2016年9月25日日曜日

9/12 子育て支援者向け「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」開催いたしました。

こんにちは。
Umiのいえスタッフ、ベビーウェアリングコンシェルジュの夏井英子です。

9/12 子育て支援者向け「ふんわりすくふく赤ちゃん講座」
開催いたしました。

じっくりと学びの時間。
 
加田さんが伝えてくださる支援者という姿。

知識や技術が必要なのはもちろんのこと、
本当に大切なのは、支援者としての在り方。

受け止めること。
ジャッジをしないこと。
寄り添うこと。

ただ優しいだけではなく、
しっかりと応えてくれる心強さ。

話したり、笑ったり、泣いたりできる、
一緒に心をゆるめられる安心感。

そのためには、
自分という、“人”を豊かにすることが大切だということ。

どんな支援者でありたいか。
改めて振り返る時間となりました。
 

今回も助産師、保育士、産後ドゥーラ、
お母さんや赤ちゃんに関わるセラピストの方など、
たくさんの方にご参加いただきました。

講座では赤ちゃんの発達のこと、
変化しているお母さんたちの暮らしのこと、
そして抱っこと抱っこ紐のお話と体験もいたしました。

皆様、ありがとうございました。


〜今後の支援者向け講座の予定〜

◾︎11月3日(木・祝日)10:00〜13:00

◾︎12月20日(火)10:00〜13:00
(多少延長する場合があります。)
 



〜参加者さんからの感想です〜

抱っこの仕方を再発見しました。 
毎日の少しの動きが積み重なり、発達につながることをお伝えしたいです。 
腰ベルトタイプの抱っこ紐の正しい使い方がわかりやすかったです。 
布の優しい包み込む感じが抱っこしている方も負担が少なくおすすめしたいです。 

 
子育てからはだいぶ経っていますがなるほどと思うところが沢山ありました。 
抱っこやおんぶの練習も今後もしていきたいと思います。 
 
支援者として手伝えることは少ないという言葉など響く言葉がたくさんあり、
私のモチベーションもとてもあがりました。
何事もバランスなので大きな気持ちで寄り添えるように進んでいきたいです。 

 
スリング、兵児帯の使い方、自分の子育てのときにこのように学びたかったです。 
布の感触も心地よく、ぜひうまく使えるようになりママたちにもお伝えしたいと思います。 

 
今回のことを踏まえながら、お母さんにお伝えしていきたいと同時に
もっともっと勉強していきたいと思います。 

 
保育士としての視点とはまた違う視点で、赤ちゃんの発達やママへの
支援の持ち方に気づきをいただきました。 抱っことおんぶの実技も含め、
また様々な講座に参加させていただきたいと思います。 


たくさんのご感想、ありがとうございました!!
 

0 件のコメント :

コメントを投稿