2016年8月29日月曜日

8/29 夏の終わり ベリーダンスクラス 

大きく吸って丁寧に吐く。
身体の輪郭を包むように撫でる。
fuminaさんのベリーダンスクラスの始まりは静か。
徐々に腰を揺らしたりまわしたり、ステップを踏んで踊っているうちに身体の左右が整って、軸ができてくる。音も気持ちよくて、余分なものが振るい落とせていく感じです。
いい汗流してとっても楽しいの。
Umiのいえは畳の上でのレッスンなので、赤ちゃんもごろごろ、そばにいられて安心です。妊婦さんも参加くださいました。レッスン後には、お腹の形がふっくら存在感が増しました。

一美さんのパステル曼荼羅会


大人の事情はいろいろよね。
人のため、家族のためにつくしてぼろぼろになって、頂点に達してようやく、自分の心に着地する。
無になって色遊びしていると、
子どものころに浮かんでいたお花を描いてるみたい。
第4金曜日他
ご要望のあるときに「筆文字アート」「パステル曼荼羅会」ぼちぼち開催中。
https://coubic.com/uminoie/277426







2016年8月28日日曜日

8/23 食育特別講座「残暑を乗り切る!夏のちらしずし&夏レシピの会」開催しました!★read the English Blog below


毎月満員御礼!美保先生の食育特別講座、今回はハイハイの赤ちゃんから幼稚園児までの元気いっぱいに動き回る子どもたちがたくさん参加!わいわい楽しく開催されました。

美保先生のレシピは、簡単!&野菜がたっぷり取れる!だから大人気。しかも今回のレシピは、超スピーディーにできちゃいました。12時前には調理が終了。つまり、約1間でデザートを含めた5品が完成したことに。これには一同感激!!


早く完成した分、いつもよりゆっくりたくさんおしゃべりできました。みなさん、楽しいことや苦しいことがあった夏だったようですが、たーくさん食べて、たーくさん笑って、体と心にエネルギーをチャージできたところで、今日の会はお開きになりました。


では、今日のメニューです。
1.夏のさっぱりちらしずし
具材に味をつけておくから、お米がベタッとならないし、子どもも食べやすい!


2.冷や汁
火を使わないから夏にぴったり。涼しくなれるお汁です。玄米茶を使うので、栄養も豊富です。


3.夏野菜の味噌煮
安定の美味しさで、説明の必要なし!
味噌味が食欲をそそります。


4.ニラとあおさの佃煮
常備菜としてすぐれもの!大量に料理しても、ぐっと凝縮されます。

5.豆乳杏仁
ビート糖や蜂蜜で甘さを出しているので、いつもながら上品で優しいお味のスイーツ。もちろん、子どもにも安心して食べさせられる嬉しいデザートです。



陽性の夏は、「酸味と水気を盛れ」というのだそうです。酸味や水気がある夏野菜は、紫外線にとても強く、特にウリ科の野菜は煮て食べると利尿効果があるそうです。夏の疲れが取れない人も、水太り気味の人も、元気な人も、ますます元気になれる夏野菜たっぷりのメニューでした!
(えつこ)

次回の特別講座は、
9/25(残席あり)・9/29「秋のおやつレシピの会」(29日は満席のためキャンセル待ち受付中)
10/25「重ね煮で作るハヤシライスの会」(満席のためキャンセル待ち受付中)


★8/23 Miho senseis Special food and nutrition education program based on yin and yang cooking

Summer Chirashi sushi & summer vegetables recipes.

Based on yin yang cooking, it is said that eating sour and juicy foods is of utmost importance in summer. They say that eating summer vegetables is the best way to protect ourselves from the sun. Also, plants of the family Cucurbitaceae is said to have a diuretic effect. 


Today Miho-sensei taught us 5 recipes using a lot of summer vegetables. 


