2016年10月31日月曜日

10/28 ガンダーリ松本先生のお話会 『下げ妻から上げ妻へ~家族が幸せになる女性の智慧~』


我慢しない。
我慢すると、相手がワガママに思える。

違和感を感じたら、その時に素直な気持ちを伝えるか、
相手に伝える前に、自分が何に違和感を感じているかに気付く。


10/28、ガンダーリ松本先生のお話会
『下げ妻から上げ妻へ~家族が幸せになる女性の智慧~』
が、開催されました。




ちょびっと秋風邪ひいたぜ、お泊まり修行の小坂真理子です。


題名がね。
もうね、夫婦の永遠のテーマですよね。きっと。
満員御礼で熱く開催されました。


自分が熱い人か、クールな人か。
かつ、情緒的か、合理的か。

4つのグループに分かれてみました。

そして、パートナーはどのグループに属するか。
結構皆さん、パートナーは対極のグループに存在するようです。

それは互いが補い合い、支えあうためなのか。

なーんてこともあるかもしれないけれど、
シンプルな話。


自分と比較して、相手がどうか見ているだけ。
二人いたら、真逆に見えるんだそうです。


良い悪いではない。

相対する人によって、自分が熱くなったり、クールになったりするように、自分の中にも4つ全ての性質がある。


見方が変わる優しい時間でした。
そしてガンダーリ先生の優しい鈴のような声が染み入る時間。

ちなみに、
下げ妻は、

尽くしすぎる妻だそうです。


・・・そうですか!!!

女性のみなさん、
賢く甘えましょうね~。

尽くすは人の為ならず!


次回開催されるかどうかは、ご要望次第!
どしどし、ご要望お待ちしておりまーす。

2016年10月29日土曜日

10/27 かめおかゆみこさんの聴くを磨く連続講座 全6回、4回目が終わりました!

4回目のテーマは、
「ネガティブな話を聴く」
ジャッジしない、固定しない、ためこまないためのワーク
でした!
スタッフまいこです。

誰かのネガティブなお話。
こちら、苦手な方も多いのではないでしょうか。
延々と誰かの悪口、
延々と自分を卑下、
よくなかったこと、
できなかった後悔。

慰めても届かず、
鼓舞しても暖簾に腕押し。

あれれ?わたしは必要?
もしくは、
おやや、わたしはその人のゴミ箱?

なんだか自分までどんより。

なんて。
人は自分自身にかけている「呪文(マントラ)」があり、
それは必要だったので自分で持っているものなのだそう。

どんなに外からいいことを「10回」言われたとしても、
それを否定するような「マントラ」を持っていると、
その何倍もの回数、例えば「100回」!自分で自分を否定してしまう。

こ、こわいです・・・。
「ありがとう、助かったわ」なんて言われても、
「わたしはダメな子、わたしはダメな子・・・(無限回)」
なんてことが起こりうるということですね。

怖いけれど、人は育ちのなかでその時は必要で、自分なりの「呪文(マントラ)」を、持ちますね。
今は必要ないものも、見えなければ見つからない。
もういらないね、とすることもできず、唱え続けて…

って、やっぱり怖い(笑)
自分の心によって、
「どう聴こえるのか」
を体感するワーク。

同じ話を、否定しながら聴くと?
肯定しながら聴くと?

聴かれた時の自分はどうだった?
心が開いた?それとも、苦しさを感じた?

ワークはとんとんと進みます。
できるできないは関係ありません。
そのとき自分は何を感じたのか。
正解はなく、「自分」だけの答えがあります。

安定のゴロゴロゆるゆる風景ですが、こちらは今回、みなさん「マリモ」へ擬態しています(笑)
なんのこっちゃ、ですね。

これは「切り替え」です。
いつもみなさん、「どこから」聴いていますか?

いつもいつも、自分が「主人公」ですか?
じつはそれだと、すこーしだけあるエッセンスが増してしまう。

良い、悪い、ではないですよ?

とてもとても、人生が「ドラマティック」。
入り込んでしまう。

すると。
自分にひどいことを言うあの人は、どうしても「悪者」ですね(笑)

上の写真は、「仕事のできない自分」が、上司に怒られている場面。
を、それぞれ表現しています。
目は合わず、
小さくなり、
肩はすくんでいます。

が。

ここで先ほどの「マリモ」が登場。
切り替えてみます。
「マリモ」の自分で、同じ話を聴いてみます。(怒られてみます)

すると???

残念ながらワークの写真がありませんが、かめさんよりマリモの写真を頂きました(笑)

たゆたう湖面や、ゆらゆらゆれる水。
ぷくぷく空気が上へとあがるさま…

みなさま上司役のかめさんに怒られながら、
「今日はすこし、まわりがざわめいているかな?」ぐらいに感じられたそうですよ。

(これはワークのなかの疑似職場ですが)
「仕事のできない自分が悪い」とぐさぐさ刺して、それが自分のモチベーションになりますか?

