2016年1月30日土曜日

1/21 篠先生「言うことを聞かない子どもに困っているママのためのお話会」開催しました


こんにちは、スタッフさとみです。
1/21に開催した、篠先生の「言うことを聞かない子どもに困っているママのためのお話会」のご報告です。

まずは、ママたちの「うちの子、こんなときに困るんです…」の自己紹介からスタート。
参加者のお子さんは主に1~2歳。
兄弟がいる(またはこれから下のお子さんが生まれる)お子さんが多くいらっしゃいました。

スーパーで走ってしまう。
ギャー!と大声を出す。
上の子はいい子なのに、下の子は全然性格が違って戸惑う。

ああ、あるある、、、と皆さんに頷きが広がります。

篠先生から、最初に子どもの「生態」についてお話がありました。

 現代であっても、赤ちゃんは1万年前の原始人とほぼ変わらない生き物。
 原始人と同じ生き物が、社会性を獲得するまでの過程には、
 まずその年齢では「理解不可能なこと」がある、ということを知っておこう。無理なことは無理。
  諦めも大事。あきらめる、というのは、悪い意味ではなく、受け入れるということ。

 「やっていいこと/悪いこと(善悪)」が分かるのは、年長さんくらいから。
 それまでの子どもは、「やりたい/やりたくない」で生きている。
 この時期に「ダメ!」と言っても理解してくれません。


 また、年中さんくらいまでの子どもは、とにかく「お母さんにそばにいてほしい!」の一心です。
 「よい子」だったら、ママは子どもから離れる。
 「悪い子」だったら、ママは困って近くに来てくれる。
 さて、子どもだったら、どっちの手段を取ると思いますか?

 なので、子どもが困ったことをしたときだけ声を出してる親は要注意。
 まずはどんな態度のときでも、ちゃんと子どもに目をかけ、声をかけること。
 困ったことをしても、ワーワー怒らず、さらっと流す。
 放置するとは違います。困ったことは困ってると伝える。

  でも言葉で理解できる年ではないことは知っておく。
  取り合いするおもちゃを視界から消すだけで、別のものに興味を移すこともよくある。
 言葉でなく環境で変えるなどの工夫を。

 何かをして、迷惑をかけた本人(=例えば叩いた相手)から怒られるのはわかるけど、
 そこで突然母親から怒られても、子どもはその三角形の関係性が分からないのです。

 母親は子どもに安心を与える役割なので、
 子どもに規律、社会性を伝えるのは、父親や第三者のほうが向いている。
 何かご迷惑になることをしたら、子どもに直接注意してほしい、と周囲に頼んでおくのも効果的。
 そして母親は迷惑をかけてしまった周囲に謝る係り。

 子どもは、家族という小さな社会の中で、バランスを取ろうとする。
 家族の中に、ひとり「悪い子」がいると、他の兄弟が「いい子」になること、よくあります。
 なので、今「いい子」であったとしても、家族内のパワーバランスが変わったときに、
 我慢していたものが出て「悪い子」になることだってある。

 「いい子」ほど、ちゃんと見てあげてくださいね。 
 
他、身体の緊張と性格、食べ物との関係など、
様々なご相談にひとつひとつ、丁寧に答えてくださいました。

最後に、子どもたちと歌いながら体で遊んでみました。

緊張が強い子どもは、「リズムでゆるむ」そうですよ。

ママのゆらゆら列車で、みんなニコニコ!


篠先生のお話会、次回は3月24日(木)
テーマは、「ママも一緒に楽しめる室内遊び」です。お申込みはこちらから

参加者のご感想から★

●とてもためになるお話ばかりで、先生に釘づけでした。
「子どもは、ママにそばに来てほしいから悪いことをする」
という言葉が印象的でした。他にも、勉強になる言葉がたくさん聞けてよかったです。

●「まずは、どんな子どもかよく観察する」
兄弟、その子を良く見てなかった、押し付けをしていた、とはっとしました。
けんかもじっと見守っていこうと思います。
ガミガミ、プンプンしていましたが、少し余裕を持って過ごしていけそうです。

●「物語に触れる」というお話が、私には無い発想だったので、発見となりました。
特に、遊びと物語のつながりについてご説明頂き、腑に落ちました。

●子どもの生態を知る、ということ。
頭では「子どもは大人を小さくしたものではない」とわかっていても、
上の子に「これくらいできるでしょ」と思い、イライラしてしまう事もありました。
でも先生の「子どもも、子どもなりに、必死に、一生懸命生きている」という言葉に、
もっと上の子をしっかり見て、分かろう、観察しようと思いました。
子どもに決めさせようと、思います。あきらめる、ということを実践しようと思います。

●状況と言葉を結びつける力がまだない子どもを叱っても意味がない、ということに驚きました。
子どもと一緒に遊ぶ大切さも知りました。
その時期の接し方、伝え方など聴くことができてよかったです。こころが楽になりました。

●2歳8か月の男子に手を焼いていますが、ママが「ダメ」と言っても意味がない、
という先生の言葉を聞けて、いい意味であきらめがつきました。
子どもの世界と大人の世界は違うことを踏まえつつ、日々成長を待ちたいと思います。

●子どもという“生態”を知ることで、日常的にどうしてうまくいかないんだろう、と思っていることに
納得がいって、楽になりました。
「子どもは野性を生きている。体に必要なものは、体で調整している」ということに納得です。

