2017年10月30日月曜日

10/30(月)ベビーベリーダンス開催しました

10/30(月)ベビーベリーダンス開催しました
みなさんおんぶに慣れていたのでスッとした立ち姿!今しかない美しい姿です。
ねんねだった赤ちゃんも高速ハイハイを披露してくれました(^^)成長が見られて嬉しいです。子どもは小さい頃からお母さんの踊る姿を見ていると自然と踊り始めます。
"おんぶでダンス"から、"一緒にダンス"も出来ちゃうかも?楽しみですね♪






10/30 スタッフのつぶやき

Umiのいえはエレベーターのないビルの4階。
赤ちゃんを抱っこしながら、おんぶしながら、手を繋ぎながら、えっちらおっちら、汗かいて息を切らして階段をのぼります。
「あ~エレベーターがあったらいいのになぁ」って思ったこともあるけれど、いつかこの道のりが思い出になる。
ママの手を振り払って、自分1人の力で階段をのぼりはじめたたくましい後ろ姿を見ながら、抱っこでのぼった日を思いだし、こっそりうるうるしてしまうのでした。

(まい)


2017年10月28日土曜日

10/28食育特別講座「重ね煮でつくるハヤシライスの会」開催しました

スタッフ兼講師の澤村美保です。

今回のメニューは、
1.シーフードハヤシライス
2.黒米ご飯
3.ひじきと大根の信田煮
4.ニラとモヤシのナムル
5.りんごのキャロブケーキ(お砂糖、卵、乳、油脂なし)
(おまけ)イカの下足と肝焼き
の5品。
皆さんで切って重ねて、火をかけて、という感じで1時間ちょっとで完成しました。
市販のルーは、お子様用でも脂肪分が多く、とても小さなお子様には食べさせてほしくないものです。が、重ね煮で作ると、野菜と魚介類からのダシでとっても美味しく仕上がり、胃に負担がかからず、ヘルシーなのです。


お子様たちに人気だったのは、大根の信田煮。手に持ちやすいので、手づかみでぱくぱくママの分まで食べるので、おかわりしていただきました。
リンゴのキャロブケーキは、リンゴの甘みだけなのですが、甘すぎず、しっとりとしていて、こちらも好評でした。

☆レビューも頂きました。ありがとうございます。

油を一切使わないレシピでしたが、食材からの旨味とだしがしっかり出て、びっくりするくらい美味しいハヤシライスでした。主人がハヤシライスが大好物なので、近々トライしたいと思います。 
信田煮を娘が気に入ったようで、沢山食べていたので、家に帰ってから早速作りました。我が家の常備菜にしたいと思います。 
また重ね煮のレパートリーが増えたので、楽しくなりそうです。


☆年内の食育講座のお知らせ☆
陰陽調和料理法による食育連続講座第81期火曜コース (単発受講OK)
11/7.11/21.12/5.12/19(火)10:30~13:00

食育特別講座「四色どんぶり&秋の味覚満載レシピの会」
11/11(土)・11/14(火)10:30~13:30

食育特別講座「重ね煮で作るクリスマス&ハレの日レシピの会」
12/9(土)・12/12(火)10:30~13:30

連続講座の内容を1日で学べる
陰陽調和料理法による食育集中講座
12/5(日)10:30~16:00

お待ちしています♪

2017年10月27日金曜日

10/27 聴くを磨く 連続講座2日目開催しました

10/27
聴くを磨く 連続講座2日目
スタッフのゆうすけです
今日は秋晴れのきもちいい日でした
講座の最初に
好きなところに場所を取り寝転がりました
そして足先から、骨、内臓、頭のてっぺんまであいさつするかのように気をかける
すると、だんだんゆるまって
おきてるんだか、寝てるんだか
でもとにかく気持ちよくスタートできました
前回のゆるまるワークの延長で
聴ける身体でスタートできた感じでした

