2017年10月7日土曜日

10/7 かめおかゆみこさん 「聴くを磨く」体験講座開催しました

かめおかゆみこさん
「聴くを磨く」体験講座
スタッフのゆうすけです
僕は大学生の頃
「自分の思ってることを伝えるのが難しい」「聞いてもらえてない感じがする」
そのことに、不安や不満を感じはじめ
コミュニケーションについて意識し出しました。
コミュニケーションについて学んでいると傾聴が大事だと、よく話にでます
では「誰の何を聴くの?」でしょうか?
親とのこと、子供のこと、パートナーとのこと
仕事での上司、部下のことなど人によって色々だと思います
年齢や場所、立場でも色々だと思いますし 変化もすると思います
聴けてどうなりたいか?も変化します
僕は大学生のころから感じはじめた
不安 不満は
自分の気持ちを素直に開き聴いていくことで少しずつラクになりましたし これからも変化していくと思ってます
かめおかゆみこさんは
参加者のお話を基に
寄り添った上で講座を進めていき
毎回ワークも変わります 
「背中を合わせ」感じたことをシェアしあったり
「楽しかった時の事を身体で演じる」など
長年の演劇経験 指導経験からの
豊富なワークで 場も身体もこころもゆるんでいきます
素直に開くって、中々難しい
ひらいたり、とじたり
けど安心安全でゆるんでると、自然と開けてくる
かめおかさんが
ゆるんでて、ひらいてて
その場にいると、自分もなんか ひらいちゃえと思える そんな気がしました
金森右席
●「聴くを磨く講座」体験会 ほぼ毎月開催
聴くを磨くとは、聴ける身体をつくるということ、自分の奥に出会うこと
https://coubic.com/uminoie/224001
●10/13(金)より 「聴くを磨く」連続講座 
上司の叱責や家族の愚痴を聴くのがつらい。「話を聴いてくれない」と子どもに言われた。話を聴いていても、つい上の空になる。--「『聴く』を磨く」講座では、参加者の悩みにこたえながら、心の仕組みのお話と体感ワークによって、「聴く」力を磨いていきます。



0 件のコメント :

コメントを投稿