がんばる、がまんする、以外の方法で自分をケアしましょう。

そして、その上で、「関係性」を作っていく。

相手を上にしたり下にしたり、無意味な人にしているのではなく、
「自分が勝手に持ってしまっている幻想」を壊しているんですね。

それでも誰かの言葉に傷ついてしまうなら。

「よけてみる!」

その練習です。お座布団で。
はい。こちら真面目なワークです。

心と身体は「ひとつ」ですよ~
避けたっていいんです。
わざわざそのナイフを受け止める必要はないのです。

あまりに自己否定が強いと、
「どうぞこの不出来なわたくしめにそのナイフをお刺しくださいませ」
って言ってる(無意識にそうしている)ことも、ありますけどね・・・(遠い目)

う~ん、だいぶ避けられるようになりました。
し、相手に武器を渡さなくなりました(ほっ)

わたしのドM 談義でしたら、腐るほどございますのでお聴きになりたい方はどうぞお声がけくださいませ(笑)

感想

・「自分の話を聴いてもらえない」という思い込みがあった。それが解消できたかも!

・期待に応えなければならないと背負っていたものが、おろせたかも。

・動物の感覚を取り入れるとか、動きを取り込んだり、楽しかった。

・自分のジャッジ次第で、ノウハウじゃないんだなぁ。

・「前提」で委縮したり、してた。聴いてもらえないとか。

・ダメな自分、を確認しているかのような日々だった。けれど、何者にでもなれる要素をもった自分…自分次第…逃げてもいいんだなぁ…いつか、やるぞー!

・自分が人に対して作っている壁の高さに気が付いた。寂しさを感じていたけれど、きっと自分が入ってないから。入らないようにしてた。すぐには壁を下げられないかもだけど、感覚で、近づいていけそう。


「誰かの」ではなく、
「自分の」ネガティブさ。
自分の「呪文」と、
どう付き合いますか?

お座布団のようにひょいと避けて。
または、心地の良い「呪文避け」を手に。

どんなに時間がかかっても。
すぐにはうまくできなくても。
チャレンジした自分にマルをあげて、
さぁ、「自分」の心地よさへGO!

全六回の意味。
同じメンバーで過ごす意味。
ひとりではない意味が、ここにあるのです。



体験講座、来年スタートの連続講座、企画ございますよ~!

すべて10:00~12:30

まずは体験講座へ! 
11/7(月)
12/2(金)
2017/1/13(金)子連れOK!

お申し込みはこちら

2017年4月スタート!
聴くを磨く連続講座 全六回 第七期
4/25、5/9、5/23、6/6、6/20、7/4(予備日7/18)
すべて火曜日10:00~12:30

お申し込みはこちら

日程だけでも手帳にチェックしておいてくださいね~




10/27 篠秀夫先生の「シュタイナーの気質のお話し」を開催しました




こんばんは、スタッフ麻衣です。
「猫が好き。わがままで、自由なところがいいんだよね~。」
「猫が嫌い。わがままだし、自由なところが嫌なんだよね~。」
同じ理由なのに、好きと嫌いに分かれるのはなぜ?
同じ両親から生まれる子ども。お腹の中にいるときから、お兄ちゃんは大人しかったのに、妹は動きが激しい。生まれる前から性格が違うの?なぜ?
自分のこどもなんだけど、やることなすこと全然理解出来ない…なぜ?
それぞれが持って生まれた気質の違い。
好きなこと、嫌いなこと、心地いいこと、得意なこと、人との関わり方、考え方、感じ方…
違いを知って、初めて相手の事を理解できる。我が子がどんな気質を持って生まれてきたのか、私とどんな風に違って、どんな風に同じなのか。
「シュタイナーの気質のお話し」っていうと少し難しそうですが、篠先生のお話しを聞いていると、「あ~そうそうそれある」「そうかぁ~、あの行動はそういう事だったのか」「なるほど、そんな風にすれば子どもに伝わるんだ」と、納得したり、感心したりの連続です。日々の子育てが楽しくなるヒントがたくさん。
篠先生は子どもと楽しく過ごすプロなので、必聴の講座です

2016年10月27日木曜日

10/27 小物を編んでみよう~ニット講座~開催しました

10月27日、日差しはあったかいけれど、吹いている風が少し冷たい。
ちょっとあったかい小物が恋しくなってきた今日、小物を編んでみよう~ニット講座~開催しました。

こんにちは。スタッフまりこです。
涼しくなってきて、ようやく私も編み物のエンジンがかかり、自分用のニット帽を編みました。

今回の講座では、お母さん3人が集まり、
時には子育ての話をして手を休めながら、時にはぐっと集中しながら、
お子さんのためのベスト、チュニックを編み編みしました。

こうやって編むのかな?と考えながら

みんな作っているものはバラバラ。
このニット講座のいいところは、先生が一人ひとりをちゃんとみてくれるところ。
編み物の本に書いてあることにこだわらず、
「編み方がきつめだから、編針は本に書いてあるものじゃないのを使おうか?」とか、
「この毛糸使いたいなら、こういう風にいかしてみれば?」とか、
いろいろアドバイスをもらえるので、編んでみたいけど・・・と二の足を踏んでいる方にもおすすめ。

そして、一人で黙々と編むのもいいけど、みんなが編んでいるものからヒントをもらって、
次に編むものを決めるもよし。
日頃の悩みを語って、みんなでうなづくもよし。
ニット「講座」っていうけど、どちらかというと、ニット「カフェ」かもと思うことが多いです。

今日も幼稚園に入園前のママがいたので、手作り品、ミシンの話で盛り上がりました。

これから寒くなると恋しくなるあったか小物。
あなたも編みに来ませんか??

