2017年12月31日日曜日

12/16 「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」を開催いたしました。

こんにちは。スタッフの夏井英子です。

12/16
今年最後の「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」を開催いたしました。

私はスタッフになる前、産後2ヵ月の時にこの講座に参加しました。

その時の私は実家から戻ったばかりのしんどい時で、
フラフラで、体もぐらぐらで、睡眠不足で、
なかなか泣き止まない、寝てくれない娘を抱えて
お母さんとしての自信がなくなっていました。

そんな時にこの講座に出会えて加田さんのお話が聞けて、
とてもほっとしたのを覚えています。

そして娘は加田さんに布でぴったりと巻いてもらって、
そのまま授乳をしたら、すっと眠ってしまいました。

“うちの子、こんな風に寝るんだ。。”とこっそり涙が出ました。

講座に来ることは学びの内容だけじゃないんだなぁ。
こうした出会いが宝物だなぁと思いました。

赤ちゃんとの暮らしでわからないことがあった時、
携帯で調べてしまうんだはなく、直接伝えてもらった情報があったら安心。

素敵な人とのつながりと、
そのあたたかい情報の中で子育てができたらしあわせ。

今回も、講座が進むにつれてみなさんの不安が解消されていって、
これでよかったんだ、と自信を持てたり、
発達の上でこういう時期なんだと腑に落ちたり、
こうなっていくんだ~と先が見えたり。

みなさんの顔が柔らかくなっていくのを感じました。

赤ちゃんとの暮らしは毎日大変。
だからお母さんの安心や心地よさを大切に。

そして一人で抱え込まずにみんなで頑張りましょうね。

今年もたくさんのお母さんお父さんと赤ちゃんにご参加いただきました。
ありがとうざいました。

そして加田さん、今年も愛情いっぱいのお話をありがとうございました!

来年もたくさんの方に届きますように。
おもちゃで遊んだり、
お母さんの近くをいったりきたりしながら。
一緒にお話聞きながら。

スリングで抱っこ。
だっこを嫌がると伺っていましたが、
こんなにぴったりすっぽり。
気持ちよさそうですね。
スリングは赤ちゃんの体に添うように調整ができて心地いい。
そして抱き入れが早いので
動きたい盛りのお子様にはとっても便利。
スリングは実は長く使えます。
子育ての抱っこの期間をずっと包んでくれます。

抱っこを嫌がる時期。
動きたいよ~おろして~!の強い要求。
お母さんは大変。。
でもスリングに入ってみたら、このお顔。
そんなに悪くなさそう!
この後、やっぱり降りたいよ~!となりましたが、
この心地よさを少し感じてくださり、
講座の後、スリングを購入したと連絡をくださいました。
そして少しずつスリングの抱っこをさせてくれる時間が増えてきたとのこと。
日々の積み重ねでどんどん変化していく赤ちゃんの反応。
これからが楽しみですね。
大きくなってもだっこは続きます。
これからの抱っこがさらに心地よく
親子の楽しい時間になっていきますように。


~感想をただきました。ありがとうございました。~

・10ヶ月での参加でしたが、本当に来て良かったと思いました。今までの育児に対しても「それでいい」と言ってもらえたのが嬉しかったです。
これからも大変だと思いますが、娘からのギフトを信じて頑張れる気がします。もっと早く来ればよかったですー!!!

・子供の発達や体のことについて楽しく聞くことができ参加してよかったです。たくさんハイハイをさせて、たくさん体を動かして遊んであげたいと思います。

・赤ちゃんの発達の話や抱っこのお話とても楽しかったです。先がわからず不安な気持ちが和らぎ、その子のペースでの発達を楽しめれば良いんだ!という気持ちになり、肩の力が抜けたように思います。ありがとうございました。
スリング入れて丸く丸く抱っこして、お尻をなでなでしてみようと思います。




次回は来年1/27(土)10:30~
ご予約はこちらから。

そしてこちらも開催決定!!
子育て支援者向け「ふんわりすくすく赤ちゃん講座」は
2/2(金)10:00~16:00です。

お待ちしております。

2017年12月29日金曜日

12/10 Body Synergy Kids!

こんにちは。スタッフの英子です。

12月10日は「Body Synergy Kids」
クリスマスバージョンでした!!

大人も子どもも、わくわく楽しかった~!