We participants prepared lunch together, chatting and cutting vegetables by taking turns. Some moms wore her baby in front using a sling ( Dakko ), others gave her baby a piggyback ( ONBU ) . Throughout the course , we can give our baby mother's milk or change diapers at any time.  

We cooked today's menus before moon. It means it took only an hour to complete 5 dishes! So fast!! 
I had a great time with my one-year-old son in eating nice foods and talking with the other moms. 

Here are today's menus:
1.A refreshing "Chirashi sushi" for summer.
2.Hiyajiru; a watery and chilled soup. 
3.summer vegetables cooked in miso
4.A leek and sea lettuce "tsukudani"; preserved food boiled down in soy sauce.
5.Soy sauce "annin", a Chinese jelly dessert made from soy sauce.
( Etsuko) 

2016年8月25日木曜日

スローな子育てお茶会食育編、8月開催終了〜

こんにちは
Umiのいえスタッフ、スローな子育てお茶会世話人もりみきです。

我が家の4歳次女がダウン症を持ってこの世に産まれ、いま私はUmiのいえスタッフをしてます。

さて、スロー子育てお茶会は、毎月お茶しながらお話お喋り。みんなでお昼も食べたりなんだりしております。

ところが、今月来月と、特別編を開催!
8月の講座(2回連続講座)が昨日終了しました!!

講師は、Umiのいえで食育連続講座をしている澤村みほ先生
スローな子育てお茶会向けに講座をして頂きました。


感想は…とても良かった!
食の事でこんなことやあんなこと、色々と頭の中が整理されたと同時に、食でこんなに健康になれるのだ!と自分にもやれそう、自信もつきました。

玄米を炒って、吸収よくするためにお粥に、そしてミキサーにかけて玄米クリームにします。
玄米クリームを飲んだお子様が「めっちゃおいしい!!」と連呼してました。

しかもみほ先生が教えて下さる
「陰陽調和料理」はとても簡単なの。


昨日はわたしも早速教えて頂いたレシピを応用して、お野菜たっぷりの夕食を作れました。



いつもだったら、この野菜をどう調理しよう…と悩んでワンパターンになりがちでしたが、少し改善して行けそうです♫
みほ先生ありがとうございます!!

9月も2回連続講座開催します!9/9(金)と9/27(火)です。
もちろん1回のみの受講も可能!

講座はランチ付(デザートも♡)
しかも身体に優しく美味しいですよ
是非、食を通して健康になれるこの講座を沢山の方に知って貰いたい!

昨日の講座ランチ♡

そしてデザートは芋ようかん♡



※講座の詳細とお申込はこちら※

2016年8月24日水曜日

藍は愛💛 みんなでわいわい藍染しました~~!!

こんにちは、スタッフの井田です。
今日は夏空!!ですね。
ここのところ、不安定な天気が多かったので暑いですけれど、こんな青空が気持ちよく感じます。

8/24(水)藍で染めてみよう~カンタン草木染め~ 
開催しました。
実はスタッフですが、この日をずっと待ち焦がれておりました。
お気に入りだけど、黄ばんでしまった白いコットンのブラウスを染めたい!!と思っていたのです。
今回は夏休みということもあり、お子さんたちも楽しんで参加してくれました。
また、布地をお持ちになって染めた布地で「お洋服を作ります!」という方もいらっしゃいましたよ。
お洋服が出来上がったら、お洋服を着てUmiのいえに遊びにいらしてほしいですね~~!

ナビゲーターの舞子さん、参加してくださったみなさん、ありがとうございました!
藍は愛💛ですね!!
またの開催をどうぞお楽しみに!!


担当の舞子さん。藍染のてぬぐいをヘアバンドにしてステキです!!


興味津々のこどもたち~~!
「少しくさ~~~い!」と言いながらも楽しそう!!!






お母さんと小学一年生のおねえちゃん。楽しそうですね!