まずは、ただ感じるを体感する
みんなで色々な音を鳴らして、ひとりが
ただ目を閉じて聴く
部屋に音が満ちる感覚、ドスンという音に怖さを感じる、音の無い空間に気づく
など、面白いシェアがありました
次に、目を閉じて
渡されたものを 「何か」と考えず
ただ、触れた感触を味わう
僕のは触れた感触から、トライアングルだとすぐわかりました だから「何か」と考えずにいることは、難しいようです
かめおかさんは
「赤ちゃんは、その触れているものが
『何か?』なんて、気にしてなく
わからない ただ、触れる行為がしたい」とおっしゃって
僕は 赤ちゃんのつもりでやるって
こんな感じかなと思って
つなぎ目の部分に指をいれたり
三角をたどることをずっとしたり
手のひらに叩きつけてみたりしました
ただ、触れておしまい
でも、シェアの中で
「ただ、ある」を感じたら 愛おしくなった と目を開けてみたカエルの置物を撫でる方もいました
当たり前を ありがたくフォーカスできるヒントかもしれないなぁと
感じました

意味を考えず
分析もせず
ただ感じること
この感想を書いていても
つい、今日の講座の
「〇〇を聞いて、〇〇が大変為になった」と書いて締めたくなってしまっていますが
そうでなく、ただこのワークをして
その場でただ感じたことを、皆さんでシェアしあう そのままをだしてみる 聴く
意味は
後からついてくる、か
意味はわからなくてもいいのかなぁ
と なんとなく感じました
連続講座ということで
次回までの日常から
じわじわ感じることがでてくるかもしれません
そして僕は
「表現すると思いもよらないところから、自分が漏れてくる」
という、かめおかさんの言葉が心に残りました
以下、かめおかさんのブログです
「『聴く』を磨く」Q&A★第13弾「やりたいことを見つける方法」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323020640.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第14弾「『本気で生きる』って、どういうこと?」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323091039.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第15弾「過去の感情をひきずってしまう… 」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323570363.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第16弾「『自分さえ我慢すれば』は、正しい? 」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323722798.html
『聴く』を磨く」Q&Aその17★過去の傷つき体験にしばられる…
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323822696.html



10/27 子連れOK‼和みのヨーガ開催しました

10月27日金曜日、和みのヨーガ開催しました‼
こんにちは、スタッフ麻衣です。
ここのところ、急に寒くなったり、暑くなったり、台風が来たり…落ち着かないお天気に、体も調子を崩しがちです。咳が続いたり、体がこりこりだったり、お腹の具合がいまいちだったり…それにともなって、気持ちも落ち込みがちだったり、イライラしやすかったりもしますよね。
そんなときに和みのヨーガはピッタリ。
難しいことや痛いことはなにもなし‼
優しくなでたりさすったり、伸ばしたりしながら、自分の今の体の状態に耳を傾け、ただ感じる。それだけなのに、なぜか体も心もゆるゆるとゆるんで、心地よくなります。
そして‼なんと今回から子連れでの参加が可能になりました‼
こどもたちも、ママと一緒に参加したり、のびのびとおもちゃで遊んだり、ママもこどもも、同じ空間を楽しんで、一緒に和みます。
なんとも幸せでのんびりとした雰囲気に、参加者のみなさんも、終わったあとは表情がほっこり、いい顔色になっておられました(^^)


ガンダーリ先生の優しい声に導かれて、ゆっくり首を回しています。
こどもたちに見守られながら、ペアマッサージ。優しく背中をなでなで。くるくるくるぽーん。「痛いのいたいのとんでいけ~」
時々ママにくっついて充電します。ママもマッサージしてもらいながら、赤ちゃんをなでなで。
たまには乗っかってちゅっ。
和みのヨーガ、毎月第4金曜日に開催です‼
(12月は第3金曜日の12/15)

お申し込みはこちら↓
https://coubic.com/uminoie/139212

11月は和みのヨーガが終わった午後から、大好評「下げ妻から上げ妻へ〜家族が幸せになる女性の智慧〜」ガンダーリ松本先生のお話会もあります‼↓
https://coubic.com/uminoie/284417

2017年10月26日木曜日

10/26 今日のだっこ

今日の抱っこ
お父さんがベビーラップを使った抱っこ
上からコートを羽織って秋仕様
お父さんの抱っこは
頼もしくってかっこいい。

(あかね)


10/26 今日のおんぶ

今日のおんぶ
今にも寝そうな
18キロの子供を背負って
前にはリュック
『いつまで続くんだー』
と嘆くお母さんに
ニコニコな背中の子。
毎日毎日ご苦労さま
気をつけて帰ってね。
(あかね)