次回開催は11月22日。お申込みは→こちら

秦さんのここちよい暮らしの知恵講座「家計管理って必要⁉」開催しました‼

10月17日、秦さんのここちよい暮らしの知恵講座「家計管理って必要⁉」を開催しました。




こんにちは、スタッフ麻衣です。

家計管理…はぁ…考えるとため息が(笑)

まだ大丈夫。
いつかちゃんとやらなくちゃね。
直視するのが怖くて…。
家計簿つけてるけど、見返してないな…。

そんな方は是非、秦さんのお話聞いてみてください‼ヒントがたくさんもらえます。そして何より、やる気に火がつく…かも?

【参加者の感想】
・家計簿は付けていましたが、振り返ることをそんなにしていませんでした。
一年で振り返って夫婦で相談というのが大事なんですね。
かなりざっくりしていたので、もっとつけていることを有効に利用しないといけないと思いました。

・家計を考えるいい機会になりました。お金を使いたいところ、しめるところのメリハリを付けたいと思います。家に帰ったら旦那さんと話してみたいと思います。

・あと二十年間での必要経費がなんとなく出て、必要貯蓄額が出て、目標が立てられました。

・自分一人では20年先までの具体的な支出をイメージできませんでしたが、参加した皆さんの話を聞く中で、クリアになりました。家計簿も自分の気になる部分だけ細分化するなど、色々と参考になるお話を聞けたので、今後の家計簿をつける際役立てたいです。

・家計簿ってテクニックが必要なイメージで、今までずっと苦手意識がありました。
丼勘定で口座残高の把握さえしていればいいやと思ってきましたが、子どもの誕生や今後の住まいのことなど、真剣に考える必要が出てきたため、受講しました。


★来月の秦先生の講座は以下で受付中です!★



砂糖を使わない美味しいおやつ、いかがですか?

10月17日、秦さんのここちよい暮らしの知恵講座「第4のごはんになる穀物のおやつ作り」を開催しました!


こんにちは、スタッフ麻衣です。

10月も後半に入り、やっと涼しくなってきましたね。さぁ、いよいよ、食欲の秋の始まり~(^-^)

というわけで、大人も子どもも、お腹がへる。
おいしいおやつが食べた~い‼

油でサクッと揚げたポテトチップス、バターたっぷりのクッキー、あま~いチョコレートに、着色料たっぷりのグミや飴。

たまにはそれもいいけれど、毎日食べるおやつは、砂糖や添加物だらけじゃない、だけど美味しくて子どもが満足してくれる、そんなものが作れたらいいなぁ~。

そんな気持ちのママ達が集まりました。

今日のメニューは…
・野菜ドーナツ
・リンゴの葛煮
・粟だんご
・すいとん

どれもこれも、砂糖は一切使っていません。それでも、素材の味がひきたって、とっても甘くて美味しいのです。
そして、とっても優しい。

今日もたくさん怒っちゃったなぁ…    
イライラして子どもに優しく出来なかった…

そんな日も、このおやつを食べたらきっと、お母さんの優しい気持ち、あなたの事が大好きよっていう気持ち、たっぷり子どもに伝わるだろうなぁって思いました。


抱っこしながらみんな真剣にお話を聞いています
本日の材料。おやつが出来るとは思えない?(笑)
お料理の途中にもちょっとしたお料理のコツがたくさん。
具だくさんすいとんも。
ドーナツ丸めてます
完成!!
みんなでいただきま~す!おいしくって子どもたちのスプーンも止まりません。

【参加者の感想】

◎デザートすべてが砂糖を使わず美味しく食べられるのがすごいと思いました。あわボールも気軽に雑穀が食べられるので、上の子にも食べてもらえるように作りたいです。

◎初めてあわを食べました!ごはんの変わりになりますね。おやつのレパートリーが増えたので、作ってみたいと思います。


★来月の秦先生の講座は以下で受付中です!★




2016年10月20日木曜日

12/4 座談会 「日本の助産師の未来 ニュージーランド、イギリス、日本の現実から見えてきたもの」

12/4 ミドワイフCafé@Umiのいえ
座談会
「日本の助産師の未来 ニュージーランド、イギリス、日本の現実から見えてきたもの」


こんにちは Umiのいえ齋藤麻紀子です。

日々子育て中のお母さんや、若手助産師のみなさんにご来場いただき、思いを吐露していただいてます。
志高く助産師になったのに、思うように手を活かせず、心寄せきれずにもどかしく働いている助産師さんが多いですよね。
人手不足や、産む人の主体性を導きにくい昨今。不本意な仕事を続けては心を硬くしていきますし、仲間がいなければ向上心もなえていきます。それでも、心尽くして働いてくださって本当にありがとうございます。
時代が変わっても、お産守りは神様から任された大切なお仕事。
助産の灯を絶やしては、産む人はもっと路頭に迷います。
なので、会って語り合いませんか。
ミドワイフCaféは本音で語り合う場です。
明日へのヒント、なにかみつかるかも。