染めあがった作品たち。
ストール、てぬぐい、タンクトップ、Tシャツ、ブラウスなどなど・・・・


Umiのいえスタッフたち~~
ご近所のとんかつ屋さんからいただいた「座布団カバー」を藍染しました!!
共同作業はお得意です(笑)






濃い藍と、薄めの藍の2色に染まりました~~。
Umiのいえが本当に「海」になりそう~~!
はやく使いたいです~~!

スタッフ井田の作品。
右:無印良品のコットンの白ブラウス
左::ユニクロのルーズTシャツ
我ながらと~~~ってもすてきに染まって感動です!!

2016年8月23日火曜日

8/23 「つきと星の会~流産・死産・幼い子を亡くした親の集い~」 開催いたしました

 こんにちは、スタッフの井田です。
8/23(火)二十四節気でいうところの「処暑」である本日に、
「つきと星の会~流産・死産・幼い子を亡くした親の集い~」 開催いたしました。
前回はいったいいつやったかしら??と思うくらいの久しぶりの開催となってしまったのですが・・・

今回は「赤ちゃんの死へのまなざし」の著者であり、ソーシャルワーカーの井上文子さん、
そして助産師の長谷川充子さんも加わっていただきました。

赤ちゃん、お子さんを亡くして2か月から11年・・・というみなさんに集まっていただけました。
こういう会に出るのははじめて、ましてやUmiのいえに来るのもはじめて、という方もいらっしゃいました。
Umiのいえに向かう途中から涙が止まらなかった・・・
そんな方もいらっしゃいました。

年月、年齢、理由、場所、悲しみはいろいろさまざまだけれど、「子どもを亡くした」という経験をしたということから、Umiのいえで出会い、気持ちを共有して、涙を流して、時には笑って・・・という時間を共有することができました。本当にあっという間の時間でした。

会の最後に助産師の長谷川さんがお話してくれた言葉を紹介させていただきます。
「お子さん、赤ちゃんは、今はいないかもしれないけれど、何かしらのメッセージを伝えてくれているし、残してくれています。「へその緒」というものはすごいもので。亡くなったお子さんのお誕生日を祝うのはお母さん、お父さんしかいないんです。それはお母さん、お父さんしかできないこと。だからずっとずっとお祝いしてくださいね!!」

そして、つき星の会の世話人として、思ったこと。
この会は本当に必要とされている会だということ。
年に1回、ではなくて季節に1回は開催しなくては。
開催を待っている方は、悲しいことだけど、たくさんいる。
そして、会には今すぐには行けないかもしれない。
でもここに会があることで、もしかしたらその存在だけでも
安らげる方がいるかもしれない。

ということで、まだ日程は未定ではありますが
秋から冬の間に次回の会を必ず開催します!!

会のはじめらから、最後までを見守っていてくれました。
ありがとう~~!!




嵐の後には青空がある。
それを知ってれば笑っていけるね。
みんなの悲しみ苦しみが、いつかいつか自分なりの青空になるといいね。
いや、なるよね。
今日の出会いにありがとう。
生まれてきてくれてありがとう。
お母さんはずっとあなたのお誕生日をお祝いするよ!!
これからも、ずっと、ずっと。
わたしがあなたに会える日まで。


Umiのいえは、母子と新しい命が集う場所。
だけれど、その一方で亡くなる命も集い、寄り添う場所でもありたい。
そう思うのです。
その時間と場所を提供してくれるUmiのいえ代表の齋藤麻紀子に感謝。
今日もありがとうございました。

スタッフ 井田正美 裕太の母 

2016年8月21日日曜日

8/21 男の重ね煮~陰陽調和料理の特別講座


本日は「男の重ね煮料理講座」を開催。

お父さんたちがお料理して、お母さんたちは別室でおしゃべりしながらくつろいで待ってました。

普段からお料理されてるお父さんから、包丁は持つことがないという方まで、ご参加いただきました。


トマトとイカの市販のルーを使わないカレーと、具沢山味噌汁と、重ね煮惣菜を乗せた冷奴と、米粉とお豆腐の白玉団子のフルーツあんみつを作りました。

そして、
大家族の食卓になりましたよ!


