2017年3月16日木曜日

3/16 おんぶで子育てスピーチ vol.3


続いて3人目は児玉咲季さんです。

児玉さんの子育てはいつも楽しそう。

「この前、おんぶでこんなことしました~!」と
いつも楽しそうなエピソードを聞かせてくださいます。

安心もわくわくもいっぱいに感じられるおんぶの子育て。
きっと娘さんの心に豊かな感情が育まれていますね。

それでは児玉さんのスピーチをお届けします。
お写真もたくさん!お楽しみください。



第3回おんぶシンポジウム
児玉咲季


赤ちゃんを身にまとうように抱っこしたりおんぶしたりする
ベビーウェアリングと出会ったのは、この子が2ヶ月半、ちょうど1年前の今頃です。

最初はスリング、首がすわった4ヶ月からは昔ながらのおんぶ紐、
7ヶ月頃からは抱っこもおんぶも出来る幅の広い一枚布であるベビーラップを使っています。

おんぶを初めてしたとき、ちょっと不安もありましたが、
それよりも「すごい!動ける!機動力抜群!」と感動したのを覚えています。

動きやすい、歩きやすい、家事が捗る。
毎日おんぶするようになりました。

真正面で抱っこをすると前を見ようとして反り返る娘も、
おんぶなら前が見えるからかご機嫌でした。

実は今、パソコンに向かってこの文章を打っている間も、おんぶをしています。

私は香川県出身、夫は名古屋なので、両親は頼れません。
早くに結婚・出産をしたので、まわりの友達に既婚者もママもいません。
ママ友も年上が多いし、子供が同い年なだけで、他の共通点もなく、気を使います。

夫はシステムエンジニアで毎日終電帰り。
平日は一人っきりで育てています。
だから、いつでもどこでも娘と一緒です。

娘をおんぶして、季節の変化を一緒に感じたり、
ちょっと遠出をしてみたり、近所のわんわんに挨拶にいったり。


季節の花もこうして一緒に楽しめる。

高い位置でおんぶをすると同じものを見ることが出来て、
顔が近いので話しかけやすく自然と会話も多くなります。

まわりに赤ちゃんがいなかったので、
赤ちゃんのいる生活やママになるということが全然想像できませんでした。

だから、赤ちゃんがいるとできないことが多くなって、
ママになるには子供のために我慢をしないといけないんだと思っていました。

でも、おんぶをしたら赤ちゃんと一緒に
自分の好きなことが出来るようになりました。

カフェにもいけるしラーメンも食べられるし、お茶をいただくことも出来る。
本屋で立ち読みも、映画を観ることも出来る。


お母さんだってラーメンが食べたい。

赤ちゃんがいても、おんぶをすればいろんなことが出来るようになるし、
「赤ちゃんがいるから無理
「赤ちゃんを預ける先がないから
「夫の帰りが遅いから」
「一人で育ててるから」と後ろ向きだったのが、

「よし、今日はボーリングをやってみよう!」
「麻雀だってできるじゃん!」
と、赤ちゃんのいる生活も楽しめるようになりました。

出来ないと思っていた編み物も少しずつだけどちゃんと出来るし、
ママは忙しくて自分のお化粧なんかは出来ないと思っていたけど、
おんぶしたらゆっくりとお化粧することも出来ます。

ボーリングしたり、麻雀したり、おんぶで出かけて
疲れて夜まで一緒に昼寝しちゃったり、
イメージしてたいいママにはなれませんでした。

イメージしてた、いいママは、いつも穏やかで笑顔で、
颯爽とベビーカーを押していたけど、

私は迷って悩んでぐちゃぐちゃで、
娘はベビーカー嫌いで全然乗ってくれずいつもおんぶ。

でも、毎日毎日おんぶして楽しんでいる姿も苦しんでいる姿も、
全部背中越しに見せて、カメラを向けて笑いかけると笑ってくれる娘がいる。
娘が私を受け入れてくれた、ありのままの私でお母さんになっていいんだと感じました。

無理してベビーカーに乗せなくていい、
自分のやりたいことを我慢しなくていい、
等身大の自分でお母さんになったらいいんだと思いました。

おんぶをすると、
地に足がついてぐっと踏ん張ってどっしりと構えることが出来ます。
胸を開いて前を向いて歩けるようになります。

たくさんたくさんおんぶをして、
ママにはなれなかったけど、お母さんになれました。

ところで、街中でおんぶ姿を見ないのは、
おんぶがださいから?昭和っぽいから?でしょうか。

私は子供が生まれてもおしゃれをしたいし、
おんぶしても工夫しだいでスタイリッシュに出来ると思います。
おんぶを楽しむ一つの方法としておしゃれおんぶにチャレンジしています。

おしゃれおんぶ♪
 
また、平日は全く育児に参加できないお父さんですが、
休日はたくさんおんぶをしてくれます。寝かしつけもおんぶでします。

私が友人の結婚式に参列するため娘を預けた日、披露宴が終わって会場から出ると、
お父さんの背中でぐっすり眠る娘とちょっと誇らしげなお父さんがいて、
「ああ、この人もしっかりお父さんになったんだな。立派なお父さんだな」と感じました。


おんぶで寝かしつけしてくれたお父さん。


おんぶで家事もしてくれるお父さん。

お父さんのおんぶでお出掛け。
そして立ち読みも♪


そして、歩くようになった娘は、私の真似っこをしたがるようになり、
ぬいぐるみのおんぶを毎日しています。

お父さんやお母さんにおんぶされるのも好きなので、
ぬいぐるみをおんぶしたまま、おんぶされていることも多いです。

おんぶはするのも、されるのもいいものです。
たまにはおんぶをされてみるはいかがでしょう。

最後になりましたが、もちろんださいおんぶの日もあります。
ゴミ出しの時やパジャマで明日のお弁当の準備をしているところは、
誰にも内緒です。。。


おんぶで仲良し♪

あたちもおんぶ。
しかもお母さんお手製のおんぶ紐!

おんぶしながらおんぶ。

ボーリングもしちゃう!
編み物も。
麻雀も。

お化粧も。

教えるんではなく、見て覚えていく日本の文化。

すっぽり包まれて気持ちよさそう。

布も紅葉も親子の姿も
美しいですね。


児玉さん、ありがとうございました。

なかなか抱っこやおんぶの写真を撮ることってないかもしれませんね。
でもとっても大切な子育ての思い出の姿です。

みなさんもぜひ写真に収めておいてくださいね。


おんぶの楽しみ方、子育ての楽しみ方。
それは人生の楽しみ方。。

児玉さんのように軽やかに、いろいろなことに挑戦していきたいですね。
ありがとうございました。

続いて4人目はUmiのいえスタッフ佐藤亜衣です。
こちらをどうぞ

夏井英子

0 件のコメント :

コメントを投稿