2016年9月1日木曜日

うたのワークショップ 天地のうた〜ゆいの会〜

こんにちは、スタッフ麻衣です。

お盆も過ぎ、台風が幾つかやってきて、朝夕の風の中にやっと少し秋を感じられるかな?という今日この頃。

夏休み、皆さんいかがお過ごしでしたか?

私は祖父母の初盆だったので、数年ぶりに田舎に帰り、お墓まいりに行ってきました。

父の実家には、大きな大きなお仏壇があり、仏間の壁の上の方には、おじいちゃん、おばあちゃん、ひぃおじいちゃん、ひぃおばぁちゃん、そのまた上のおじいちゃんおばあちゃん…と、沢山のご先祖様達の写真が沢山あります。

子どもの頃は、なんとなく怖くて、その写真を直視する事も出来ず、仏間に1人で入る事も嫌だったけれど、今回やっと、1人ずつのお顔をしっかりと見ながら、「帰ってきました。いつもありがとうございます。」とご挨拶する事が出来ました。

ほとんど会ったこともないご先祖様たちだけど、この方々が居なければ今の私は無くて、この方々が今の私のように必死に子育てしていた時代があって、おじいちゃんおばあちゃん、父や母にも子どもだった頃があって、この家で笑って泣いて、沢山の日々を暮らしてきたんだなぁ…と思いを馳せました。

ご先祖様に祈る。

その大切さを教えてもらったから。

受け継がれてきた命に思いを馳せる。

その意味を学んだから。

『うたのワークショップ  天地のうた〜ゆいの会〜』では、歌うだけじゃない、沢山の学びがあります。

祈り、思いやり、1つ1つの所作に込められた意味、地球と身体のつながり、言霊や音霊の力…。

この講座でのたくさんの学びが、私の中で私なりのカタチになり、祈りや感謝と共にご先祖様に思いを馳せる時間をもらう事が出来ました。

たくさんのエッセンスが詰まったマリア先生のお話。そこからどんな学びがあるかは未知数ですが、きっとあなたなりの何かを持ち帰る事ができる、そんなオススメの講座です。












0 件のコメント :

コメントを投稿