今回は、海の向こうから風を運んでくださる方に、会える日です。
ご参加お待ちしております。 

(助産師が大好きな母 齋藤麻紀子) 


テーマ:イギリスやニュージーランドの<自律した助産活動><自律した助産師を生む教育>の実際をお聴きし、改めて日本の助産師の役割と可能性について語り合いましょう。

ゲスト 

●ゴールドマン浩美さん
助産院「お産の家せたがや うみのもり」院長。長年イギリスで助産師活動をされていらした英国での取り組みと、帰国して日本の産科医療と教育をみて感じたことをお話頂きます。

●ドーリング景子さん
病院や助産院、国際救援で助産師として約8年間活動した後、カナダとニュージーランドで三児の母になる。ニュージーランドの出産ケアシステムと自律する助産師に魅せられ、日本の助産ケアを生かすシステムや助産師さんの自律に向けて活動中。現在、ニュージーランドの大学院で、女性と助産師の関係について研究中。

●パホモフ由香さん  
大学病院、特別養護老人ホームに勤務後、2010年ニュージーランドへ移住。2人の娘の妊娠・出産を通して、女性のもつ神秘・赤ちゃんの力に感動し、助産師になたいと思い始めました。2014年AUT 助産師学科入学、現在最終学年になります。

【日時】12月4日(日)13:30~17:00 
【参加費】3000円
【対象】周産期に関わる方、ご興味のある方、子連れOK
【会場】Umiのいえ http://www.uminoie.org/

2016年10月18日火曜日

10/17 聴くを磨くフォローアップの会!

今回は参加された方々の感想特集です!
スタッフまいこです。


かめおか ゆみこさん「聴くを磨く」フォローアップ会は、
集まった人たちの会話から始まるオーダーメイドの時間。
一人で二人で緩まるワークや、身体や言葉遊びでイマジネーションを広げるワークなど、大あくびに大笑いの連続で、とっても楽しかったー!
 
何年か前に、子どもの頃から持っていた護りのための硬さはもう無くてもいいんだな~と気づいてから、「緩まる」ことは弱くなることではなく「自分に寛ぐ」ことなんだって感じるようになりました。
 
その場でも、写真を見ても思うのは、緩まるとその人の美しさが立ち上ってくるの。女の人も男の人も。
 
それは周りに伝わっていく。(Tちゃん)

言葉のワークのひとつとして
『ホラ吹き対決』
をやったのです。

どんなに現実からかけ離れたことを言ってもOK、
相手より、とにかく大きなホラを吹けば勝ち、
という、この対決。

「うちなんか、庭に湖があるんだぜ!」
から始まり、
あることないこと、ではなく、
ないことないこと、
お互いにオラオラ口調で
どんどんホラを吹いていく・・・・・・
でも、何より、
相手のホラを聴くたび、
自分のホラを吹くたび、
自分の中にいろんないろんな光景、風景が広がっていくのが本当に楽しくて

ずうっと前、
たぶん私がまだ10歳にもならない頃、
私は「自分の声」を封印しました。

声を上げないことを選択したのです。
人(私にとっては、親などの家族)を傷つけないために。
人を傷つけることで、自分が傷つくことがないように。

日常生活で、しゃべることをやめたわけではなく、
自分の「心の声」を発信することをやめたのです。
私の正直な心の声を発信すれば、人を傷つけるのだと思ったから。
自分の言葉で人を傷つける自分は、「悪い子」なのだと思ったから。

昨日のように
(私にしては)大きな声で相手にオラオラやって、
自分の中に浮かんでくる楽しいホラをガンガン口にして、
あ、
わたし、声を上げてもいいんだ
って感じたのです。

いい人やる必要もないし、
自分の中から出てくることをカムフラージュする必要もないし、
世間の常識にとらわれる必要もないし、

そこにいるのは、
素直な、自由な、自分。

そして、
心の声、自分の言葉と共にかつて抑え込んでしまった、
知らないうちに眠らせてしまった
自分の想像力・創造力が
再び目を覚ますような感覚。

めっちゃ楽しい。 信じられないぐらい、楽しい。
そして、嬉しい。
心の底から、ウレシイ。

自分の心の解放を
導いてくれる・見守ってくれる・励ましてくれる人達が
いてくれることも、本当にうれしい。
私も、同じことができるようになりたいのです。

ホメオパス藤田さおりさん
(全文はブログへ!※Umiで講座がございす)
http://ameblo.jp/stillpoint/entry-12210842652.html