2017年10月18日水曜日

10/18  かめおかゆみこさんの聴くを磨くフォローアップが開催されました

10/18水
かめおかゆみこさんの聴くを磨くフォローアップが開催されました!
ポチポチumiに出没していますスタッフまいこです。
聴くを磨く連続講座を受講された方は、こちらのフォローアップ講座で繋がりつづけていきます。
だって。
日々はいろんな事がてんこもり。
わかっちゃいるのさ頭では。
聴いたはずだよ、たぶん何ヶ月か前に。
だがしかし。
人間ですもの。
それでもいいけれど。
ときおりブラッシングするように整えていけると、
自分が楽になれますね。
久しぶりの参加!
もちろん、OKでウェルカムですとも。
今回のフォローアップの感想は、
ともみちゃんが素敵に書いてくださいました。
ぜひぜひ、読んでみてくださいね!
ぐるぐる悩ましい時は、スッキリさせるよい方法があるんですよ〜
「持ち寄られた受講者のお悩みや疑問などをきっかけに、
かめさんから玉手箱のように飛び出すワークをあれこれ行いながら、
心と体を整えて、自分の声を聴くことを続けていきます。
問いかけにイメージングしていったり、体で表現することで、
思考のぐるぐるお喋りが、シンプルになっていくところが面白い!」
https://ameblo.jp/toma-yoga/entry-12320700875.html
そこんところ詳しく!はかめさんのブログへ!
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12320803260.html
まずは聴くを磨く体験講座にぜひいらしてくださいね!
11/9(木)10:00~12:30 大人のみの会
12/1(金)13:30~15:30 子連れOKの会
12/8(金)10:00~12:30 大人のみの会
お申し込みはこちら!
https://coubic.com/uminoie/224001


10/18 麻紀子のつぶやき

【背中ぼっこ】
今日は久しぶりの晴天。
身体感覚講座はじまる前に、みんなで背中に日光浴。
腎臓がくたびれているときは、
背中に人の手が欲しいなあと思いますねぇ。
あったかさが沁みてきます。
今日の身体感覚講座は腎臓の活性化に繋がるセルフケアと、肩の下げ方を習いました。
そして、尾骨(しっぽ)の状態で感受性が変わること、それによって対人関係すら変わることも体感しました。身体ってすごいですね。
*
秋の風邪をさらっとすませたら、
冬に大風邪にならないのよというお話もありました。
急に冷え込みがやってきたこの頃、
体調崩してる人も多いと思います。
この時期はとにかく腎臓、冷えると腎臓の負担が増すので背中を温めましょう。
湯たんぽを使ってみてくださいね。
ちなみに、春は【お腹ぼっこ】がいいそうです。
(まきこ)


2017年10月17日火曜日

10/17 ここちよい抱っことおんぶクラスと抱っことおんぶのおさらい会を開催しました

こんばんは、スタッフ茜です。
10/17(火)
ここちよい抱っことおんぶクラス
抱っことおんぶのおさらい会
を開催しました。
写真は午前中『ここちよい抱っことおんぶクラス』の風景。
今日はほやほや生後1ヶ月の子から
生後6ヶ月の動きたい子まで
それぞれの動きを観察しながら
なぜこの動きにつながるのか
どういった抱っこやおんぶが
それぞれのライフスタイルに合うのか提案、体験していただきました。
外は空気がヒンヤリしていましたが
最後は部屋の中には軽い熱気が漂っていました。笑
これからの季節、抱っこやおんぶで
ぬくぬく過ごしてみませんか?
◆ここちよい抱っことおんぶクラス
https://coubic.com/uminoie/295931
◆抱っことおんぶのおさらい会
https://coubic.com/uminoie/261408
ご参加お待ちしております。









12/2(土) おおたか静流さんChristmasライブ in Umiのいえ♪ 

12/2(土) おおたか静流さんChristmasライブ in Umiのいえ♪ 

こんにちは、スタッフの井田です。
急にやってきた冬!!
みなさま、体調などはいかがでしょうか??

冬といえば12月。
12月といえばChristmas!!
Christmasといえばライブ !!
ということで(笑)

今年もおおたか静流さんがUmiのいえで歌ってくださいますよ~~~~





今回はゲストミュージシャンにバイオリン奏者の
向島ゆり子さん
をお迎えすることになりました。

いやあ~~
楽しみですね。

みなさん、どうぞお楽しみに!!