●今日は初めて参加させていただき、先生のお話や、他の方々のお話を聞けて、
自分のイライラしていることがすっきりしたと思います。
先生のお言葉で、「ダメ」と言うのは意味がない、は本当にそうだと思いました。
参加できてよかったです。

●ダメダメ言わず、子どもの自由を広げてあげること、とても納得しました。
今は短所でも、将来長所になるという言葉を信じて、気長に育児を楽しみたいと思いました。
そして、たくさん一緒に遊んであげたいと感じました。ありがとうございます。




1/30 こんにゃく作り講座 

秦さんのここちよい暮らしの知恵講座
今日は季節限定のこんにゃく作り講座です。

今日も子連れでの調理実習、わいわい楽しく開催しました。


●本日のメニュー 

こんにゃくに+柚子味噌
かぶの柚子風味浅漬け
にんじんとサツマイモの皮のきんぴら
さつまいもとリンゴのきんとん
みそ汁

お味噌汁は えのき、こんにゃく、はくさいのゴールデントリオ 
この組み合わせだからの旨みがたまらなく美味です!
ダシいらずです! 


●参加者のみなさんの感想

・こんにゃくづくりは初めて!
芋からつくるのが新鮮でした。
普段食べているものの作り方を知るのは面白いし大切だなと思います。

・こんにゃくのおいしさを改めて感じました
自分で作れることに感動です。

・こんにゃくがとても美味しくてびっくりっしました。 
あのプルンとした食感は 手作りしたからこそだなあと思いました。

・普段食べているこんにゃくと違って、柔らかくとても美味しかった。 

・調理はとてもたのしかったが 手がこんにゃくいもでかゆくなり大変だった。
家でも頑張って作ります。 







 


2016年1月28日木曜日

1/27 聴くを磨くフォローアップ講座でした!

1/27開催のフォローアップ講座はご縁がつながり、急遽、体験講座&フォローアップ講座となりました。

その場にいる目の前の人にフォーカスしながら、聴くことを伝えてくれるかめおかゆみこさんの講座。
フォローアップも、
周りのお母さんたちとの、小さな違和感や諍い、うわさ話や妬み、にどう対応するのか、という話から、
無意識に抱える自責のクセ。
期待や、怒り、
そこで生まれる身体のこわばりや、硬さ、
ゆるむことの大切さなどを、改めて感じさせてもらえる内容となりました。

今回のテーマは会が進んでいきながら「人と人は折り合える」になったのですが、

ついつい子供にお小言。
どこ吹く風で、まったく聞いていない我が子。
選択肢があると人は変わる、というお話から、まず「いってもいい?」とワンクッション置く技と、
「いってもいい?」というと「いやだ」と言われて小言が言えずに終わってしまうという実践後の笑い話。

大人は「いってもいい?」なんて言われると気になって聞いちゃうよね!?というところから、
わたしのどの部分がよくなかったのか、と自分の悪いところがある前提で、自分のあら探しがはじまってしまう事とか、

聴かない、という選択肢をもてる素晴らしさや、

いってもいい?と聞いたからと言って、
いやだ、という返事に自分が従う必要はなく、
折り合う、のはさらにそこに自分がどうありたいかを返すこと、なんだよ。というお話。

折り合う、
のとあきらめるのは違ったり、
我を通すこととも違って。

自分を知ることで
改めて人と「折り合う」ことができる。
自分だけが折りたたまれているわけではなく。
相手をぎゅうぎゅうと折り込むのではなく。

そんな、人と人のやわらかな関わり合いを意識させて頂きました。

う~ん、ありがたい会です!

もちろんワークもやりましたよ!
身体に落とし込むと、いざという時にちゃんと思い出すことができますから。


それが座布団投げな理由は、もう体感しにきてくださいね


かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座はこちら!2/10(水)10:00~12:30

身体から変化を起こそう、表現ワークはこちら!2/3(水)10:00~12:30

※聴くことの次にあるのは、折り合うことにもとても大切な、自分の表現です。聴くことと、表現することは両輪なのです。

ついつい自分の意見や言葉を飲み込んでいませんか?
飲み込まなくても、折り合える優しい関係に、表現ワークをご活用くださいませ!

はい。わたしに必要ですね。
参加させていただきます~
スタッフみずしままいこ、でした。

2016年1月27日水曜日

出張おんぶクラス

こんにちは。
Umiのいえスタッフ、ベビーウェアリングコンシェルジュの夏井です。


今年も、お子さんとの抱っこやおんぶの時間をたくさんたくさん楽しんでいただけるよう、
お伝えしていきたいと思います!どうぞよろしくお願いします!!