殴り合い、のっかりあい、嘘つきあい、
好き勝手な創作をし、
ぐだぐだだらだらする
地球に任せて逆立ちして寝たり・・・

普段やれないことをたくさんやる。
「いい人」をやめる。
「きまりごと」もやめる。
すると、自分の中の素直な自分がひょっこり顔だしてくるよ。

そうすると、周りの声なき声にも、耳を傾けやすくなるんだね。 

「聴くを磨く」講座 
卒業生のためのフォローアップの会in Umiのいえ 
みんな、笑い過ぎ
(女将まきこ)

楽しかったー!
じわじわ。
たまりません。

すべてを放棄して「素」で参加してる会なので、
満ち満ちてます◎

やりたいことをやり、
やりたくないことはやらず、
流れに乗りながらも、
ファシリテーターの意図は汲まずw
おのれの声を聴く。

その心地よさ。

参加されてる方が紡ぐ、
「自分が何をどう感じているのか」の言葉。

そう。
そうなの。

わたしが聴きたいのはその言葉なの。

何に「どのように」揺れ、
何に「どのように」喜び、
そこで何を感じて、
「あなた」は何者であるのか。

どんな関係性の中でも、
そっとそこに触れて溶けあえればいいのに。

人間でもできるのかなぁ。

「聴けていない」の認識の奥にある、
自分の「聴く」を再認識した感じ。
「聴けていない」は、
「聴きたい」ってことなんだなぁ。
スタッフまいこ

でした!

まずは体験講座、お待ちしております!



2016年10月17日月曜日

Umiのいえメルマガ★10/17 子どもとの日常がアートだよ


こんにちは、Umiのいえ 上村聡美です。

寒くなってきましたね。この時期は肘の冷えにご注意を!呼吸器の不調につながります。
対策には、まず洗面器にお湯を張って肘湯。即効性あり!
お出かけの際はかぐらやロールがオススメ。好きな長さに切ってアームカバーなどに使えます。
新色入荷、早い者勝ちですよ〜。

そして秋は、感性が細やかになる。
親の感性が豊かになれば、子どもとの関わりも多彩に。
上手かどうかは関係ない。逸脱を認めたら、ココロの許容範囲もう〜んと広がる。
音楽と表現、大プッシュ月間です^^

★今月のオススメ★
10/20(木)うたのワークショップ 天地うた 結の会(あわのうた ゆいのかい)
ソプラノ歌手松木貴子マリア先生から、お茶の所作、やまとことばの美しい発音も学べます。
今回は秋の情緒たっぷりの歌曲を。音痴歓迎、楽しむのが一番!響きが体を通る心地よさを味わおう。
http://coubic.com/uminoie/380407






10/21(金)カラダ☆オーケストラ
女優関口満紀枝さんの大爆笑スッキリプログラム。お腹の底から笑える上に、ボイストレーニングにもなっちゃう。
http://coubic.com/uminoie/175894

10/27(木)篠先生のお話会「シュタイナーの気質のお話」
引っ込み思案、乱暴、落ち着きがない…子どもの性格に悩む方必見。気質を知ると人を見る目が育ちます。
http://coubic.com/uminoie/185912

10/28(金)ガンダーリ松本先生の「下げ妻から上げ妻へ〜家族が幸せになる女性の智慧」
家庭の中で女性は太陽。無駄なエネルギーを使うことなくワクワク生きてゆく為の和の智恵をお伝えいたします。
http://coubic.com/uminoie/284417

10/29(土)午前・午後【えほんうた・あそびうたライブ】
プロミュージシャン&音楽療法士でもある西村さんの「絵本×音楽×からだ遊び」の要素を用いた新しいスタイル。
http://coubic.com/uminoie/332495




10/31(月)村田のりみちさんのスピリチュアルアートセッション(時間予約制)
守護霊様の似顔絵に、あなたの持つエネルギーについてのエッセイを添えて色紙にする贅沢な個人セッション!
http://coubic.com/uminoie/207801

☆11月のオススメ☆
11/5(土)おおたか静流さんライブ♪ゲストミュージシャン:Asu(ああす)
Eテレ「にほんごであそぼ」でおなじみの歌姫、静流さんがUmiに再降臨〜!
マイク無し、豊かな歌声のシャワーを浴びよう!
http://coubic.com/uminoie/153469

11/10(木)つきと星の会〜流産・死産・幼い子を亡くした親の集い
ここにはいないけど、そばにいてくれる。当事者同士、こころのうちを語り合いましょう。
http://coubic.com/uminoie/342228

11/12(土) 冬初めのお茶会〜親子で茶道体験会〜
季節の設えを親子で味わうひととき。ちょっと騒いでも大丈夫。子ども用のお茶椀もご用意。大人も先入観抜きにどうぞ。
http://coubic.com/uminoie/305145


11/13(日)棒田さんのマタニティクラス「産後のからだとこころ、夫婦の暮らし編」
〜赤ちゃんとの産後サバイバル期講座〜 知っているのといないのでは大違い。
産後〜3か月がカギ!激変する自分の心とからだと夫婦関係に備えよう
http://coubic.com/uminoie/308293