ステージは
午前と午後の2ステージです。
ご予定に合わせていらしてくださいね。



【入場料】
大人ひとり 2,500円  夫婦、カップル 3,500円 
乳児、幼児、小・中学生は無料 高校生以上は500円


【定員】各ステージともに20組限定
ステージ①
10:30開場、11:00ライブ♪スタート ~12:30
ステージ②
13:30開場 14:00ライブ♪スタート ~15:30


【おおたか静流プロフィール】
色の声で映像・ダンス・造形等さまざまなジャンルと共演し、童謡から即興まで、唯一無二の歌街道をひた走る。「声のお絵描き」主宰、声の可能性とバリアフリーを目指す。NHK Eテレ『にほんごであそぼ』で歌唱、お茶の間に異次元ボイスを散布している。sizzle-ohtaka.com



【向島ゆり子プロフィール】
向島ゆり子vln.evln.vla
自由奔放多彩な音色を武器に国内外ジャンルを問わない様々なセッション、サポートや、芝居や舞踏等他ジャンルとのコラボを行っている。サウンドプロデュースやスタジオワークも多数。おおたか静流とはパリ、東ティモールをはじめ数々の公演をともにしている。



お申し込みは下記サイトよりお願いいたします↓↓
https://coubic.com/uminoie/153469


みなさまとたのしいライブにいたしましょう!!
お申し込みをお待ちしております。

2017年10月16日月曜日

10/16 麻紀子のつぶやき

「積み重ねると遠くが見える」
Umiのいえ10周年にちなんで10キロの梨(新高)が届きました。
早速カットしておすそ分け。大勢でいただきました。
今日の参加者さんたち、どこの誰かはお互い知らないけれど、一緒に梨を食べて美味しいですね~って笑顔を交わし合う。
甘いひとときをいただきました。
梨の箱に同封されていたカード
「積み重ねると遠くが見える」
ああ、本当に本当に。
幸せはコツコツ、コツコツ 目の前のことを丁寧に、ですね。
ありがとうございます。 
(麻紀子)


2017年10月15日日曜日

10/15 秦さんの「旬のおかず」日曜講座


出かけるのも億劫になる冷たい雨が降りそそぐ日曜日。自由で元気な子どもを連れてくると、来ただけでぐったり。それでも来てよかったと思わせてくれるお料理クラスです。

今日のメニューは
  1. 秋の吹き寄せ煮
  2. かぶと昆布の酢の物
  3. 長ねぎのおひたし
  4. きのこご飯
  5. ゆず風味のお吸い物

今日の嬉しい学びのポイントは3つ!

まずは煮物。
煮物ってごった煮になりがちじゃないですか?肉じゃがみたいな煮物もいいけど、今日教えてもらった吹き寄せ煮は人参もごぼうもさつまいもも素材の形がそのまま!写真を見てください。これ、1つのお鍋で作ったんですよ。

次はかぶ。
かぶって美味しいですよね〜。これからの季節たくさんお世話になる食材。でも、葉っぱってどうしてますか?捨ててる?もったいない!秦さんは葉っぱまで美味しくいただく方法を教えてくれました。それも、大根にも応用が利く方法を。

最後はきのこご飯。
炊き込みご飯ってテンション上がりません?いつものご飯だけでなく、お祝いの日、来客の日にも、パッと作れたら便利ですね。

きのこご飯、
鯛めし(タコ飯)、
さつまいも(くり)ご飯、
牡蠣(焼き魚)ご飯。

この4つの違いわかりますか?
きのこご飯で基本を抑えて、違いを意識することで、全部作れるようになるんです!

秦さんのお料理教室のすごいところは、今日のメニューを作れるようになると、他のお料理も作れるようになっちゃうこと。参加したママたちが持っている知識や経験をつなげて、お料理のハードルを下げてくれること。

今日は、お料理中の話題がまたすごい。前日の土曜日Umiのいえで行われた白井先生の連続講座「親になる」に私が参加したので、その話に。医療、お産、教育、行政に携わる仕事をしている参加者の皆さんと秦さん、そして女将のまきこさんも加わり、あまり一般には知られていない現代社会の深い話。

こんなお料理教室って、日本中どこ探してもきっとここだけですよ。(まついえつこ)

















