2016年7月29日金曜日

8/6(土)家庭でできるお手当て講座のおさらい会やります!

こんにちは、スタッフもりみきです

Umiのいえでは、子連れOKの【家庭でできるお手当て講座】を開催しています

お子さんや旦那様、お友達に向けて出来るお手当て!
疲れたお母さんの身体に、、とても心地よいお手当て!


この【家庭で出来るお手当て講座】は繰り返し受講が可能ですが
今回は夏休み特別企画!

以前、お手当て講座を受講された皆さま向けに【家庭でできるお手当て講座、おさらい会】

を企画しました!
もちろん子連れOKです!

お子様連れて、日々の疲れを癒しに。。そして、お手当てを思い出しにいらして下さい!


暑い夏に、お手当てうけると、すずみますよ♡

お申込みはコチラ⇒https://coubic.com/uminoie/104116

2016年7月27日水曜日

7/27 講座「介護者のためのお手当aroma」


講師の大越由貴です。
本日の講座は、セラピストの方が参加してくださいました。
ありがとうございました。






まずは、香りと呼吸で、今を感じる時間を体験して頂き、その前後のタッチの違いを体験して頂きました。
かわるんですよね~。
受講者の方からは「すごい!ちがう。手が浸透していく。このまま手を放したくない感じ」と驚きの声があがりました。

心地よく、サバイな時間をすごして、本当の私にかえる」と手がかわります。


 ※サバイ=楽しい♪気持ちいい♪ 笑顔あふれるタイ・ハッピーな .


意識で意識をかえず、意識で身体を変えず、
香りと呼吸で<いまの私>を感じて、
余計な意気込みや、
背負ってしまったことから、距離をおくこと。

アロマテラピーの役割の一つだと思っています。

そして、手の質感がかわると、介助のときに触れる手もかわります。

後半は、アロマテラピーで変わった手で、手掛かりの手になる実技を行いました。

技術ではなく、心持ち次第で介助がかわります。

そのことを身体で体験して頂きました。

今日の講座は、終始、驚きの声と笑顔が絶えない講座となりました。

いつでも、サバーイ!
そして手掛かりの手であることを、楽しく共有できたことが嬉しく思います。

ありがとうございました。


手当人 大越由貴 ブログ からだを育むアロマテラピー

7/27 着物部〜初級編〜

こんにちは、スタッフ森です!
今日は着物部の初級編を開催しました

みんな初めて自分で着る着物
講師の着物屋のかわいさんのお話に驚きながらも、みんなで朗らか楽しく着付けをしました。

誰にでも簡単に着物を着て貰いたい
かわいさんの気持ちがこもった着物部です

初めての回は着ることに必死ですが
2度、3度と着ると、慣れてきます
だんだん余裕も出て楽しくなります

着物部は初心者の方向けの初級編

もうご自分で着付け出来る方へのための中上級編もありますので、ご自分に合わせてご参加ください!

詳しくはこちら
https://coubic.com/uminoie/234355






2016年7月26日火曜日

7/11 棒田さんの「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座

こんにちは、スタッフ麻衣です。

7/11、棒田さんの「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座を開催しました。

みなさんは、どうやって子どもと遊んでいますか?

上手く遊べなくて、結局テレビ任せ…
次々オモチャを買うけれど、すぐに飽きちゃって…
っていうママも多いかも⁇

寝ているだけだった赤ちゃんがだんだん大きくなって、モノを握れるようになり、なんでもお口に入れるようになり、コロコロ寝返り、ズリズリ移動。「ママ〜遊ぼうよ‼︎」ってにっこり笑いかけてきて、「あうあうあー」ってお話して…

たくさん遊んであげたいけど、どうやって遊べばいいのかな?どんなおもちゃが好き?今のこの子が楽しめるのはどんな遊び?オモチャ売り場には、色とりどりのたくさんのオモチャが並んでいるけれど、どれを選べばいいのか分からない…

子どもの遊びは学びの時間。五感をフル稼働して、アンテナぴんっと立てて、いろ〜んなことを学んでいます。初めは出来なかったことも、何回も繰り返しているウチに出来るようになったり、誰かがやっているのをマネして出来るようになったり…「どうやってやるのかなぁ」って考えてる時の真剣な顔、「できたっ‼︎」っていう時のキラキラした顔、どれもこれもと〜っても素敵。

