2017年5月31日水曜日

着物でおんぶ、伊勢神宮へ。

こんにちは。スタッフのえいこです。

おんぶシンポジウムでもお話ししてくれた
いつも素敵なおんぶ姿をみせてくれる児玉さきちゃん。

今回はおんぶで、そしてお着物で伊勢神宮へ!

日本の文化と、
日本人の身体の使い方。

繋いでいきたいもの。
今だからこそできること。

みなさんもおんぶで、子どもとの一緒の時間を
さまざま楽しみ方で味わってみてくださいね。

素敵な写真がたくさん!!
ありがとうございました。



伊勢神宮に着物でお参りをしました。

成人式や、卒業式、結婚式など特別なイベントでしか着られなくなった着物。もっと気軽に着てみたい!と思って着付けの練習をしました。毎日一枚布でおんぶをしていると、布さばきに慣れるので、着付けも意外と簡単でした。


足をピーンとしたり下ろせと泣き出したりする子どもをおんぶしながら兵児帯やベビーラップを巻きつけるより、簡単ですよ!笑

朝早くて眠い娘をおんぶしてお参りしました。厳かな雰囲気に背筋がピンと伸びます。

たくさんの神様に日ごろの感謝を伝えました。娘も背中で私と同じものを見て、真似て、教えなくとも学びます。



着物を着ることやお参りをすること、残したい日本の文化です。着物を着たり、おんぶをすると、どっしりと肚がすわり、しっかりと地に足がつきます。日本人には、日本人に合った身体の使い方があるんですね。

パパも兵児帯でおんぶしようとしたのですが、男物の着物は袖が邪魔しておんぶが出来ませんでした。何かいい方法があったのか、それとも昔の日本人男性はおんぶをしなかったのでしょうか?着るものから、その暮らしを想像するのも面白いですね。ご存知の方がいたら是非教えてください♪

兵児帯で抱っこ。1歳半ですがまだ出来ました。


着物だけ、おんぶだけ、でも視線が集まりますが、着物でおんぶだと視線が刺さります。笑


デニムとチョコトリコの兵児帯が合ってて可愛い。と我ながら思います笑

二人ともデニム着物です。洗濯機で洗えるので汚れも気になりません。デニムだから私は帽子にスニーカー。バッグもいつも使っているもの。おんぶも着物もこうしなきゃダメ!!ばっかりだと楽しくなーい!!気楽に楽しみましょ♪


2017年5月29日月曜日

5/29色とりどりハンドメイドの会「そうそく作り」開催しました。

「炎は魂の栄養」といわれるそうです。
みているだけで、
心の中に灯火がゆらいできますね。

オール電化の暮らしも増えつつの昨今
炎のある静かな時間を
子どもがいるからこそ、たまには味わいたいですね。


今日はミツロウキャンドル作りをしました。
ミツバチさんが作ってくれる天然燃料
優しい香りで、色気のある光です。








@色とりどりのハンドメイドの会
講師 西岡妙子さん
次回は6/13(火)積み木作りの会

(まきこ)

2017年5月26日金曜日

9/7 第2回 気づきの助産塾1Dayリトリート in 鎌倉 テーマ「お産と野生」



主催の齋藤麻紀子です。
気づきの助産塾は各地で開催し16回目を迎えます。

古都鎌倉にて1Dayリトリート
今年4月の開催に続き、秋に第2回目の開催となります。
会場は由比ヶ浜のそば。少し歩けば春の海に出会えます。

この1Dayリトリートは、
頭ではなく身体でとことん感じあうワークが中心。
春の会では、参加者みんなで心オープンになり、忘れかけていた感覚に触れたり、
頑なになっていた心に気づいたり、
寄り添いの神髄を全身で感じ、海と香りと音楽の力をかりて、自らを解放する1日となりました。
少人数ならではの、贅沢な癒しのときです。


