2017年7月31日月曜日

7月31日お母さんのための救急救命講座 開催しました

7月31日、お母さんのための救急救命講座~夏編~を開催しました。
午前の部、午後の部ともに定員いっぱいのお母さんが受講されました。


【午前の部】
午前中は講師の文江さんが救急救命士、ライフセーバーの経験を元に海を中心とした水辺のレジャーについて話してくださいました。

「子が生まれてから初めて海に来るママさんも多い」

だからこそ、我が子の身を少しでも守るために
・海に行く前にできること
・海でできること
・もしもの時に
をポイントを絞っていくつか話してくださいました。

もし水辺で事故が起きてしまったら
・自身の持っているもので起点を利かせ動く
・身近なものがいざという時どう使えるかイメージしておく
・自身のスキルを甘んじて救助してはいけない(二次災害につながる)絶対にNG

文江さんは災害時でも子育てでも自身の感覚を日々養うことが大切と語ってくれたことがとても印象深かったです。

我が子とレジャーに行く時、文江さんのお話をベースに準備し挑みたいと思います。
(スタッフ茜)



【午後の部】
人形を使って心肺蘇生法を体験するグループと、
災害時等にお子さんを抱っこ・おんぶして移動する方法を体験するグループにわかれ、
文字通り、実習を行いました。

子供への心肺蘇生法を学ぶ機会はなかなかなく、あってもインターネットや冊子でみるくらい。
今回は乳児と幼児の人形を使って、きちんと空気が送られているかどうか、目で見て確認できました。
実際体験してみて、心臓マッサージ30回→気道確保をした後に人口呼吸2回の流れは、想像以上にきついものでした。

子供が心肺停止になった場合、できれば固定電話で119をコール(位置の特定ができるそうです)、ハンズフリーにしながら、子供の状況を伝え、指令センター職員の指示をあおぎます。
家の外で119をコールするときは、できれば公衆電話で(これも位置の特定のため)、
携帯電話でかける場合は、目印になる建物をはっきりと伝えること、自動販売機や電柱に書いてある住所も有効です。

(スタッフまりこ)



【おんぶ体験】

災害など緊急時に、乳児や幼児をつれて逃げる方法、抱っこ紐やおんぶ紐のない状況での抱っこ・おんぶの仕方などのお話を聞き、実際に練習してみました。

抱っこ紐のある状態で被災するとは限りません。たまたまベビーカーだけで出かけた、歩き始めたから抱っこひもを持ち歩かなかった、いろいろな場面が想定されます。そんな時、身近な道具を使って抱っこやおんぶができると親も子も安心です。

おんぶは、お母さんの両手があき、足元がよく見えるので安全に避難できます。しかし、ふだんからおんぶをしていないと難しいです。防災は日頃の備えが大事、とよく言われますが、おんぶでの避難も同じことが言えるようです。

(スタッフS)
新生児と一緒に避難するにはどうすればいいでしょう?
ベルトを使った抱っこ?おんぶ?

最後に。
午前の部、午後の部を通して、わからなかったこと、
AEDの使用方法、のどに物を詰まらせてしまった場合の対処法を教わりました。

いつ起こるかわからない子供の緊急事態、災害。
その時に少しでも冷静に対処できるような知識を学べた濃い時間でした。





【参加された方の感想】

我が子が海や川でおぼれたらどうしよう・・・とか。
食べ物をつまらせたら・・・
心臓マッサージって何回くらい押すんだっけ?などの疑問を解決できました。
忘れないようにメモ書きをはっておこうと思います。
大事な事ありがとうございました。

夏休みシーズンなので海や川での話がきけて、さっそくいかせそうです。
何か起きてしまった時の対応を知っておくことも大事だけど、起きる前に出来る事もいろいろあるのだなと感じた。
(事故を予防できるように)
午後の部は心肺蘇生法のやり方を再確認出来てよかった
AEDは乳児は使わないというのは知らなかったので勉強になりました。
災害時の抱っこおんぶもおーなるほどと感じ、いざというときやってみたいです。ありがとうございました。

いつか何か起こるだろうと不安に思ってましたが、話を聞き、イメージができたのと自分がしっかりするという心構えができました。
「いつもと違う」と感じ取れるように子どもの様子を見ていきたいと思います。
ずっと泣いていましたが自由にさせて頂き感謝します。ありがとうございました。