いろんなものを口に入れるのも、ママの大事な携帯やお財布を触りたがるのも、何でもかんでも投げちゃうのも、全部理由があるんです。

その理由を知って、子どもの発達を知って、子どもの「今」に合ったオモチャを選んであげられると、遊ぶのがもっともっと楽しくなるかもしれません。

そして、棒田さんの名言。
「ママは魔法使い」
ただの四角い積み木だって、ママが「パトカーだよっ」って言えば、子どもにはパトカーに見える。「卵焼きだよ」って言えば、美味しそうな卵焼きになっちゃう。

だから、ママがたくさん遊びましょう。子どもと遊んであげるためにオモチャを選ぶんじゃなく、ママがたくさん遊びたいオモチャを選びましょう。

「今日はどんなオモチャで、どんな魔法をかけて遊ぼうかな?」
ほら、ワクワクしてきたでしょ?

次回は9/13(火)棒田さんの「絵本を暮らしと心に活かすコツ」秋編
お申し込みはコチラ→ https://coubic.com/uminoie/376403








2016年7月25日月曜日

7/25 着物部 抱っことおんぶの巻 

スタッフ 佐藤あいです

「着物部 子連れでOKの部」に参加させていただきました。

肌襦袢の着かた、たたみ方など基本のことから丁寧に教えていただき、
帯のおたいこ作りも簡単につくれて、
着付けのハードルが下がった気分!

帯の選び方、着物と浴衣の違いなど、
着物文化についても、いろいろお話いただき、興味深いひとときでした。

そして、せっかくなので、着物をきたまま、おんぶと抱っこもしてみました。
おんぶは、ビシッと決まります。
肚腰がしっかりして、立ちやすいです。
着物時代の方はこうしておんぶしていたんだなあと体感できました。

着物部は初心者歓迎、手ぶら参加でも歓迎です。
詳細 https://coubic.com/uminoie/234355

本日の着物部 講師は 川原敦子さん 
朝顔の浴衣がお似合いです。

今日は浴衣と、ろの着物で夏の装い 

新作のスリングも、お似合いです


兵児帯のおんぶも着物にフィット

帯の上に背負えました。しっくりします。

これで花火大会でも子どもがぐずったら背負えますね







2016年7月23日土曜日

7/13 【おそうじ学校 講師養成講座】2回目


がんこ本舗のおそうじ学校 講師養成講座 7月13日に2日目を開催しました!
2日目の講師は、Umiのいえでもおそうじ講座を担当している おそうじ師くろちゃん。
「出来るだけ洗剤に頼らずに、水を大切に使う」 自然派おそうじについてお話してくださいました。
座学の後はトイレのおそうじのデモンストレーション 一同、くろちゃんのおそうじにびっくり!
「えぇ!それはそういう風にやっちゃうの?」 「この道具はそう使うのか―!」 「これだけでぴかぴかトイレが明るくなった!」 と、大盛り上がりでした。









<受講生からの一言> ・くろちゃんの水の抜き方が衝撃的。これなら私にもやれるかも。 「受講後すぐに実践してね」と言われるゆえんがわかった。 ・私が普段やってる掃除にはない道具たち、目からウロコでした。 ・トイレに対する恐怖心やトラウマがあるけれど、やってみます。 ・手と身体と排泄物繋がってるなーと実感。おそうじ道具の使い方が想像を超えていた。 ・汚れはわりとシンプルなはずなのにおそうじを難しく考えてたなと思った。いろんなブロックが外れそう。


ランチはカレー^^ 食べ終わった後は「森と…」を使って、汚れを落としてみました。 みんな楽しそうに拭き拭きしていましたよ。
そして、前回からの課題もみんなでシェア♪ 同じ課題ですが、それぞれ工夫されていたり、皆さんの気づきが今回も素晴らしかったです!
毎回、毎回どんどんキラキラ変化していく1期生の皆さん 次回まで、さらに一人一人のおそうじの日々が変わりそうな予感(^^♪ 楽しみです。

おそうじ学校講師養成講座 アシスタント/千葉Umiのいえ 黒岩 由香








6/29 【おそうじ学校 講師養成講座】1回目

がんこ本舗のおそうじ学校 講師養成講座 
6/29に、1日目がスタートしました!