■■■■気づきの助産塾 鎌倉1Dayリトリートのテーマは「お産と野生」■■■■■

【日時】9月7日(木)10:00 ~17:00

【プログラム】
◎講話「お産と野生」産科医 熊谷歩 
◎講話またはワーク「母と子と助産師の感応そして寄り添い」もしくは「胎児体験ワーク」齋藤麻紀子
◎ヒーリング「サウンド・ダンスセラピー~いのちの揺らぎ~」masao&tomoko  
◎円座~聴く語らう~  


【会場】鎌倉市長谷長谷 2-1-14  SeeSaw 
    鎌倉由比ヶ浜駅・由比ヶ浜海岸徒歩2分
    鎌倉スタジオSeeSaw - シーソー 

 



 






【参加対象】助産師、看護師 (子連れ不可) 

【参加費】15000円+税(前振込み・ランチ代込)

【定員】8名

【申し込み】こちらから https://coubic.com/uminoie/312876 



***********************************
【講和】「お産と野生」 熊谷歩 産婦人科医 湘南鎌倉総合病院勤務   


あるがまま。
ありのまま。
不安や怖さはそこにない。
身体の感覚は冴え渡り、身体はその波に乗って命のドアを開ける。
痛みは、ただ、痛みのまま。
あるのは、
当たり前に産むというシンプルな事実と、
いのちが生まれてくる匂いと、
直感的で、野生的な、自然分娩の定義も当てはめる必要のない、その人だけのお産。
お産の見方が変わった時、
どんな場所でも、姿勢でも、その自然なプロセスは妨げられることはありません。
本来、お産に、いいも悪いもありません。
どのお産も、その人の自然なお産であることと、シンプルにお産に向き合って行く心構えをお伝えしていくために、私たち、お産を見守る側も、"さて、自然なお産とは?"を、一緒に感じてみませんか?


【胎児体験ワーク】ファシリテーター 齋藤麻紀子 

お腹の赤ちゃん、妊婦さん、医療者、家族の役になってみます。
その先は、何が生まれるのかは当日の成り行きでお楽しみに。
寄り添いがあること
寄り添いがないこと
手のぬくもり
言葉
それらが何を作りだしているのでしょうか 



【サウンド&ダンスセラピー】

あなたの当たり前の毎日。
何も代わり映えがしない日に、不安や焦りを感じる自分。
気が付くと、目の前の業務におわれて、自分が見えないくなってしまう心。
このワークは音、揺らぎ、香り、カラダを感じながらワークするセラピーです。
頭のスイッチを切って…
人が奏でてくれるギターやカリンバ、フレームドラムといった
オーガニックサウンドに耳を傾けてください。
音を聞くのではなく「聴く」時間なのです。
するとカラダの発していたい声があなたの心に広がっていきます。
そう… ハートにあなたが帰還するひととき
音に合わせたカラダを使った誘導瞑想。
五感を刺激するワーク。
それはあなた本来の力を目覚めさせます。
音から生まれる想い
揺らぎ、心地よさ
あなたが忘れていた喜びに沢山気がついていきましょう!



















*************************************
講師プロフィール 

■熊谷歩 産婦人科医 湘南鎌倉総合病院勤務


岐阜・長野・沖縄・宮古島勤務を経て現在は鎌倉が拠点。“命の架け橋”をキーワードに、自然分娩をテーマにした映画『玄牝』自主上映会、赤ちゃんも一緒に聴けるコンサート、院内コンサートなどを開催。体と心の仕組みを読み解くお話し会や妊活中・産前産後の女性たちの集い、ダンスセラピーを全国各地で開催。2016年春より早稲田大学大学院にてマインドフルネス心理学、秋にはマインドフルバースを学び臨床へ展開中。
ブログ『いのちのかけはし 琉球の風にのって』 http://ryukyubear.blogspot.jp/?m=1
HP『旅する産婦人科医 あゆみのbridge of life from ryukyu』
http://bearwalkflyhamahig.wix.com/ayumikumagai

