2017年5月12日金曜日

5/12 魚をさばいて干物を作ったよ!

秦さんのここちよい暮らしの知恵講座
今日のテーマは「干物をつくろう」





今日はみなさん、自宅の包丁持参です。
包丁によって切れ味が全然違います。
包丁の種類のお話もあり。三徳包丁は肉も野菜も魚も切れる包丁という意味なんですね~

子どもたちは背負われながら、ママは魚をおろします。
もちろん、生まれて初めて魚をおろすという方もたくさん~。
実家のご両親がさばく習慣がないと、やはり、魚はさばいた後のものを
買うモノという意識が強いですよね。でも、やったら出来るんですよ~!



お腹から喉に向かってあじを開いて、内臓と血管をしっかり取り除き、
塩水で洗って、干し網でちょっと干す。
今日はカラッとしていい天気。程よい風もあり、小一時間もしないうちに
ちょうどよい干し加減。
魚の干物は、表面に水がうっすら浮いている程度がちょうどいいんですって。

干し網は100均一などでも買えます。

そしてガス台の魚焼き器で焼いて、秦さんのぬか漬けや小豆かぼちゃと共に実食~。

いやはや!!!!!
感激の!!!! おいしさ!!!!!! 

ふわっふわ!!!!!

皆さん、自分で作った干物のおいしさに感激していました!!!




★参加者のご感想より★


・干物、やわらかくて、今まで食べた中で一番おいしかった。
帰りに魚買って帰って、すぐにもう一度やりたいです。
ダンナが釣ってきた魚をさっとさばけるようになりたいです!
味噌汁がまた美味しかった~。。

・干物すごーくおいしかったです。鰺を買って、すぐにでも干したくなりました。
娘が鰺の干物が大好きなので、食べさせてあげたいです。
さばき方が分かったので、家で繰り返しさばきます!またひとつ手作りできるものが増えました。
ありがとうございます。

・ネットの動画でさばき方を見ても、なかなか上手にできずにいましたが、実際に見てやることで、
骨の位置が確認できてよかったです。こんなに簡単に干物ができると思いませんでした。
また出刃包丁の使いやすさも体験できてよかったです。家に一本は用意しておきたいと思いました。

・魚をさばいたこともなく、魚はさばいてもらうものだと思っていました。
内臓を取り出す工程をこなしてみたら、だいぶハードルが下がりました。
干物もお店の物と違って、すごーく美味しくて!!一歳半の娘もパクパク食べていました。
家でもやってみようと思います。

・魚の干物を自分で作れたことに感動しました。
こんなに簡単に作れるなら、家でもやりたいです。
しかもとってもおいしかったです。もう買ったのが食べられないです!!!
娘にも将来食べさせてあげたいとしみじみ思いました。また何か習いに来たいです。


次回秦さん講座は
5/21(日)旬のおかず日曜クラスです!パパも一緒にどうぞ~。

0 件のコメント :

コメントを投稿