今までずっと気になりながらも誰にも聞く事が出来なかったことをいろいろ知ることができて、
参加して本当によかったです。
実際子供に何かおきると焦ってしまって、今日教えて頂いた通りできるかは不安ですが、
目でみてやってみて覚えたので、昨日よりは冷静にできる気がします。ありがとうございました。

これからレジャーに出かける機会が増えるので、気を付けるポイントを聞けて良かったです。
離乳食をのどにつまらせることもあり、誤飲の時の対応や心肺蘇生法など少しでも知っているだけで冷静になれることもあると思うので、とてもよかったです。
参考になりました。ありがとうございました。

海や川での気をつけることが初耳な話が多かったです。特に今までいなかった生物があらわれていること、紫外線もバカにできない、
皮膚がん予防のためにも守らなきゃーと思いました。
また、乳幼児の蘇生法は初めて学びました。家で旦那と復習したいと思います。ありがとうございました。

昨年、区の小児救急講座でお話をきいたのですが、たくさんの人数で実技がなかったので、今日、くわしい話、母親目線での話、実技も体験できてよかったです。
胸部圧迫の力加減ですが、結構強く押す感じだったので、確認できてよかったです。
日常でなかなか起こる事ではないので、実際のところ動けるかはわかりませんが、心構えができました。ありがとうございました。

2000円では申し訳ないくらいお得な講座でした。子供との日々の中で、よく不安になる場面もありましたが(特に夏休み)、
今日聴けたお話で少し不安が取り除けました。お兄ちゃんが頭をよく打つ子だったのですが、
ネットでも沢山調べましたが、今日聞けたお話がいちばんためになりました。ありがとうございました。

ありがとうございました。夏のレジャーに必要な知識はもちろんのこと、普段の生活の中で起こりそうな危険の対処法をしっかり教えて頂き、ありがたかったです。
いざという時きちんと使えるよう復習&常にその状況をイメージする訓練をしたいと思います。

2017年7月30日日曜日

陰陽調和料理法による食育連続講座、次回は9/5から。

食育講座講師の澤村美保です。

先日7/25に食育連続講座78期が修了いたしました。
毎月開講しておりますが、8月はお休みさせていただき、
9/5から79期を開講いたします。

10年前の9月にUmiのいえが保土ヶ谷区の西谷でオープンしてから、今日まで食育講座の講師としてたくさんの方に「陰陽調和料理」に基づいた食養生を軸に、子育てや生活の知恵を伝えてきています。
今の4回の食育連続講座になったのが、8年前の9月。
その翌年の1月に今の横浜にUmiのいえが転居して、しばらくは私の自宅でも開講したこともありました。
この8年は私自身公私共に色々あったので、あまり振り返ることもなく駆け抜けた感じですが、皆さん暑い日でも雨の日でも、お子さん連れてよく通ってくださったなぁと、そして中止することなく78期まで続けてこれて、とても感慨深く、参加してくださった方はもちろん、支えてくださったスタッフの皆さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。

最近の感想になりますが、
・こどもを産んだことで生活が変わり、Umiのいえにも出会い、このお料理にも出会えてよかった
・お味噌汁が美味しくつくれるようになった
・自分も家族も体調がよくなった
・旦那さんにお料理を褒められた
・離乳食作りが楽になった。食べてくれるようになった。
・違った角度で物事をみれるようになった
などなど、生活に根ざした感想をいただき、思わずじーんとなってしまってますが、皆さんのお役に立てていることがとても嬉しいです。

2人目や3人目を出産してまたUmiのいえに来てくださったりfacebookなどを通して、ママたちやお子さんの成長を見続けることができて有り難く思っています。

9月からもたくさんの方にお伝えしていきたいと思います。
お休みされた方もいつでも同じ回の時にお振り替えできますので、どうぞ忘れずにご出席くださいね。

ここ1年の写真になります。学びの時間も食事の時間もお子さんたちがよく聞いてくれました。

















〈今後の食育講座のお知らせ〉
講義が中心でデモによる調理実習と昼食&スイーツ付き(卵・乳・砂糖・油脂なし)
陰陽調和料理法による食育連続講座
9/5,9/19、10/3、10/17(火)10時半~13時