★参加者の皆さんより感想です
秋の吹き寄せ煮は それぞれの野菜の色、味が際立っていて (混ざりすぎてなくて)これをたった1つの鍋で調理していることに驚きました。 お吸い物の出汁の香りがとてもよく、息を吸うだけで幸せな気持ちでした。 秦先生、いつもおいしい料理をありがとうございます。
お野菜の甘みがとても感じられてすごく満足感がありました。 ゆずは自分では使ったことがなかったので凄く嬉しいです。食事から季節を感じられるのは本当になぁ、と思いました。
今日初めて参加しました。シンプルな調味料で美味しくて驚きました。下の子が、パクパクおいしそうに食べていてちゃんと作れば食べてくれるんだなぁと改めて感じました。 やはり野菜嫌いではないのですね。家でも作っていきたいと思いました。


11月の抱っこおんぶクラス情報です。

スタッフ茜です。
11月の抱っこクラス情報です。
一部地方のものもございます。
ご友人、ご家族の方にもぜひお声掛けください。

心地よい抱っことおんぶが広まりますように。


【横浜Umiのいえ】
◆ここちよい抱っことおんぶクラス
https://coubic.com/uminoie/295931
◾︎11月1日(水)10:30〜12:30
◾︎11月7日(火)10:30〜12:30
◾︎11月14日(火)10:30〜12:30
◾︎11月19日(日)10:30〜12:30
◾︎11月30日(木)10:30〜12:30

◆抱っことおんぶのおさらい会
https://coubic.com/uminoie/261408
◼︎11月1日(水)13:30〜15:00
◼︎11月9日(木)10:30〜12:00
◼︎11月13日(月)13:30〜15:00
◼︎11月20日(月)13:30〜15:00
◼︎11月27日(月)13:30〜15:00


【緑園都市 豊倉助産院クラス】
11月8日(水)
(最寄り駅 相鉄線緑園都市)
お申込み、詳細はこちら→ https://coubic.com/uminoie/109380  


【よしかた産婦人科クラス】
11月28日(火)
会場:よしかた産婦人科 http://www.yoshikata.or.jp/
(最寄り駅 JR横浜線小机駅)
◉申込み 045-472-8688

◎8日 東京都調布市
ふんわりすくすく赤ちゃん講座
https://www.facebook.com/events/282103072305641??ti=ia

◎12日 宮城県仙台市
支援者向けふんわりすくすく赤ちゃん講座
https://www.facebook.com/events/1656278457718333??ti=ia

◎19日 岩手県盛岡市
ふんわりすくすく赤ちゃん講座&だっことおんぶの体験会
https://www.facebook.com/events/180100875892461??ti=ia

◎23日 横浜Umiのいえ
ふんわりすくすく赤ちゃん講座
https://coubic.com/uminoie/298754

◎29日 大和市生涯学習センター
赤ちゃんを育てる毎日に役立つイロイロなお話 (詳細未定)

2017年10月14日土曜日

10/14 講座【親になる】不妊・里親と養子縁組・妊娠に悩む妊婦さんの支援・バースマザーさんのお話会 

10/14(土)静岡大学教授の白井千晶先生による連続講座【親になる】が開催されました。「不妊」、「里親と養子縁組」、「妊娠に悩む妊婦さんの支援」、「バースマザーさんのお話会」と、一日がかりの講座です。




■ 一限目の「不妊」では、不妊治療をする夫婦の内面に焦点を当てたお話を伺いました。この治療は、お金もかかるし、身体的にも負担がかかりますが、それ以上に、当事者は、心も大きく揺さぶられます。結果として、子どもを授かる夫婦もあれば、治療をやめて違うステップに進む夫婦もいる。では出産を終えた母親は、不妊治療から心理的に卒業できるか、というと、そう単純でもないそうです。

また、ひとくくりに「不妊治療中」と言っても、思いはひとそれぞれ。「夫婦で子育てができればいい」という人もあれば、「妊娠・出産を体験したい」という人も。それぞれの思いは、誰に否定されるものでもないのはずなのに、率直な思いを言い出しづらい環境が、日本の現状のようです。

「本当はこうしたい。」「本当は、つらいからやめたい。」本音を誰かにつぶやける、誰かの本音を受け止める、話ができる場や、文化が求められていると感じました。

■ 続いて二限目は、「里親と養子縁組」。日本の養子縁組、里親制度の歴史から、現在の状況をお話しいただきました。

世界基準では、家庭で育てられない子どもの里親委託率は6~7割に対し、日本は2割以下。日本では、まず「施設へ」というのが現状です。お隣の韓国は、政府が大きな改革を行い、現在では5割超の子どもが家庭で育っているそうです。

