2017年10月27日金曜日

10/27 聴くを磨く 連続講座2日目開催しました

10/27
聴くを磨く 連続講座2日目
スタッフのゆうすけです
今日は秋晴れのきもちいい日でした
講座の最初に
好きなところに場所を取り寝転がりました
そして足先から、骨、内臓、頭のてっぺんまであいさつするかのように気をかける
すると、だんだんゆるまって
おきてるんだか、寝てるんだか
でもとにかく気持ちよくスタートできました
前回のゆるまるワークの延長で
聴ける身体でスタートできた感じでした

まずは、ただ感じるを体感する
みんなで色々な音を鳴らして、ひとりが
ただ目を閉じて聴く
部屋に音が満ちる感覚、ドスンという音に怖さを感じる、音の無い空間に気づく
など、面白いシェアがありました
次に、目を閉じて
渡されたものを 「何か」と考えず
ただ、触れた感触を味わう
僕のは触れた感触から、トライアングルだとすぐわかりました だから「何か」と考えずにいることは、難しいようです
かめおかさんは
「赤ちゃんは、その触れているものが
『何か?』なんて、気にしてなく
わからない ただ、触れる行為がしたい」とおっしゃって
僕は 赤ちゃんのつもりでやるって
こんな感じかなと思って
つなぎ目の部分に指をいれたり
三角をたどることをずっとしたり
手のひらに叩きつけてみたりしました
ただ、触れておしまい
でも、シェアの中で
「ただ、ある」を感じたら 愛おしくなった と目を開けてみたカエルの置物を撫でる方もいました
当たり前を ありがたくフォーカスできるヒントかもしれないなぁと
感じました

意味を考えず
分析もせず
ただ感じること
この感想を書いていても
つい、今日の講座の
「〇〇を聞いて、〇〇が大変為になった」と書いて締めたくなってしまっていますが
そうでなく、ただこのワークをして
その場でただ感じたことを、皆さんでシェアしあう そのままをだしてみる 聴く
意味は
後からついてくる、か
意味はわからなくてもいいのかなぁ
と なんとなく感じました
連続講座ということで
次回までの日常から
じわじわ感じることがでてくるかもしれません
そして僕は
「表現すると思いもよらないところから、自分が漏れてくる」
という、かめおかさんの言葉が心に残りました
以下、かめおかさんのブログです
「『聴く』を磨く」Q&A★第13弾「やりたいことを見つける方法」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323020640.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第14弾「『本気で生きる』って、どういうこと?」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323091039.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第15弾「過去の感情をひきずってしまう… 」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323570363.html
「『聴く』を磨く」Q&A★第16弾「『自分さえ我慢すれば』は、正しい? 」
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323722798.html
『聴く』を磨く」Q&Aその17★過去の傷つき体験にしばられる…
https://ameblo.jp/kamewaza/entry-12323822696.html



0 件のコメント :

コメントを投稿