■masao(なかもと まさお)
カリンバ、ギター、パーカッションなどを演奏するマルチインストゥルメンタリスト。2010年よりプライベートレーベルtacto rusticoとして活動。ケルト、アラブ、アフリカ、ブラジル、中世など様々な音楽ユニットに参加し、CDを20枚以上リリース。
20 代に体調を崩し、音楽によって救われた経験から『音による癒やし』を活動のもう一つの柱に据えている。2013 年、実姉でアルケミークリスタルボウル奏者なかもとまゆみとサウンドヒーリングユニット manaAmana を結成し、1st アルバム “Lien - リアン” をリリース。音を全身で体感できる演奏会やワークショップを開催している。鎌倉在住バツイチ6児の父。NPO法人共有空間 副代表理事























■tomoko(井上朋子) 
Flow Naturally代表。ボディワークインストラクター,ベリーダンサー、セラピスト、アクセサリーアーティスト。日本女子体育大学卒。豊富なインストラクターとしてのキャリアとセラピストとしての感性・経験を元に、カラダを通してココロに向き合うワークに取り組んでいる。長男をアメリカで、長女次女をみやした助産院で出産。自然分娩・母乳育児の素晴らしさに気づく。臨月までベリーダンスを踊っていた自らの体験が基となっている。
www.flownaturally.com




 ■齋藤麻紀子
NPO法人Umiのいえ代表  


出産・子育て支援活動/ファシリテーター
 母親の立場で子育て支援活動23年。
産む人と医療者を結ぶネットワーク「REBORN」スタッフ(1995年~)
「赤ちゃんとママの集いTeaーParty」主宰(1997年~2008年)
どうする日本のお産ディスカッション大会実行委員長(2006年)
助産院での産前教室で母になる道のりと心得についてのクラスを担当
病院産科スタッフに向け研修会にて、ファシリテーションやアタッチメント、ケアを受ける女性の気持ちについて、ワークショップや講演を行う。
編著:『だから日本に助産婦さんが必要です』自費出版 
著書:『となりのミドワイフ』さいろ社 
これまでたくさんの助産師さんの喜びと苦しみをお聴きしてきました。
助産師の活躍こそが日本に愛をもたらす鍵と信じて、助産師向けの集いを企画しつつ、若手の人生相談にものりつつある今日この頃です。


私は、27年前初めて子を産みました。
それは、長い長い果てしない痛みの中で愛をみつけたお産でした。
赤ちゃんに乳をふくませ、抱きしめ、産院の扉をあけたとき、それは、これまでとは違う地球におりたったような感覚がありました。
私は生物。哺乳類であった、女であったと、骨の髄まで感じられた時でした。
心も身体も感動するお産を娘の時代にも残したくて、ずっと活動してきました。
お産は、安全であることが一番です。
安全に守られていて、その上で身体のうねりがおこってきます。
産む力、生まれる力、助ける力、宇宙の力、目には見えぬいくつものエネルギーもが重なって、いのちがやってくるのです。
そんなお産が、少なくとも、まだ日本にはあります。
この助産塾では、医療に守られたお産を、心と身体の角度から見つめてみたいと思います。
どんなお産も、寄り添い方によっては、心も身体もバージョンアップする可能性があると信じて、今一度、お産が女性にもたらす力を、考えてみませんか
    

2017年5月23日火曜日

5/23 「陰陽調和料理法による食育連続講座」76期2回目開催しました

今日は「陰陽調和料理法による食育連続講座」76期の2回目と、
午後は「自分で出来るヘナデトックス講座」を開講しました。

2回目の食育講座では、解毒を促し腸内環境を調えてくれる重ね煮の具沢山お味噌汁を調理しながら、取り過ぎに気をつけたい白砂糖やお肉など8品目と、添加物や遺伝子組換食品などのお話と着色料実験。そして、ご飯のあとはココロのデトックスも。

ヘナ講座では、自分でヘナを塗れるようにお伝えしています。
ヘナは白髪染めだけではなく、地肌から経皮吸収して、血液をサラサラにし、身体の老廃物を排出する力もあります。
カラダの内側からも外側からもデトックスして、綺麗に年を重ねていくことをオススメしています。
(美保)