先日は、Umiのいえを飛び出し、出張でおんぶ講座をしてきました。

キャンセルもあって少人数になったのですが、
それがまたゆっくりじっくり密な時間なりました。

「bebywearing・ベビーウェアリング」
~赤ちゃんを身にまとうように抱っこやおんぶをすること。~

みなさんがその心地よさを体感して、
ぱっと表情が明るくなる瞬間が私はしあわせです。

そして一緒に姿勢もよくなり、胸が開いて肩も落ちました。
その姿がとっても綺麗。

またひとつ、おんぶの効果を感じられました。

おんぶは子どもを泣かせずにお母さんが用事をするための手段、でもある。
でもその手段がこんなに心地よくて体が楽だったら、
たくさんおんぶしてあげられる。もっとおんぶしてあげたくなる。

そして子どもも気持ちいい。
クラスの練習中に寝てしまう子も多くて、嬉しいやら、困るやら。。

お腹が守られてるって安心する。
お母さんの声がすぐここから聞こえるって幸せ。
お母さんと同じ世界が見えるって嬉しい。
おんなじ気持ちになれる。

そんなおんぶの世界を、みなさんに体感していただきました。

ぜひおんぶを通して、お子さんとの時間を楽しんでいただきたいと思います。
ありがとうございました。


出張講座は、
「Umiのいえに行きたいけど、ちょっと遠い。」
「子どもが小さくて外出が難しい。」
「一対一でじっくり練習がしたい。」
「ご近所のお友達と一緒に抱っこ、おんぶを練習したい。」
などなど。

様々な状況やお悩みに応じて対応しています。
場所、人数、時間などご相談ください。

先日はご姉妹の出張講座のご依頼もありました。
お二人とも小さなお子さんを子育て中で、妹さんのお宅にお姉さんが来てくださり、
一緒に出張講座を受けてくださいました。
月齢や練習する内容は違いましたが、お子さんの様子を見て、交互に練習していきました。

出張講座のご相談は、
どうぞお気軽に「Umiのいえ」まで、ご連絡ください。

そして、「ここちよい抱っことおんぶクラス」も月2回開催しております。
こちらもぜひお待ちしております!!

夏井英子

2016年1月26日火曜日

Umiのいえメルマガ☆ 1/26 お祭りにおいで

2015年1月しあわせのはじまり5 にて

















こんばんは Umiのいえ 齋藤麻紀子です。
ようやく冬本番な寒さですが、春のお知らせです!お祭り、今年もやります!

♪♪♪ しあわせのはじまり6 ♪♪♪
3月13日(日)は、年に一度のUmiのお祭り。
子連れで聴ける生ライブ・ダンス・マーケット、感動いっぱいの一日です!
Umiのいえから徒歩2分の西公会堂にて。

詳細、ご予約は特設ページで!→ http://www.uminoie.org/p/blog-page_95.html


◎2月よりUmiのいえ美術館復活!◎
2月:小児がんで天使になった子どもたちの絵画展~今もここにある命~
http://www.uminoie.org/2016/01/1.html
3月前半:studioCOOCAさん
3月後半:画家 宮下昌也さんの作品『空と大地の会話』予定。


■2月からの新講座■
2/10(水)「うたのワークショップ 天地うた~結の会~(あわのうた ゆいのかい)」
とにかく声を出すのは気持ちがいい!声で浄化!そして子守歌を自分の声で歌う母になろう。
日本語の力を学び、美しい所作・ここちよいお辞儀を覚えよう。
講師はソプラノ歌手であり神魂(かもす)歌手 松木貴子マリア先生です。
https://coubic.com/uminoie/380407


2/15(月)タッピングタッチの会
とんとん・ぽこぽこと優しいリズミカルなタッチで、驚くほどとろとろほんわり。
子どもも一緒にできます。緩和ケアや看護、介護等でも活用され、家族の癒しあいにもぴったり。
https://coubic.com/uminoie/215038


●おすすめ講座●
1/30(土)秦さんのここちよい暮らしの知恵講座「こんにゃくを作ろう」
こんにゃく芋から、こんにゃくを作ります。ぷりんぷりん美味しい!土曜日です、お父さんも来ませんか?
https://coubic.com/uminoie/396673

1/30(土)授乳服のモーハウス主催アウトレット販売会
http://www.uminoie.org/2015/12/130.html

2/2(火)棒田さんの子育てお話会「祖父母との付き合い方のコツ」
ありがたいけど「えっ、困る~」ってことも多い祖父母たち。本音トークでお悩み軽減。どうやって親孝行する?
https://coubic.com/uminoie/366086

2/3(水)かめおかゆみこさんの「大人のための表現ワーク」
思いっきり笑ったことも泣いたこともしばらくない、という方。たまには「ちゃんとしなきゃ」を外してみよう。
身体で言葉で自由自在に表現できたら、人生も子育ても、豊かになる。 
https://coubic.com/uminoie/316461

2/10(水)かめおかゆみこさんの「聴くを磨く」体験講座
悪口や愚痴を聞かされ疲れてしまうことありませんか?
人との上手な関わり方のために、まずは「聴き方」を磨こう。聞き方の癖は生き方の癖。
https://coubic.com/uminoie/224001

2/17(水)小児科医 堀内勁先生のお話会「おっぱいとごはん、子どもの力と親子の育ち」
いつも大らかな言葉で、ママひとりひとりのお悩みを包んでくれます。集団育児相談会!
https://coubic.com/uminoie/239231

2/25(木)松田恵美子先生の身体感覚講座(ショートバージョン)
季節とからだの繊細なつながりを感じ取る。感覚を鍛えたい方に。
https://coubic.com/uminoie/124927

いつもありがとうございます。
このメールマガジンはUmiのいえ利用者の方に月1~2回送信しています。
転送転載歓迎!
++++++++++++++++
発行元: Umiのいえ  ≪いのちを育む学びと気づき≫ 
http://www.uminoie.org/
++++++++++++++++
ツイッターhttp://twitter.com/uminoie_y 
サロンTEL:045-324-8737 