「仕事に行く身体は、通勤中も勤務中も、頑張ってますね。身体は緊張状態。
それをそのままほっておくと心身硬くなってしまいますよね。(陽性極まる)
なので、心身をほぐすものが欲しくなります。それが陰性のもの、例えば甘いものやお酒など。
人はそうやってバランスとってるんですよ。
マッサージとか、お風呂に入るとか、身体を緩めることも大切ですね〜」と、美保先生。


陰と陽のバランスをとって、中庸の食事、中庸の生活を心がけましょう、ということで、和やかに閉会。


お片づけもお父さんさんたちが積極的にしてくださって大助かり。コーヒーも入れてくれました。
お父さんたちはお仕事の情報交換もされていて、子どもも親たちもそれぞれにゆるゆる交流がありました。


次回は11月20日(日)
男の重ね煮 秋バージョン。
秋の旬の食材を使ってのお料理です。サンマの炊き込み御飯かも〜
お楽しみに!












2016年8月18日木曜日

Body Synergy Kids 9月から2クラスになります!

こんにちは。
Umiのいえスタッフ、えいこです。

3月からスタートしたBody Synergy Kids 。
大人気のため9月からクラスを増やして開催していただけることになりました!

満席で参加できなかった皆様も、
この機会にぜひぜひご参加ください!



「Body Synergy Kids」

親子で参加する遊びのクラスです。
ダンス、リズム遊び、劇遊びなど様々なアプローチを通して、
からだを思い切り使いながら、親子や周りの人たちとの健やかな関係を育みます。 

【日程】 毎月1回、日曜日

・9月4日
・10月2日
・11月6日
・12月4日

【時間】
①10:30~11:30 
②11:30〜12:30
※ご予約の際、お時間をお選びください。クラス内容は変わりません。

【対象年齢】1歳半~5歳 

【参加費】お子様お一人につき
■初回割引¥1,500
■1回 ¥2,500 
■5回チケット  ¥10,000 (無期限) 

【会場】Umiのいえ
http://www.uminoie.org/2016/ 
神奈川県横浜市西区岡野1-5-3 サンワビル4F 

【講師】
玉川さやか
玉川みなみ
松本武士

【お問い合わせ・ご予約】
bodysynergy.kids@gmail.com
090-2660-2251 (玉川)


親子で参加するクラスです。
子どもと一緒に思いっきり遊びましょう!

音楽にのせて体を動かしたり、
転がったり、ジャンプをしたり。
みんなで輪になってご挨拶をしたり。


一緒に英語も覚えちゃおう!

それぞれの子どものペースで楽しみ、チャレンジしていけるクラスです。

遊びの中で子どもと手をつないだりハグしたり!
お母さんも一緒に動いてカラダスッキリの時間に!!


布を使って遊んでみよう!
どんな動きができるかな?

 
音に合わせて自由にダンス!



紐に当たらずにくぐれるかな?


お母さんと一緒にジャンプ!
 

みんな大好き!
最後の大ジャンプ!