今日のランチ

バナナのパウンドケーキは、砂糖、卵、乳製品、油なし

2年前のしば漬けとチョコやガムで着色料実験


毛糸が見事に染まりました


ヘナとインディゴとハーバルミックスを混ぜて塗ります


5/23かめさんの聴くを磨く連続講座第3回目 開催しました

かめさんの聴くを磨く連続講座第3回目開催しました。


今日も
からだをゆるめて
言葉でなく楽器で【会話】
言葉じゃない言葉で【会話】


自分の今の感覚に目を向ける
過去でも未来でもなく、今の自分

良いも悪いもなく
ただただそうなだけ

楽しくって心地よい
子どもの頃に戻ったような時間でした

かめさんの聴くを磨く、体験講座もあります
是非いらしてください
(もりみき)
---------------------------------------------------------------------------

大人のお顔つきがほぐれていく
どんどん素直なあどけない表情になっていく。
とにかく、外から見ていても楽しそうで、仲間に入れてもらいたくなるの。


コミュニケーションってなんだろう
ときには言葉が邪魔になることもあるね。
(まきこ)

====講師かおかゆみこさんより====

第1回目は、「聴く」とはどういうことかを、レクチャー。

第2回目は、からだへのアプローチ。
そして第3回目が、こころへのアプローチ。そして感覚育てです。

ここしばらく、音のワークをとりいれています。

楽器…、といっても、あまり音階にとらわれない、鈴やタンバリン、マラカス、カリンバ、ティンシャ、チベタンボウルなどなどを用意します。

これらでまず、自由に遊びます。子どものように、音を出してただ遊ぶ、という感じです。

ねらいは、思考をはずして、感覚優位にすること。

「聴く」ときに、思考が優位だと、相手の話をただ聴くのではなく、そこについつい、自分の思考をはさんでしまいます。

そうすると、相手の伝えたいことをまるごと、聴くことができません。

そこで、こうした、きちんとした演奏を意識しないですむ楽器を使って(プラス、音になるものなら何でもOK)、感覚にはたらきかけるのです。

からだがリラックスすると、こころもリラックスします。

そこで感覚がひらかれると、相手から伝わってくるまるごとを聴く、という状態になりやすくなります。

umiのいえでも講師をされている、篠秀夫さんの今日のブログに、「感覚」についての記事がアップされていました。タイムリーなので紹介します。
https://plaza.rakuten.co.jp/moriheikou/diary/201705230000/

この記事にもとづけば、楽器というモノを使ってはいますが、私がめざしているのは、どちらかというと、「ともにある」という感覚育てのような気がします。

実際、この日、音のワークをやったあと、こころの解放ワークとして、子どもの遊びのようなワークをいくつかやったのですが、

(聴くためには、こころの解放が必要です。自分の意識にとらわれていると、聴くちからが発揮できないからです)

びっくりするくらい、すっと、その遊びのなかに入ってきたのです。

普通なら、思考がじゃましてストップしてしまいそうなところも、なんなく超えて、みなさん、大笑いしながら、ワークを楽しんでくれました。

こうして、こころとからだの解放と、まるごと受け止める感覚育てを経て、
次回、第4回目は、「ネガティヴな話を聴く」ワークに入っていきます。

@講師  かめおかゆみこさんより

https://coubic.com/uminoie/22400






2017年5月22日月曜日

5/22 ベビーベリーダンスエクササイズ開催しました。

ベビーベリークラス
大人も子供も暑い熱い時間でした!

