2017年2月11日土曜日

2/13~28 「いのちの輝き~小児がんの子どもたちの絵画展~」を開催いたします!!


 こんにちは、Umiのいえスタッフの井田正美です。
わたしは11年前に当時37ヵ月だった一人息子裕太を小児がんの「悪性リンパ腫」という病気で亡くしています。その後ご縁がありまして、こうしてUmiのいえスタッフとして活動させていただいております。
裕太の話はよくスタッフ内でさせていただいおり、絵画展開催の運びとなりました。


Umiのいえでは2回目の開催となり、タイトルを「いのちの輝き~小児がんの子どもたちの絵画展~」つけました。
今年は「サバイバー」といわれている小児がんを経験して今現在もがんばっている方、ムスコの裕太をはじめお空に還ったこどもたちの作品がございます。
作品、キャプションをご覧いただきまして、どんな命もいつでも、いつになっても輝いている!!それを体感していただけましたら幸いです。どの作品も命と笑顔がキラキラ輝いていますよ!!

昨年の絵画展の様子です
この3点はすべてムスコ裕太のものです。
病棟保育士さんとともに作成しました

小児がんは治る病気となってきていますが、治療の後遺症などで進学、就職に悩む方も少なくないのが現実です。そこを支援していこう!!というのが、2/15「国際小児がんデー」です。世界中で小児がんの子どもたちのための支援を呼びかける活動が展開されています。今回の絵画展も「国際小児がんデー」に合わせての開催となりました。

小児がんのシンボル「ゴールドリボン🎗」のグッツ(ピンバッジ、ストラップ)を500円以上募金していただいた方に差し上げるキャンペーンも同時に開催いたします。ご協力いただける方はスタッフにお声がけください。
そちらもどうぞよろしくお願いいたします(^ ^)


多大なご協力とお力添えをいただきました「公益財団法人がんの子どもを守る会」、大事な作品をご提供してくださいましたみなさま、会場を提供してくださったUmiのいえ、みなさまにこの場を借りて御礼申し上げます。


ご来場いただいたみなさま、今回の絵画展は写真撮影OK、ブログ、SNSなどの投稿、大歓迎です!!
どんどん投稿をしていただいて「#小児がん」「#ゴールドリボン」「#国際小児がんデー」「#サバイバー」をたくさんのみなさんに知っていただき、理解が広まっていけたけたらと思います。

ではでは、みなさまのご来場を心よりお待ちしております!!

たくさんの方がにご来場いただきました!!
今年もお待ちしております!!



NPO法人 Umiのいえスタッフ

公益財団法人 がんの子どもを守る会会員

昭和大学藤が丘病院小児科家族の会 Sweethome世話人

井田正美(いだ まさみ)


0 件のコメント :

コメントを投稿