2016年8月16日火曜日

ふんわりすくすく赤ちゃん講座〜赤ちゃんとの生活、楽しんでいますか?〜

こんにちは、スタッフ夏井英子です。

加田洋子さんのふんわりすくすく赤ちゃん講座。

今回は妊婦さんがたくさん!
そしてこれからおばあちゃんになる方もご参加くださいました。

小さな赤ちゃんをみなさんで見守りながら、ゆったりと講座がスタートしました。
ふんわりとゆったりと。

抱き上げる様子。
柔らかく、丁寧に。
赤ちゃんたちは加田さんに抱っこされると嬉しそう。
加田さんといつもお話ししています。

 
赤ちゃんの発達は、辿る順番も進み具合もみんな違います。
他の子と比べずに、その子のペースを待って見守ってあげたいですね。

抱っこの仕方もひとつじゃなく、
それぞれの親子にとって、その時によって形は変わるものです。

ひとつにとらわれず。選択肢を持つように。
自分の心地よさ、体の声に耳を傾けること。
そして赤ちゃんの反応を見て、感じてあげることも大切ですね。

子育ては選択の連続。何を決め手にしますか?
誰が書いたかわからないネットのクチコミより、自分の感覚。

そして小さなことでも相談できる、顔の見える先生や先輩、仲間がいるといいですね。
私も、周りの人にとても助けられてきました。

子育てのこと、安心して話せる人はいますか?
頼れる人はいますか?それだけでぐっと心が楽になります。

加田さんのお話は、いつもお母さんたちに寄り添って、不安な心をほっとさせてくれます。

たくさんお話してくださるその内容から、その時に必要なものが残ります。

全部学んで覚えて帰ろう!!と思わずに。
頭に入れるというより、腑に落ちたこと、実感できたことが本当に必要なもの。

赤ちゃんとの生活は大変なこともたくさん。
でも幸せなこともたくさん。

大変なことが多すぎると、幸せなことが見えなくなっちゃいます。
そうなる前に来てくださいね。

その日に参加してくれた赤ちゃんの月齢や、お母さん一人一人の気になることに合わせてお話ししてくださいます。

まさに、今日から実践できることがたくさん!
赤ちゃんとの生活をより豊かに、そして赤ちゃんが健やかにすごせるヒントがたくさんあります。

赤ちゃんとの今しかない愛おしい時間を、楽しく味わいたいですね。
 



次回は、
8/20(土)10:30〜12:30
ふんわりすくすく赤ちゃん講座
~赤ちゃんを育てる毎日に役立ついろいろなことのお話~

ご予約はこちら

まだ残席あります。
ぜひご参加ください!!



〜そしてたくさんの感想をいただきました!一部ご紹介します。〜
 
とても良い経験させていただきました。
神経質になりがちな妊婦さんを安心させてあげれるように、アドバイスできたら良いなぁと思っています。ありがとうございました!

 
赤ちゃんの身体や発達の事などちゃんと知らないまま、不安と赤ちゃんを抱えて退院したなぁ〜ってあの頃を思い出しました。お話が納得出来る事ばかり!
ありがとうございました。

 
今日はいろいろと興味深いお話が聞けてよかったです。
抱っこについて深く知りたいと思っていたら、ちょうどこの講座のことを知りました。その他、今知りたいことがたくさん聞けました。産まれてからもまたお世話になれたらと思います。
ベビーマッサージも産後知りたいので教えていただきたいなと思っています。今後ともよろしくお願いします。

 
赤ちゃんの体の形や抱っこの仕方、なぜそれがベストなのか、分かりやすく学ぶことができました!
抱っこひもの種類もわかりやすく教えていただきありがとうございました。道具の特徴や仕組みを知って、今の子どもの体に向き合っていきたいです。

 
たくさんある抱っこ紐の中で、良い点や悪い点を実際に見ながら学べたのでよかったです。
子どもの成長を楽しみながら子育てしていきたいと思います。ありがとうございました。

初めて聞くことばかりで、すごく勉強になりました。
出産前に大事な話を聞くことができて本当に良かったと思いました。産まれてくる赤ちゃんと、今日学んだことを楽しく実践していけならと思います。


これまで赤ちゃんとの距離を感じていましたが、ほんの少し近くなりました。
こうした講座があることは、見守ってくれる人がいる気がしてありがたいことです。楽しかったです。ありがとうございました。



皆様、ありがとうございました!

