2016年12月16日金曜日

かんたんおせち料理

参加者のえつこさんが素敵なブログを書いてくれました✨
12/16秦さんの「あっという間のおせち料理講座」
暖かい陽射しが子どもたちを包んでくれるかのような金曜日、満席!秦さんのお節料理講座が開催されました。
今日もたくさんのキッズと日本の食文化継承の担い手ママたちが集まり、ワイワイ楽しく秦さんから様々な知恵を伝授していただきました。
お節料理と言うと、なんだか敷居が高く感じちゃいますよね。でも、秦さんはそれをグーンっと下げてくれるんです。講座が終わった後は、「私でもできる!」「作ってみよう!」という気持ちにさせてくれます。これが秦さんマジック!!
秦さん曰く、
「おせちは願いをいただくもの」
「おせち料理は時間がかかる?そんなことないよ。鍋もたくさんないし、場所も限られてる。だから短時間勝負よ!私が作り始めるのは紅白が始まってから」
「今、作れるものがなくても、1年にひとつずつ増やしていけば、10年で10種類作れるようになるよ!」
今回のメニューは、
・こぶ巻き
・田作り
・だて巻き
・鰤焼き浸し
・りんごきんとん  
秦さんの講座を受ければ、一気に5種類も作れるようになっちゃいます!そしていつも通り、もったいない精神(余り物)できんぴらもできちゃいました。
秦さんのお料理講座のもうひとつのすごいところは、「我が家の味」の作り方を教えてくれること。分量通りに基本だけ押さえて、自分の口に合うように変えていけばいい。野菜は生きていて、同じ野菜でも状態によって違う。だから、当然、同じ料理でも調味料の量が変わってくる。調味料は、質のいいものを使えば素材の味を引き出せる!
つまり、素材を見る目を磨かないといけないのですね。味付けの味覚も。そんな視点で料理を考えてみると、子どもを見る目や感覚も鍛えられる気がしてきました。
秦さんの講座は、たくさんのことを考えるきっかけをくれます。んー、深いなぁ。
皆さんも秦さんワールド&マジックをぜひ体験してみてください。

12/16•17 Hata-san’s washoku cooking course ~wisdom for a comfortable life~

Let's make osechi!

Have you eaten osechi-ryori? 

Osechi-ryori are special dishes for the New Year holidays. Osechi-ryori were originally for housewives. Most dishes are cooked in order to be preserved for at least three days so women don't have to cook during that period. Various kinds of dishes are prepared and arranged artfully in a set of layered lacquer boxes.

Today most osechi is purchased at department stores, local supermarkets or even convenience stores! I believe, however, homemade osechi-ryori are the best of all. If you are interested in how to make osechi, I recommend you take Hata-san's cooking class.

Today some mom-and-baby couples enjoyed learning how to make 5 kinds of homemade osechi. During the class, we did onbu and dakko sometimes, changing diapers and gave a mother's milk to meet the needs of our babies and kids.


(Today's menu)
1.kobumaki: simmered konbu rolls
2.datemaki: omlet with fish
3.apple kinton: mashed sweet potato with apples
4.Saba yakibitashi: mackerels grilled and seasoned with ponzu.
5.tazukuri: candies dried sardines.

No artificial colors, additives and preservatives used!

Each dish and ingredient in osechi has some auspicious meanings which reflects people's wishes such as good health, good harvest, happiness, prosperity, long life and so on. 

Hats-san showed us a simple way to prepare osechi. They were delicious and healthy. Besides, it doesn't take time.

Why don't you experience Japanese traditional food culture, osech-ryori, at Umi no Ie?
(Etsuko)

次回の秦さんの心地よい暮らしの知恵講座は、1/22日曜日『キムチ作り&キムチ鍋を作ってみよう』です!
手作りキムチ、すっっっごく美味しいですよ~‼
https://coubic.com/uminoie/269829


0 件のコメント :

コメントを投稿