国連の指針では、実親が子どもが育てられない場合の代替的養育として、安定的・継続的・恒久的なものから優先されるとしています。また、できるだけその子を生まれた環境から離さず、実親とつながりを保ちながら、その子自身の混乱を最小限にとどめるように勧めています。


子どもの尊厳と育ちを第一に考える。そのために周りの大人ができることを、みんなで考える。それほど難しくなさそうで、海外の国々では行われていることが、今の日本では、実践されていないようです。

■ 三限目は、養育困難な妊婦の支援について。一般に「望まない妊娠」「予定外の妊娠」といわれますが、実際に一人一人にお話を伺うと、「望んでいた」あるいは「予定していた」が、長い妊娠期間中に状況が変わり、育てることが難しくなってしまったという妊婦さんも少なくないそうです。

日本では、福祉はあるのですが、困っている妊婦さんにとっては、それらの制度は利用しづらい状況のようです。また、世間からの視線も冷たく、非難されるのは女性ばかり。

海外の実践として紹介されたのが、ドイツのベビークラッぺ。2013年に成立した「内密出産法」は、匿名で十分な医療の元、国の費用負担で安全に出産し、育てられない場合も子供の安全が守られる仕組みです。アメリカの「Safe-haven」法は消防署や病院に安全に赤ちゃんを預けることを定めた法律です。子どものいのちを大切にしたい、社会の宝物であ
るという思いが、形になっています。

さらに、若い女性が妊娠して自分で育てていきたいという場合の支援の実践として紹介されたのが、アメリカのフローレンス・クリッテン高校(http://florencecrittenton.dpsk12.org) 
。十代の妊婦さんと母親のみ入学できる、公立高校です。子供のケアだけでなく、若年妊娠を経て今後シングルマザーとなる生徒を励まし、力づけ、しっかり自立できるような教育とケアが実践されています。

そして韓国のエランウォン http://www.aeranwon.com/。妊娠中から、2年間無償滞在できる母子寮。資格取得や、同じ境遇の仲間との出会いを通して、今後長い未来を社会で自分で歩めるような支援されています。 

日本には一か所、出産前後に特化した、慈愛寮(東京)という婦人保護施設があり、安心してお産を迎え、その後の自立のためのサポートがあります。

また、円ブリオ基金センター(https://www.embryokikin.com/)は、妊婦さんに安心して産んでもらうための基金によって、出産前の妊婦さんへの支援を行っています。 
他にも様々な民間の支援があります。


■ 四限目は「バースマザーさんのお話会」。まずは、この日午前9:25~10:25に愛知・岐阜・三重三県で放映された中京テレビのドキュメンタリー番組「マザーズドキュメント
特定妊婦 女だけが悪いのか」を視聴。番組ディレクターさんが名古屋からいらしてくださいました。(Umiのいえも登場します!)

民間の養子縁組支援団体の活動と、いわゆる危機的妊娠にある女性(「特定妊婦」と呼ばれます)の妊娠・出産の現状、養子を迎える家庭。

そして、この番組にも登場される生母(バースマザー)さんに直接お話しいただきました。彼女は数年前にご自身のお子さんを養子として託しました。結婚を予定していた幸せな妊娠中に予想外のトラブルに見舞われ、困っていたときに養子縁組のことを知り、出産され
たそうです。

率直な経験談を伺ったあと、保育士、助産師、不妊治療当事者のご夫婦、高校教員等、それぞれの立場で、思いを分かち合いました。

最後に、白井先生からお話をいただきました。

「私たちは生きているのに、こういう生々しい話をする機会が少ない。

『すごく生みたい』とか、『授からない』とか、『こんな子育てをしたい』とか、あるいは『どんな夫婦になりたいのか』『何のために結婚したのかな』と悩んだり…本当は人生ってすごく生々しいんです。

そういう生々しい悩みを相談できなかったり、「私はこういう経験をした」という話をしづらい世の中です。

“袖振り合う仲”な隣の人とでも、ちょっとずつ話ができることが、産めない人も、託す人も、子どもも、みんな幸せになっていく世の中に近づいていくのかなと思います。

里親さんや養親さんも、生んだ人のことをもっと知りたいし、子供にも伝えたい。そうじゃないと子どもも、「生まれてきてよかった」って心の底から思えないかもしれない。

みんながちょっとずつ、他人の人生に関わっていくいいこと、みんながちょっとずつ、他人の人生を知っていくことが、とっても大事なんじゃないかなと思いました。

本当に今日は、出会えてよかった。また一緒に話がしたいなと思います。」

「親になる」講座は、白井先生からのレクチャーだけではなく、それを受けて、参加者が自由に意見を交換し合う場です。そうすることで、一人一人の世界が広がり、他者に対して思いを寄せて、昨日より少し、優しくなれる。