まずは、がんこ本舗の社長で、校長のきむちんのお話。
なぜ、おそうじ学校 講師養成講座を始めたいと思ったのか?
きむちん校長の生い立ちから、がんこ本舗が出来るまで。そして洗剤を作って売って今に至るまで、時間の限りたっぷりお話してくださいました。

「結局、海と山をつなぎたいんだよね、いろんな人に伝える伝道師になってね〜」ときむちん校長。

受講までに皆さんにお願いしていた課題をシェア。お一人お一人の気づきが素晴らしかったです。

自己紹介タイムでは、みなさんの養成講座への想いや、普段の暮らしを語ってもらいました。

<初日を終えて受講生から一言>

・やる気出た!がんばります!
・緊張しましたが、これからよろしくお願いします。
・ご学友ができて楽しくなりそう!エコよりもニコッ^ ^!
・次回が楽しみ。おそうじ道具をどう使おうかなー。
・次からはいよいよ実践。海へ…に共鳴する人は、大きくいえば地球、身近なところだと水を大切にするところで繋がってる。これからが楽しみです。
・楽しみです!
・みなさんのお話聞いていたら楽しくなってきました。おそうじグッズ楽しみです!

これから約半年に渡って、おそうじについて学びますよ。

次回は7/13(水)
それまで、受講生のみなさんがどんな日々を過ごされるか楽しみです。


おそうじ学校講師養成講座 アシスタント/千葉Umiのいえ 黒岩 由香 

 


2016年7月22日金曜日

海をきれいにするビーチグラスの地域通貨


ビーチマネーガイド2016


新しいパンフが届きました。


136店舗で使えるビーチマネー


Umiのいえも参加してます!




詳しくはこちら http://beachmoney.jp/

2016年7月15日金曜日

7/14 「『聴く』を磨く」体験講座は、改めて「お仕事」について考えさせられました!

集いの場には、出会うべき人が集まりますね。
「『聴く』を磨く」体験講座は、珍しく!対極にいらっしゃるようなお二人が集う会となりました。
う~ん、おもしろいです。
スタッフまいこです。
仕事で時間に制限があり、「話を聴きたい」のですがその間がない。
という方と、
「聴きすぎてしまって、相手の話がとまらなくなる」
という方。

時間がない、
余裕がない、
日々に追われる、
仕事に追われる、
手一杯

人を物のように扱いたくない、
急かしたくない、
聴けていない、

でも、職場が、同僚が、社会が、
何かしらのルールが。

そして、こころは疲弊していきますね。

「がんばらないでくださいね」
とかめさんは何度も言われていました。

何のために、「聴きたい」と、
思うのでしょうか。
何が苦しくて、「聴きたいのに!」と、
思うのでしょうか。

「だれ」が、もっとがんばれよ、とあなたに言うのでしょうか。
「だれ」が、そんなこともできないのかよ、とあなたに言うのでしょうか。
「だれ」が、やくたたず、とあなたに言うのでしょうか。

あなたを認めず、抱きしめず、こうでなければ愛せない、と言っているのは?
働け、休むな、ノルマをこなせ、自分は後回しにしろ、と物のように扱っているのは?

なんて。
極端な言い方ですけれど。
(そしてわたし、むっちゃ自分に言ってましたけどね)
フォーカスには罠があります。
フォーカスしていると
それが「真実」だと思い込んでしまう。
それしかないと思ってしまう。

さみしさにフォーカスしていれば、どこへ行ってもなじめない自分を見つけてしまうかもしれません。
そうでなければ、目の前の人との「違い」を、ほー!へー!と楽しんでいるかもしれません。

実は何にフォーカスしているのか、なのだそう。
フォーカスがかわると、悩みがかわる。


事実のように見える事柄も、変化しますね。
「時間がない」ことも、感覚のひとつですもの。

そしてそんなネガティブな何かにフォーカスしている時は。

「からだ」が、固まってるんですね。
言葉が、頭が、口でなんと言っていたって、
身体はもう、本当のことを表現しています。
早口になっていたり、きゅっと小さくなっていたり。

講座でも、(写真はとくに!?)「聴く」講座なの!?なゆるめる動きが多くなっていますが、

ガチガチに固まってすき間がなくっちゃあ、そりゃ人の話も入りませんって。
満杯のコップに水を追加したって…ということですから。

ゆるゆるゆる…
ふ~、
あはは。

息を吐き、また吸えるように、なりますね。

呼吸。
ゆるめることもっできれば、ピッと軸をたてることにも有効です。

「相手の話がとまらなくなる」方にも、呼吸の使い方があるそうですよ!