2016年8月12日金曜日

8/2 いのちのいろいろを子どもに伝えよう〜みとちゃんセレクト ディック・ブルーナのバリアフリーを伝える絵本のお話会

ディック・ブルーナの絵本を通じていのちを語り合う会、初企画です。

みんなで円坐になり、
はじまりに、まず先日の相模原障害者施設殺傷事件で亡くなられた方々へ黙祷を致しました。
この件については、各々、言葉になりません。

しょうがいのある方とご家族が、
いつまでも、どこでも、どんなときも、安心して暮らせますように、
みんなで愛のある社会をつくっていこうと、こころ静かに祈りました。
















さて、
こどもがいつか出会うかもしれないさまざまな命のことを話しておかなくちゃ



ディック・ブルーナの絵本には
「個性」「しょうがい」「病気」「人種差別」「生」「死」などをテーマにした絵本があります。
とっても大切なことをシンプルに表現しています。


みんなと身体が違っていてもお友達になれるよ
車いすの子だって、お友達になれるし
肌の色が違っていても、お友達になれるよ

そんなお話を、絵本を通じて子どもへお話しできたらいいですよね。



まずは、一人一冊気になる絵本を選んで、5分間の読書タイム
そして、読んだ絵本の感想をもとに、一人一人自己紹介。

重度障害のある人のサポートをお仕事にされている方、
きょうだいに知的障がいのあるかた、
子どもをお空に見送ったかた、
こどもにしょうがいがあるかた、
絵本によるセラピーの活動をしている方などなど
仕事もプライベートもさまざまな背景の方々が集まりました。
 

★ゲストスピーカーはこのお二人























★水戸川真由美さん
Umiの集い【スローな子育てお茶会~病気・しょうがい・個性とともに~】のアドバイザー 
重度障害のあるお姉ちゃんと、真ん中のお姉ちゃんと、ダウン症のある息子さんの、3人のお子さんを育ててきたBig Mother.です。
ろってちゃんを通じた「こころのボーダーをなくそう」プロジェクトの取り組みをお話くださいました。


★棒田明子さん
絵本を通じて織りなす親子の世界について、いつもお話してくださる棒田さん。
「子どもたちは、絵本の世界と現実の世界を自由に行き来することができる。
絵本を通して、経験できないことを体験できる。
時代の行き来も、世界中の行き来もできる。
絵本の中に入って楽しむことができる。
お金のかからない、言葉の宝箱」と。
そして、ご自身がこどもの頃、近所にしょうがいのある子が住んでいて、
「小さい頃からよく遊んでいたから違和感がない、というか普通のこととして捉えてきました」と。
しょうがいの有無関係なく、小さい頃からみんな一緒にいることが、とても大切だとお話くださいました。


……最後にもう一度みんな1冊ずつ選んで、もう一度5分読書タイム

今度は「このページ、ぐっとくるね!」を選んで、そのページを見せあい、その思いを語ってもらいました。
みんなでそれぞれのストーリーや絵の「ぐっとくる」ところをシェアすると、自分では拾えなかったところを知り、なるほど〜と発見あり。
薄くてシンプルな絵本なのに奥が深い。
それぞれの人生が絵本を通して浮き上がるのもまた面白く、学び深い時間でした。


………こんなつぶやきが続きました 


どんな人とも、小さいときから一緒がいいね

直接、接してみればわかるのよ


知っているつもりだったけど、何も知らなかった。だからこそ、みんなにも知ってほしい……

「死」を扱う本はなかなかないよね

死んでも繋がってることをこの絵本をきっかけに話してあげられる……

病気になって入院するって、こういうこと、そうね、辛いことだけどポジティブにも受け取れるかもしれない


子供たちだけで交わり、子どもたちだけのほうが、あんがいうまくいく……

見た目が違う人に対して、怖いなあとか、一緒に遊びたくないなあと、まずはじめに思うのは、誰でもよくある感情……それでいいよね・・・

しょうがいって何だかわからなかった。知らないことが不安を生む。知ってみたら不安はなくなった。
知ることが一番大事だよね。