お尻をポンポン♪
ママの表情が緩むから、身体も一緒に解けてく。


身体が緩むと心もほっこり。
明日からまたがんばる元気をもらいました♪

(あい)




お母さんとくっついていたい
離れたくない

2017年5月21日日曜日

5/21 秦さん旬のおかず日曜クラス2開催しました


料理初心者マークのスタッフ茜です。

5/21 秦さん旬のおかず講座日曜クラス2を開催しました。


毎月楽しみにしているこの講座。
この講座のために旅行の日程をずらしました笑。
今回は少人数でゆったりとした雰囲気で開催・・・
だったのですが他講座の方のお昼も一緒に用意するとのことで量は沢山作りました。


本日のメニュー

・じゃが芋とそら豆の煮物
・五目きんぴら
・かぶの梅肉あえ
・ごま塩
・玄米ごはん


季節の野菜を使ったおかずに今回は珍しく玄米ごはんの登場です。
玄米ごはんの常食はおすすめしないけど、たまに食べるにはいいよねと秦さん。
というわけでてきぱきと作業に入ります。

旬の野菜といえば今はそら豆。
大量のそら豆の皮をむいていきます。

前回に引き続き
親子、お祖母様も一緒に参加してくださいました

そら豆
実は調理したことありませんでした^^;
勉強になります



茹で上がったそら豆
冷めたら皮をむきます
甘く香ばしい季節を感じさせる匂いです



玄米ごはんの説明をしています
今回は圧力鍋を使って炊きます

次にごま塩を作っていきます。
ごま塩は陰陽の考えだと極陽性だそうです。


炒った塩をさらさらになるまで擂っていきます
私もやりましたが
秦さんに「茜ちゃん、なんか溜まってる?」
と言われてしまいました笑
まさに心がちょっとモヤモヤしていたこの日。
すり鉢作業で浄化しました笑


ぼくもできるんだから

お姉ちゃんはごまを投入してからお手伝い

次はじゃが芋とそら豆の煮物へ


丸っとしたたまねぎ

新じゃがはとても大きい物ばかり
子供達の顔が隠れてしまうくらいのサイズ感でした
少し火が通った段階
つまみ食いしたいくらいお芋がふかふか

全体が煮えたら下ゆでしたそら豆を投入します
一気に彩りがでましたね♪

こちらはかぶの梅和えを混ぜてもらっています
秦さん自家製の梅干しを使用
甘くてまろやかな味でした


五目きんぴらの材料

今回はレンコンは縦に切ります
すごい歯ごたえで食べ応えがありました

きんぴらがこんな色とりどりに仕上がりました
ちょっと人が来る時なんかに作ってもいいですね


調理をしている間に玄米が炊き上がりました。
圧力鍋を使ったのであっという間に炊けました


いつもはプレートに盛りつけますが
今日はお弁当風に盛りつけました
バランスを考えながら盛りつけます

お味噌汁もつけて完成♪
いつもとちょっと違う雰囲気です

今日はなんだか落ち着いて食べれるね〜と
みんなでのんびりいただきました♪


今回は味噌汁エマージェンシーセットの説明もありました。
味噌汁が欲しいけど時間も野菜もそんなにない・・・!
さぁそんな時はどうしたらいいのか、秦さんの講座に参加して聞いてみましょう!笑
ちなみに我が家は秦さん直伝エマージェンシーお吸い物に度々お世話になっています。
とても便利ですよ〜♪


参加者のご感想

・煮物、きんぴらと出番は多いけれどいつもいまいち味の決まらないメニューでした。
今日はコツを聞けてなるほど〜と思うことがたくさんでした。基本がわかりよかったです。合間に省力化できる知恵を聞けてラッキーでした。



6月11日(日)10:30~13:00
7月16日(日)10:30~13:00←予約ボタンは12:30までに設定されてますが、13:00までとなります。
【参加費】3200円+税

【追記】旬のおかず日曜クラス6月以降のテーマ

6月 高きびハンバーグ
7月 夏野菜(なす・トマト・ピーマン)
9月 ラタトゥイユ  
10月 秋の吹き寄せ煮
11月 大根! 
12月 野菜多めのミートソース

見ているだけでわくわくするテーマばかりですね♪
私もできる限り参加していきたいと思います^^


他にも


私も秦さんの講座に出て沢山の知恵をいただき生活力がついてきました。
まだまだ料理初心者マークは取れませんが笑、息子が手作りごはんで見せてくれる笑顔が何よりの糧になります。少しづつ精進していきたいと思います♪