2016年11月8日火曜日

11/7 かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座 四月七期開催に向けて…

人はなぜ「話を聴く」のでしょう?
それは、
「その人とつながりたい」からではないでしょうか。
決して、その人を「否定したい」からではないはず。

11月の聴くを磨く体験講座が終了しました~
スタッフまいこです。

今回はみなさま示し合わせたかのようにおそろいのカラーのお洋服でした~
そんなところににんまりしながらのスタートです。

体験講座のよいところは少人数なところ。
おいてけぼりにはしません。
「あなた」に寄り添います。

それぞれの「聴きたい」をもって集まったのですもの。
そんな「自分」を大切にする場です。

ゆるむ、は、ゆるす、こと。
語源は同じなのだそう。

ゆるんでいる身体とは?
まずはゆるんだかめさんをみんなで触れて体感します。

ちいさな動きがさざ波のように伝わる身体。
持ち上げたら、
地球に根を下したかのように重みを感じるのに、
触れて動かすと軽やかにやわらかに…

畳でのワークも、本当におススメです。
机にむかって椅子に座って、では味わえないものがあります。


無意識に様々なものを感じ取る、からだ。

ことばで説明できないけれど、感じているもの。
それは誰か特別な人が備えている特殊な能力なのではなく…

ひとが生きていてもっているもの。

連続講座に参加されている方も言っていました。
「わたしには感じる力はないと思っていました。
でも、とんとんとんとワークをやって、その感覚を言葉にして、
あ!わたし感じれている!って気づけました」

「聴く」ことは「言葉の意味」だけではないですよね。
「話す」こともまた、「言葉」だけが伝わるのではないですね。
言葉になりきれない感覚、ニュアンス、身体の動きや、隠している本音。

それを「スキル」で分析して聴くのではなく、

「身体」で、「感じる」ことで。

ではその感覚を使うには?

「概念」、「常識」、「しきたり」、「ふつうは」

を外してみましょう。

それは本来の自分の外側にあるもの、生きていくうちに身につけた後づけのものですね。
持っていてもいいのですが、いったん、置けるように。

能力開発ではありません。

ゆるむことで、「本来の感覚」が出てくることができる。それだけなんです。



つかむワーク。
つかまれている人は、逃げます。
つかんでいる人は、逃がしません。

ぎゅうぎゅう。ぐいぐい。
これだとお互いになんだか辛いです。

でも、
つかまれた腕にフォーカスせず、
あとは自由だと知ると?



寝転んだり、スキップしたり。
意外と身体は自由なんですよ!
(あれ!?いままで感じていた窮屈さは何だったのだろう!?)


恒例になりつつある座布団投げのワーク。

懐かしの修学旅行の開放感を味わおう、という訳ではなく…
(きゃあきゃあ盛り上がりはしますが)

こころの中で「誰かの悪意(と自分が感じるもの)」を避けるのも、
実際に身体で自分に投げられたお座布団を避けるのも、

同じなんですよ~

投げられたものを、目を閉じて怖がって避けてしまう?
「やったるわい!来いや~!」とちょっと目が三角になってアドレナリンがでちゃう?
こころのクセも、身体にでるんですよ~

その反対に、
身体から、こころを楽にすることも。

写真をご覧ください!
逃げ方もどこか、軽やかで楽しそうでしょう?


もし、いまのやり方が少し、自分にとって心地悪ければ。

自分の身体の声から、聴いてみませんか?


からだ、とは?
我々の存在そのもの。
ですね。

《感想》
純粋に。
しのごの言わず。
からだと向き合えました!

気持ちよかった。
ずっと水が揺れてる感じ。
旦那さんを少しゆらゆら揺らしてみようかな〜

体験でいろんなところが開きました。
消化した。
連続講座に参加したいです!




《体験講座、連続講座のお知らせ》

すべて10:00~12:30

まずは体験講座へ! 
12/2(金)
2017/1/13(金)子連れOK!
1/21(土)☆土日休みのみなさまお待たせしました!男性も歓迎!
2/21(火)
3/9(木)子連れOK!
4/18(火)連続講座直前!滑り込んでくださいね!

お申し込みはこちら

2017年4月スタート!
聴くを磨く連続講座 全六回 第七期
4/25、5/9、5/23、6/6、6/20、7/4(予備日7/18)
すべて火曜日10:00~12:30

お申し込みはこちら

日程だけでも手帳にチェックしておいてくださいね~



0 件のコメント :

コメントを投稿