

お申し込みはこちら

7/28は、唯一の子連れOKワークショップ!
こどもの表現ワーク!

大人も子どもも、
一緒に表現の世界にいざ!

お申し込みはこちら

0 件のコメント :

コメントを投稿