ライブで味わう時間。
親子の時間の積み重ね。
触れ合って感じられること。

「経験」というクリスマスプレゼントも素敵ですよね。

家族で一緒に
ハイ、ポーズ!

今度は全員でつながってポーズ!
見学のサンタさん♪

独り占め!

お母さんたちのジャンプ!!
すごい~~~~~!

カラフルな風船。
かわいいね。

大人も子どもも真っ直ぐに。

トナカイさんも来てくれました!

並んで~。順番だよ~。

最後に集合写真。
皆さま、今年もありがとうございました!!
ありがとうございました。

次回は来年1月28日(日)です。
初回割引もございます。
ぜひ体験しにいらしてください。

ご予約はこちらへ。

来年も「Body Synergy Kids」をよろしくお願いいたします!

夏井英子

2017年12月28日木曜日

12/20 X'mas Live Party!!

「marembo2017と歌って踊ろう!」

アフリカンゴスペルやクリスマスソング
みんなおなじみの「きらきら星」「きよしこの夜」「グローリア」「We wish you a merry Christmas」などを、アフリカの言葉と、日本語、英語などで歌っていただきました。

marembo2017
クリスマスライブ!!

子どもたちは自由にがちゃがちゃ、わいわい、
とってもアットホームなライブでした。

marembo2017のTomokoさん、Naoさん、Asukaさん、Noricoさん、Beni MashambaのKunihiko Kurosawaさん、Masaoさん 
ありがとうございました~~。

tomoko先生の美しい舞。
娘さんとのデュエットです。

渋くてかっこいい。
楽器をひく男性の姿。

いつもはベリーダンスのクラスで
素敵なダンスを見せてくださるtomoko先生とNao先生。
歌声もその姿も、また素敵でした!

ママと一緒にステージに立つ娘さんたち。
音楽やダンスがいつも近くにあることは
子どもにとっても豊かなことですね。

ライブの後はランチタイム!
美味しい!楽しい!
揺れて、歌って、食べて、話して。
充実の一日!
ありがとうございました!

2017年12月26日火曜日

12月26日 藁で編むお正月飾りワークショップ 開催しました

こんにちは。スタッフまりこです。
12月26日、クリスマスも終わり、あとは今年のラストスパート。
冬晴れで心地よい青空の今日、毎年恒例の「藁で編むお正月飾りワークショップ」を開催しました。

毎年この時期に行うこの講座、ありがたいことに、1ヶ月前には満席となっておりました。
独特の藁の香りが漂う室内。
午前中は小さなお子さんが多く、初めて見る藁に興味津々。
お母さんたちは、時々授乳をしながら、子供がおもちゃで遊んでくれている隙に手仕事を進めていきました。


まずは藁を柔らかくするために、ふみふみ。
おかあさん、おねえちゃん、おとうとで仲良くふみふみ
しばらくふんで、やわらかくなった藁。
やわらかさが人それぞれで面白かったです。

そして、藁を手に「藁をなう」作業です。
始めは難しく、自分でも笑ってしまうほどの出来栄え。
慣れてくると、「おお、こういう仕組みなのね!」と楽しくなってくる。
あっという間に時間が過ぎていってしまいます。

藁を両手に悪戦苦闘

子供の手が離れた隙に、真剣なまなざし

子供が手を出してくるのを苦笑いしながら頑張る!
藁をなう練習をしながらできた小さな正月飾りと、大きな正月飾り。
2つを完成させたお母さんたちの顔は、キラキラと輝いていました。
正月飾りもできたし、これで心置きなく、正月を迎えられそうです。


午前の部。小さなお子様とともに頑張りました!

午後の部。楽しくできました!
2017年のUmiのいえも、あと1日で終わり。
残り僅かな2017年が皆さんにとって良い日々でありますように。


2017年12月13日水曜日

1/11 第3回 気づきの助産塾1Dayリトリート in 鎌倉 テーマ「お産と野生」





主催の齋藤麻紀子です。
気づきの助産塾は各地で開催し18回目を迎えます。

古都鎌倉にて1Dayリトリート
春、秋と続き、第3回目の開催 冬編です。となります。
会場は由比ヶ浜のそば。少し歩けば春の海に出会えます。

この1Dayリトリートは、
頭ではなく身体でとことん感じあうワークが中心。
春の会では、参加者みんなで心オープンになり、忘れかけていた感覚に触れたり、
頑なになっていた心に気づいたり、
寄り添いの神髄を全身で感じ、海と香りと音楽の力をかりて、自らを解放する1日となりました。
少人数ならではの、贅沢な癒しのときです。


