2017年9月4日月曜日

7/13 よしかた産婦人科 善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」開催しました

善方裕美先生 にこやかに穏やかな優しい時間でした
いつでもチャーミングな裕美先生






こんにちは。Umiのいえスタッフの亜衣です。

ご報告が遅くなってしまいましたが、先日 よしかた産婦人科 善方裕美さんのお産トーク「お産はヒトがリアリティを体現できる最後の砦」開催しました。

裕美先生は、とってもとってもキュートでチャーミングで女性と赤ちゃんへのたくさんの愛が溢れる素敵な先生です。
出産前から産後もその先も、いつも、どんな時もお母さんと赤ちゃんのベストな関係が作れるように、女性が安心して過ごせるようにと産婦人科医として、ご自身も3人のお子さんを育てる先輩お母さんとして、親身になって寄り添い良きアドバイスを下さいます。
妊娠、出産、母乳育児や 抱っこでの愛着形成のこと、はたまた更年期障害のことなど、多岐に渡り女性を支えてくださる素敵な裕美先生。

今回は産後のママ、助産師さんなどがご参加くださいました。
妊娠中、産後に聞けなかったこと、これからの自分の身体、女性という身体のこと、これからの日本のお産のこと、自然分娩や無痛分娩のことなど多岐に渡ってお話しくださいました。
その中でも印象的だったのは、帝王切開でお産したママへの言葉。
「赤ちゃんの為に自分の身体を差し出して、ホルモンに守られることなく、身を切って赤ちゃんを産む姿は本当に素晴らしい。帝王切開で出産されるママは本当に女神様のように見えるんです。」と。おっしゃっていました。「帝王切開も立派なお産です」ドラマにもなったコウノトリの有名なセリフですが、実は裕美先生への取材からの言葉だったとのことですよ。

生理がはじまってから、女性の身体は年齢や生活と共に変化をしていきます。そして、妊娠、出産、更年期と大きな大きな山を越える時がやってきます。
今回裕美先生のお話しを聞いて、女の子を育てる母として、私も子どもも安心して相談や検診を受ける事の出来る 女性の身体の専門医である 産婦人科 や産婦人科の先生が身近にいる事はとてもとても心強いな。と思いました。
赤ちゃんって本当にかわいいです~♡愛情たっぷりの裕美先生

またぜひ、お話し会を開催したいと思います!



0 件のコメント :

コメントを投稿