2/8 新月&旧暦のお正月 ベリーダンス/フレームドラムリズムサークル 

2月8日のレッスンはよりパワフルなのです♫

この日は新月&旧暦のお正月。

AM ベリーダンスクラス
PM フレームドラムリズムサークル  


があります。 
インストラクターよりメッセージをいただきました。


●ベリーダンスクラス tomokoさんより

新月はデトックス効果が高く
自分の要らなくなった気持ちを手放すことや
新しい可能性へスタートする時間。
そして旧暦のお正月も重なって
本格的に自分が生まれ変わる時間です。
新月に合わせて願い事をしている方も多いかもしれませんが…
濁った血液、停滞した身体では新月のエネルギーを
キャッチすることさえできなくなってしまいます。


骨盤にフォーカスしたベリーダンスは
仙骨をほぐし、気の循環を活性化することで
あなたの感情を開放してくれます。
上手く踊る必要はありません。ただ音に合わせてカラダを
委ねて自分を大好きになっていく時間です。

フレームドラムの振動はカラダの奥にゆったりと響きます。
筋肉はあなたの無意識とつながり、過去の感情を貯めている
深い器官。その筋肉を奥深くから響かせるフレームドラム。
ドラムの振動は癒しのリズム。
過去の記憶や傷を自然に手放していくことができるのです。

この日の新月のテーマは「あらゆる可能性にチャレンジするパワー」

・長い間で身体に染み付いてしまった悪い習慣を手放す
・明るい未来を信じる希望
・ステキな出会いを引き寄せる
・心通える友人を見出す


誰でも楽しめるココロもカラダも癒やされるレッスン!
一緒に宇宙と繋がりましょ





●フレームドラムリズムサークル masaoさんより

旧暦の新年ということで、
フレームドラムクラスは過去と未来をつなぐということをテーマに、
音のワークを行いたいと思います。


過去の記憶とつながり、感謝とともに手放す。
未来を思い描き、感謝とともに迎え入れる。

気持ちも、身体の状態も全てリズムと音に現れます。
隠すことは無理です。言葉では嘘をつけても、
リズム・音では嘘はつきけません。

『今』の自分をリズム・音で表現し、それを自分で受け入れる。
それはフレームドラムリズムサークルで大切にしているテーマの一つ。

リズム・音で自分を表現することは、
気持ちのデトックスを促します。

今流行のデトックス。

言えば聞こえはいいですが、
デトックスで吐き出したもの、
排出したものはどこへいくのでしょうか?

トイレと同じように、汚いものには蓋をして
きれいさっぱり流してしまえばいいのでしょうか?


僕はそうは思いません。
要らない自分、手放すべき自分、それも自分の一部。

苦しい自分でも、悲しい自分でも、
100%受け入れられるのは自分しかいません。

100%受け入れた時、それが本当の意味で
手放すことではないでしょうか。


言葉にするのは難しい、過去の記憶の断片も、
もやもやっとした気持ちの塊も、心に負った傷も、
全て、今の自分にとって大切なもの。

リズム・音の表現を通して、それらを見つめ、
感謝して、そしてリズム・音とともに手放す。

気持ちやマインドの新陳代謝。

ちゃんとした手放しがあって、
初めて新しく自分の所へ
やってくることを受け入れられます。


そしてリズム・音を通してみんなでつながって、
つながりの中での自分の存在意義を知りましょう。

つながりの中で自由に未来を思い描き、
それをリズム・音を通して表現しましょう。

とっても楽しい新年のはじまり。
しあわせのはじまり。


MO-HOUSEアウトレット販売会、間もなくです!

こんにちは。
Umiのいえスタッフ、夏井英子です。

いよいよ今週末、1月30日(土)は、

授乳服アウトレット販売会 in Umiのいえ

presented  by MO-HOUSE

です!!
 

青山まで行くのはちょっと遠い…という方。
横浜でモーハウスのオシャレな授乳服を見られるチャンスです!
 
今回は冬のセールのお得な商品も持ってきてくださるとのこと!
ぜひこの機会にモーハウスの素敵な授乳服をお試しください。


モーハウスの授乳服は、授乳をしても肌がでることがなく、
いつでもどこでも授乳ができるのでお出掛けにも安心。

スリングなどの抱っこ紐の中での授乳との相性もよく、
赤ちゃんの要望にすぐに応えてあげることができます。

この日は抱っことおんぶクラス担当の佐藤・夏井もおりますので
スリングの使い方も一緒にご相談ください。
(午前は講座があるため、13:30頃から対応可能です。)

マタニティ期から産後まで、きれいなシルエットを保てるデザインと、
丸洗いできる丈夫な素材と丁寧な製法で、安心して長く使っていただけます。


「ママだってオシャレがしたい!」
「授乳中でもかわいい洋服を選んでわくわくしたい!」

そんな思いもかなえてくれますよ。

今回は、抱っこやおんぶをしながらでもオシャレに着こなせるコートも
お持ちいただけるそうです。楽しみですね!

ぜひお越しください。
お待ちしております。


授乳服アウトレット販売会 in Umiのいえ

presented  by MO-HOUSE

 
1月30日(土)10:30~
 

2016年1月25日月曜日

1/27 聴くを磨くフォローアップ講座ですっきりしませんか?