■■■■気づきの助産塾 鎌倉1Dayリトリートのテーマは「お産と野生」■■■■■

【日時】1月11日(木)10:00 ~17:00

【プログラム】
◎講話「お産と野生」産科医 熊谷歩 
◎講話またはワーク「母と子と助産師の感応そして寄り添い」もしくは「胎児体験ワーク」齋藤麻紀子
◎ヒーリング「サウンド・ダンスセラピー~いのちの揺らぎ~」masao&tomoko  
◎円座~聴く語らう~  


【会場】鎌倉市長谷長谷 2-1-14  SeeSaw 
    鎌倉由比ヶ浜駅・由比ヶ浜海岸徒歩2分
    鎌倉スタジオSeeSaw - シーソー 




 






【参加対象】助産師、看護師 (子連れ不可) 

【参加費】15000円+税(前振込み・ランチ代込)

【定員】8名

【申し込み】こちらから



***********************************
【講和】「お産と野生」 熊谷歩 産婦人科医 湘南鎌倉総合病院勤務   


あるがまま。
ありのまま。
不安や怖さはそこにない。
身体の感覚は冴え渡り、身体はその波に乗って命のドアを開ける。
痛みは、ただ、痛みのまま。
あるのは、
当たり前に産むというシンプルな事実と、
いのちが生まれてくる匂いと、
直感的で、野生的な、自然分娩の定義も当てはめる必要のない、その人だけのお産。
お産の見方が変わった時、
どんな場所でも、姿勢でも、その自然なプロセスは妨げられることはありません。
本来、お産に、いいも悪いもありません。
どのお産も、その人の自然なお産であることと、シンプルにお産に向き合って行く心構えをお伝えしていくために、私たち、お産を見守る側も、"さて、自然なお産とは?"を、一緒に感じてみませんか?


【胎児体験ワーク】ファシリテーター 齋藤麻紀子 

お腹の赤ちゃん、妊婦さん、医療者、家族の役になってみます。
その先は、何が生まれるのかは当日の成り行きでお楽しみに。
寄り添いがあること
寄り添いがないこと
手のぬくもり
言葉
それらが何を作りだしているのでしょうか 



【サウンド&ダンスセラピー】

あなたの当たり前の毎日。
何も代わり映えがしない日に、不安や焦りを感じる自分。
気が付くと、目の前の業務におわれて、自分が見えないくなってしまう心。
このワークは音、揺らぎ、香り、カラダを感じながらワークするセラピーです。
頭のスイッチを切って…
人が奏でてくれるギターやカリンバ、フレームドラムといった
オーガニックサウンドに耳を傾けてください。
音を聞くのではなく「聴く」時間なのです。
するとカラダの発していたい声があなたの心に広がっていきます。
そう… ハートにあなたが帰還するひととき
音に合わせたカラダを使った誘導瞑想。
五感を刺激するワーク。
それはあなた本来の力を目覚めさせます。
音から生まれる想い
揺らぎ、心地よさ
あなたが忘れていた喜びに沢山気がついていきましょう!



















*************************************
講師プロフィール 

■熊谷歩 産婦人科医 湘南鎌倉総合病院勤務


岐阜・長野・沖縄・宮古島勤務を経て現在は鎌倉が拠点。“命の架け橋”をキーワードに、自然分娩をテーマにした映画『玄牝』自主上映会、赤ちゃんも一緒に聴けるコンサート、院内コンサートなどを開催。体と心の仕組みを読み解くお話し会や妊活中・産前産後の女性たちの集い、ダンスセラピーを全国各地で開催。2016年春より早稲田大学大学院にてマインドフルネス心理学、秋にはマインドフルバースを学び臨床へ展開中。
ブログ『いのちのかけはし 琉球の風にのって』 http://ryukyubear.blogspot.jp/?m=1
HP『旅する産婦人科医 あゆみのbridge of life from ryukyu』
http://bearwalkflyhamahig.wix.com/ayumikumagai