平日に通えない方はこちらをどうぞ。
陰陽調和料理法による食育一日集中講座
11/26(日)10時半~16時

調理実習形式の講座。レシピを増やしたい方に。
特別講座「残暑を乗り切る夏のちらしずし&夏レシピの会」
8/23(水)10時半~13時半
特別講座「秋のおやつレシピの会」
9/27(水)・10/1(日)10時半~13時半


2017年7月29日土曜日

7/29(土)ふんわりすくすく赤ちゃん講座開催しました


スタッフ茜です。

7/29(土)ふんわりすくすく赤ちゃん講座開催しました。


湿気混じりの暑さの中4組の方々にご参加いただきました。
今回はお孫さんの話を聞きたいとのことでお祖母様の参加もありました。

講師の加田さんは
「知っていなくても子は育つんです。でも知ってた方が子育ては楽しくなると思うんです」
と子供の成長や発達をわかりやすくお話してくださいました。

加田さんの話は何回聞いても、1歳8ヶ月の子供がいる私が聞いてもいつも気づきをもらえます。
子供の発達する力ってすごい、そして愛おしいなぁとふわふわ優しい気持ちにさせてもらえます。


後半はベビーウェアリング、Umiのいえスタッフ佐藤亜衣がだっことおんぶのお話を伝えてくれました。
最近主流の抱っこ紐の説明から、スリングや兵児帯の説明をしてくれました。
スタッフ佐藤は3人のお母さん。
実体験を踏まえた話はリアルで参考になります。
少し防災の話も加えながらいざという時の抱っことおんぶの話も伝えてくれました。








次回ふんわりすくすく赤ちゃん講座は

妊娠中の方、ご夫婦で、親子で、単身で
ぜひご来場ください(^ ^)

2017年7月27日木曜日

毎週木曜日、親子でゆったりデーUmibe

赤ちゃんと二人、ずっと家にいると息がつまる…誰かに会いたい…誰かと話したい…でも、おむつ変える場所はあるかな?とか、授乳出来るかな?とか、泣いちゃったらどうしようとか…色々考えると中々お出かけも出来なくて。
そんなときは、Umibe にどうぞ(^^)
離乳食、トイレトレーニング、おっぱい、遊び方、怒り方…子育てって分からないことが次から次へやって来る。ネットで調べてみても、何が正しいのかわからない。先輩ママと話してみたい。みんなどんな子育てしてるのかな?私みたいに毎日イライラして子どもに怒っちゃったりするのかな?
そんなかたも、Umibe へどうぞ(^^)
毎週木曜日に開催しているUmibeは、親子の休み場です。
ずっと頑張ってなくていいんです。
ずっとこどもと遊んでなくったっていいんです。
毎日頑張ってご飯作らなくったって、キレイに掃除しなくたっていいんです。
ママだって休んでいいんですよ~。
畳の部屋でゴロゴロして、時々おしゃべりして、のんびりしましょう。

親も子も年齢制限はなし‼
小さいこのママも、大きいこのママもぜひどうぞ。
スタッフ一同、笑顔でお待ちしています(^^)
https://coubic.com/uminoie/244155
(スタッフ麻衣)

7/27 心の出産準備クラス〜マインドフルバーシング体験会


赤ちゃんの泣き声、
吹奏楽部の笛の音、
風そよぐ午後に、マインドフルバーシング体験会がはじまりました。

講師は 湘南鎌倉バースクリニック 産婦人科医師の熊谷歩さん。

いつか産みたい人
妊婦さん、
助産師さんと、
まずは、触れあって身体に意識をおろしていきます。
今ここ。今ここに呼吸と共に根をおろしてみる。

痛みってなんでしょうね。

氷のワークをやってみました。
手の平に氷を乗せて、自分の感覚を感じてみる。
冷たくてキーンと痛む。

でも、痛みを感じる部分は実は小さくて
それよりも、深い呼吸をしている本体のほうがずっと大きい。
フォーカスを、痛みの箇所から、呼吸に移すだけでもなんだか違う。
転がしたり、動かしたり、
息とともに声を出したり、
そんなことをしているうちに、
感覚がどんどん変化していく。