かめおかゆみこさんの聴くを磨く連続講座の修了生のみなさまへのお知らせです。

隔月で開催されているフォローアップ講座ですが、今年初の開催は1月27日(水)10:00~12:30となっております。
久しぶりの方も、ぜひぜひ期を超えての交流、その場で生み出されるあれやこれやを楽しみにいらしてくださいね!

お申し込みは
こちらから!

聴くを磨く連続講座を未体験の方は、体験講座がございますので、どうぞ!
2/10(水)10:00~12:30です

体験講座のお申し込みは
こちら!

1/7 篠先生 こころとからだの体操 & 気質の勉強会 開催しました

スタッフさとみです。
1/7に開催した、茅ヶ崎の篠秀夫先生のセラピスト向け講座
「こころとからだの体操」「気質の勉強会」のご報告です!

布が揺れる、触れあう、自分の身体を感じながら床に転がる。
いろんな緩みを体感して、自分の身体との対話を楽しむひととき。
様々なワークの中で、
癒すこと、癒されること、人との向き合い方について理解を深めました。

はらはらと涙がこぼれる一幕も。
身体がゆるむと、心もゆるむのですね。

先生の気質のお話も興味深く、
全員引き込まれていきました。
気質それぞれの感じ方の違い、心地良いと思うもの・状況が全く違うこと!
実際にワークで感じてみて、身体で納得。

最後に「あなたの人生で、大切にしているものは何ですか?」
カードにしたためたその答えに、それぞれの人生が透けて見える、やさしい時間でした。


★参加者のご感想より★

●何を学ぶのだろう?と思いながら、今朝電車に乗りました。
たくさん、学び、ゆるみすぎて、文章に書きにくい今ですが、
今日、一番残ったのは、

「共に自由になる」  これでした。

家族が、それぞれ、自由にとびまわれる家族、家庭をこれからも作っていきたいです。

●気質の理解により、ぽわんとした人との関係性が、しっくり、腑に落ちて、これからの人との付き合い方にも活用できそうです。
人との関係をつくるのがとても苦手で、人によって自分を合わせようと頑張っていたが、そんな必要はなく、自分の産まれた気質を大切にしたいと思いました。ありがとうございました。また参加したいです。

●気質の話を聴くことができて、とても面白かったです。自分の気質のこと、くせなど、今までの環境も含めて振り返ることができました。泣いてしまってばかりでしたが、今日参加させていただいたことで、今までよりも、自分を分かってあげられたり、認めてあげられたところが、増えたのではないかと思います。
先生のブログをまた、読ませて頂きながら勉強していきたいです。


●今日は気質のお話とても興味深く聴くことができました。今まで なんとなく 敬遠していた分野でしたが、篠先生のお話で腑に落ちました。もっと知りたいと思いました。色布ダンス、楽しかったです。自分と人とは違う!ということを、確認できました。

●はじめて、篠先生のお話をしっかり聞くことができ、心に響く言葉がたくさんありました。
気質それぞれのお話もためになり、興味深かったのですが、他者との違いを知る、認める、尊重することの大切さを改めて知りました。多様性、大事ですね。

●楽しかったの一言です。身体が自由になる感覚が楽しくって、幸せな時間でした。気質=役割として柔軟にみていけたらいいなと思いました。色々あって、バランスがとれるようにパイプ役でありたいと思いました。

●「共に自由になる」 すごく響きました。気質の話は、自分にあてはめたり、子どもにあてはめたり、納得することが多かったです。良い悪いではなく、それらを知っておくだけで、相手を理解できたり、自分の主張を押し付けるだけではない対応を考えられると思いました。
今日の内容をじっくり自分の中に落とし込んでいきたいと思います。

●大切なものを考えて、皆さんの大切なものを共有できて、楽しかった。
先生のお話を聞いていて、ふむふむ…と思い当たることがあって、少しずつ、自分の気質が見えてきたような気がします。
ますます、人との関わりもまた楽しくなってきました。

●初めて気質のお話を聴きましたが、単純に分類するわけではなく。いろいろな状況で変わるということが人間らしくていいなあって思いました。自分や周りの人たちの気質を知ることも大事。有益だと思いますが、その気質にとらわれすぎないこと、自分はこうだと思いこみすぎないことも必要なんだろうなと思いました。ワークもどれも楽しくて、今日もゆるめたな~~とうれしいです。また先生の講座に参加したいです!

●「気質」という考え方に興味があって参加しました。単純にパターン分けするものかと思っていましたが、関係性の中でも変わる、という点が面白く、納得できました。

●篠先生の講座をきちんと受講したのは初めてでした!どのワークもお話も、目からウロコでした。「人は、自分ひとりではゆるまない!」
だから私たちお手当人がいるんだなと(笑)
自分もゆるみながらお手当てしていきます。


次回は、
3月18日(金) 10:00~13:00 心とからだの体操
3月18日(金) 14:00~17:00 気質の勉強会
です。お申込みは上記リンクからどうぞ!