「聴けない」、「聴きすぎる」

人間っておもしろいなぁ(笑)



かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」連続講座
9/15より隔週木曜日10:00〜

お申し込みはこちら



まずは体験講座から!
かめおかゆみこさんの「『聴く』を磨く」体験講座
9/1
満席9/8子連れ参加OK!
10/6子連れ参加OK!
10/20

お申し込みはこちら



7/28は、こどもと一緒にワークショップ!
こどもの表現ワーク!

大人も子どもも、
一緒に表現の世界にいざ!


お申し込みはこちら




2016年7月13日水曜日

8/5 授乳服のモーハウス 出張販売会 in よこはまumiのいえ

「ママが笑顔だと、赤ちゃんもうれしい」
「赤ちゃんと、一緒に笑顔になってほしい」
そんな思いをこめて・・・・

毎回好評をいただいております、出張販売会!!
またまたお伺い致します!
 
「おっぱいの日イベント」ということで、この度初の平日開催となりました!

おっぱいをあげるタイミングを気にすることなく、公園に行けて、カフェに行けて、お買い物の最中に抱っこ紐の中でだってあげられる。
 
そんなモーハウスの授乳服を
試着はもちろんのこと、実際に授乳体験もできちゃいます!

「ほんとにおっぱい見えないの?」
「ほんとに抱っこ紐の中でおっぱい飲めるの?」
そんな疑問に、現役ママスタッフがご案内致します。

当日は、
☆限定アウトレット品(数量限定につき、売切御免)
☆定番 ブラ・インナー(夏にピッタリ!の爽やか素材もご用意します)
☆残暑にぴったり!人気授乳服
のラインナップでお届けします。
通常出回らない、超レアアイテムも登場するかも?!

これまでの販売会では、こんな嬉しいお声もいただいてます。
・妊娠中、こんなに服選びでテンション上がったのは初めて!
・涼しくて、お腹が冷えないインナーに巡り合えてよかった~
・おしゃれなのに、赤ちゃんの顔見ながら授乳できて嬉しい!
などなど・・・

ぜひこの機会に、ストレスフリーな授乳服、お試し下さいませ!


 
おしゃれな授乳服。
青山まで行かずに見られるチャンスです!

Umiのいえイベント「しあわせのはじまり」
モーハウスブースは大盛況でした!


【日時】
2016年8月5日(金) 
10:30〜15:30

【会場】
Umiのいえ

【お問い合わせ】
モーハウス 柳川 yanagawa@mo-house.net
(商品に関する質問などもお待ちしてます)

2016年7月12日火曜日

8/23 つきと星の会~流産・死産・幼い子を亡くした親の集い/午後は医療者の集い

8/23 つきと星の会~流産・死産・幼い子を亡くした親の集い/午後は医療者の集い

☆彡久しぶりに開催いたします☆彡 
★午前は当事者の集い 10:30~
死産、流産、病気、事故・・・
子どもが先にお空にいってしまった親のみなさん・・・

家族や友達には話せないあの時の悲しみ、苦しみ
そしてこれまでの想い・・・
支えになったこと、
心に得たこと、いろいろな気持ちを語り合いませんか

★午後は、医療者の集い 13:30より。
いのちが返っていくその場に立ち会われる医療者の方々、ご一緒に語り合いませんか?
そのときの光景
関わりの中で心に得たこと、
今だ自分のふるまいを悔やんでいること、
心支えられた学びや出会い 
経験のシェアをしあいましょう。



スタッフの井田正美です   わたしは、10年前ひとりムスコを小児がんの悪性リンパ腫で3歳7か月で亡くしています。
亡くした直後は、「子どもを亡くした親の会」なんて行きたくない。悲しみなんて自分一人で癒すものさ~~(渡辺美里 マイレボリューションより)と思っていました。
でも少し、時が経ってきたら、やはり誰かと話したい。同じ気持ちを共有したい。と思うようになり、ネットで知り合った方や、今自分が会員になっている「がんの子どもを守る会」などで、お話会に参加するようになりました。