■新講座■
11/13(日)マタニティのための和のヨーガ
ハッピーな妊娠・出産のために一番シンプルな方法は、カラダをゆるめること。人間関係にも効く智慧です。
http://coubic.com/uminoie/131550 

11/27(日)母のための男の子カラダ教室
http://coubic.com/uminoie/214551

11/10(木)がんこ本舗おそうじ学校 講師養成講座
地球にやさしく家も心も人間関係もピカピカに。掃除嫌いな人こそぜひ。
http://coubic.com/uminoie/287650


いつもありがとうございます。
このメールマガジンはUmiのいえ利用者の方に月1〜2回送信しています。
転送転載歓迎!
++++++++++++++++
発行元: NPO法人 Umiのいえ 〜いのち・こころ・からだ・くらしの学び合いの場〜
http://www.uminoie.org/
★賛助会員募集中★詳細→ http://www.uminoie.org/p/umi.html
++++++++++++++++
facebook http://facebook.com/uminoie.org
ツイッターhttp://twitter.com/uminoie_y
サロンTEL:045-324-8737 

ベビーマッサージクラス&撮影会に参加しました


こんにちは。 スタッフのさいこです。
4月に2人目を出産し、念願のベビマ&撮影会に参加することができました〜〜



クラスの始まる前に。
女将麻紀子さんとみなさんで談笑中!



かわいすぎます~~!!天使だわ~~


決定的瞬間ですね!
さすがひとみさん!!

おしり、おしり、おしり~~~💛💛



ふたりともかわいい~~~~💛💛


ベビーマッサージの前にママも身体をほぐします。
簡単な呼吸法を取り入れています

ぽかぽかとした日差しを浴びながら、ベビマ講師のまさみさんのほんわかトークと可愛いわらべうたを聞きながら、お母さんも赤ちゃんも自然と力が抜けていい空気が流れます。

お母さんと赤ちゃんの肌と肌が触れ合って、ほおずりしたくなって、愛おしさが何倍にも増してしまう素晴らしい時間。 そんな姿をカメラマンの矢部ひとみさんに撮影してもらえるなんて…! かなり贅沢です。

おしっこしちゃったり、すぐ寝返りしちゃってお腹を触らせてもらえなかったり、横にすると泣いてしまうから抱っこしながらやったり、授乳したり。
赤ちゃんが心地いいように合わせながらで大丈夫なので安心です。

上の子の時は、裸にしてオイル用意して…ってちゃんとやらなきゃと思っていたのでなかなかできなかったのです。 でも、オムツ替えの時やちょっとお膝の上で暇そうな時に赤ちゃんの好きなポイントをなでなでツンツンしてあげるだけでにっこりの時間が増えるな〜と思います。

まだの方は是非ご参加下さいね。


クラスの終了後に全員でハイポーズ!!
みんないい笑顔っ!!
クラス担当のいだまさみです。
次回ベビーマッサージクラスのスケジュール&お申込みは下記になります
↓↓
10/25(火)撮影会付き 満席です
11/25(金)ベビマ&ママのセルフケア
12/14(水)撮影会付き

季節はひんやりとしてきましたが、そんな時こそ、ベビーマッサージでベビちゃんもママも身体も心もぽかぽかになりましょう!!
みなさんにお会いできる機会を楽しみにしています!!

10/8 おかゆと糀で本物の甘酒を作ろう♪ 甘酒でのアレンジ料理

スタッフの茜です♪
秋の空気と共にアトピーの息子に大量の湿疹とお熱がやってきました。
最初はちょっとびっくりしましたが
Umiのいえでいろんな方にあたたかい言葉をかけてもらい
安心して見守ることができています。
(以前はどうにかかしてあげなきゃとあたふた、バタバタ。。。)


さて、10月8日は秦さんの甘酒講座でした。
飲む点滴と言われるほど万能な発酵食品、甘酒。
そのまま食べるもよし、アレンジするもよし。
でもどーやったら家で作れるの?
と思っていたらレシピを見てびっくり、とてもシンプルな工程で作れるのですね(^^)


<本日のメニュー>
・キャベツと厚揚げのホイコーロー風
・三五八漬
・甘酒クッキー
・甘酒シャーベット


今回はお手伝いできるくらいのお子さんがちらほら。
みんなエプロンを付けて前のめり気味でスタンバイ!
クッキーを思い思いの形にする時間がとても楽しいかったです。
野菜を切ってもらったり、配膳してもらったり・・・
外は雨がすごかったけれど、Umiのいえにはゆったりとした空気が流れていました。




みんなでクッキー作り


思い思いの型に仕上がりました


みんなでお手伝い


にんにく、ねぎ、生姜を油と炒めるだけで
中華風味になります


毎回秦さんの講座では日々のくらしに役立つ情報がいただけるのですが
今回はにんにく、ねぎ、生姜は刻んで冷凍しておくと便利!
と教えていただきました。薬味系のお野菜って余らせがちですが
これなら無駄にならず、使い勝手もいいですね♪