身体ってすごい。

痛みから逃げなくても
痛みとちゃんとダンスできる。

天と地をむすぶように呼吸するって、最強だ。




次回は
8月26日(土)15:00~
9月14日(木)13:30~
詳細 https://coubic

両日 熊谷歩さんの講座「Water journey 体と旅する水のお話」
https://coubic.com/uminoie/135545 もあります。



本日のご参加の皆さんよりご感想

●陣痛の痛みも別れも悲しみもうずまく感情も、大切な自分の一部として受け入れる感覚を味わいながら、時には手のひらに収まらないかもしれないけど、自分の持ち物とすることを、改めて大事にしていきたいと思った。あっという間の2時間でした。避けては通れないあのこと、このこと、自分ひとり分の人生を歩んでいきたいと思います。

●自分の心をありのまま受け入れる。自分の心の天気を知る。物、相手とそれに対する自分の心や身体の反応を受け入れる。簡単なようでいて、あえて意識しないとできないことだと気づきました。
助産師として、まず自分を知ること、産婦さんをありのまま丸ごと受け入れること、そんなことがあたりまえにできる自分になりたいと思いました。

●氷を持って「痛い」と感じていた感覚が、呼吸に集中するだけで心地よさに代わりました。お産の瞬間を「気持ちよかった」という感想を聞きますが、それとつながりました。普段五感のうちのおそらく一種に集中してしまうことが多く、忙しさに流される日々ですが、一粒のレーズンを触覚、視覚、嗅覚、聴覚、味覚全てで味わいつくす経験は貴重でした。日常生活でも取り入れて身体の感覚を研ぎ澄ませていきたいと思います。 

●身体の感覚に向き合ったり、身体の声を聴くということをわかっているようで、できてなかったなと。その方法を具体的に教えていただけて良かったです。出産は人生の一部で人それぞれ。同じ人でも同じ出産はないと。前の自分の出産を認めてあげられたいい機会でした。日々の情報にうもれず、身体のナチュラルな感覚を戻し戻し過ごしていけたらいいなあと思いました。





7/27 篠秀夫先生の「声で伝える手遊びとわらべ歌の会」

スタッフ金森です 

篠秀夫先生の「声で伝える手遊びとわらべ歌の会」

参加者の皆さんの疑問を聞きながら
遊びを体感しながら進む、篠先生の講座
今日も「発見あり」の楽しい会でした

まず、子どもに「伝える」ためには

大人は「言葉で情報を伝え、受け取る」ことをして
主にコミュニケーションをとっている
けど、子どもはそうではない
大人の感覚・固定概念をこどもにあてはめようとするとずれてしまう

例えば、このおもちゃは「転がして遊ぶもの」「投げちゃダメ」といった感じで
これしかない!と押し付けると、途端に面白くなくなってしまう

子どもは
おもちゃの硬さ、質感、重さ、大きさなど なんども触れ、かかわり、感覚の発見を楽しむ

すると篠先生はビンの蓋を拾い「遊んでみて」と参加者の皆さんにふる
皆さん、転がしたり・回したり・皿にしてみたり・かぶったり・太鼓にしたり
ビンの蓋ひとつでも「いろいろな特性」があり、思いつく遊びも人それぞれでした

発見が子どもにはもはや遊びになるのと
何が遊びになるかも、ひとそれぞれなんだと
実感しました

次に発見した感覚をただ共有することが
楽しい、安心も感じられることを、手遊びやわらべうたを親子で実感しました

声で伝える手遊びの中に
「一里、二里、三里・・・」といいながら触れていき、最後に「しりのあな~」といいお尻に触れる遊びがあり 僕もそれを意味も解らず母親にされていて、楽しんでいたし嬉しかったなぁと思い出しました

固定概念を緩めて、一緒に遊びながら親子の感覚を育てていく楽しい時間になりました
手のなかには~
おはな





わたしもゆらゆらやりたい!

布の下をくぐる





参加者のみなさんの感想です

●いつも主人が娘と楽しそうに遊んでいるのが納得できました。大人が知っている決まった遊びも主人は新しい遊び方や楽しみ方をしています。
先生のお話も新しい発見が楽しいということだったので、私もこれからは新しい発見を子どもと一緒に楽しみたいと思います 

●一緒に遊びたがる時に、他に家事など進めたく集中できないことがよくあります。生活の中に遊びがあることを少しずつ探しながら楽しく遊んでみたいと思います。


●昔遊びを通してこどもと関わる大切さを学ばせていただきました。特に関わりあう遊びからルールの大切さを学んでいくという話は参考になりました。

●遊び:生活はすべてコミュニケーションですね、人と人、人と物、人と空間、人はすべての物と対話して生きているのだと、先生のお話をうかがってあらためて感じさせていただきました。全ての子、すべての親が幸せに生きられますように、今日は本当にありがとうございました。