■masao(なかもと まさお)
カリンバ、ギター、パーカッションなどを演奏するマルチインストゥルメンタリスト。2010年よりプライベートレーベルtacto rusticoとして活動。ケルト、アラブ、アフリカ、ブラジル、中世など様々な音楽ユニットに参加し、CDを20枚以上リリース。
20 代に体調を崩し、音楽によって救われた経験から『音による癒やし』を活動のもう一つの柱に据えている。2013 年、実姉でアルケミークリスタルボウル奏者なかもとまゆみとサウンドヒーリングユニット manaAmana を結成し、1st アルバム “Lien - リアン” をリリース。音を全身で体感できる演奏会やワークショップを開催している。鎌倉在住バツイチ6児の父。NPO法人共有空間 副代表理事























■tomoko(井上朋子) 
Flow Naturally代表。ボディワークインストラクター,ベリーダンサー、セラピスト、アクセサリーアーティスト。日本女子体育大学卒。豊富なインストラクターとしてのキャリアとセラピストとしての感性・経験を元に、カラダを通してココロに向き合うワークに取り組んでいる。長男をアメリカで、長女次女をみやした助産院で出産。自然分娩・母乳育児の素晴らしさに気づく。臨月までベリーダンスを踊っていた自らの体験が基となっている。
www.flownaturally.com




 ■齋藤麻紀子
NPO法人Umiのいえ代表  


出産・子育て支援活動/ファシリテーター
 母親の立場で子育て支援活動23年。
産む人と医療者を結ぶネットワーク「REBORN」スタッフ(1995年~)
「赤ちゃんとママの集いTeaーParty」主宰(1997年~2008年)
どうする日本のお産ディスカッション大会実行委員長(2006年)
助産院での産前教室で母になる道のりと心得についてのクラスを担当
病院産科スタッフに向け研修会にて、ファシリテーションやアタッチメント、ケアを受ける女性の気持ちについて、ワークショップや講演を行う。
編著:『だから日本に助産婦さんが必要です』自費出版 
著書:『となりのミドワイフ』さいろ社 
これまでたくさんの助産師さんの喜びと苦しみをお聴きしてきました。
助産師の活躍こそが日本に愛をもたらす鍵と信じて、助産師向けの集いを企画しつつ、若手の人生相談にものりつつある今日この頃です。


私は、27年前初めて子を産みました。
それは、長い長い果てしない痛みの中で愛をみつけたお産でした。
赤ちゃんに乳をふくませ、抱きしめ、産院の扉をあけたとき、それは、これまでとは違う地球におりたったような感覚がありました。
私は生物。哺乳類であった、女であったと、骨の髄まで感じられた時でした。
心も身体も感動するお産を娘の時代にも残したくて、ずっと活動してきました。
お産は、安全であることが一番です。
安全に守られていて、その上で身体のうねりがおこってきます。
産む力、生まれる力、助ける力、宇宙の力、目には見えぬいくつものエネルギーもが重なって、いのちがやってくるのです。
そんなお産が、少なくとも、まだ日本にはあります。
この助産塾では、医療に守られたお産を、心と身体の角度から見つめてみたいと思います。
どんなお産も、寄り添い方によっては、心も身体もバージョンアップする可能性があると信じて、今一度、お産が女性にもたらす力を、考えてみませんか
    

2017年12月12日火曜日

12/12 棒田さん「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座を開催しました。

こんばんは、スタッフ茜です。
12/12 棒田さん「発達にあったおもちゃ選びと遊ばせ方」講座を開催しました。

「おもちゃも大事だけど
まずは私たち親がどう使うかが大事。」

おもちゃ選びって・・・
子供がよく遊びそうだから、好きそうだから

そんな感覚で選ぶことがほとんどですよね。
【子供が好きそうだから】
それだけで選んだおもちゃはほとんど長続きしないんです
と棒田さんは言います。

この講座では
子供の発達を絡めながら
なぜ子供はこういう行動をしてしまうのか?
などを視点に置きながらおもちゃ選びや遊ばせ方のヒントをくれます。

便利な世の中な昨今、おもちゃは様々なものがあって選択肢もたくさんありますが
自分たちにあった親子で楽しめるものや遊び方を見出していきたいですね^^


今日は月齢、年齢も様々な子が参加してくださいました

子供って箱に入るの大〜好き

何が気になっているのかな?
観察かんさつ

遊び方の達人
子供の想像力って本当にすごいです


早速受講した方から感想をいただきました。

◆とてもとても勉強になりました。特に子どもの発達の話が興味深く、振り返ってみると「それそれ!」「そんなときあったー!」と、子どもの行動が腑に落ちました。
 やっぱり大事なのはいいおもちゃを探すことではなく、安全なもので自分と子どもが楽しく遊べるように創造することなんですね。
電車で遊ぶのは嫌だったけど、今日からは子どもともっと遊んでみようと思えました。
ありがとうございました。