長ネギの粗みじんもとても手軽な切り方を伝授!
おかみもまぁびっくり!すごいわーと驚いておりました。
(でもすぐ忘れちゃうんでしょ。の秦さんの突っ込みがまたよかったです^^)
途中参加者のみなさんで

「秦さんちの冷蔵庫が見てみたーい!」
と大盛り上がりでした。
秦さんがくらしの本を出してくれたらいいのにな〜なんて。
密かに願っております!
最後はみんなでいただきますをして最近がんばったお話をしながら
デザートの甘酒シャーベットまで美味しくいただきました♪


あぶらふお味噌汁付き♪


デザートの甘酒シャーベット




糀はいろいろありますが糀屋さんで手に入れる糀は菌の力がしっかりしているそうですよ。


<参加者の皆様の感想>
・料理が苦手でだけど昔から甘酒が大好きで学ぶことができてよかったです。
仕事復帰して忙しい日々ですが甘酒づくりを取り入れてみたいと思います。
きっちが大好きな娘と一緒にキッチンに立つ機会を増やして、手作り甘酒を楽しみたいです。

・甘酒を飲んだことがなかったのでこういう味なんだと初めて知りました。
甘味があり砂糖の代わりになるのでおやつ作りにも役立てたいです。

・糀の違いやお店も教えてもらい勉強になりました。
甘酒シャーベットもおいしかったです。自分のご褒美に作ります。
お土産の糀を頂いたので早速甘酒作ってみます。回鍋肉は家にあるもので一品になるので作ってみます。

・甘酒が大好きで自分で作ってみたくて。。。でもハードルが高そう。。。
でもこんなに簡単なのか!とびっくりしました。甘酒のアレンジも教えて頂けたのでいろいろやってみたいと思います。

先生のお言葉「手間はかけないが手は抜かない」素敵です。




早速自宅で甘酒を作ってみました!
簡単なのに甘くて美味しい〜♪
夜は教わった甘酒のホイコーロー風も作ってみました
こちらも大成功!



次回は10月17日「第4のご飯になる穀物のおやつ作り」すいとん、あわ団子他
11月19日「旬のお魚で干物を作ろう」〜ここちよいくらしの知恵講座〜
です!
お申し込みは講座名をクリックしてください(^^)

2016年10月16日日曜日

10/13 かめおかゆみこさんの聴くを磨く連続講座全6回中の3回目を開催しました!

みなさんの笑顔が回を重ねるごとに、キラキラまぶしくなっています。
すてきだなぁと、嬉しく拝見しております。スタッフまいこです。

聴くを磨く連続講座、三回目のテーマは。

言葉を聴かない。
まるごとを受け取る。

でした!

伝えられたことを、どのように理解するのか。
それは自分のなかにどんな受け皿があるのか、ということでもあります。

その受け皿は本当に千差万別で…
ある人にとっては「おもしろい」は褒め言葉で、
ある人にとっては「それほどかわいくない」の代名詞で。

言葉の「意味」のとらえ方さえも千差万別。
「自分の中」に「何」があるのかを知っていないと、

「なんてこと言うのさ!きー!」
と相手は悪い人、自分は悲劇のヒロイン。になることも。

さあ、そんな脳内劇場が始まる前に!

自分をとことん軽くしよう。
こだわらず、とらわれず、やってみよう。
の回でした!


女王様のワーク。
(変な遊びではありません)

ペアになり。女王様と家来の役です。
女王様はなんでも命令することができます。
家来はやれないことも、やれなくてもとりあえずやってみるというスタンスで受けます。

(みなさんいろんなことをされるので、見ていてとてもおもしろいワークです)

ヨガの難しいポーズをやって。
肩を揉んで。

わたしを抱きしめて。

さあ。
ワークを終えて。

自分の心の動きに気が付きましたか?

命令できた?
苦手だった?
なにか自分のなかにガードがあった?
楽しめた?
がまんした?
気をつかった?



今度は、嫌な命令には「嫌!」と言えるターンです。
ただし、「いや」は自己最高の声の高さで発声します。

もう言葉と言うか、鳥の声のように聴こえます。
ぴよ!

ターゲットに指定され、「まいちゃんを叩いてきて」の命令を、断って頂けたのにはほっとしました(笑)

このワーク。
せっかくなので「いや」と言われる命令を女王様も考えます。
わざわざ考えなくてもいいのですが、日本人のサービス精神のなせる技でしょうか。
みなさんこれは「いや」だろうな、と自分が思う命令をまぜてきます。

けれど、ここでも気が付くことがあります。

あれ?引き受けたぞ、この人。
あれ?いやじゃないのかな…?
わたしならやらないのに。

わたし、と、あいて、は別の人。

ただ聴く、
と言うのは、
「相手」と「自分」の分離でもあります。

そして、
「断る」と言うのも、ただの選択肢のひとつでしかなく。

相手に悪いな…
嫌われちゃうかな…
傷つくかな…

それも、「自分」の「受け皿」です。

傷ついた、「自分」がいたんですね。
自分がそうだからといって、相手もそうだとは限らない。

そんな当たり前のようなことも、うっかり失念してしまう。
よくあることです。

ほんとうによくあるんです。
だからこそ、体感してみる。

あれ?違うなぁ。って。


う~ん、濃ゆい回でブログがついつい長くなってしまいます。
お伝えしきれません!