(この講座は、大人のみの講座です。お子さんは預けてご参加ください)

2016年1月22日金曜日

1/14 小物を編んでみよう~ニット講座~

ニット講座担当の牧山です。

1/14 新年明けて一回目のこの日も5組の親子の方に参加していただき、にぎやかな開催となりました。

さてさて、お正月明けで、進み具合はどうかな~と思っていましたが、 すごい、みなさん、ちゃんと進んでいる!! ちょっと前までほんとに初心者だったのに・・・、きっかけがあるとほんとにできるようになるんだなあと嬉しい限り♪
「おうちのお仕事が少しのんびりの時期なので、久しぶりに編み物したくて~」といって初めて参加してくれたり、 「引っ越しが終わったばかりで、毛糸も見当たらなくて前日まで悩んだけど、気分転換に来ました~」とか 細かい編地を毎回ちゃんと編み進めてきてくれたり、 年末は家族そろってノロに苦しみながらも、卒業(?)製作や、その合間に小物をどんどん編んでみたり、2回目とは思えない吸収ぶりで、ざくざく製図をしていったり、
も~~、みんな素敵すぎます。
回を重ねてどんどんいい雰囲気ができてきています。
のんびり、ほっこり手仕事、ニット講座 来月も開催しますので、ぜひ遊びにきてください。
次回は2月15日(月)

デザインと手順の相談中
前回仕上げたこどものセーター素敵でしょ


授乳したりおんぶしたり、休み休み編んでます


2016年1月20日水曜日

1/19食育特別講座「デトックス料理&プチ断食のお話」開催しました!

1/19食育特別講座「デトックス料理&プチ断食のお話」を開催しました。
スタッフ兼講師の澤村美保です。

いつもの特別講座はいわゆる調理実習形式で行うのですが、今回は玄米粥、玄米小豆粥、ポトフ、りんごのコンポートと火にかける時間が長いので、その間に断食のお話を講義しました。
今回は、断食のお話だったからか、初めてご参加される方が多く、お子様たちも落ち着いていて、ママたちもしっかりお勉強できました。
半断食、一日断食、そして師匠の料理教室での課題でもある3日間の玄米クリーム断食&腸洗いもご紹介。断食するといいことばかり、早速やってみようと思われた方もいらっしゃいました。


野菜のポトフは重ね煮の王道。調味料は塩のみで野菜からのうま味が引き出されています。
りんごのコンポートは、りんごが陰性、とろみの葛が陽性なので冬のスイーツに最適。
玄米粥、玄米クリーム、玄米小豆粥と三種の養生食を試食。どれもデトックス効果もありますが離乳食や介護食にもおすすめ。

ご参加の皆様からのご感想を抜粋させていただきます。

◎初めて講座に参加されていただき、澤村先生の大ファンになりました!先生の優しさやお人柄が料理の味に出ているんだなぁと思います。デトックスやファスティングについてもとても勉強になりましたが、それ以上に食材に手をかけることの大切さを学べました。

◎玄米クリームが激ウマでした。野菜のポトフも野菜だけなのにうま味が出てて、とても美味しかったです。赤ちゃんと一緒に同じものを食べられるのが、とても嬉しかったです。春になる前にデトックスしてみようと思います。

◎毎日キッチリやることは難しいけれど、月に一回メンテナンスの意味で取り入れるという考え方はとてもいいなと思いました。

◎どの料理もとても美味しかったです。特に玄米クリームが好きです。実は玉ねぎが嫌いでほとんど食べられないのですが、今日は完食しました。

◎玄米粥と玄米クリームは毎日でも食べたいと思いました。デトックスしたいと思っていたので近いうちに試してみたいと思います。陰陽の考え方について、もっと知りたいと思いました。

◎これから、家族全員の食事をどう分けてつくろうかと思っていましたが、重ね煮で皆一緒の食事を安心して食べられると思って嬉しかったです。

◎ぜひプチ断食やってみます!

ありがとうございました。
次回の食育特別講座は、

2/23「ひなまつり&お祝いレシピの会」満席のためキャンセル待ち受付中

3/23「春の行楽レシピ&桜餅の会」受付中

お待たせしました!!3月よりファミリー撮影会がはじまります!!

お待たせしました!!
ファミリー撮影会が3月4日(金)からはじまります!!

今年の春からはフリーフォトグラファーの矢部ひとみさんに撮影を
お願いいたします!!
ひとみさんのふんわりと優しい自然な写真で
すてきな時間の一瞬を切り取ってみませんか??
毎回4組限定です。
どうぞお早めにお申し込みくださいね。

☆彡矢部ひとみさんのプロフィール☆彡
アシスタント、社員カメラマンを経て、現在はフリーランスとして
雑誌・広告・書籍・webを中心に活動中。
朝霧JAMのキッズランドにて自然と音楽の中の子どもを
被写体とした野外写真展「kodama」等、多方面で活躍。
子どもたちの自然な表情や動きをどこまでもやさしくあたたかな眼差しで切り取る写真に
定評がある。
その他、イベントでママ向けの写真のワークショップを行うなど
日常的にママたちと出合う機会を多く持つ。
5歳の男の子のママ。



お申し込みは下記サイトからどうぞ!!
↓↓



矢部ひとみさんが撮影したフォト。
すてきですね~~!













2016年1月19日火曜日

1/19(火)2016年初のベビーマッサージ虹クラス 開催しました!!

実はベビーマッサージ虹クラスも担当しているお手当人のスタッフ井田正美です!!

今日は2016年初の「ベビーマッサージ虹クラス」でした!!
本当に昨日1/18の雪の日の開催ではなくてよかった・・・と思わず思ってしまいました。

今日の参加者さんは2016年「初」開催にふさわしく、全員がなんとUmiのいえ「初」来場!!の方々ばかりでした!!