語ることで、自分の気持ちに気づいたり、手放せたり
話さなくても、誰かの話を聴くことで自分自身のことを振り返ったり、気づきがあったりします。
それによって、自分が整理されていくんです。
共感しあうことも、ほっとしたりほぐれたり、
そのときに必要な何かがおこるかもしれません。

でも、本当は話したい、話したいけど外にいけない、家から出られない、苦しくて悲しくて一人で泣いているだれかに、このような会があるよ、いいタイミングの時に会えたらいいですね、と伝えてたいんです。
会にこれなくても、心で参加してもらえたら。。。幸いです。
ムスコ裕太が入院中に制作した作品を「Umiのいえ美術館」にて
展示させていただきました!

母乳育児の苦労体験をお話してきました@第16回日本母子看護学会学術集会

こんにちは、スローな子育てお茶会の世話人、森です。

7/10(日)、第16回日本母子看護学会学術集会に、母親の立場でのスピーチをさせていただきました。 この学会には医師、助産師、看護学生、助産師学生の方々が多く参加されていました。





ダウン症がある子どもにどうやって母乳育児をしたか、次女を育てた私の想いと経験をお話してきました。

まず、自分自身について自己紹介。
ダブルダッチというパフォーマンスをしていたことやMCとして仕事をしていること。
がゆえに、子どもを持つことも年齢として遅かったことも(長女を出産したのが35歳の時、次女を出産したのは38歳でした)

次女妊娠中は、つわりが重く、お腹が張りやすいことはありましたが、他はまあまあ順調な妊娠期間でした。
出産時も順調。病院到着してから3時間ちょとで出産。

長女を出産した個人産院は母子同室で分娩直後から同室。
昼も夜も授乳とオムツのお世話をしていました。
授乳の仕方は助産師さんに丁寧にご指導いただきました。


一方、次女を出産した病院では、
出産後24時間は保育器に入りミルクを与え、初めての授乳は生まれた翌日でした。

産まれた頃は聴力がほとんど無かったので(というのは退院時に知った)、全然泣かない、そして母乳を与えようとすると眠ってしまう娘。
でもミルクは飲んでいると看護師さんの話。

なんだろーなんだろー、なんでおっぱい飲んでくれないんだろー。

と私の頭ン中はぐるぐる。。。

おっぱいが張ってきて、飲んでくれないので絞ってみるけどおっぱいパンパン痛くて。
夜の時間帯は新生児室に返され、そしてミルクを飲む。
おっぱいはどんどん張る。

はい、これ悪循環やん!

という気がしてならず、「夜中に授乳しに行っても良いですか?」と相談をすると、
ちょうど陣痛室が空いてるのでそこで母子同室で授乳OKが出ました。

それから二晩ほど、朝の6時位まで陣痛室で娘と二人、ちょこちょこ娘におっぱいを飲ませ、少しは張りも落ち着きました。

夜は一度も助産師は様子を見に来ることもなく、私たち親子の孤独な闘いでした。

一方、退院時に、医師から「聴力検査でエラーが出た、そして心臓の雑音が消えません。精密検査をしに大きな病院へ行って下さい」と言われ、大学病院へ。


大学病院につき、小児科から循環器科へ。
小児科から循環器科で検査、レントゲンに超音波等の検査を受けて、また診察。
結果心臓に穴が見つかりました。
また小児科に戻って血液検査。
結局、大学病院に朝から夕方まで一日滞在。
その間、私は娘を抱っこしたまま、ごはんも食べず夕方まで水分も取れず、トイレもベビーベッド付のトイレを探してようやく1回。
産後6日目の私の身体と心にハードな一日でした。


心臓に穴が二つ見つかり、循環器科の先生に「沢山おっぱいやミルクを飲ませて」と言われました。

「おっぱいやミルク、たくさん飲ませて」


って看板がガイ~ンって自分にのしかかって、いっぱいおっぱい飲ませないと!と思いました。

しかし、夜中も娘は泣かずに眠り続けるので、私が1時間ごとに目覚め(自然に目が覚める)ておっぱいあげて・・・の繰り返し。

病院には母乳外来はなく、病院からの訪問もなく、地域の助産師につなげてくれるわけでもなく、とにかく自分で試行錯誤。
保健所からの新生児訪問は頼りない男性保健師で、話にもならず・・・・


