2016年6月2日木曜日

6/1 小児科医 堀内勁先生のお話会「おっぱいとごはん、子どもの力と親子の育ち」  ★read the English blog below.



















季節に一度のお楽しみ、小児科医 堀内勁先生先生のお話会。
私のメモから少しシェアさせていただきますね。

「じーじー」って、おもちゃを先生に差し出してくる子たち。
わいわいにぎやかな中で、お母さん一人一人の気持ちに耳を傾けて、
ゆるやかなコメントをしてくださる堀内先生。
お優しくて、とっても愉快。
毎回勉強させていただいてます。
(齋藤麻紀子)


トントンしていたら眠る子、
おっぱいで眠る子
抱っこしていれば眠るがおろすと起きる子
3人いれば3人違う
良い悪いじゃない。
「そういう親子」ということだよ。

赤ちゃんはみんな、お腹の中に帰りたいもの
抱っこされておっぱいをもらうとき、
お母さんの腕の中が子宮の中にいるようで安心する
その感覚を何度も何度もくりかえし、
ようやくお腹の中にいた自分と外の自分が繋がってくる

こどもとお母さんがくっついていると
リズムがあってくるでしょう
同調の世界が安心の世界 

合わせようと思っていては合わない
くっついて安らいでいれば、自然とあってくる

赤ちゃんはやれることしかやらないです
やれることしか、やらない
つまり、やれるのならやらせてあげたらいい


夏の水分補給? 
おっぱいがあるのなら、おっぱいこそ最高のイオン飲料 


離乳食とはミルク育児用のプラン
離乳食といわず補間食といいます。
お母さんが食べているもの中から、赤ちゃんが食べられそうなものをあげたらいいんです



分離不安
人間は誰でも、大切な人を取られてしまうと
なんとかして気をひかなくちゃと知恵がでてくるものです



ーーーーーーーーーーーーーーー
次回のお話会は9月7日です。

6/1 Let's ask and listen to Pediatrician Dr. Horiuchi! 
"The breast and food, the ability of babies and maturity of a parent and child"

Dr. Horiuch  is an experienced pediatrician who gives useful advice to mons with babies, children, adolescents and young adults and adults. He is such a calm, thoughtful doctor that everybody in the room got involved in his answering the questions in a warm atmosphere. He is so nice that he could gave some advice to each mom who has worries and troubles about childcare before and after the gathering.

This time he talked about
 -merits of breastfeeding 
 -baby food 
 -baby's sleep and mon's health
 -baby's ability
 -baby's feeling when s/he is sucking mother's milk
 -how to refresh 
 -baby's poo
 -baby's anxiety to apart from mom
 etc.

Also "Okami"( the hostess of Umi no i.e.) Makiko san joined the gathering as a facilitator. She has raised three children, who are now at the age of 26, 24 and 21, so she told us her experiences of the childcare. 

After the gathering, Makiko san treated us to homemade Miso soup. It was so good. 

Thanks to Dr. Horiuchi and Makiko san, we participants released the difficulty and got energetic!
The next gathering will be held on September 7th.
(Etsuko)


0 件のコメント :

コメントを投稿