「初」のUmiのいえの講座をベビーマッサージ虹クラスを選んでいただいて、光栄です!

今日はスタッフの亜衣ちゃん&なのはちゃんも参加してくれたので、ベビマクラスの後半は
ぷちだっこおんぶクラスも開催して、とってもお得なクラス構成でした(自画自賛!)

今日は来てよかったです~~!の声をみなさんからもいただいて、よい2016年ベビマクラススタートができました!!
ご参加いただいたみなさま!!ありがとうございました!!

今後のベビーマッサージ虹クラスの予定は下記サイトからご確認くださいませ!!
3月4日(金)はひさしぶりに撮影会コラボクラスを開催します!!
今年はフリーフォトグラファーの矢部ひとみさんをお迎えしての開催になります。
どうぞお楽しみに!!

ベビーマッサージ虹クラスのご予約はこちらからどうぞ!!







Umiスタッフ亜衣ちゃん&なのはちゃん!


ベビマクラスの山場!!
ち~ち~ぱ~~~!!
否が応でも盛り上がりますっ!
ベビマクラスにぷちだっこおんぶクラスも合わせて開催しちゃいました!!

だっこ&おんぶ!
さすが亜衣ちゃんっ!!

2月1日から「小児がんで天使になった子どもたちの絵画展~今もここにある命~」を開催いたします!


こんにちは!
スタッフの井田正美です。
今週の幕開けは「積雪」&「SMAP」!!でしたが・・・
みなさま、いかがお過ごしでしょうか??

久しぶりに「Umiのいえ美術館」が復活いたします!!!
題して「小児がんで天使になった子どもたちの絵画展~今もここにある命~」です。
開催期間 2月1日(月)~2月29日(月)
会場    Umiのいえ 
  

我がムスコ裕太の代表作(笑)「いつでもいっしょだよ♪」はもちろんのこと、
今回は昨年秋に山梨県甲府市にて開催された「小児がんの子どもたちの絵画展」で
お友達になった3人の小児がんで天使になったお友達に作品もいっしょに展示をさせていただくことになりました!!
ムスコ裕太がつないでくれたご縁に本当に感謝です!
そして快く作品の出展を承諾してくださいました、お友達、そしてご家族にこの場をお借りして
御礼申し上げます。


実は・・・
2月はムスコの命日の月でもあり、2月15日は「国際小児がんデーICCD」でもあります。
子どもにも「がん」がある???
まず、それを知らない方も多いです。テレビや映画の中でしか起きないこと・・・
そう思っている方も多いでしょう。
わたし自身もムスコが診断される前はそうでした。

国際小児がんデーICCD」のお知らせのチラシの文章から抜粋して、掲載させていただきます。
↓↓
日本では年間2,000人の子どもたちが、新たに小児がんと診断されています。
病気によっては、7~8割が治療を終えることができると言われていますが、一方で子どもの
病死原因の第一位であり、年間約500人の幼い命が失われています。
子どものがんは、生活習慣に起因するものではありません。
治療を終えても外見からはわからない障害を抱えながら生活する子供たちがいます。
長期間の療養を必要とするため、学校や家族など生活面にもさまざまな影響があります。

小児がんは治る病となってきました。
それも小児がんで天使になった子どもたちのがんばりがあってこそだと思います。
そこで、天使になった子どもたちのことも、今、現在、病院や家庭で治療中の子どもたち、治療が終わり、家庭や学校、社会でがんばっている子どもたち、そしてそのご家族のみなさんを知っていただくために

国際小児がんデーICCD」に合わせて日本各地で(世界各地ですね)啓発活動が行われます。
Umiのいえでも絵画展と合わせて、「ゴールドリボン募金」もさせていただきます。
3月13日(日)の「しあわせのはじまり」イベントでもお声をかけさせていただきます!

※ゴールドリボンとは??
小児がんの理解と、支援を呼びかける世界共通のシンボルマークです。

2月は寒さがもっとも厳しい月ではありますが、
ムスコはじめ、お友達たちのメッセージ、そのご家族の思いやメッセージをゆっくりと
ご覧いただき、少しでも暖かいお気持ちをお持ちかえりいただけたらと思います。
みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

Umiのいえスタッフ
絵画展企画&責任者 井田正美(裕太の母)

1/19 やまがたてるえさんの「自分を愛する生と性のお話Café」 





こんにちは!スタッフさとみです。

自分のいのちがあるのは「性」のおかげ。
なのに、性の話題は、ちょっと話しにくい。
とはいえ、一人で抱えるのはもったいない!

性という言葉は、心が生きると書くように、
自分を大事にすることと深く深くつながっています。

困っていること、今抱えている課題、関係性、過去。
いろんなことを安心して安全に語り合える場が、てるえさんの性のお話Café。

安堵と、気づきと、笑いと、実用的な話と、実物あれこれいっぱいの、楽しい会です。
あなたもよかったら、おしゃべりしに来ませんか??