頼りにしたのは、以前から世話になっている整体師。
「おっぱい(母乳)を飲む行為は脳がすごく刺激される、哺乳瓶よりも何百倍も刺激がある」と話してくれて、身体のケアもしていただき、本当に心救われました。


「生後1か月まで母乳だけで飲ませて体重が増えなかったらミルクを足そう。それまでは母乳だけを上げることに挑戦してみよう!」と決心し、保育園に通う長女の夜ごはんとお風呂のお世話を実家の母にお願いし、私はずっとずっとひたすら次女におっぱいをあげ続けました。

おっぱいを飲むのに時間がかかる、片方のんでは疲れちゃって、げっぷさせるのも時間がかかる。げっぷがなかなか出なくて、気づけば1時間半位経過していて・・・あのころは、一日中おっぱいをあげてるだけの日々でした。


そんな話をしていたら
私はそのころの自分がなんて孤独でさみしかったんだろう、と悲しくなった・・・

あの時は頑張ることに必死でそんな自分の孤独にも気づいていなかった・・・


最後に、学会に参加している皆様にお願いをしました。

私達、親にとって医療者の言葉は非常に大きく絶対です。
だから医師の言葉を全身で受け止め、必死にかじりついて頑張りました。
そんな中で、もっと察してほしかった。
一人ぼっちにしないでほしかった。
2人目の赤ちゃんで授乳経験はあっても、ダウン症で授乳困難なのは初めてのことでした。


赤ちゃんに障がいがあるかないかに関わらず、
一人ぼっちで格闘するお母さんが今後でないように、
赤ちゃんにもお母さんにも優しい寄り添いを是非お願いしますと、私のお話を終わらせて頂きました。

そして、私も一親として、これからも成長をしていきたいと感じました。



こんな経験をさせてくださった、大先輩のみとちゃん
本当にありがとうございました。

Umiのいえスタッフ もりみき

7/5 ライブイベント 鎌倉よりおでかけジェンテコ! テーマは「ハワイ」 ライブ&ショップ&ランチ

こんにちは!
スタッフの井田です。
7月です。夏です!夏といえばハワイ~!!ということで、
今回のおでかけジェンテコ!の テーマは「ハワイ」 ライブ&ショップ&ランチ~~
でした!!
21組のお客さまとスタッフで一足早い夏を満喫しちゃいましたよっ!!

まずはライブ♪♪


Music
Holo Makani (ホロ・マカニ)=
Eugene ‘iukini’ Kariga (uke., g., vo)
Yukari Hirabayashi (key., cho.)
Masao Nakamoto (B.g., Perc., cho.)
Seiji Yano (g., cho.)
*古き佳きハワイのポピュラーソングを演奏する4ピースバンド。
誰もが知っている超定番曲から、
ちょっと渋い選曲まで幅広く楽しませていただきました~
 



ママもキッズもベイビ~もみんな自由に楽しんでます♪

MCみき、こと、スタッフの森未希もノリノリっす!!
黒澤さん!まるでハワイのラジオのDJのようなトークでしたよん!

Youtube先生に習ったフラを踊る女将「エプロンだけど踊っちゃいました~」


みんな、ゆったりたのしそう~~~!!


お待たせしました!!
ランチでっす!!ボリューム満点!!!
なんてったって、日テレの「ヒルナンデス!」で紹介された
鎌倉・御成の「WanderKitchen」のランチですよ~~!
おいしかったです~~!
Non-Veggie/lunch Hawaiian Pineapple Sweet & Sour Smoked Sausage(ソーセージ酢豚風) tropical Salad Loco Moco(ハワイ風ハンバーグ丼)

Veggie /lunch

ono patato mac(ハワイ風ポテトマカロニサラダ)
tropical salad(トロピカルサラダ) hawaiian haystacks(ハワイ風ちらし寿司) 

キッズちゃんも大満足ですっ!



SHOPPING: jenteco

タイ直輸入の水着やカジュアルウエア、Tシャツ、
ユニークな柄や
ひねりの利いたデザインのトートバッグやポーチなど、
夏必携の アイテムたくさん! 