他にも、
どう思われるかを考えないで、取捨選択しない、浮かんだものをそのまま、
感じたまま、ジャッジしないで出す連想ゲームのワークや、

意味をなさない言葉での(粘土アニメのピングーのような!わかるかしら?)劇で、
「ちゃんと」言おう、を手放し、
相手の表情、すべて、を見て感じたり。


それぞれのワークに、
「感じる」ポイントが仕込まれています(笑)

わははと笑いながら。遊びながら。

抵抗や、恐れ、控え、抑え、が見えてきます。

コントロールや、自己否定。
想像力へのブレーキ。

「遊び」ですら、
自分をセーブする自分がみえたり。

怖がりさんはコントロールしようとしたり。



「自分」に許可をあげる。

「飛んで」いい。

「流れ」に乗っていい。



もちろん、「飛ばなくてもいい」。
けれど、

まぁ、飛ばないほうが心地いいんだけど、
「飛んでみてもいい」かな。

そんな
「どちらでもいい」世界へ。



体験講座、来年スタートの連続講座、企画ございますよ~!

すべて10:00~12:30

まずは体験講座へ! 
10/20(木)
11/7(月)
12/2(金)
2017/1/13(金)子連れOK!

お申し込みはこちら

2017年4月スタート!
聴くを磨く連続講座 全六回 第七期
4/25、5/9、5/23、6/6、6/20、7/4(予備日7/18)
すべて火曜日10:00~12:30

お申し込みはこちら

日程だけでも手帳にチェックしておいてくださいね~






10/6 かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座、初の子連れOK見守り保育付きを開催いたしました

少し前になってしまいましたが、
かめおかゆみこさんの聴くを磨く体験講座、
「初!」の子連れOKの会が開催されました~!

パチパチパチ~
スタッフまいこです。
いつもいつも、
「子連れ不可」表示のあるこの講座。
「ご自身」と向き合っていただくために必要な選択とは言え、
心苦しい面も確かにありました。
そして、どうにか手立てはないものかと、かめおかさんと子供と一緒に遊ぶ会なども企画してはいたのですが…
「聴く」講座ではありませんでした。

今回!
聴くを磨く体験講座、初の子連れでの講座開催に至りましたのは、
なんとなんと
聴くを磨く連続講座、卒業生有志によります、
見守り保育ボランティアのお申し出があったからなのです。

なんとありがたい!

もっと早く、子供が大きくなる前に、この講座と出会いたかった。
そんな先輩ママさんたちによる、
気にはなるけど子連れ不可のハードルが高い!と感じているあなたへのプレゼント。

子供好きの見守り保育有志のみなさんは、
「小さな子供とふれあえる機会をありがとう!」
と言ってくださり…

勝手知ったる体験講座、手の足りぬところはサポートしてくださり…

ママさんたちは、
「今日は本当に目を離してもいいのかもしれない…」とゆるんでくださり…

(何度も何度もお伝えしていますが、聴くためにはまず「自分」がゆるむこと。
なので、講座の写真はどうひいき目に見ても「聴くお勉強会」には見えないと思いますが、
とてもとても大事な体感のひと時なのです!)
ゆるむことで。
「泣きそうになりました」
と言ってくださった方。

普段、様々な役割のなかで、ちいさな子供を抱えたお母さんは「しっかり」しかければならない事が多くありますね。
「わたし固まってました…普段から、どれだけ力が入っていたのだろう…」

そんな自分に気が付くこと。
そしてそんな自分にマルをあげること。

誰かに甘えること。
「遠慮」に隠れている、「不信」に気が付くこと。

「言葉」にとらわれず、「意味」にとらわれず、
「正しさ」を手放し、「自分」の身に起こる感覚を感じること。

進まぬ家事、たまる用事、未完了のあれやこれや。
そんななか、
「おかあさん、話をきいて!」
こどもはいつかそんな風に伝えてくるかもしれません。

それでも、
「言葉」に捕らわれないで。
「意味」を追わないで。
「自分」を責めないで。

こどもたちは、決して、
「一字一句逃すことなく話を聴いて受け止めて」
とは言っていないはずです。

初めは少し緊張ぎみだったママさんたちも、講座が終わるころにはお顔がふんわり。

はい!
数々のかめさん講座を受け、また担当させて頂いているわたしの感想としても、
サポートして頂いた有志のみなさまのおかげで、
普段と遜色のないクオリティでお届けできた回だと感じました!

そしてそして。

次回の子連れOK体験講座は
2017/1/13(金)10:00~12:30になります!
少し先ですが、どうぞいらしてくださいませ~!

体験講座のお申し込みはこちら!

子連れ不可の回も、同じところからお申し込みいただけます。
10/20木
11/7金

お待ちしておりま~す!