2016年7月12日火曜日

6/23「『聴く』を磨く」連続講座第5回目。わたしたちは声なき声、音なき音を聴くことができる。(7/7に六回目も終了しております!)

対話と会話。
「違い」をどう扱うのか。
そんな回になりました。
スタッフまいこです。

わたしたちは、「違い」で「人」を切りがちな気がします。
でも、かめさんは、伝えてくれます。
違いがあったとして、決別するのは
「事柄」であって、「そのひとと」ではない。
という事。

「言葉」だけを聴くのではない、こと。

「対立」するとき、それはその人のことを「知らない」こと。

孤独が生きていく力を失わせること。

「会話」だけでは息苦しくなったりしませんか?
でも、そう感じているのは、
「あなただけ」ではないのかもしれない。

「聴きあえる」こと

さあいざ!かめおかワールドへ!
未来をつくるのは、表にでている誰かではなく、わたしたちひとりひとり。

7/7にて「『聴く』を磨く」連続講座、第五期は無事終了いたしました!
が、どの回もお伝えしたい事が満載で、最終回はまた別の記事で書かせて頂きます。
まずは五回目の様子から!

ここに来るのが楽しみで。
みんなの話を聴くのが嬉しくて。
そんなシェアタイム、「good&new」から講座ははじまります。

聴いてくれる人がいると、人は話せるようになる。

講座が進むほど、
どんどん「good&new」が長くなるのはご愛敬といったところでしょうか(笑)

視覚優位
聴覚優位
体感覚優位

その「感覚」を知っていますか?

そして自分はどの感覚が優位なのか?
自分を知っていますか?

目の前の、その人は?

自分なりに一生懸命伝えているつもりだったけれど、
もしかしたら抜けているものがあったのかもしれない。

その感覚を、
伝えてみるようにしてみたら?
受け取るようにしてみたら?

聴き方はどう変わるだろう。
伝え方はどう変わるだろう。

わたしたちのコミュニケーションは、どう変わるだろう?

そんなワークをやりました。
誰にでもできることです。
「子供のころの話を聴く」ワーク。

でもほんの少し、かめおかさんがアドバイスするだけで、

そのひとの過去が、目の前の人とつながって。
親近感が変わって。

この人はいま、何を感じているのかな。
と想いを馳せれるようになる。

地球上のみ~んなと仲良くはなれないのかもしれないけれど、
隣にいるその人を近しいと、愛しいと感じられること。

「聴く」ことで、ほんの何分かで、
世界は形を変えていく。
その不思議!


他にも、
お話をお団子にしてしまうことで、人生がいい意味でも悪い意味でもドラマティックになること。
そのお団子とは、事実、考え、感情、のお団子だそう。

ついつい、ショックなことがあると妄想族になってしまうわたしたち(笑)

こう思われている、かも?とか(考え)
会社として、とか、学校として、とか、(それは具体的に誰?)
嬉しい悲しい。

舞台の上のスポットライトですね。

事実は以外とシンプルで、
気づけばそのスポットライトから出ることも、できますね。

過去や未来から心配事やできなかったパターンを引っ張ってきて、
ことさら「自分」いじめをする必要も、ないですよね。
(お好きでしたら、もちろんご自由にどうぞ!ですが)

「違い」がある時、
そのお団子に振り回されていると、
相手が見えなくなりますし、事実もわかりにくくなってしまう。

批判し合ってみたり、
感情をぶつけ合ってみたり。

う~ん、家庭内で、ひじょうに心当たりがあります…
はははははは



切り分けることで、客観的になれることもありますね。



《感想》
・自分の持っている感覚を知ることができた。
人とこんなにも違うのか!
事実、感情、考えを切り分けると大きなもやもやが小さくなって俯瞰できた
書き出すのもいいなぁ。
丁寧にやっていきたい。

・わたし感覚でしか話してないなぁ。
いままでの五回で、
話せる場がここだけではなく身近にも増えてきた。
その場で事実、感情、考えを、感じていきたいな

・ママ友との会話、感情になりがちだった。
これ対話じゃないな、孤独感を埋めるためだったかも…
ただ時間だけが過ぎていく
自分の空虚を、満たしたい。

・自分が感じていることは、自分だけが世界で唯一感じている、という訳じゃないのかも。と気が付けた。対話によって、あちら側、こちら側、と感じてしまう隔たりを超えられるんだ…

・聴き方の引き出しを増やす
それがわかってきた気がする
すごく深刻で大事な話を、大事な人から聴いてるとき、ただいるだけでいい…って思ってきたけれど、
そこまでの話じゃないとき。
もう少しその人が話しやすくなる聴き方があるんだなってことがわかってきた。

・いままではスキルだった。
リアルにその場に行っているような生き生きとしたもの、を感じながら聴けるようになった。
事実の大切さ。
非言語的な聴き方がどれだけ人に伝えるものがあるのか、という。

・足りないものを補うと、ものすごい臨場感。
人の伝え方、伝わり方は、こんなほんの少しのことで、こんなにも変わるのですね

------------------------------

さてさて!
そんな連続講座は、9/15からはじまりますよ!第六期です!
体験講座は7/14。

夏休み前に!
そして夏休み後から!

一緒に「聴き」ましょうー!



かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」連続講座
9/15より隔週木曜日10:00〜

お申し込みはこちら



まずは体験講座から!
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」体験講座
7/14
.9/1
満席9/8子連れ参加OK!
10/6子連れ参加OK!
10/20

お申し込みはこちら



7/28は、唯一の子連れOKワークショップ!
こどもの表現ワーク!

大人も子どもも、
一緒に表現の世界にいざ!

お申し込みはこちら

0 件のコメント :

コメントを投稿