たくさん涙を流し、言葉にならないながらも、ぽつりぽつりと、気持ちを交わし合う。

これからも、一人でも多くの方にご参加いただきたい講座です。(西岡妙子)

前回(2017年7月23日開催)の様子はこちらです。http://www.uminoie.org/2017/08/723.html 

フォスター 写真と言葉でつむぐプロジェクト

里親家庭・ファミリーホーム・養子縁組家族の写真展+トークイベント。
白井千晶先生、写真家・江連麻紀さん、umiのいえ女将・齋藤麻紀子、の有志3人によるプロジェクトです。


●参加者の感想です
・不妊治療や養子について、学べる場やつながれる場があると聞いて来ました。
こういったつながれる場や、安心して話をしてもいい場所があることは、とてもありがたく勉強になりました。
女性が一番悩む場所で、男性の私が参加してもいいのか、少し不安でしたがとても雰囲気が良かったので、安心して参加できました。
当事者のお話も聞けて、養子・里子に出す側の事情なども聞け、より多角的に自分達が選択するための情報をいただきました。夫婦でよく考えて、結論を出したいのですが、色々考えても結論は出ないかもしれませんが。。夫婦で本気で話し合える機会を持てるきっかけになりました。

・不妊、養子縁組、里親、危機的妊娠、バースマザー、育てている方のお話、中京TVさん 盛りだくさんで、なかなか言葉にならないですが、いろんな「種」を頂きました。
これから、この種を育てて、周囲の人たちとシェアしていきます。
そしてバースマザーさん(産んで託した人)のお話を聞かせて頂けたことが本当に、感謝です。
想いをシェアしてくださったこと、大切にして、手を伸ばせない女の子、伸ばし方が分からない女の子に届くような活動をしていこうと思います。あー、素敵な一日でした。

・フル参加2回目です。前回から+αされたところもあり、新鮮な気持ちで学ぶことができました。
切ない、切ない、切ない の一言に尽きます。若くてかわいい女の子が泣かなくて済むように、私にできることは何か?と考えています。
女だけが悪いのか?というけれど、女も男も「悪い」ということはないように思います。批判的な声は大きいようですが、知れば、知るだけで、そんな気持ちはなくなるように思います。楽観的過ぎるかな?

・不妊、里親、生母、、、知りたかったけど、正直マイナスなイメージしかなかった。でも、今日来て、本当に良かったです。妊娠を通して苦しくて、不安で泣いている女性がうれし涙を流せる世界がある!20年後、30年後、50年後、妊娠を苦しむ女性が少なくなるために、私も力を尽くしたいと思いました。また受けたいと思います。P.S。2年強、Umiのいえに通い続けていますが、初めて泣きました。しかも、大泣き!いのちはすばらしい。

・今日は本当にありがとうございました。家族・子育て・生きる、だれにでも存在する身近な事、当たり前と思っていた事にも、様々な形がある事をあらためて感じ、自分自身の認識を変えていく必要も感じたし、自分には何ができるのか?という問いも生まれました。じっくり考えたいと思います。

・当事者の方の話を聞ける場はなかなかないので、気持ちを伺うことができてよかったです。今日聴くことができた内容と、考えたこと、周囲にどう伝えられるか。模索していきたいです。

・Umiのいえの空間で、ゆっくりと講義をうけられたこと、その環境にまず感謝です。
現在、大学病院という、一般社会からみるととてもせまい中にいるので、概念的な事から、今、社会で起きている現実の事まで、聴くことができて、今まで、臨床の中で、経験してきた物事が、消化できてきました。しかし同時に、知らないことが多くて、全ての対象者に満足ができるケアを提供できているか不安にもなりました。自らの力不足を痛感しています。当事者の方の声を直接きくことが出来て、本当に必要としている(されている)事が、いくつか知ることができ、これからの社会のあり方や、そのために一個人として、何ができるのか、これからの人生を歩んでいく上でも、考え、行動していければと思います。一人の女性としても、しっかり前を向ける一日でした。