2017年2月27日月曜日

【Umiイベントしあわせのはじまり2017報告】オープニングダンス

今年もしあわせのはじまり、オープニングで踊らせていただきました!
スタッフの英子です。

そして今回はこれまでのよさこい演舞ではなく、
子どもたちが大好きな歌を選んで踊りました。



Umiのいえでよさこいクラスを始めたのが3年前。

その頃、練習中に床でころころ寝ていた赤ちゃんたちと、
今回は一緒に舞台に立つことができました。

それは、
“子どもがいるとできない”からと、子どもと離れるのではなく、
大変だけど一緒に練習に参加して、同じ空間ですごしてきたからこそ、
できたことなんじゃないかと思っています。

練習中も抱っこしたり、おんぶしたり、
おむつを替えたり、おっぱいをしたりしながら。

ぐずって全然練習にならない日もありました。

どういう風に練習を進めていったらいいか、
悩んで考えて、いろいろやってみました。
そんな親の姿を見せてきました。

そして子どもは成長して、いろいろな変化が見えてきました。

練習場所では踊らないけど、家ではこっそり披露してくれたり。
少しずつ。少しずつ。

子どもってよく見ていて、いっぱい感じている。
柔らかい頭でいっぱい吸収しています。

そして今回、子どもたちが一緒に舞台に立ってくれたこと。
赤ちゃんだった頃のみんなの顔を思い出して、懐かしくて、
ここまでよくやってきたなぁって、素直に嬉しくなりました。


お母さんたちも、みんなそれぞれに悩みながら。
それでも続けてきてくれたこと、心から感謝しています。

今はよさこいクラスはお休みしていますが、
こうして繋がっていてくれてありがとう。

こどもはどんどん大きくなる。
子どものうちだからこそ一緒にできることがある。

離れないでできることがたくさんある。
赤ちゃんと一緒にやることって、きっとその先に
ぐんぐんつながっているから。

踊る楽しさ。
ステージの素晴らしさ。
仲間がいる幸せ。

気持ちが揃うと
気持ちがいいね。

子どもたちに
たくさんパワーをもらいました。


うきうきわくわくのメドレー。


子どもたちもどんどんステージに上がって、
みんな一緒に楽しく踊りました!

みんなでポーズ。



ありがとうございました。
またみんなで踊れますように。

0 件のコメント :

コメントを投稿