2017年4月7日金曜日

4/6 岡田先生の歯のお話会「すてきな歯医者さんの見つけ方」


こんにちは、Umiのいえスタッフさとみです。

岡田弥生先生の歯のお話会開催しました!
満員御礼で、歯の健康への関心の高さを感じます。

実は我が家の10才の娘、しばらく仕上げ磨きなどチェックせずにいたら
見事でっかい虫歯をやってしまい、現在通院中。トホホ~~
先生のお話を伺って、もっと丁寧に見ておけばよかったなあ~と思いました!

・「虫歯は一度なったら進むだけ、早く治療すべし」というのは古い考え!フロスのケアなどで、虫歯は進行せずに済むことも。乳歯はそんなに慌てて治療しなくてもよいかもしれません。
・きれいな唾液にさらされて、歯のエナメル質は固くなる。
・ガーゼで取れる程度の汚れは虫歯の原因にはならない。
・アレルギー性鼻炎は、口が閉じないことも一因になる。3歳過ぎたら「口を閉じて」奥歯でしっかり噛むことで歯根膜によい刺激を与えるのが大事。硬すぎるのもよくないよ!(するめみたいに口からはみ出す硬いものよりも、口の中に全部入ってしっかり噛めるもののほうが良い)
・六歳臼歯が生える一年間は、丁寧に歯を見てあげよう。左右の奥歯の生えるタイミングは二年以内のずれなら、それほど心配しなくてもOKです。
・上あごは頭と一緒に育つ。下あごは手足と一緒に成長期に育つ。育つタイミングが違うので、不正咬合を防ぐには、上あごで下あごを押さえてあげること。左右両方でしっかり噛むこと。正しい力がかかり、余計な力がかからないようにする。

などなど、書ききれないくらい、いろんなお話が聞けました。

(※個人差の大きいことですので、あくまで参考までになさってくださいね!)

お話し会の後は、希望者の方はお子さんひとりひとり歯をみてもらいました。

個別相談の歯のチェックでは、みゃーん!と大泣きする子もいましたが、ママはそれぞれの心配ごとやいろんな疑問を直接先生に訊けてスッキリ!
今ここで解決するというよりも、継続的に見ていきたいポイントを知ることで安心する、といった感じでした。

次回は6月1日(木)です。申し込みはこちらから

0 件のコメント :

コメントを投稿