●関わり合っていること自体が遊びはなんだろうという事が実感できました。普段何気なくやっていることそのものが遊びなんですね。ルールも歌があることでルールが生まれたり、相手がいることで生まれたり、とてもよくわかりました。私も楽しかったし、息子もとてもいい顔していました。たくさんたくさんこれからも遊んでいきたいと思います。

8/4は村田のりみちさんのスピリチュアルアートセッション 

3月・7月のセッション会からいくつかご紹介します。
みんな、描いてもらうと、う~ん、なるほど、納得!ってお顔されます。
8月4日まだお席があいてます。
この夏、この機会にいかがでしょうか
詳細お申込み https://coubic.com/uminoie/207801

下記の3つから1つご希望のものを選んでね

①《守護例様の似顔絵》
守護霊様は複数いらっしゃるけど、中でも、目立って後ろにいらっしゃる方の似顔絵やエネルギーの形をメッセージつきで描きます。


②《あなたの羽似顔絵》
あなたのエネルギーを薄く霊視すると、羽に見えるエネルギーがあるのですが、もう一段階深く視ると、そのエネルギーの質と効能がわかってきます。あなたのエネルギーの絵画と特徴の説明文を色紙に描きます。

③《根源からのメッセージ&似顔絵》
宇宙の中心の神様から、あなたが分魂する時に中心の神様から、何をお願いされて、何を使命にこの地球に転生してきたのかを、色紙にメッセージで書きます
似顔絵&神様から降りるエネルギーの絵画を描きます。


















●村田のりみちさんの スピリチュアルアート 展示販売会

































Umiのいえに飾ってあるいくつものかわいい絵がのりみちさんの絵です。


一筆一筆 愛のエネルギーがこめられた点描画です。    
     決別したい癖や性格のエネルギーを燃やして新しい自分に生まれ変わること
  夢にむかって歩む道のりが守られること 
  カラダとこころを浄化していくこと   
  あなたはあなたのままでいいよってこと  
  心が愛で豊かであること  
  家族が幸せであること   
いろいろな愛のエネルギーを絵に注入していただいたのです。   


「かわいい」ものは「かわいい」を引き寄せ   
「美しい」ものは「美しさ」を引き寄せるんですよね。
お部屋のもつエネルギーをキレイにしてくださいました。
おかげさまで、私たちスタッフはこのお部屋で、癒しや勇気や元気を、日々いただいています。 

さて、たくさんの作品を持って久しぶりに出前にきていただきま~す


のりみちさんサイト 瓢箪道 http://hyoutandou.moo.jp/


絵のショップタイム

2014年7月17日(木) 8月8日(金)13:00~16:00 @Umiのいえ

たくさんの絵の中からハッピーになる絵を選んでみよう。
選び方のアドバイスもしてくださいます。

*1枚1000円。
*絵にあなたのご希望のエネルギー注入は+1000円

来場申込→ 見に行きま~すの一報メールをください。→ umi@umi.lar.jp

※7月17日は10:30から親子でお抹茶を楽しむ会【納涼ゆかた茶会】
※8月8日は10:30から「母乳育児の集い・おっぱいの日スペシャルイベント」を開催しています。




村田のりみち さんプロフィール   
文化学院デザイン科中退、1990年からグラフィックデザイナーを続けてい ましたが、1999年にイラストレーターに転向。イラストレーションの仕事に従事しな がら、打合せ先行の作業よりももっと「魂」から湧き出る感覚を紙にぶつけていきたい と思うようになり表参道での販売を開始。現在は「魂」というより、色々な意識やエネルギ ーと楽しく繋がりながら描いている感覚です。絵画から発するエネルギーを受けて観た方々がホカホカした気持ちになってくれたらって思い、幸せな気持ちで描いてい ます~!
瓢箪道 http://hyoutandou.moo.jp/

2017年7月26日水曜日

7/26 一美さんの筆文字&パステル曼荼羅の会 開催しました

7/26 一美さんの筆文字&パステル曼荼羅の会
お姉様方が集まって
おしゃべりしながら手を動かして楽しそう。
人生いろいろ、女もいろいろ。


月一度、もしくはオーダーある日にゆるっと開催しています。