◆話が面白い!パワフル!
子どもの発達からおもちゃまで、知らないことも沢山ありました。
私も色々と調べて自分で知ったつもりでいたけれど、改めて子どもって、赤ちゃんって大人の考える域を越えているなぁと思いました。思うようにいかない子育てですが、子どもの環境を整えて、楽しい子育てをしたいです。


次回棒田さんの講座は

ぜひご参加ください。

12/12 保育士文恵さんの「覚えて帰ろう!わらべうた&なんでも聞いちゃえお話会」 開催いたしました。

こんにちは。スタッフの英子です。

12/12(火)
保育士文恵さんの「覚えて帰ろう!わらべうた&なんでも聞いちゃえお話会」
開催いたしました。

満員御礼!
ご参加ありがとうございました。
はじまりは、みなさんでわらべうたを歌いました。

私の娘は今年、年少さんになりました。
幼稚園の準備で朝からバタバタな毎日です。
私も一緒にバタバタ。。なんだか余裕がない。。

いつも子どもに向き合って、触れ合って歌えたらいいけど、
そうばかりもいきません。
だから暮らしの隙間に歌を歌うようにしています。

家事をしながら、
着替えをしながら、
幼稚園への道のりで、
手が空かなくて待っててもらう時に、
寝る前の時間に。

そんな時に思い出して歌えるように。

子どもは、お母さんが歌ってくれる歌が大好き!

何を歌ったらいいんだろう・・という方は、
まずはお母さんのお気に入りの歌を見つけにいらしてくださいね。



赤ちゃんもお姉ちゃんも。
手遊びしながら体を動かしながら。

そして歌の後は、
じっくりとみなさんの今の気持ちを話していただきました。
安心して話せる時間。

きょうだい育て
上の子の赤ちゃん返り
子ども同士のトラブル
オムツ外し
子どもの我慢
甘えの行動
「大好き」をたくさん伝えるコツ

など。
いろいろなお話が集まりました。

子どものサインは様々。
それをどう受け止めたらいいのか、だんだんわからなくなってくる。それでも日々は続いていきます。

でもそんな駆け抜ける子育ての毎日に、
ふと足を止めて深呼吸をさせてくれる文恵さん。

お話して心が動いて、泣いたり笑ったり。
帰る頃のみなさんの目は優しくなっているように感じました。

文恵さん、素敵なお話会をありがとうございました。


~感想をたくさん頂きました。~

・またふみえさんに会いに来ました。「今のままで大丈夫!」と言っていただけて、また力をもらえました。ありがとうございました。

・今日も沢山笑って、そして少し涙もあり、デトックス&パワーをいただきました。「大好き100回」は少しずつですができるようになってきたところで。これからも続けていこうと思います。またふみえさんに会いに来たいと思います。

・皆さんの話しを聞いていたら「そうそう!あるある!」と共感することが出てきました。またこの先悩むであろうトイトレのことも聞けてためになりました。
わらべうた、家でも歌ってみようと思います。

・年子2人の子育てに追われ毎日ギスギスイライラしていることが多かったですが、ふみえさんの一つ一つのエピソードにハッとすることが多く、今の子どもたちの姿を認め「大好き」を沢山伝えていきたいと思いました。

・心がほぐれました。今日は「よくがんばったね。」ってお迎えで抱きしめたいです。

・自分に優しくなる練習をします。わらべうたも沢山歌いたいです。ありがとうございました。



次回、吉田文恵さんのお話会は
保育士文恵さんの「職場復帰前ママに贈るお話会」

2018年
◾︎1月25日(木)10:30〜12:30
◾︎2月16日(金)10:30〜12:30
ご予約はこちらです。

お待ちしています。