●ご感想より●

「妊活を考えるにあたり、10年のセックスレス状態をどう打開していくか。
なかなか人に聞けない、話せないことを、
安心できる雰囲気で、ありのままに話せて、具体的なアドバイスを
たくさん聞くことができて、とても大切な時間をいただきました。
手作りのお味噌汁もとっても美味しく、心も体もほっとするひとときを
ありがとうございました。またお話できたら嬉しく思います。」


「本当に本当に聞きたいことが聞けて、話したいことが話せました。
気持ちのことも、育ちのことも、また具体的な方法も、とても参考になりました。
参加された方の話も、自分に重なる部分もたくさんあったので、
是非こういう機会がたくさんあると良いなと思います。
愛を渡したいと思っている主人のこと、
大事にしてたくさん受け取れる自分になろうと思いました。」


「生と性、もっと性に対してOpenで良いんだな~~と思えてよかった。
女の性、もっとみんなに知らせたいし、知りたいです。
ストリップ行ってみたいです。 楽しかった。 また来ます」


「ストリップ劇場のお話がとっても面白くて、行ってみたいと思いました。
性の話はなかなか話しにくい部分があるので、個人的にいろいろ相談される事は
あるものの、数人以上で話す機会がなかったので、私自身とても良い機会でした。
最近は香りつきとか、オーガニックのゼリーやローションもあるんですね~。
買ってみようかな~♪と思いました」


「触れ合いポイントが面白かったです。なるほどここは確かにきもちいい!
ここちよい触れ合いには、まず自分を知ること、
「産むための性」を目的にしすぎないこと、
スキンシップだけでも、十分セックスなんだな~、
会話もセックスなんだな~、ということを知ることができて、なんだかほっとしました。」


次回は4月19日(火)10:30~ です。
お申し込みはこちらから!

【音楽部】うたのワークショップ 天地うた 〜結の会〜(あわのうた ゆいのかい) 始まりました! 

こんにちは! 齋藤麻紀子です。

1月12日天地のうた~結の会~初開講いたしました! 
講師はソプラノ歌手であり神魂(かもす)歌手 松木貴子マリア先生です。


先生の声に導かれながらの発声、ことだま、日本の所作、たくさんのことを教えて頂きました。大勢で声を出すことによって、言霊(ことだま)と音霊(おとだま)のダブルエネルギーで、Umiにいえの部屋も、私たちの身体も浄化されていきました。

そして、歌集から懐かしい童謡をたくさん歌いました。
「ああ、日本の歌、いいなあ」をしみじみ、自分のルーツに想いをはせました。
今、子どもに子守唄をうたわないお母さんも増えているようです。
スマホの歌を聴かせるよりも、やっぱりお母さんの生の声が大切。
どんぐり、鳩、チューリップ、ちょうちょ、風、空、水、夕焼け・・・・
歌を通して、いろんなことを伝えられますね。
日本の歌を、もう一度自分の胸に蓄えていきたいと思いました。

「言葉がみだれると国が乱れる」というお話もありました。
言葉は力。言葉は愛にも武器にもなる。言葉の響きにも一つ一つエネルギーがる。
いつも使う言葉がどれほど大切かを、この歌の講座で学習していけるのです。
マリア先生の歌のワークショップでは、
歌(言の葉)と所作、丹田の鍛え、親子の絆など、様々なことを学ぶことができます。
会の始まりは、マリア先生がたててくださるお抹茶をいただきます。
心鎮まり、あたたまる、すーっとする贅沢なひとときです。
気忙しい日常から、腰をおろしにいらっしゃいませんか? 
そして、肚から声を出し歌えば、元気が満ちてくることでしょう。
ご参加お待ちしております。 
丹田を意識して発声 
















毎月一回開催 申し込み https://coubic.com/uminoie/380407


<参加者の感想です>

●丁寧な所作、届ける言葉、お辞儀、息を合わせること。
日々の暮らしではなかなか持てない、心の整う時間でした。
そしてたっぷり呼吸ができて、しっかり声を出すことで体もすっきりしました!
日本の昔からある童謡が歌われなくなってきている現状。
もっと子どもとたくさん歌っていきたい!と思い、歌集も購入!!
生活のいろいろな場面で歌っていきたいと思います。ありがとうございました。

●手をついて挨拶するときに、両手で鳥居を作って、そこをくぐるという意味だと教えていただきました。手と頭の位置に迷わなくなりそうです。
言祝ぐ(ことほぐ)ことは日常の所作と言葉にも表れる。
歌は、言葉と音とリズム全て組み合わせた言祝ぎであること。
歌だけでなく、普段の生活にも活かせることがたくさんあって、目からウロコでした!
また、懐かしい歌をみんなで歌うことができて楽しかったです!
ありがとうございました!

●あらためて言葉のエネルギーを感じました。
ていねいに言葉を発していきたいと思いました。
西洋音階のうたをうたうのは苦手だと思っていたのですが、発生をしてから歌ったら楽しく歌えました。ありがとうございました。

●「おかあさん」「せんたくしていたにおいでしょ」
お母さんのセリフだったんだあ。
役にわかれて発声してみて、初めて歌詞を理解しました。
音楽を通して、日本の歴史、日本の素晴らしさを感じ 
きちんと発生して心を込めて相手に伝えたいと思いました。
こどもの歌の歌詞って深いなあ。

●久しぶりに声を出して楽しかったです。妊婦のときからこの講座に出会っていれば、子守唄をうたっていたのに・・・と思いました。子供と一緒に楽しく歌えればと思います。 

●歌を歌うのがとても気持ちよかったです。みんんが声を合わせて言葉を言ったり、歌ったりするのがたのしかったです。姿勢がぴっと整ってよかったです。


お辞儀と習いました。
相手に伝わるように。相手への思いやりを大切に。