どれもかわいくてスタッフもマジで悩みまくってました・・・
ですので、jentecoのお洋服、しばらくumiのいえで販売しま~~~す!
イベントにこれなかったみなさん、よければ講座のついでにショッピングも楽しんでってくださいね!!

 
次回のおでかけジェンテコは秋ころ開催予定です。
次回のテーマは何かしら~~~??
どうぞお楽しみにっ!!





6/30 篠先生の自分と子どもの育ちを楽しむ会「言うことを聞かない子どもに困 ってい るママのためのお話し」

こんにちは、スタッフ麻衣です。

子育てをしていると、思い通りにならないことだらけ…
「何でそんなことするの?」
「どうして言うことを聞いてくれないの?

毎日毎日子どもとバトル…
寝顔を見ながら「怒ってばっかりのママでゴメンね、明日こそは怒らずに楽しく過ごそう」
って思うけど、今日もまた怒っちゃった…


「公園遊びから中々帰れなくて、いい加減にしてほしい」
「テレビやゲームを中々止めてくれなくて…」
「お片付けしてって言ってるのに、何回言っても他のおもちゃで遊んでる…」
「言いたくないけど、ついつい早くしなさい!って言っちゃう」
「他の子が持っているおもちゃばっかり欲しがって困っちゃう」

などなど、毎日の中の些細なことだけど、だからこそ、どうにかなるものならどうにかしたい!

参加者の方の色々なお悩みに、「子どもってそういう生き物なんだよ」って篠先生は優しく笑って言われます。

講座の中では、画用紙とペンを使って、子どもの周りを取り巻く人や物との相関図を描くワークをしました。子どもを中心に、周りにどんな人や物があって、子どもはそこからどんな影響を受けているのか…

普段なかなか考えることのない相関図。描いてみると…うっ、難しい…あれ?自分の子どものこと、分かっているようで、実はあんまり知らないかも…

最後は参加者の皆さんで発表しあいましたが、その子の事は知らないのに、相関図を見ながら、その説明をするお母さんのお話を聞いているだけで、なんだかその子に会ったことがあるような気分になりました(笑)









「子どもは悪いことはしないよ。やりたい事をやってるだけ。だから、悪い子なんて一人もいないの。」

「大人と子どもは脳が違う。子どもの習性を理解したら、子育てが楽しくなるよ。」

「子育ては子どもとの共同作業。子どもを一人の人間として認めて、子どもと対話すれば、お母さんも一人じゃない。孤独じゃなくなるでしょ。」

こんな、篠先生のお話を聞いていると、スーッと心が軽くなって、子育てって面白い!って思えてくるんです。


もちろん、子育てに正解はないし、子どもによって付き合い方は様々ですが、篠先生のお話には、子どもと過ごす時間が楽しくなる、お母さんとしての毎日が嬉しくなる、ヒントがいーーーっぱい詰まっています!!!




【参加者の感想】

●頭ではわかっていても、この子に合った対応の仕方がわからず悩んでおり、とにかく誰かに相談したくて参加しました。自分がやっていることが良かったんだと再確認できたり、自分を認めることができたり…篠先生に直接お会いできて良かったです!

●子どもの気質に合わせて育児をすると自分が楽になることを学べました。子どもに強制するのではなく、選択させてあげるとお互い楽しい気持ちになるなぁ思えるようになりました。

●いつも感情的に怒ってしまうことが多く、逆効果だと感じていたところでした。「ダメ!やめなさい!」と否定的な言葉ではなく、肯定的な言葉で話すようにしようと思いました。料理をする時にテレビを見せていたので、一緒にするように心がけます。「困った事をするように躾けているのは自分」というのが響きました。参加して良かったです!

●先生のお話の中で、怒る(叱る)ことは効果がないと聞き、今まであまり怒ったことがないのを、これでいいのかなと思っていたので、安心できました。

●子どもに自分の気持ちを押し付けていた部分があるなと改めて感じ、自分で自分を困らせていたなと思いました。子どもの相関図のワークでは、普段考えない物事や人の影響を考える事ができ、とても客観的に見ることができました。子どもの世界を捉える事ができ、今後の参考にもなりました。

●2回目の参加で、今回も自分と子どもの関係を客観的に見直すことができて元気になれました。今がとても幸せということに気付けて良かったです。大切に悩みながらいこうと思います。