2016年8月9日火曜日

9/2 お母さんのための救急教室 開催します!

お祭りの戦利品たち

こんにちは。Umiのいえスタッフの亜衣です。
暑い暑い夏休み、皆さんいかがお過ごしですか??

海へ山へ家族でお出かけも多くあることだと思います。
お祭りは子どもも大人もみーんなワクワク楽しみですよね。

我が家もだーい好きです!!

そんなお祭りで、子ども達に大人気のキラキラ光るおもちゃ!
我が家も、もれなく人数分買います・・・。

キラキラ光るおもちゃ

そんな光るおもちゃ、ものによっては作りが弱くすぐ割れてしまったり、壊れてしまします。
(電池部分などが、ネジで固定されていないものは要注意です!)

そんな中で、事件が起きました。

お祭りも終わり、翌日には兄姉により適当に放置される光るおもちゃたち・・・・。

我が家の三番目 1歳4か月がどこからともなく出して遊んでいると、どこかにぶつけたのか、中が分解されて飛び出していました。

あら、危ぶないなあ・・・と片付けをしていて、ふと・・・・。部品が足りない・・・・ボタン電池がないことに気が付きました。
慌てて 子供の口の中に指を入れると、一つぽろっと出てきました!!
そして、近くに一つ落ちていました。
でもいくら探してももう一つがない。

そうです、ボタン電池を誤飲したかもしれない。。。

本人はいつもと変わらすケロッとニコニコ遊んでいます。

こっちが真っ青です。

そんなときに一番に浮かんだのは文江さんの顔
前回の「お母さんのための救命講座」で学んだことを・・・

まずは、子供の様子を確認・呼吸はできている、機嫌はよい。
吐き出す様子もない。
そして、飲み込んだかもしれない・・・
飲み込んでいる現場を見ていたらすぐに救急車を!となったと思いますが
まだ疑惑。。。

慌てずに、まずは♯7499 小児救急電話相談へ。

電話は少し混んでいてその間ドキドキ。
そして症状を話し救急車か車で大きな病院かの判断をしてもらいました。

結果、泉区の我が家から保土ヶ谷区の大き目な病院へ自分連れていくことへ。

その間も子供の様子は変わらず、機嫌よし。

病院に着いて、レントゲンを撮ると・・・・
やはり、飲み込んでいました。

誤飲から約1時間ちょっとすでに胃を通過して腸まで運ばれていたため、うんちで出てくるのを待つことになりました。(もし、のどや胃にある場合は内視鏡で取るそうです。)

そして、夜中に珍しくうんちをした中にボタン電池がありました。

翌日 受診をして問題なく終わりました。


子どもとの生活、毎日が予想の斜め行く展開が待ち受けていることがあります。
私もまさか、おもちゃが壊れてその中のボタン電池を食べてしまうとは思っていませんでした。
むしろ、首にかける紐のほうが危ないな・・・と思っていたくらい。

もしも・・・の時にどうしたら良いのか、慌てないためにも知識をもっておくこと、シュミレーションをしておくことはとても大切だと身をもって思いました。


前回のお母さんのための救急講座 受講していて本当によかったです。
淡々と話す電話越しの救急の方の対応にも理由がある(こちらがテンパらないように)と知っていたので、イライラしません笑

9/2 お母さんのための救急教室 
①お家でこんなときどうする?お話編
②こどもの心肺蘇生法実技編

どちらも申し込みはこちら https://coubic.com/uminoie/356920


今回はこんなときどうする??のみなさんからの質問形式の講座の予定です。


残りの夏休み、私と同じヒヤリ体験のないように、どうぞこんなこともあるんだな。
と知っていただいて、楽しい夏休みをお過ごしくださいませ。



0 件のコメント :

コメントを投稿