2017年7月8日土曜日

7/8「介護に活かすてあての講座 〜実感 実践 心地よく介助する心持ちと身体の使い方〜」開催しました

こんばんは、住み込みで
お手当て修行 Umiのいえスタッフをやらせてもらってます金森右席です

7月8日
「介護に活かすてあての講座
〜実感 実践 心地よく介助する心持ちと身体の使い方〜」


訪問介護の仕事をされている
大越由貴さんの講座に参加させてもらいました

介護「する側」の、心持ちや身体の緊張が
「される側」に伝わり、介助してるつもりが「される側」のできることをできなくさせる
また、その結果だけを見て 要介護の評価をすることで悪循環がおきることがあるようです

歯を食い縛り 肩をあげて介助を
すると される側も力がはいってしまう事をワークで実践しました
このワークだけやってみれば、当たり前のように感じますが

忙しい現場の中でも、常にラクで居ることは難しい その上でどうしていくか?
を、由貴さんが自身の現場でのエピソードを話していたので
参加者の方も、自身の現場での活かし方をイメージしシェアしていました

由貴さんは
好きな歌を口ずさんで、気持ちをラクにして介護現場に向かうそうで
最後に
「優しさに包まれたなら」をウクレレの弾き語りで披露してくれました
訪問介護のキキみたいだなぁと感じました^^

実際、介護されてる家族の方が なかなか外に出れないので 生の演奏は喜ばれているそうです❁ なんとも素敵な話です

中島みゆきの名曲
「糸」もレパートリーにあるそうです
次回は10月7日を予定しています

申し込み予約ページ
https://coubic.com/uminoie/392439

0 件のコメント :

コメントを投稿